★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 今週の週刊 司馬遼太郎 | トップページ | 土方歳三は、なぜモテたか? »

2006年7月 4日 (火)

この人に注目 山本耕史さん(俳優)

今週の 週刊 司馬遼太郎のラストページが、耕史さんのインタビューでした。

●土方歳三役の役作りで、三谷さんに勉強するように言われて司馬作品を読みかけたけれどもやめて、三谷さんの脚本と、実際に歩いてナマの土方を体験する方が先だと思ったこと。

●天寧寺の近藤勇の墓で一番 土方歳三を感じた。土方さんのエネルギーを感じ、自分と土方さんが重なったような気がした。

●土方さんは近藤勇に惚れ込んで、自分の思いも押し殺して行動した。・・・(略)・・・近藤勇がいたからこその土方歳三だと、僕は思いました。

山本耕史さんらしい話で、どれも私はとても好きだし共感を覚えました。(私も、会津、日野、函館と土方さんと新選組所縁の地に実際に行ってみて、感じるものがありましたよ。)

過去にインタビュー等で語られ既に知っている話であっても、また新たに彼の口から語られるのは嬉しいですね。土方歳三としての最期の時を迎え、上手く言えないけど、作品として一応の区切りがついたとはいえ、今でも、いつまでも大切に思っている作品(と仲間達)である事が伝わってきますもの。

そして、さらにファンとして嬉しい言葉が・・・!

僕たちの新選組という感覚がありますから、池田屋事件のことなどを話すときは、「あのときは・・・」と土方歳三になりきって語ってしまう。

 ≪では私達ファンは、蟻通&山野よりも目立たない(見えない?)平隊士目線で「そうでございますね。副長!」なんて言いながら聞いてるんですねw≫

そういう気持ちは他の出演者・スタッフにもあるのじゃないかな。だからこそ、40人もの大宴会が出来るのですよ!!

あ~、ねずみになって柱の影から見たかったw (でっかい、ねずみ!)

  インタビューページは1Pなのですが、オタ的には内容が濃い?のでまた明日!!

« 今週の週刊 司馬遼太郎 | トップページ | 土方歳三は、なぜモテたか? »

☆☆山本さん☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/10788928

この記事へのトラックバック一覧です: この人に注目 山本耕史さん(俳優):

« 今週の週刊 司馬遼太郎 | トップページ | 土方歳三は、なぜモテたか? »