★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月に作成された記事

2006年10月31日 (火)

誕生日!!

10月31日!!

今日は耕史君の30歳のお誕生日です!!

マリリン・モンローみたいに色っぽ~く歌えないけれど、心から“めでたさ”を込めてうたいます!

♪HAPPY BIRTHDAY TO YOU

 HAPPY BIRTHDAY TO YOU

 HAPPY BIRTHDAY

 DEAR KOJI Kun

お誕生日、おめでとう!!

Photo_52

貴方のおかげでこの1年、楽しく過ごせましたwww

30歳の次に来るものは31歳!その次は32歳!33歳!34歳!

・・・そして35歳!!

素敵に歳を重ねていってください! 

逆誕生日プレゼント・・・本日しっかりと受け取りに参ります。

2006年10月30日 (月)

開場待ち中

今日は早起きしてダリ見て、靖国神社と遊就館に行ってきました。
最後に観劇はさすがにしんどいけど、気が張っているから大丈夫。
明日が心配。
いや、明日は大丈夫!
その後というか、地元に帰ってからが心配。
当分の間、心身ともに使いものにならないでしょうな。
(もう、ひとごとw)

もうすぐ!

もうすぐ!

あ〜、どきどきしますね〜!!

東京に着いた!

Photo_53 上野の森美術館でやっている
「ダリ回顧展」を見ようとしています。開館前なのでチケットを買うのに並んでいます。
青山祭の耕史君よりも髭のオッさまを選んでしまいました。

いざ!いざ!

061030 素晴らしい朝だー!
無事に起きられましたよ!
パブリックシアターに行くまでにあちこち寄るけど、迷子にならないように頑張ります〜!

2006年10月29日 (日)

ついに、明日!

ついに明日、「ttB」を観に行きます。

掲示板やブログを観るとかなり良さそうですね。特に歌がすごく良いとか!

「Top Stage」の今月号に、公演初日2週間前の様子の記事がのっています。3人とも良い表情ですね。良い感じに仕上がってきてるんだ。(耕史君のほっぺに何やら赤いできものがあるのが気になりますが・・・w) 記事を読んでも、初舞台のふたりを座長の耕史君がしっかり支えていて、のびのびとそれぞれの良いところを発揮できるようにしているみたいです。

今までのインタビュー記事やVTRをみても、愛内さんとゲイリーさんの言ってることはズレてないので役作りの心配はしていませんでした。ただ、初舞台で役者としての経験が無いことは、皆さんと同様気にはなっていましたけれど。歌い手としての技術と経験が良いように生かされているのかもしれませんね。脚本と演出の加減もあるかもしれませんが、かなりの比重で任されている耕史君の力量もあってのことだと思います。

もともと力のある達なので期待通り“大化け”してくれたようです。嬉しいですね。

・・・とはいえ、まだ自分の目で確認していないので、明日それを実感してこようと思います。楽しみです~。

早く荷造りしないといけないのに、遅々として進まず・・・。どうしましょうw 

朝は、TVの日ハム優勝・新庄選手の引退特集見て泣いてたりしてたので何も出来なかったし。DVDレコーダーのHDDの整理しないと残量ないし・・・。あ、家賃払いに行かねば・・・ww 

明日、朝起きられるか心配です。4時前に起きないとやばい・・・早く寝なくちゃ。その前に早く用意しなくちゃ・・・w

2006年10月27日 (金)

「初日!」

「ttB」の初日の幕がついに開きました!

舞台を見られた方達は今頃、思いを胸に家路についているか、仲間と語らっているのでしょうね。

どんなのだったんだろう。気になる・・・。月曜日がとても待ち遠しいです。

耕史君も体調崩さないように頑張ってジョナサンを演じきってください。

期待しています!!!!

2006年10月26日 (木)

「血風録」放映中!

「新選組血風録」が時代劇専門チャンネルで只今放映中です!!

DVDを持っていますが、今みたいに時間になったらTVの前に座って、番組が始まるのを待つって言うのは良いですね。「組!」の時にも味わいたかったです。この感じを!

第一回 「虎徹という名の剣」

冒頭、いきなり池田屋騒動から始まります。やはり、チャンバラ映画が得意の東映、迫力ありますね。出演者も若い!

池田屋のシーンは取り壊し予定の本物の旅館を使っているので、壊れ物お構い無しの大立ち回りですw 

40年前の京都は、「さて、ロケにでも行こうかな・・・」と言うような感じで街中に行けたようですね。橋の上や川の中で斬り合いやってるし。草ぼうぼうの土手とかもある。いま、鴨川べりでロケなんかしてたら大変なことになりますね。キャーとかいう余分な声が入ってしまいます。

市中見回りのお仕事シーンも結構あります。「組!」メンバーでも市中見回りシーンとか、普通うに仕事してたり非番の時にみんなで集まってワイワイしている姿も見たかったな。

日ハム 日本一!

日本ハムファイターズが44年ぶりに日本一になりました!

おめでとうございます! 

チームを盛り上げていた新庄選手が今季限りで引退してしまいますが、「つーさんを胴上げしたい。」と言う仲間の思いが叶い、4連勝で見事に優勝です!

今年の北海道は、駒大苫小牧高校と、ファイターズとで熱く燃え上がりましたね。

野球小僧が増えると良いですね。いや、きっと増えます!

2006年10月25日 (水)

猫と納豆

今日の「はなまるカフェ」のゲストが耕史君だということで、仕事をしてるフリをしてチラ見していました。やっくんが、珍しくw聞く気を見せてくれているのがとても嬉しい。「組!」の話を出してくれてましたし。高幡不動が土方さんに所縁があるってピン!ときてくれたのは、好きで見てくれていたのかな・・・。多摩市って間違えていってしまったけれど、ご愛嬌ですな。司会者道不覚悟には問いませんww 

耕史君も話の運びのテンポも良く、適当にオチもつけて喋っていました。トークの腕もあげられましたな。山本殿。

「おめざ」が水戸納豆・・・しかも黒豆。本当に納豆が好きなんですね。黒豆納豆は普通の納豆より少しクセがありますから。それが好きだとは・・・!しかも、混ぜ方の高速さ。勢い余って豆粒が器から飛び出そうです!耕史君のベシャメルソースな美肌は納豆をたくさん食べて腸内環境が物凄く良いからなんですよ、きっと。ウィルス・・・じゃなくて、ビフィズス菌がピチピチなんですよ。しかも、大豆イソフラボンだ!

コーナーは、耕史君が撮ってきた写真をキーワードにして話が進んでいきます。

1枚目・友達から貰った中華なべ

最近、料理に目覚めたのか手に火傷を作りながら麻婆豆腐とかを作っているらしいです。「油はねは長袖を着ることで防ぐ」という改善工夫をしているようでしたが、そもそもの油はねの要因が解析できていなかったらしい。材料の水切りぐらいしなさいよ・・・というか、気付け~。オリジナルメニューを披露出来る様になっているのに基本以前のことが分かっていない・・・この絶妙な天然ボケさが好きですわwww。でも、今日分かってよかったですね。他人の家族のライフスタイルが異常に気になる、最近お母さんになった人が教えてくれました。(教養と品とは別のようで・・・)

さて、麻婆豆腐に納豆を入れるみたいなことを言っていたので、夕食にするべく帰りに材料を買いにスーパーへ。どうせ、肉が無かったから納豆を入れたんだろう・・・と、思ったので、ミンチっぽさを追求するために“引き割り納豆”を買いました。味付けに自信が無いので(面倒くさいのでw)地元食品会社の麻婆豆腐の素も購入。帰宅して、細かい作り方を確認しました。・・・やはり、肉の代わりかw 納豆を洗うらしいけれど、引き割りだし、面倒なのでそのまま投入。少し熱せられた中華鍋の中の麻婆豆腐の調味タレの中を、相当な異臭を放ちながら散らばっていく引き割られた豆達・・・。大きめのミンチに見えなくも無い。ネバネバがとろみとなって、豆腐に調味料が良く絡むような感じです。味は・・・飲み込むときに独特の風味が感じられますが、臭いと共に余り目立ちません。普通の麻婆豆腐です。

納豆嫌いな人に食べさせる時に良いレシピかもしれません。丼にも応用が出来ますね。

その昔、カレーチャーハンに混入して、納豆大嫌いの父に食べさせたことがあります。少し変な臭いがしてるし、何故か粘っている・・・腐っているのかな?と思いながらも、娘が折角作ったのだからと我慢して食べていたのだそうです(涙)。食後、納豆入りを教えたら、眉間のシワがバリ3になっていました(爆) 今でも風上で納豆を食べていると、イヤ~な顔してみてます。

2枚目・体重計

毎朝、モーツァルトならぬ体重測定と言うことで自己管理しているそうです。

測定時はす☆はだかだそうで、この言い回しが一瞬、流行りましたw やっくん、反応しすぎ。相変わらず体脂肪は一桁か・・・すごいな。

鍛えるきっかけは、「北斗の拳」に「ドラゴンボール」か・・・「仮面ライダー」ではないのか・・・(歳の差が;)

今日の耕史君は30歳を前に、「父」「兄」と言えるようになっていた・・・大人になったねw 私はそんなに気にならないのだけど、こだわってると言うか、引っかかっている人が多いみたい。でも、話をしていくうちに「お父さん」になっていましたが。お父さんの猫の館の写真、可愛かったです。“猫達と戯れるヤマコー”の図が見たいですね。今度出るときは是非!

身長は177cmか・・・関係ないけど、私より10cm高いな。

納豆・・・と言えば、パトロールに来たニャンコ先生に賞味期限1日過ぎの納豆をやったら機嫌よく食べていました。食後の毛づくろいはいつもの倍以上かかっているようでした。少しイラついて顔してました。ぬるぬるしてたんだと思います。先生・・・すまぬw

耕史君の写真は他に、バイク・盗難防止の装備・筋トレ姿などがありました。

買ったけれど乗れないハーレー話は、その心理状態がよく分かるので思い切り笑わせてもらいましたよ。盗難被害は実際かなりあるようですから、人が見ていくのは自慢にもなるから良いのだけれど、もしその人が窃盗団の一味だったら・・・。神経休まらないですね。ぐっさんや他のバイク好きの人達と、ゆっくりツーリングが出来るようになりますように。

ゲイリーさん&愛内里菜さんとの写真もありました。“&”が反転していましたが・・・細かいところまで油断ができませんな、皆さん。良い雰囲気で仕上がっていってるようですね。

「三人の歌を聞いて欲しい」とのことでしたから、かなり期待できそうです。

楽しみですね~。「ttB」が早く観たいです!!!

2006年10月23日 (月)

極上の月夜

先週から始まった極上の月夜(ゲツヨル)

番組タイトルそのまんまに“極上”のエンターテインメントを、舞台裏と共に紹介する番組です。

司会は三宅裕二さんと松岡充さん 日テレアナウンサー羽鳥さん

そして、強力コメンテーター、美輪明宏さん

ひょっとして、美輪さんの回もあるかな・・・なんて期待してたら番組2回目にして実現w

「愛の賛歌」をノーカットでTVで歌ってくれました。

TVでは時間を切られたり、カット割りなど編集されたりして、歌い手側が計算して演じていることを無駄にされてしまうので、TVではもう、何年も歌わないことにしていたそうです。

ノーカット、ワンカメラでTVを見ている人に向かって歌っているみたいにすること・・・を条件にスタジオで歌うことを承諾したそうです。

その前に、スタジオに来ていた女性達に愛について語っていました。美輪さんの言葉で「恋は自分本位。愛は相手本位。」「恋は奪うもの。愛は与えるもの。」というのが頭に残っています。他のコーナーでも、ウィットに富んだ独特の美輪節というかワールドが炸裂していました。“部屋にグレーや黒いものを置かない”など、お役立ち情報もありましたよ。

美輪さんのプローフィール、三島由紀夫との出会いと別れが語られた後、エディット・ピアフが作詞し、歌った「愛の賛歌」を美輪さんが歌います。美輪さんによる日本語訳詞を語ります。そして、原曲で歌います。よく知られている日本語版の「愛の賛歌」が、明るく暖かい陽だまりの中で幸せと希望を歌っているとしたら、原曲のピアフ版は荒れ狂う嵐の中で愛を歌い愛を誓う・・・その果てに一筋の光が差し込んで導かれていく・・・凄まじいパワーのいる歌なのです。美輪さんの歌は勿論、後者です。

初めて生で聴いたときには心が震えました。

やはり、色々な経験を積んで来られたからこそ、歌える歌なんだなと思いました。テクニックだけではなく、魂の底からわきあがる思いがあるから、この歌が歌えるんですね。

TVでは伝わらない空気とかがあるのですが、また聞けてよかったです。

日テレさんありがとう。

他の曲も聴きたくなったな。

2006年10月22日 (日)

チューボーですよ!池田屋炎上編?

日本シリーズ放映の関係で50分遅れで始まった

チューボーですよ!TBS系列

出演:堺正章  アシスタント:小林麻耶 TBSアナウンサー

今週のゲスト:山本耕史 

「いやー、料理番組の耕史君ってほんとにいいものですね。」 と思わず水野晴郎さん口調で言ってしまうほど面白かった!堺さんとの掛け合いも面白かったし、コントあり、手品あり、ttBの歌もありでのかなり内容の濃い30分でありました。

まずは、最初に巨匠に習って細かい突っ込みを・・・

小林麻耶アナ・・・ 「新選組!」は200年ではなく、200年の作品です。

TBSさん・・・「新組!」ではなく、「新組!」です。

今週のメニューは「マカロニグラタン」 ・・・波乱の予感ww 

直前の予告で、ソファに座り、グラス片手に丈二張りに格好つけながら・・・

「猫舌の貴女、気を付けて。」

「それは、あんたやろ~!!」

と、日本国中の山本耕史ファンが一斉に突っ込んだに違いありませんw

さて、そんな耕史君ですが初っ端から笑わせてくれます。「今一番モテる男性、ヤマモトコウジさんです。」「ミスター赤ヘルの?」という名前ネタで紹介されてカメラが引くと、広島カープの赤いヘルメットを被り、「いやあ、それほどでもないですよ。」と赤バットを振る耕史君の姿がww 注目!赤は「組!」での土方さんのイメージカラーですよ。

巨匠の「打ち合わせで拒否しなさい。」の突っ込みに、「そうですね。」と言ってますが“やらされている感”がなかったのは、耕史君は山本浩二選手のことが好きだったからなんですね。(祝・広島のカープ&耕史君ファンの皆様!)ゼッケン背番号8番だったそうですねw バットを短く持って鋭く振る耕史君・・・足も速そうだから、1,2番を打たせたいな。私は「組!」で耕史君を知ったので、はじめに名前を聞いた時、“山本浩二”と思って「え?」となりましたものw そういえば函館五稜郭祭のパレードの最中、市電に乗ってたおじさんが「誰か芸能人がきてるの?」と聞いてきて「大河ドラマに土方役で出ていた山本耕史さんが来てます。」と答えたら、「ヤマモトコウジって言ったら、野球の選手しか知らんわ。」って言ってたなぁ。阪神ファンですが「山本浩二選手は広島カープの偉大な選手です。」と言わずもがなのことを北の地で熱く語っておきました。

野球の話はさておき、料理の腕が僅かだけれど向上していますね。包丁の持ち方が以前ほどビビッテいません。江角さんから教えてもらった麻婆豆腐もマスターしたようです。しかし、喋りながら作業をするまでには至っていないみたいですね。コメント入れられなかったり、ずれたりしてたw 堺さんに手を休めない!とサインを送られていたしw オーブンへの出し入れは耕史君がしないとだめでしょ!力あるんだから!

それにしても、料理をおぼえるのはいいのだけれど、油ハネには注意してくださいよ、お願いだから。結構、顔に飛んでくることもありますから。白い腕に火傷の痕・・・。残らなければ良いのだけれど。

小林アナの「大丈夫なんですか、大事な身体なのに・・・」のコメントに一瞬、妙な間があって、「腕ぐらいなら大丈夫です。」と答えた耕史君に笑ってしまった。まるで妊婦さんに言うようないいかただものw しかし!痛々しい火傷の痕を見て、“ダメじゃないの!嫁入り前の大事な身体に傷付けて!”的な反応が出てしまった方もいらっしゃるのでは。お願いですから、フルフェイスのヘルメットと割烹着を着用して調理に臨んで下さい。

ソースつくりの最中の「組!」コント、堺さんが焦ってて舞い上がってたので余計に面白かった。久々に「局長」という言葉が聞けて嬉しかったし、「局長、もうだめです。」は最高に面白かった。堺さん、みんな新選組になるんだ!の思いつきGJ!でも、池田屋を火事にしたらだめですよ(爆)夜中に料理番組見て膝を叩いて大笑いするとは思わなかった。

それにしても、TBSは耕史君をどういうイメージで皆さんに伝えたいのだろうww

☆山本君のような美白のベシャメル・ソース(やはり美白美肌は外せないのかw)

☆くどきコント ☆ホスト風CM ☆今一番モテる男性 ☆輝いている

小林アナは耕史君に落ちてしまいましたが、私は食べていたシュークリームのクリームを畳の上に落としてしまいました。あまりにも『ヒエェ~~』だったのでw。 この“くどきコント”見てる分には面白かったけど、私は自分の背後に人が立つことがイヤなので、何か用事を言いつけて追っ払ってしまうのでダメですね。

ま、耕史君が立つことはないから心配することは無いですか(爆)

さてさて、試食タイムです・・・。

流石でございますな、山本殿。外しませんね。 グラタン・・・と聞いて不安と期待がせめぎあっていました。本人も過去の経験から学習したのか、ふーふーして食べてましたね。しかし!味わって、コメントを・・・注目の瞬間で、グフッ!なんという絶妙な間で噴くんでしょうか。しかも2回もww 「そんなの自分で注意してください!」の突っ込みよかった。

何回見ても笑ってしまうので顔が痛いです。堺さんとの女性談義も面白かったしw

今日モーツァルトの特番の再放送を見ながら、思い出して爆笑してしまいましたよ。

はなまるマーケットも期待できそうですね。(何が?)

    三谷さんは、あらゆるところでダメ出ししてるんですね。(大爆)

2006年10月21日 (土)

あい☆らぶ 時代劇専用チャンネル

時代劇専用チャンネルが好きだーーー!!

CS放送の時代劇専門チャンネルメールマガジン『わかめーる76号』が届きました。

キター!!スカパーに加入していて良かった。私はこの時を待っていたのだ!

<12月番組速報>☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
お待たせしました、「燃えよ剣」登場です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
「新選組血風録」に続き、栗塚旭主演による新選組の漢(おとこ)達の生き様を熱く描く熱い物語!!
【放送作品】(予定)
「燃えよ剣」(1970年:全26話)
原作:司馬遼太郎
出演:栗塚旭/舟橋元/島田順司/北村英三/河上一夫/左右田一平/御木本伸介/名和宏 ほか

山本土方を真似して栗塚土方が、「待たせたな!」って私の脳内で言ってますw

今月26日からは『新選組血風録』が放映されるし、その後に『燃えよ剣』が観られるなんて嬉しい!!『血風録』はDVD・BOXを持ってるんですけど、放送されているのを観られるのが嬉しいんですよね。

『組!』飛脚組(「流山」から)の自分は、最初から観ていた人のように毎週のワクワク感を味わうことが出来ませんでした。何をしていたかというと・・・毎月届けられる『血風録』のDVDを楽しみにしていたのですよ。親子で観ていました。

『燃えよ剣』はビデオ化はされているのですが、商売ベタな東映はDVD化していません。確実に売れるのに・・・『血風録』の後に何故続けて出さんのだ?タノミコムにも要望が結構あったはずなんだけど。松竹版の映画は余り良い出来ではなかった。TVシリーズが激しく観たい!東映がダメなら、時代劇専用チャンネルしかない!リクエストだ!!同じ思いの人が多いのか、結構でてました。皆の熱き思いが通じたのですね。喜んで視聴料を納めさせていただきまする。

いや~、完璧に浮かれてますね!

月曜で終わるけど、『毛利元就』や先月から始まった『独眼竜正宗』などの、昔の大河ドラマも放映されています。『PEACE MAKER』『お~い!龍馬』などのアニメも放映されます。

時代劇ならアニメでも、人形劇でも幅広く視聴者のニーズに応えてくれる、「時代劇専用チャンネル」 まことに天晴れであります。好きです!時専!

耕史君の出演していた、北大路欣也さん主演の「忠臣蔵」を是非放送してください。

またリクエスト出しますけど。やるまで出しますよ。いいですねw

2006年10月20日 (金)

はずれた・・・

オータムジャンボ宝くじ・・・見事にはずれました。

当たったことを想定して、あれこれと遊べたのは良かったのですが、ハッキリ言って痛手ですw

一等の1億5千万円とまでいかなくても、下の等級でも当たってたら、「毎日モーツァルト」のDVDセットが買えるのに~!!

「アマデウスブログ」で最初に見たときは、誤植かと思いましたよ。

30巻と特典ディスクで24万円!高い高すぎるじゃないか~!!内容が良いのは分かっているけれど、せ、せめて10万円以内におさめて欲しかったです。(←これでも相当痛いけれどw)

私のところはBSの受信状態が良くないので、録画しててもノイズがかなり入っています。DVDBOXが発売したら購入を検討してみようかと思っていましたが・・・これでは手が出ない。ぼやきはナンボでも出ますが。

それにしても、モーツァルトの借金の申し込みの手紙ってば滅茶苦茶に面白いわ!必死さの中に可愛らしさがありますね。余裕ある大金持ちなら貸してあげたくなります。(お金が返って来ることは期待せずに。)

私もモーツァルトの真似してお金の無心をしてみたいけれど、「こっちが貸して欲しいわい!」とか、「構いませんけど、うちはトイチでっせ~。」と速攻で返されるだけだから無理w

・・・秋やね。

2006年10月18日 (水)

振り込め!

まぐさんから、「HEDWIG AND ANGRY INCH」東京公演FC先行販売チケットの当選メールが来ました。

3月4日も含めて、申し込んだ分は全部取れました。

全部取れるとは思っていなかったので、驚いています。まぐさん、ありがとう!

たくさん観られて嬉しいのだけれど、財布の中がチト辛し・・・w 落選された方のことを思えば、こんなこと言ってはいけないのですけどね。

航空券代・宿代の為に一生懸命働きますわw 励みになります。

入金は無事に済ませました。ひと安心です。

代金入金の締め切りまで日がないので、どうしたものかと調べたらATMでも出来ることが分かり(今更・・・すみません、物知らずで。)会社の近くの郵便局のATMは20時ぐらいまで使えるので、明日の帰りにでも入金するか・・・と思っていたのですが、残業が確実になってしまったので定時退社日の今日入金するしかない・・・。いったん家に帰ってからでも間に合うので、定時になったら速攻で家に帰りました。当選を確認し、お金を用意し用紙に必要事項を記入しました。かなり慌てています。念のためもう一度使えるATMを調べたら、なんと、自宅から3分のところにある郵便局が19時までOKではありませんか。あと、15分!必死で郵便局に向かいました。初めて使うので緊張しながら操作しました。はっきり言って苦手です。こういう機械をさわるのは。何とか間違えずに入金が出来ましたが、疲れました。後ろで人が待っていたので(焦)

はー、やれやれと自宅に戻ると「ttB」のチケットが届いていました。

そう、ヘドウィグの前にはジョナサンがいたのだった。

忘れていたわけではないけれど、ヘドウィグの刺激があまりにもきついのでww

DVDとCDをアマゾンで購入したけど、来月まで封印です。

大阪でも公演するらしいですが、何処でするんでしょうね。楽しみです。

来年もどうやら耕史君祭決定のようですw

2006年10月15日 (日)

新選組@修学旅行⑧[三条~四条]

更新が遅いうえにまばらになっていますが、9月17日の朝9:00前です。

池田屋跡を後にした私達は三条通りを西に進み、河原町通りを下りました。

Photo_49 私達が歩いている向かい側の通りに、“近江屋跡”があります。“坂本龍馬、中岡慎太郎 遭難之地”であります。

交差点の横断歩道を渡り、現在は京阪交通社という旅行会社の前にある石碑の前に立ちました。

日曜の朝なので人通りもほとんどありませんが、もう1時間もしたら大勢の人が行きかう賑やかな通りになります。「近江屋も池田屋も何で残してないんやー」などと言いながら写真を撮ったり、組!での、龍馬暗殺のシーンを思い出したりします。知らない人が見たら変な小グループですw

今の河原町通りは大正時代に西に拡張されたそうです。当時の河原通りは道幅2間で、現在の歩道より少し広い程度のものだったようです。(通りの東側は土佐藩邸)

そうなると、交差点の私達が渡ってきた側あたりから既に「近江屋」になるわけですね。二車線の河原町通りは近江屋の真ん中を通っていることになります。・・・と言うことは、暗殺現場になった奥の間は、私達がオタパワーを炸裂させていたところ周辺になるわけです。知らないこととは言いながら、坂本さん、中岡さん、騒いでごめんなさい。

暗殺現場跡でひとしきり騒いだ私達は、先ほど渡った交差点の信号が青なのに気付き、必死で走ってもと来た歩道に戻りました。当時であれば、近江屋の玄関から「御用改めでござる」とばかりに踏み込んで、迷惑関係無しにやることやって走り去る・・・みたいなことをしてたわけですねw

Photo_50 河原道通りをさらに下って、四条通の一筋手前の何やら昭和レトロ調の路地に入ります。(夜に来たらどんなのなんだろう。)ここの雰囲気だけでも楽しめますが、私達は先に進まねばなりません。この先、四条小橋には“桝屋跡”があるからです。薪炭商・桝屋喜右衛門こと尊王系志士で武器調達をしていた古高俊太郎の寓居です。彼が捕えられたことが池田屋騒動の発端となります。

現在、桝屋の跡には「志る幸」さんという名前そのままに、汁物を看板としている料理屋さんになっています。現在の建物は当時のものでは違いますが、一部に遺材が使用されているそうです。その昔、鉄砲などの武器が密かにやり取りされていた物騒なところだった・・・などと想像もつかない、しっとりと落ち着いた京都らしいたたずまいです。こういうところで食事がしたいものです。

路地を引き返して行くにしたがって、現在に近づいていくような不思議な感覚を感じました。こういうところは、さすが京都・・・と思ってしまう。

あれ?ガイドマップによるとこの路地の入口あたりに“中岡慎太郎寓居跡”とある・・・気が付かなかったのか?特に石碑などは立ってなかったのか?昭和レトロな路地に気をとられ、スルーしてしまったのかもしれない。今度行く時は気を付けておかなくてはw

三条には坂本龍馬の寓居であった“酢屋”もあるし。この辺りは、土佐藩!って感じですね。

阪急河原町から電車に乗り、阪急大宮で降りました。

いよいよ、壬生にやってまいりました。9月17日の朝、9時過ぎです。

2006年10月13日 (金)

まずはBShiから! モーツァルトを巡るたび

モーツァルトがいろんなところを旅をしてくれたおかげで、こんなに素晴らしい番組を見ることができました。

まずはモーツァルトに黙祷!NHKに感謝!

(オタがいるのか?)制作スタッフさんに嵐のような賛辞の拍手を!!

そして、耕史君・・・最大級にGJ!

BS2視聴組みのみなさんの為に、ほんのサワリ程度でやめておきますね。

後悔の無いように、録画レートは高く設定しておきましょうw

モーツァルトの生誕から、最期までを簡潔に分かりやすくまとめられています。

お父さんのレオポルトのことも解説していて、お父さんあってのモーツァルトだったのかなと思いました。

モーツァルトに所縁のあるヨーロッパの美しい街並み。時間によって表情の美しさが変化していきます。荘厳で華麗な建築物、彫刻、絵画。素晴らしい演奏。貴重な資料。モーツァルトが確かにその時代に生きていたという証。それを受け継ぐ人たち。

文化の深さというか、厚みを感じます。遺伝子レベルとでも言うのでしょうか。

さらに嬉しいのが、言うまでもなく案内人が耕史君なので、さまざまな“山本耕史”の表情を見ることが出来ることです。ナレーションも勿論、耕史君だし。

案内人としての凛々しい表情もありますが、モーツァルト所縁の地で説明を聞いたり、初めてオペラを観に行ってりしている様子はそれはもう、中学生のようです。

モーツァルトの足跡や彼の地の文化にふれ、驚きと好奇心と素直な感動に満ち満ちています。大きなお目々がクリクリしていて、今にも零れ落ちそうです。まんま生徒の顔でした。本当に幼な子のように純真な飾り気のない表情をしているんですよ。

各地で彼らしい言葉で、感じたことを語っています。この人の感受性の豊かさと、感覚の鋭さにあらためて感嘆してしまいました。

ちなみに初オペラ観賞の時、あの牧師服(私には地球防衛軍かなんかの制服に見えるw)を着ています。「僕も盛装してみました。」とあるので、やはりあの服は“よそいき”“およばれ”のときのお洋服だったのだな! 

おなじみの白ピチTも登場しますw お楽しみに! 白のシャツはウェストが絞られたデザインなので、見事な逆三&腰細&足長体形の後姿に思わず拝んでしまいます。

いろんなところで朗読をするのですが、ヨーロッパの風景、街並みに溶け込んでいて素敵。相変わらずいい声だ・・・。コロレドとの決別のシーンは最高ですよ!キター!ですw

後半はモーツァルトの最期をとりあげていますが、妻にあてた手紙の朗読は思わず涙腺が緩んでしまいます。詩人じゃないけど、文才あるじゃないの~!!モーツァルトさん!!     耕史君が読むからまた良いのだけれど。ますます、腕を上げられましたの!山本殿!

共同墓地に記念碑が建っています。寂しげなところにぽつねんと・・・。でも、きれいなお花が植えられてあって、モーツァルトが後世の人々にどれだけ愛されているか感じられます。

内容の濃~い、約2時間です。

そうそう、耕史君てば“ヴィーナスの乳房”を堪能してました。

お楽しみに!

それから、NHKさま。

メイキングや未公開映像も入れたDVD(せめて2枚組み)を、売って下され!

お願いでござる!

MusiG、グータン、・・・んこ。

グータンヌーボー、見ました。

う~ん・・・。江角さんも優香ちゃんも好きだけど、まず見ないタイプの番組ですね。

喋ってる内容はともかく、面白かったのが登場シーン。3人とも歩き姿にキャラがはっきり出てるな~と興味深かったです。

小柳ゆきさん・・・髪の毛伸びたな~。昔のだけどCD持ってまっせw

小倉さん、“ゆうこりん”を演じてでのことなら天晴れですが、素の動作なら人の前に出る仕事ですので改善した方が良いかと。他のインタビューシーンでの立ち姿も見て思いました。というか、体がゆがむ。(余計なことですが~♪) 

耕史君が出るというので見たのですが、共演者がふたりもいるので、のびのびして、突込みが冴え渡っていましたね。どこかで見たことのあるTシャツとジャケット・・・。歳のせいか思い出せないw

優香ちゃんが、“男同士のくだらない話に参加したい”という気持ち、分かりますね。はっきり言って、アホみたいな話を一生懸命してるのですが、それがすごく楽しそうなんですよね。女性同士だとなかなかこの場面にはならないです。組!の前室や宴会の時がこんな感じで野郎どもwが、わいのわいのやってたんでしょうね。いいなあ。激しく羨ましい。みんな若いから、余計にくだらない話で盛り上がっていたのでしょうね。耕史君がぐっさんとエロ話で盛り上がってたそうだしw

職場の若い衆もアホで無邪気です(26~29歳)。同僚のお土産“東京ばな菜”が美味しかったという話で盛り上がっていたので。私が、「今度、黒バナナ買ってきてあげるって約束したのよね。」と“黒べえ”という商品名が思い出せず“黒バナナ”と言ったのがいけなかった。「え、な、何を買ってきてくれるんですか?」「え?なんですか?」「何処で何を買ってきてくれるんですか?」としつこく聞いてくる。周りが騒がしいので聞き取りにくのかな?と何回も言ううちに、奴等の飼い主の下に走ってきた子犬のように嬉しそうな顔に気がつきました。しまった・・・。さらに言わそうとするので、「うるさーい!もうその手には乗らぬわ!」と怒ってやりました。

こやつ等は結婚のお祝いメッセージに“う○こ”の絵をかいたり、人がお腹が痛いといえば「ブリブリですか?」と嬉しそうに言う奴等です。小学生か・・・君等は。大人になれよw

やれやれ・・・と、呆れて帰ってきてMusiGをみたら、耕史君までが“・・・んこ”だなんて!

しかも嬉しそうにw 

奴等もよく言います。しかし、ひるまずに即効で切り替えしてしまう自分が少し悲しいような、頼もしいような。イヤ~ン!とかいっておいたほうがいいのかな?あ、だめだ。自分で気持ち悪くなった。

2006年10月11日 (水)

中日ドラゴンズ 優勝

昨日の夜からの雨はタイガースファンの涙雨か・・・。

2006年のセントラル・リーグは中日ドラゴンズが優勝しました。

10日の巨人戦を延長十二回まで戦って勝ちとったのです。

ぶっちぎりで優勝するかに思われたのに、阪神タイガースの凄まじい追撃に、あわや・・・というところにまで追い込まれていました。結局は、逃げ切った形になるのですが。選手も、監督も心理的に厳しかったでしょうね。勿論、追う側のタイガースの選手もそうですけれど。

落合監督、泣いていましたね。ちょっとびっくりしました。余り感情をオープンにしないというか、悪い言い方すると“ふてぶてしい”印象がありましたから・・・。

やはり、彼も“熱い男”でありましたか。

「阪神の追い込みは球史に残る。あそこまで追い込まれるとは思わなかった。」

実際、阪神は8月の末から勝率8割という物凄さで追い上げてきたのだから。私達も、もしかしたら・・・もしかするかも!!!と本当に、昨日まで希望は捨てていませんでした。落合監督のこの言葉は、1年間激しく戦ってきた者どうしだからこそいえる最大の賛辞として、受け止めています。相当に苦しかったのですね。落合監督、お疲れ様です。そして、優勝おめでとうございます。

正直なところ、今季で引退のファイターズの新庄選手の日本シリーズでの甲子園最後の姿を見たい!というのがあって、それが夢と消えたので残念ではあります。そういう、“空気読め”的なものとも、ドラゴンズは戦っていたのだとすると、さらにキツさが増しますね。

今年はタイガース、優勝は逃がしましたが、今からすでに来年への期待が高まっています。(しかし、ナゴヤドームで勝てないのを何とかせねば!)

あと一試合、直接対決がありますね。良い試合をしてください!

延期!

昨日、不在時にOMCチケットセンターから電話がありました。
営業時間外になっていたので、さっき電話したら…「昆虫ショー」は延期になりましたのお知らせでした。
いつ公演するのかは今のところ全く未定だそうです。
やはり、第三の男は耕史君だったのですよ。

残念だけど、今回は見送りですね。
でも、転球さんと吉弥さんと耕史君で何かやらかしてくれるのを観たかったので、先に楽しみが待っていると思えば良いですね。
昆虫は、暖かいときに活動した方が良いですからね。

それにしても、チケットセンターの係りの人、説明の為に「昆虫ショー」を連発していたけれど、どんな舞台やねん?って思っているに違いない。誰が出るねん?とも・・・w 

それは、私にも分からないのですが。

2006年10月10日 (火)

今日から!ふるさとナンバー

今日から“ふるさとナンバー”が正式に交付されますね。

会津ナンバーのHPも新しくなっています。イベントもあったようです。

すっかりおなじみになった(?)赤べこネクタイ&シャツの耕史君の“会津”ふるさとナンバーのPRポスター。実物を見られないのが残念です・・・!街のあちこちに貼ってあるんだろうなあ。

“会津ナンバー”が実現するのに、平成2年から16年もかかってるのですね。ダンダラ羽織を着てアンケートとっている姿が微笑ましいです。携わった方々には、今日は嬉しい忘れられない特別な日になりました!おめでとうございます。!!

新しいナンバープレートに交換した人もたくさんいらっしゃるでしょうね。

会津ナンバー新設の効果

 地域振興策としての期待

  会津人としての自覚と責任をもつ

  地域の心をひとつにする

  地域に誇りと愛着をもつ

  地域の存在感を示す

 観光振興策としての期待

  会津の走る広告塔 

  会津の認知度アップ

などと書かれていますが、ようするに“会津を愛するこころ”ですな・・・

私も、何日か旅行に行っていて帰って来た時や、偶然に神戸ナンバーを見かけたりすると嬉しくなりますよ。

今、飲酒運転など、ハンドルを握るもののモラルを問われています。

“ならぬものはならぬものです”

つねに会津の心を持って安全運転をお願いしマース!!

2006年10月 9日 (月)

今日の残念なこと

其の一

北朝鮮の地下核実験の件で、番組の一部差し替えなどがありました。

テレビ欄を見ると今日の、「ムーブ!」の番組内容に愛之助さんと染五郎さんの名前があったので、芸能コーナーの時間帯に合わせてタイマー録画してたのですが、ずっと北朝鮮関係の内容になっていました。サイトに行ってもUPされていなかったから、カットになったみたいです。別の日でもいいから放送してくれないかな。

其の二

転球さんの「昆虫ショー」に、耕史君は出ないことがハッキリしました。年明けに大阪で耕史君を見たい気持ちは激しくあったのですが、ヘドウィグに集中して欲しかったので残念ですが今回は良かったかも。でも、いつか転球さん・吉弥さん・耕史君の3人で何か面白いことをやって欲しいですね。

では・・・耕史君ではないとしたら、第3の男は誰なんだー!

当日までのお楽しみ・・・じゃないでしょうね! 

とりあえず、新春第一弾は「昆虫ショー」ですww

これが現実。

北朝鮮が核実験をとうとうやってしまった。

TVを見ながら昼食をとっていたら、臨時ニュースが飛び込んできた。やる時期と実験後の風向きまで計算していたようです。吐き気がするほどの厭らしさ。核実験なんかやってる場合じゃないと思うんだけど、あの国は。

「THE WINDS OF GOD」を観た3日後、ABC朝日放送の「ムーブ!」という番組で主演の今井雅之さんがインタビューを受けていました。舞台と映画のことでです。(9・11のこともあってだと思いますが)その中での印象的な言葉。

「今は、戦後じゃなくて戦前なんです。」

確かにそうですね。それを普段少しも思いつかないって言うことは、自分が平和なところに暮らしているからこそ。とても有難いことですね。でも、いつまでも平和でいられる保障はないわけです。

もうこれ以上、日本の土地に、いえ、世界の何処にも核兵器が実験でも使われることのないように願っています。

2006年10月 8日 (日)

新選組@修学旅行⑦[三条小橋・・・そして、池田屋へ!]

三条大橋を渡り、西に向かいます。高瀬川という小さな水路みたいな川が流れていて、小さな橋が架かっています。“三条小橋”です。池田屋まであと少し。

はて、我等の行く手に何やら石碑が・・・佐久間象山遭難之地・大村益二郎遭難之地・・・?何でこのふたりの名前が仲良く石碑とはいえ並んでいるのだろう。

Photo_34 ガイドブックに載っていた位置はもっと北だったように思うのだけど、理由があって移したのか?

・・・ん? “北へ壱丁” 案内板かよー!御丁寧に横にダンダラ看板があるから、ここかと思うではないかー!実際のふたりの地碑も近くにあるけど。橋を渡らずに北に上がれば「桂小五郎寓居跡碑(現・幾松)」「丹虎旅館跡(金茶寮)」もあります。

小橋を渡り、少し行くとパチンコ屋さんがあります。そこは・・・

「待たせたな!」 池田屋です!

「池田屋騒動之址」と刻まれた石碑がお店の前に立てられています。

池田屋騒動・・・元治元年・六月五日、新選組が会合中の尊皇攘夷派の志士を襲撃した事件のことを言います。その現場に私達は来ています。(TVのレポーターみたいw)

パチンコ・ファンのおじさんたちが、早朝から陣取っていたらどうしよう・・・と言う不安がありましたが、幸い人通りも少なく、短い時間でしたが留まる事が出来ました。脳内はコンコンチキチンと祇園囃子が鳴り響き、今まで見た映画やドラマの池田屋騒動の映像が高速自動再生されました。

Photo_36 Photo_45 Photo_47看板によると、騒動で闘死・自害したものは9人、その時の負傷がもとで死亡した者、他の名前も記されています。結局騒動で16人の死者が出ています。新選組側の死亡者は3人。不意をつかれた側とフル装備で向かった者達との差が出ました。隊士達は壬生寺に、志士達は三縁寺に葬られています。

騒動があったのが祇園祭の宵々山だから、今の7月か・・・。京都の夏の暑さは“油照り”といわれるほど暑いです。夜でも蒸し暑さはおさまりません。そんな時のせせこましい建物の中での乱闘だから、鎖帷子を着た隊士達は暑さとも戦わなければならなかったわけですね!組!で藤堂平助が鉢金を取ってしまいますけど、気持ちは分かります。

襲撃した時刻は夜の10時。現在みたいに電気が通っていて蛍光灯でピカー!の室内ではなかったはず・・・。薄暗い、または殆ど真っ暗な中での斬り合い。(というより鴨居が低いから衝き合いか?)怖すぎる。案外、新選組は踏み込んだ時の人数が少なかったのが良かったのかも知れませんね。同士討ちの危険もあったでしょうし。

蒸し暑くて真っ暗な中で、何処から襲ってくるか分からない敵と戦う恐怖・・・そんな時に聞こえてくる近藤勇局長の凄まじい気合は、隊士達を励ましたでしょうね。

池田屋の建物は昭和6年に取り壊されるまで、当時そのままではないだろうけど残っていたそうです。古写真が残っています。老朽化で取り壊したのかな・・・勿体無い。当時、新選組がこんなに人気が出るなんて誰も分からなかったから、仕方がないですけどね。分かっていたら、間違いなく資料館か記念館が出来てますね。

それにしても、これだけの惨劇があった場所が、すぐに取り壊されずに残してあったなんて・・・。(また旅館として使ったのか?)血みどろの内部はどうしたんだろう・・・当時、殺人現場清掃の業者なんかいないだろうし。遺体を運び出すのも、色んな物が散乱していて大変だったはず。畳や襖は取替え、壁は塗り替えるにしても、柱や床に染み付いた血痕や臭いは・・・?激しく気になる。それと・・・出なかったのか?こちらも気になります。(見たくはないけど。)

池田屋の跡に今はパチンコ屋さんがありますが、20年ほど前の写真を見ると、ケンタッキー・フライドチキンの店があったようです。飲食店もあり、“モダン焼き 池田屋”という看板がかかっているのがツボですww モダン焼屋さんなら入って食事ができたのに。残念!

2006年10月 7日 (土)

モーツァルトへの旅・・・

毎日モーツァルト スペシャル

「山本耕史とたどるモーツァルトへの旅」

10/13(金)BShi PM 9:00~10:50  11/3(金) BS2 AM10:00~11:50

今日の土スタの“まるごとNHKフラッシュ”で宣伝してましたね。

ナレーション収録風景で白ピチTでない耕史君が読み上げているのは、あの・・・

「僕が愛するものをあなたが愛するなら、

あなたはあなた自身を愛するのです。」

ではないかー!ありがとう!NHKさん・・・ファンのツボをよく分かっていらっしゃる。

降り立った駅のホームを、鞄一つ持って歩く耕史君。力強い歩き姿は(旅の始まりの場面なのかな)リアル・モーツァルトに出会う期待と興奮の現れでしょうか。

今週号のステラにはカラー3Pで特集記事が掲載されています。

実在の人物を演じるのに、その人の生きた場所・土地を行くのはとても大切なこと。組!の時も耕史君は会津・函館・日野・京都と行っていますものね。今回はヨーロッパなのでプライベートでは仕事のスケジュールの都合もあって事前に行けなかったのでは・・・。記事を見るとかなり色んな所に連れて行ってもらったみたいなので、良かったな・・・と思います。

な~んと!所縁の地でモーツァルトの手紙を読むのですって!朗読風景の写真がありますが、少し紗が入っていて、儚げで繊細な文学青年って感じです。(脱いだら昆虫腹ですがw)

勿論、ヤツの前でも朗読してしまいますよ!コロレド大司教の肖像画の前です(大爆笑)

これは楽しみですね。コロレド大司教もこんな手紙を書かれて、後の世の東洋の青年に朗読されてしまうのなら、もっとモーツァルトに優しくしておけば良かった・・・と、あの世で思ってたりして。

オペラを観に行ったらしく、度々話題になる「牧師服」・・・“よそ行き”のお洋服ですな、それを着用しているようです。こちらも楽しみ。

それにしても耕史君、ほっぺたの肉が落ちたな~。(うらやましい~)前はもう少しふっくらしてたんだけど。喋るたびに頬の筋肉というか、スジが動いているのが良く見えます。30歳を迎えるにあたり、さらに大人の男性の顔になって行っているのか、それともトレーニングの成果なのか・・・それは彼のみぞ知ることなのでありました。

2006年10月 6日 (金)

ついに解禁~!僕っす。

Pa0_0001 本日のサンケイ・スポーツに「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の再々演が、山本耕史主演で来年の2月にありますよ・・・とのお知らせが、やっとこさ掲載されました。

FCで発表されていた予定日より約1週間遅れの紙面掲載です。(何で遅れたのか知らんが・・・)

真夜中に更新されてすぐのFC会員限定ページで、この写真つきの衝撃のお知らせを見ました。1週間前のことです。思わず、「うおっ!なんじゃこりゃー!」と叫んでしまいましたよwww

公式発表があるまで御内密に・・・ということだったので「やるんだとーー!!」と世間様に叫びたくなる衝動を堪えておりましたw 以前から観たかった舞台を耕史君主演で観られるなんて、なんと言う幸運でしょう!先ほどチケットの予約もしてきました。競争率のかなり高い抽選になるとは思いますが。ただひたすら当選を祈るのみです。

FCのTOPもヘドウィグ・ヴァージョンwに衣替えしましたw しかし、いいのでしょうか?「ttB」の幕もあがらないうちに次の舞台の発表してしまって。しかも、このインパクトありまくりの作品ですよ~!ごめんなさい、一瞬ジョナサンを忘れてしまいました。(でも、大丈夫。思い出したからw)来年が楽しみです。(早いな!w)し、しかし、諭吉がジェットエンジンで飛んでいくではないか・・・。しかたがない、遊ぶ金欲しさに必死こいて働くかw

山本ヘドウィグ写真を見て、雄叫びを上げた後の行動。

「体の地図帳」なる本で、ここが腹直筋、外腹斜筋、前鋸筋、腸ケイ靱帯・・・と筋肉調べをしてしまいました。記事にもあるようにセクシーさは女性以上なのだけれど、キレイ過ぎて“エロ・ゴコロ”の発生を許さないのであります。例えば、ダビデ像を見て欲情する人は余りいない様に思いますが、そんな感じでしょうか。お!その昔、宮沢りえさんの「サンタフェ」というヌード写真集を見た時のと同じ感じです。(年齢が・・・w)

製作者側は、瑞々しいヘドウィグ像を期待しているようですが、まさにぴったりのキャスティングですね。格好は正直えげつないのですが、心は生まれたての赤子のように純粋なヘドウィグなんですよ。

それにしても、きついメイクで耕史君のお肌が荒れやしないか心配だww

紙面やwebで乳首やらアンダー○○ーを見せてくれている(?)耕史君ではありますが、お願いだから、舞台上で大胸筋ピクピクは止めて下さいね。(オヤジ臭いねん!芸風が!と叫んでしまうかもしれないからw)

あ、ちなみに同じ紙面に美川憲一さんが白のウェディング・ドレスを着ている記事があるのですが・・・つい、「耕史君が着た方が、もっと素敵で可愛いわよねッ。」と微妙にオネエ言葉になっている自分に寒いものを感じながら、隣の神田うのさんの真っ赤なドレスも「色白の耕史君の方がもっと似合っていて、凄くきれいだわよ。」と思ってしまう秋の夜でした。

2006年10月 4日 (水)

あのハンカチが再発売。

兵庫国体・硬式高校野球の決勝戦は、夏の甲子園の決勝戦の再現となりました。

凄過ぎるぞ! 早稲田実業&駒大苫小牧! 今年の高校野球は最高です。

ABC朝日放送が急遽、試合を生中継することになりました。おかげで仕事をしながらチラチラと試合を見ることが出来ましたw 

試合の結果は1-0で早稲田実業が勝ち、優勝しました。おめでとうございます!でも、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。みんな必死で戦ってるのだけれど、ワクワクしてとっても楽しそう。あの長い試合を戦った相手とまた野球が出来るのは幸運なことですよ!良い思い出になりましたね!お疲れ様でした。

斉藤君と田中君、どちらも良い選手ですね。斉藤君は進学するらしいけど、4年後のプロでの対決が待ち遠しいです!

さて、斉藤君といえば“青いハンカチ” ですね。

問い合わせがすごかった様で、すでに製造終了となっていたハンカチが11月上旬に再び発売されることになりました。

名付けて、“幸せの青いハンカチ”だそうですww  黄色じゃないのですね。

配色、サイズは同じだけれど、デザイナーのロゴのところが「HELLO KITTY」の文字とキティちゃんの絵に変えられています。キティちゃんバージョンです。

これは製造・販売元の「ニシオ株式会社」(大阪中央区)の西尾社長の配慮からだそうで、(オークションなどで)高値で買われた方に申し訳ない・・・と思われたからだそうです。

何処で取り扱うかはHPで後日お知らせ・・・とのことです。一枚500円です。

昨日、斉藤君が使った青いタオルは大会グッズだそうだけど、“はばタン”がついているのかな。

しかし、世の中何が流行るか分かりませんね。そして、ささやかな幸せを求めているんですね。

2006年10月 3日 (火)

当選メールキター!

待たされた!

・・・というわけで、昨日、「ttB」の10月31日、FC貸切公演の抽選結果がマグさんから届きました。

結果は・・・A席当選!でした~!!ヤッター!

3階席ですが、そんなに大きくない劇場なので無問題!とにかくその場にいることが重要なのですから。S席でないと嫌だ・・・なんて我儘は言いません。多少後ろの席でも、座高の高さは誰にも負けないので平気だしw

FCのイベントがその後にあるのですが、FCなるものに今迄に入ったことがないので、今回が初参加となるわけです。どんなことをするのか、約600人の会員が集結したら、劇場内にはどんな空気が流れているのか流れるのか、こっちの方も興味があったりして。

無事に入金も済ませました。

楽しく自分の誕生日も迎えることが出来ます。

良かった良かった。

2006年10月 2日 (月)

幻の西宮シリーズ

その昔、パリーグに“阪急ブレーブス”という球団がありました。

親会社は阪急電鉄。本拠地は兵庫県西宮市にある西宮球場。

兵庫県にはもうひとつプロ野球球団の本拠地がありました。

親会社は阪神電鉄。同じく西宮市の甲子園球場が本拠地です。

子供の頃、何でも東京というのに逆らってw(当時はまだジャイアンツが強かった。)ブレーブスとタイガースの日本シリーズ・・・名付けて“西宮シリーズ”を、兵庫県民の私は夢見ていたものでした。勿論、ファンはそれぞれのチームの親会社の電車に乗って行き来するのですww

しかし、タイガースは低迷していたし、ブレーブスはブルーウェーブになったので、この夢は夢のままに終わってしまいました・・・。

阪神電鉄と阪急HDが経営統合して“阪急阪神HD”が10月1日に発足しました。

30日に梅田の阪神と阪急の駅に行きましたら、どちらの駅にもタイガースの選手と、宝塚歌劇団の公演ポスターがでかでかと貼ってありました。

不思議な世界です。

阪神と阪急がくっつけば便利になるとは思いますが。この光景は暫く馴染めないような気がしますww

それぞれの会社や百貨店のカラーはそのままに、お客様第一主義で頑張って欲しいです。

2006年10月 1日 (日)

気になったので・・・受けてみました。

今年になって、インスリン投与を必要とする糖尿病患者が部内で2人でました。

ひとりは50歳の男性(8月入院)、もうひとりは30台半ばの女性(7月入院)。ふたりとも、2週間、検査と食事・運動の指導を受ける為に入院していました。

ふたりとも、決められた時間に血糖値をはかり、インスリンをうっています。仕事をしながらなので結構大変です。

親が糖尿病でインスリンをうっていて、自分自身も太っているので、これは他人事ではないな・・・と思ったので、糖負荷試験を受けてみました。

朝は絶食で、病院に行きます。朝食は家で絶対に食べるので、これは辛い。

まず、糖負荷前の血糖と尿糖を調べるために採血、採尿をします。

そして、いよいよ(?)ブドウ糖(75g)入りの微炭酸水を飲みます。かなり甘いので、ウゲゲ・・・となります。試験中でも水は飲んでよかったので、検査室を出てから待合室にあるミネラルウォーターを飲みました。美味しいよと聞いていたブドウ糖水・・・期待していたより美味しくなかったです。

ブドウ糖水を飲んでから、30分・・・60分・・・120分・・・180分後に採血、採尿をします。

60分後までは案外と忙しいですね。

時間経過による尿糖と血糖値の変化をみます。120分後の血糖値で糖尿病かどうかの判断基準にします。(専門家ではないので、基準数値や医学的な説明は割愛しますね。)

採尿は、水を飲んでよいので何とかなりましたが、問題は採血。採血用の右腕と位置は決まっていて痕になっています。看護士さんに“ここしか出ませんよ”と自己申告。いつものことなので慣れていますが、思いっきりゴムバンドで上腕を縛られ、左右の腕をこすられたり叩かれたりしました。合計で5回採血するので、出来るだけ違う場所で採血してあげたい・・・という優しさからであります。

しかし、徒労に終わるのは分かっているので、「ここでしか出したことないですから、ここでお願いします。時間もあるので・・・。」というしかありません。看護士さんは、すまなさそうに「痛いけど、いいの?ごめんね・・・」といってくれましたが、彼女の試練はこれからであった。

“ここしか出ない”というところに注射針を刺します。・・・出てくるはずの、血が出てきません。注射針が腕に刺さったまま微妙に前後します。

それは、腕から抜ききってしまうと新しいのに変えないといけないからなのか、(1回抜いて針を交換した。)最初に皮膚に針をつきたてたときの痛さを味あわさせないための親切なのかわかりません。とにかく、注射針の動きにあわせて伸び縮みを繰り返す自分の皮膚を見ながら、“今日も縫われてしまったか・・・”“血管を探るのはいいけど、神経には注意してね。”と締め付けられた腕の痛みに耐えながら先のことを考えました。無事に終わるのだろうか。

「何回もごめんね。血管が細いのね・・・」看護士さんが焦りだしました。“いえいえ、血管はそこそこ太いですよ、私の腕が太いのです・・・。あの・・・腕が痺れてきたのですが・・・”などとは言えないので、「いつものことですから、大丈夫ですよ。」と笑って言いました。

注射針が抜かれました。選手交代です。今度の看護士さんにも縫われましたが、何とか採血が出来ました。負荷後の採血も多少縫われましたが、さすがプロ、採血完了までの時間が短縮されていました。

終わったのは昼過ぎです。楽なようで厳しかったです。TVで料理番組なんかやってるしw

コンビニで誠パンを買って帰りました。

これが約3週間の話で、今日やっとこさ結果を聞きに行きました(遅!)

結果は異常なし。コレステロール、その他も異常なし。やれやれです。しかし、肥満傾向にあるのは言うまでもないので、改善するようにと言われました。(これはその通りなので言われても仕方ないですな。)

とにかく健康第一なので、ここ数年でかなり増加した体重を減らさねば・・・とは思っているのですが、さてさて、どうなりますやら。

誘惑の秋であります。食欲の秋であります・・・。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »