★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« チューボーですよ!池田屋炎上編? | トップページ | 猫と納豆 »

2006年10月23日 (月)

極上の月夜

先週から始まった極上の月夜(ゲツヨル)

番組タイトルそのまんまに“極上”のエンターテインメントを、舞台裏と共に紹介する番組です。

司会は三宅裕二さんと松岡充さん 日テレアナウンサー羽鳥さん

そして、強力コメンテーター、美輪明宏さん

ひょっとして、美輪さんの回もあるかな・・・なんて期待してたら番組2回目にして実現w

「愛の賛歌」をノーカットでTVで歌ってくれました。

TVでは時間を切られたり、カット割りなど編集されたりして、歌い手側が計算して演じていることを無駄にされてしまうので、TVではもう、何年も歌わないことにしていたそうです。

ノーカット、ワンカメラでTVを見ている人に向かって歌っているみたいにすること・・・を条件にスタジオで歌うことを承諾したそうです。

その前に、スタジオに来ていた女性達に愛について語っていました。美輪さんの言葉で「恋は自分本位。愛は相手本位。」「恋は奪うもの。愛は与えるもの。」というのが頭に残っています。他のコーナーでも、ウィットに富んだ独特の美輪節というかワールドが炸裂していました。“部屋にグレーや黒いものを置かない”など、お役立ち情報もありましたよ。

美輪さんのプローフィール、三島由紀夫との出会いと別れが語られた後、エディット・ピアフが作詞し、歌った「愛の賛歌」を美輪さんが歌います。美輪さんによる日本語訳詞を語ります。そして、原曲で歌います。よく知られている日本語版の「愛の賛歌」が、明るく暖かい陽だまりの中で幸せと希望を歌っているとしたら、原曲のピアフ版は荒れ狂う嵐の中で愛を歌い愛を誓う・・・その果てに一筋の光が差し込んで導かれていく・・・凄まじいパワーのいる歌なのです。美輪さんの歌は勿論、後者です。

初めて生で聴いたときには心が震えました。

やはり、色々な経験を積んで来られたからこそ、歌える歌なんだなと思いました。テクニックだけではなく、魂の底からわきあがる思いがあるから、この歌が歌えるんですね。

TVでは伝わらない空気とかがあるのですが、また聞けてよかったです。

日テレさんありがとう。

他の曲も聴きたくなったな。

« チューボーですよ!池田屋炎上編? | トップページ | 猫と納豆 »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/12395959

この記事へのトラックバック一覧です: 極上の月夜:

« チューボーですよ!池田屋炎上編? | トップページ | 猫と納豆 »