★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« TV誌に磐音さま☆ | トップページ | ’96「忠臣蔵」!! »

2007年5月24日 (木)

TVnavi様7月号

『山本耕史のちょっと休憩しませんか』 今月のゲストは、北大路欣也さん!

「華麗なる一族」の万俵大介役で、お茶の間をその目力で釘付けにしました。

今回は懐が深く優しくて暖かい大人の男性と、自由でおおらか~で熱い青年との、感動あり、笑いあり、ちょっと切ない話ありのとても内容の濃い~い対談となっています。(頁数が足りないよ!)やはり、共演者との話はもりあがりますなぁ(^ー^)。

タイトルページの写真が素敵!耕史さんが友人に「雰囲気が北大路さんに似てる。」って言われたそうです。「華麗…」の時、私も本当の親子みたい!上手くキャスティングしたな~とは思っていました。役が入ってるからそう見えるのかな?と思っていましたけど、こうやって素で並んでいるのを見てもそういう感じがしますね。目力はどっちも強力だー(笑)

息子役が耕史さんなのを喜んだ北大路さん。今も息子みたいに思って下さっているようで、「自慢の息子です。」って感じで肩に手を回して微笑んでます。(素敵~!)その横で、大きな存在に少し緊張しつつ、照れ臭いけど物凄く嬉しかったりして・・・と言う感じでニッコリしている耕史さんが、本当に息子っぽくて微笑ましいです。(^ー^)北大路さん着用のスーツはドラマで大介が着ていたものだそうです!!耕史さんのスーツ姿も暫く見られなさそうだし、両方ありがたく拝んでおこうw

耕史さんが17歳の時に「忠臣蔵」で共演していたことは、「華麗…」で良い影響があったようです。休憩時間のマジック・ショーは、かなり昔からやってたんですね。(歴史ありw)

「華麗…」の話では、大介が銀平のことをどう思っていたのかが知れてちょっぴり切ないものがありました。話のノリは笑い話だったけど。大介は銀平は自分のこと理解してくれていて、付いて来てくれるって信じてたから。心のよりどころと言うか。そういう存在。

「ドラマの途中から、銀平は大介に対して冷たくなっていったねぇ。前半の頃は味方かなと思っていたのに、だんだん僕に対して鉄平よりもきつくなったからね。」「悔しいねぇ~。銀平も僕から離れていくのかよ。」と、かなりショックだった模様。鉄平クランクアップの時のことも知っていて(さすが大介w)「…やっぱり、最後まで、銀平は鉄平のところに行ったか。」

 繰り返し悔しがる大介(笑&哀) 突っ込んでるような写真ありw

別のインタビューで、「大介も一生懸命生きてるんですけどねぇ。」と鉄平を窮地に立たせる大介のことを言われて答えていらした。「鉄平のことも愛しているんですよ。」とも。分かってあげてよ、と思います。銀平だって、父を憎んできつくあたったんじゃない。何も出来ない自分への苛立ちが、父への言葉にきつく出ているんだと思う。銀平は父も兄も大好きな本当は優しい子だもの。

「華麗・・・」は北大路さんにとって、運命的な作品とおっしゃています。市川右太衛門さんとの関係があったから、鉄平と大介の両方の気持ちが分かったというのもあるし、大介を演じたからこそ、気付いたこともあったようです。親子の関係って深いですね。親の存在が大きければ大きいほど。

鉄平役の木村拓哉さんとの話とかも、思ったことをオープンにして話されています。そんな北大路さんだから、耕史さんもかなり打ち解けて話をしていますね。写真によく出てます。

素晴らしいお手本になる大先輩の北大路さん!その北大路さんから、

「あなたが側にいてくれて心強かった。」

「持っているものを磨いて磨いて磨ききってほしいですね。」

という素敵なお言葉がかけられました・・・。

「ありがたき幸せに存じます!北大路様ーーー!」と平伏しているオタひとり(笑)

「ヘドウィグ」は観られなかったそうですが、自慢の息子の“美しい姿”を見にいらしてくださいませ。是非是非!

耕史さんは、「燃えよ剣」とかの小説は読まなかったけど、映画は観たんですね。北大路さんが沖田役の「新選組」って、三船敏郎さんが近藤勇役の作品ですね。三船近藤は好きなんですけど、ラストが衝撃的過ぎてトラウマになってしまいます。でも、久々に観ようかな。沖田観たさに。

さて、CSの「隠密奉行 朝比奈」を観るとしますかな。

今週は「八州廻り 桑山十兵衛」がお休みだったので寂しかった。

« TV誌に磐音さま☆ | トップページ | ’96「忠臣蔵」!! »

☆☆山本さん☆☆」カテゴリの記事

コメント

初めまして!!

モーリアといいます。
北大路さんのお人柄が、とても温かくて、写真がホントに親子に見えましたね。
私もこの新選組を借りて見たんですけど、多分…ラストのシーンは最近出たDVDではカットされてました。
監察山崎役を獅童さんのおじさんがされてたり、鴨を鴨パパがやってたり、スゴく面白かったです。

>モーリアさん
はじめまして!これからもよろしくお願いします。
北大路さんって、本当に温かくて素敵な方ですよね。プレゼント用の写真なんて、“仲良し親子”そのまんまって感じですよ!でも、なんと美しい親子なのでしょう(溜息)

三船さんの「新選組」のラスト、カットされてるんですか?かなり前から、首をどうこうって事件が増えているので、その辺りを配慮しているのかもしれませんね。制限を付けても出来ればカットはしないで欲しかったです。
三国連太郎さんの鴨!良かったですね!「近さんよ。」って呼び方と、佐藤浩一さんの鴨とはまた違う屈折っぷりが。
中村獅童さんといえば、’96「忠臣蔵」に上杉家へ養子に行った息子役で出演されていました。最近は何故かスパイダーマン化しているようですが(笑)
それから、新見先生が秒殺される(一言で終わり)のが気の毒な作品でもありました。

みましたーー。
立ち読みで(笑)

北大路さんのあんな笑顔初めてでびっくり。
貴重ですよね!

それだけ…?

>ORIVEAさん
スマスマで観た素顔の北大路さんは、よく笑っていましたね。
(笑い過ぎて涙出していましたがw)

新聞や雑誌に掲載された写真で、あそこまで笑っている写真って多分ないんじゃないですか?
さすがナビ様。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/15185936

この記事へのトラックバック一覧です: TVnavi様7月号:

« TV誌に磐音さま☆ | トップページ | ’96「忠臣蔵」!! »