★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 月代ありの磐音さま | トップページ | オタよ!7月に熱くなれ!(6/1さらに修正事項あり) »

2007年5月31日 (木)

お役者の松吉

人呼んで「お役者松」と申しやす。

「御宿かわせみ」第7話に月代全開で登場!

しかも、オネエちゃんの取り巻きつき。(笑)

元スリなんだけど、やさぐれた感じがそんなにしなかった。でも、女の扱いには慣れているような感じはしましたな。(^-^;) しかし、松吉は実は心優しい若者であった…。東吾さんを松吉と間違えて財布を渡した、ドジで嫁さんの薬代がいるスリの為に、財布を受け取りに来たのだもの。

・・・このふたり、どう見ても似てないんだけど。(笑)

彼は育ての親の今際の際の言いつけを守って、スリ家業から足を洗い、板前修業をしていたのだ!そういうこともあって、スリとの約束を守って自腹でお金を出してくれたお礼に、台所を手伝うと言う律義者でもありました。

それにしても、いい男だねえ~。

惚れ惚れしちまうね。(笑)

土方さんになる前だったので、少し頬がふっくらしています。肩幅広!胸板厚!だけど、昔の家業のせいで旦那方の前では少し小さくなっているのが面白い。東吾さんの義姉さんが出てきたときの反射神経のよさ、その後のやり取りは可愛かったですね。(^ー^)

本日の見所w包丁を使うシーンがありました。引きの画面では、しっかりと茄子で手元を隠していました。何かを刻んでいたようですが(笑)そのあと、何故か難易度の高い“桂剥き”を少しだけとはいえこなしていた・・・この辺が謎です。るいさんや女子衆たちのあしらいの上手さは何の疑問も持ちませんでしたが。(笑)いや~ん、私も、桂剥きにパチパチ♪したかったぁ。(←AHO)

東吾さんが男前勝負で押され気味だったのが可笑しい。何を、ふわふわしてんのや、東吾!しかも、そのことを松吉に悟られてるのw

松吉の最後のスリの仕事は人助け。三河屋の幸吉を助け、義理の母と子を救う為。「幸吉」ですよ、「幸吉」(^▽^)v 偶然とはいえ、「陽炎の辻」で磐音さまの深川生活の師匠「幸吉」くんと同じ名前だなんて! 思わずにやける私。幸吉君(大)を「心の目で見るんだ!」と説得するところは熱かったな。磐音さまも幸吉君(小)をしかる場面がありますから。激しく膨らむ期待。(笑)

仕事を頼み頼まれる時の、4人の間は何処か長閑で可笑しかったです。東吾さんたち3人の「お願い・・・。」というワンコの目がちょっと可愛い。(笑)

任務完了後、旦那達に挨拶をして立ち去る松吉…。

「じゃ、どちらさんも今夜は御苦労さんでござんした。あっしはこれで。」

夜霧の中に(スモークw)消えていく後姿。

後姿も色っぽくて、いい男だねえ~。

惚れ惚れしちまうよぉ。あたしゃ。(笑)

これから帰宅する・・・というよりも、これから「仕事」に行くって感じがするのは、歩き去る後姿もカッコいいからでしょうか。と、なると仕事の手口は何でしょうね~ワクワク

中の人の耕史さんの場合、「仕事の後は仕事だぜ」って感じですか。音楽屋台で仲間も出来たし。(笑)

やっと見られた「お色気松」…いや、「お役者松」。見所たくさんで楽しかったです(^▽^)

« 月代ありの磐音さま | トップページ | オタよ!7月に熱くなれ!(6/1さらに修正事項あり) »

☆☆山本さん☆☆」カテゴリの記事

コメント

やっと今日再放送。またまた観てしまった。
どんなズラも良く似合う。本当に惚れ惚れだね。
何をさせても上手い。ファンでヨカッタ。

あっしはこれで!と後姿。戻って来いよ”~と私。
包丁を持った人差し指がやけに気になりました。

やっぱり時代劇はいい”ね。
磐音さまが待ち遠しい~ですね。

>ぷんちゃんさん
飛ばされずに放送されて良かったですよ~。(安堵)
町人髷、ようござんしたね。(笑)
鬘の担当の方もさぞ喜んでいることでしょう。
見事に被りこなしていますもの。
丸いオデコがキュートですね。

>包丁を持った人差し指がやけに気になりました。
指が長くて、綺麗な手でした~。
桂剥きした大根を見せているときの得意そうな顔(にこっ。かな?)が見たかった。(TへT)
「帰ってきたお役者松」の回を作ってくだされ。NHK様。

このときよりも遥かに向上したと思われる包丁技。
鰻割きもバッチリやってくれはず。期待して待ちましょうね(^ー^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/15269104

この記事へのトラックバック一覧です: お役者の松吉:

« 月代ありの磐音さま | トップページ | オタよ!7月に熱くなれ!(6/1さらに修正事項あり) »