★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« さんかくはぁと #4 ひとつ屋根の裏 | トップページ | 『TV Japan』の磐音さま »

2007年8月15日 (水)

ナビさま素敵・・・☆

ついに、この日がキターーー!

Navi

山本耕史が表紙を飾る日・・・。

確か去年の10月号の「ちょっと休憩」コーナーのTOPに

「組!」は永遠に不滅で

どこまでもひっぱりたいと思っている

と書いてありました。その言葉のとおり連載は続き、年内は予定が入っています。これはとても嬉しい事でございます。

ありえないだろうと思っていた、ジョン・キャメロン・ミッチェルをゲストに迎えることもやってのけた。

素敵・・・ナビ様。

いつか表紙になって欲しいとは思っていましたが、今までの表紙の傾向からして、表紙はないんだろうなと思ってしまっていました。

しかし、ナビ様「ちょっと休憩」スタッフの

『いつか 必ず』という思いが報われたのですね。

ああ、2冊買ってしまいそうな自分がいる。

発売日はドキドキして平常心で書店に入れないかもしれない。

ナビ様はスーパーのレジの近くの棚にも置いてあるのだ・・・。緊張して買い物が出来ないかもしれない。案外あえて、棚の近くのレジに並んでしまうかもしれない。いや、きっと並ぶだろう。ならばなくてどうするんぢゃw(にやけないようにしないと・・・w)

ゲストは、中越典子さん。

『陽炎の辻』の撮影裏話が聞けそうで楽しみだ~。

« さんかくはぁと #4 ひとつ屋根の裏 | トップページ | 『TV Japan』の磐音さま »

☆☆山本さん☆☆」カテゴリの記事

コメント

わぁーホントですか????
ウレシー!!
今まで雑誌の表紙は何度かあったけど、
ナビの表紙はやっぱり特別なものがありますね。
組!のときから、よく頑張ってましたもんね、彼(笑)
対談の相手がおこんちゃんというのも◎!
中越さんのブログでも磐音&おこんの2ショットが
ありました。
モスリンさん、ありがとーございます。
暑くて、ダルダルな毎日を元気に過ごせ
そうです(少々暑さにヤラれてます・・・笑)


>モーリアさん
特集記事とかで大きく扱ってくれるのは勿論嬉しいのですが、
『表紙』となればまた思い入れと意味合いが違いますよね!
ナビ様は月刊誌だから、表紙になれるのは、12人だけ。
『今年を代表する12人。』ってことになるんですよ。
なんて素敵!
この抜けるような(クソ暑い)青空に向かって叫びましたよ。
(心の中でw)ナビ様ありがとうーー!
でも、ナビ様にはもうひと頑張りして欲しい。
『陽炎の辻』の特集またはムック本を出して欲しいの。
そう思うのは罪なことなのでしょうか(笑)

『陽炎の辻』2週連続お休みで、テンション下がり気味です。『佐伯』先生の『居眠り~』シリーズ新刊買ったものの読めないでいます。TV放送再開されたら私のテンションも上がってくるのでしょうか?

耕史さんのCMも(泣)まだお目にかかれていません(TT)

仕方ないので『ヘキサゴン』で(笑)テンションあげます~(笑)

>行さん
ヤマコー・オタの私としましては、磐音さまの居ない間に銀平さま・中田くん・智雄くんに走りつつ、舞台の予習もしていてそれなりに忙しいです。
放送がないのは辛いですが、何ごとも辛抱が肝要です。来週は放送するのですから、辛抱の先が見えています。
(磐音さま関係の自分のブログを読み返して、あ、あれを書き忘れてる・・・と地味に反省したりしていますw)
原作は16巻ぐらいで止めていて、TVシリーズが終わってから読む予定です。
関西では15秒のがスポットで結構流れますよ。心の準備が出来ていないので、いちいち驚きますがw早くweb公開されると良いですね。今のところ、1パターンの15秒と30秒ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/16124103

この記事へのトラックバック一覧です: ナビさま素敵・・・☆:

« さんかくはぁと #4 ひとつ屋根の裏 | トップページ | 『TV Japan』の磐音さま »