★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 歴史は・・・さすぺんすっ! 新選組は・・・ | トップページ | さようなら、LD »

2008年10月16日 (木)

狂言風オペラ「フィガロの結婚」

大阪の「いずみホール」にて
狂言風オペラ・モーツァルト「フィガロの結婚」を観てきました!
狂言とオペラのコラボってどうなるんやろ?と、ちと不安で御座ったが、最初から最後まで楽しませて貰いました。
いや~、面白いものが観られて嬉しいわ。

それはさておき、
早く阪神電車に乗ってお家に帰らねば。遠いよう。(T_T)

久々に、もっぴーこと茂山宗彦さんの「底抜け」を見た。
出るのを予測して無かっただけに、底抜けに儲けた気分ですw

« 歴史は・・・さすぺんすっ! 新選組は・・・ | トップページ | さようなら、LD »

舞台・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

わっ♪アノ場に居らしたんですねっ。なんか嬉しいです。と、いきなり申し訳ございません!!文体と感覚が好きで頻繁に通わせて戴いています。で、いつも読み逃げなのですが、ついこの題目(?)に食いついてしまいました(冷汗)だって、本当にとぉ~っても楽しかったし、且つ、日本古典芸能の奥深さと茂山家ってスゴイなぁとつくづく思いましたので。隣の席の方はオペラを見ている方のようで脚本が巧い、と話していました(嬉々)会社早退してローカル腺&新幹線ではるばる行った甲斐がありました。生底抜けも初見でしたし♪来年の「魔笛」にも絶対に行きます。
あ、、、なんか一人勝手に浮かれた内容で申し訳ございません!!良かったですよねぇ~と書いてみたくて。ご無礼致しました。
ちなみに、題目(で、いいんでしょうか?)違いですが、尾口小助は又出てきますよ。今度こそ(今度こそって・・・)斬られて死ぬのかな?当人にはその方がシアワセののでしょうが、磐音さんには辛いですね。「風の果て」との連想、虚を突かれ、納得しました。そういえば、今月のナビ・ゲストは遠藤憲一さんだとか。彼の演じた役が一番好きでした。
わっ!長々と駄弁を書き連ねてしまいました。お読み捨て戴き、ご容赦のほどお願い申し上げます。

>あつみさん
いらっしゃいませ。happy01
最近は野球関係で荒れてますが(笑)書き込みはお気軽にどうぞ。

それはさておき、
なんと、あつみさんもいらしてたんですか、うわ~素敵!
底抜けに楽しかったですね~。行って良かった。もう、笑い過ぎて顔の筋肉痛かったです。happy02
流石、お豆腐狂言茂山家!洋風のものと上手いこと料理されてましたね。大変美味しくいただきました。(笑)仰るように私も日本古典芸能の奥深さと、自在さを楽しく笑いながら感じていました。
来年の「魔笛」が今から楽しみです。(勉強せねばw)
「フィガロ」が予想以上に面白かったので、「ドン・ジョバンニ」はどんなのだったのか、こちらも気になりますね。

「陽炎2」来週の予告を見ましたよ。尾口小助が出てきますね。片手で磐音さまとどう対決するのか楽しみです。利高役のデビット伊東さんもそうですが、敵役が良い味出してくれると見る楽しさが倍増しますね!

私も「風の果て」の遠藤さんの役が一番好きでした。でも、段々痛々しく哀しくなってきて観るのが辛かったですね。最後は悲劇の中に安らぎを求めるようなことをするし・・・。
耕史さんとナビではどんな話をするのか、う~ん、全然読めません。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/42809719

この記事へのトラックバック一覧です: 狂言風オペラ「フィガロの結婚」:

« 歴史は・・・さすぺんすっ! 新選組は・・・ | トップページ | さようなら、LD »