★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月に作成された記事

2008年11月30日 (日)

紅葉。

お墓参りに行ってきました。

墓地周辺の山々は、それは綺麗に紅葉していましたよ。

お天気が崩れる前に行けて良かったです。

2008年11月28日 (金)

DVD発売決定!!

ドラマの公式サイトに、嬉しいお知らせが・・・!

「陽炎の辻2」DVD化決定!!happy02

▲発売日▲ 2009年3月18日pencil

土曜時代劇 「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙」 全12話

正月時代劇 「陽炎の辻~居眠り磐音江戸双紙」 スペシャル

 オリジナル映像(予定)

 発行:NHKエンタープライズ

 販売元:株式会社ポニーキャニオン

磐音さま関連の記事の100件目shineにふさわしい話題じゃ!!

おお、正月時代劇と一緒に収めてくれるのね。

どちらも絶対買うからそれで良いです。moneybag

発売となれば、やはり、気になるのはオリジナル映像。

佐伯先生と耕史さんの対談が収録されるのはガイドブックさんのポロリで分かっていましたが。(笑)後は何が入るんだろう。封入特典とかあるかな。

物 凄 く 期 待 し て い ま す か ら ね 。(圧力w)smile

BShiでの放送が終わって最初の磐音さまがいない金曜日。crying 寂しいー!

「陽炎の辻2」→「ギラギラ」と物凄く濃い金曜日なのに(笑)

2008年11月27日 (木)

陽炎の辻2 第12回「旅立ち」磐音さまにひまわりを・・・

最終回の感想が前半の約10分までで終わっていました。(笑)“陽炎1”と“陽炎2”の最終回を見返して、ちょ~っと引っ掛かってしまったのです。

“陽炎1”と“陽炎2”の各回・最終回を対比、関連付けて見直すと、感動新たな事がありますね。ラストで少し違和感を感じましたが。coldsweats02 賛否あった“陽炎1”最終回は好きな回でしたよ。

さて、

奈緒さん達と千住大橋で別れた後、長屋に帰ってきて琴平さん達に報告しながら拝んでいるところに竹村さん登場。

奈緒さんと会ったのかと聞く竹村さんに、障子越しに話をしたことを話す磐音さま。奈緒さんの気持ちを思って、最後に何故奈緒さんの願いをきいてあげなかったのかと、竹村さんは大きな声を出して聞きますが、磐音さまは「奈緒には新しい暮しがあるのです・・・」と“正論”を言おうとします。それを遮り竹村さんは、「わしには分からん。あんたが分からんっ!」と怒って部屋を出て行ってしまいます。少し、寂しそうに俯く磐音さま。

そのやり取りを外で聞いていた品川さんが入れ替わりで入って来ました。

「今、竹村さんに怒られていたところです。」 

ちょんと正座している磐音さまはちょっと可愛いけれど(笑) 品川さんは最初からお怒りモードです。

「あの人は、坂崎さんとおこんさんのかかわりを知りませんからね。」

知っていても、聞いた瞬間、何でやねんって怒ってしまうと思いますよ。

「良いんですよね、おこんさんで。奈緒どのとはもう終わったんでしょう?違うのですか。」

「どうしたのですか?品川さん。」珍しく突っかかるような態度の品川さんに、何のことかピンときていない磐音さま。じれったくなって声を荒げる品川さん。

「何をしているんですか、あなたは。奈緒殿を無事に見送ったのなら、どうして真っ先におこんさんに会ってやらんのだ!・・・おこんさんの様子がおかしいのです。今津屋の皆さんも心配しています。あなたがおこんさんを支えてあげなくてどうするのですか!こんなところでのほほんとしている坂崎さんはどうかしている。では、御免!」annoy

この場面の品川さんよかった~。品川さんも中の人の川村君も俳優としてグッと成長したんですね。品川さんって、ポヤンとしているようで案外と人のことをよく見ているし、優しいですね。片思いだったけれど、おきねちゃんを殺された悲しみも経験してるものね・・・。

“なんということだ。”品川さんに怒られてやっと気がつく磐音さま。(遅い!)今津屋に向かう磐音さま。(走って行け!)いつもの橋の上で寂しそうにぼんやりしているおこんさんを見つけます。やはり様子がおかしい・・・声をかける磐音さま。振り返るおこんさん。(いつもの事だけれど陽炎がきつすぎて見難い・・・)奈緒さんのことはどうなったのか尋ねますが声に今ひとつ張りがありません。前田屋さんと無事に旅立った事を聞いてもなお、出羽の国はどんなところかと奈緒さんの話を続けようとするおこんさん。

「奈緒のことはもういいでしょう。」ピシッと遮ります。

「それがしには、おこんさんしかいないのです。」

「・・・こんも、同じです。」

おこんさんが磐音さまの手をそっととります。その手を両手でしっかりと包み込む磐音さま。そして、優しく抱き寄せる・・・。

「おこん・・・思い続けるのです・・・。思い続けれてさえいれば、心がいつか届きます。いつか必ず。」

お艶さんがおこんさん言ったこの言葉を思い出しながら、この情緒たっぷりの場面を見ると、おこんさんよかったねぇ~っ!cryingって胸が熱くなりました。

でもね、確かにおこんさんが気鬱になってる原因は、仕事上のことが大きいかもしれませんが、磐音さまと奈緒さんに関することも関係してると思います。金兵衛さんも愚痴ってましたが吉原に行く時に、事情を話して「帰ってくるまで待っててください。」とか一言あるだけで気持ちの持ちようがかなり違ったと思うのですが。結婚する事が決まった時でも、磐音さまが自ら言い出したのではなく、周りが固めていったって感じですものね。「尽くします。」っていう言葉は感動的だけれど、それまでに磐音さまは、おこんさんに分かるようにおこんさんが好きなんだって意思表示していないですもの。ずっと、不安を抱えていたおこんさんが可哀想になってくる。吉原に行って、ありえないけれどふたりで逃げてしまうかもしれないし、ショックで磐音さまがどうにかなってしまうかもしれない。そういうのを見てたら、品川さんではないけれど、「い い ん で す よ ね 。お こ ん さ ん で 。」と言いたくなる。

磐音さまは、誠実で優しくて穏やかな人ではありますが、“つれない人”なのです。おこんさんや奈緒さんに対してだけでなく、多分、誰に対してもそうなのかもしれません。

由蔵さんもおこんさんの様子がおかしいのを心配していました。症状が重くならないうちに何とかしなければなりませぬぞ。

    chick      chick      chick

続きを読む "陽炎の辻2 第12回「旅立ち」磐音さまにひまわりを・・・" »

☆祝☆繁昌亭大賞受賞☆

桂 吉弥さんが、crown第3回 繁昌亭大賞crownを受賞しました!shine

shineおめでとうございますーー!happy02happy02happy02

25日に発表がありまして、26日の朝刊に記事が出ていました。

繁昌亭大賞とは、上方落語の定席・天満天神繁昌亭で年間を通じて質の高い落語を披露した入門25年以下の落語家に送られる賞なのだそうです。(輝き賞は入門10年以下。)

天満天神繁昌亭HPでも紹介されていますが、各賞の受賞者は次の通りです。

crown 大賞(賞金10万円) 桂 吉弥 さん

present 奨励賞(5万円) 笑福亭 銀瓶 さん

happy01 爆笑賞(5万円) 桂 文華 さん

pencil 創作賞(5万円) 桂 三金 さん

flair 輝き賞(3万円) 桂 吉坊 さん

 受賞記念発表会は来年1月19日、繁昌亭で行われます。

吉弥さんは、「めちゃくちゃうれしいです。これにおごることなく、また日々精進してまいります。」(毎日新聞より)と、コメントされています。

吉弥さんと、輝き賞の吉坊さんは同じ桂 吉朝門下。弟子達の活躍に吉朝師匠もあの世で喜んでいらっしゃることでしょう。先日、再放送で聞いた吉弥さんの「地獄八景亡者戯」でお約束でネタにされてましたが。(笑)

来週、「神戸らくごビレッジ」があるけど吉弥さんはお休みなんだな~weep お客さん皆で直に「おめでとう!」が言えたのに、ちと残念。

繁昌亭にも見に行きたいけど、チケットがな~取れないのよ。shock

でも、このまえCSで見られて嬉しかったです~。

2008年11月26日 (水)

このごろ…

お昼前に小さな地震。
最近、身体に感じる地震がちょこちょこ起きる…。
少し不安だ……けど、きっと大丈夫。うん。

2008年11月25日 (火)

世界的スターと八幡巻き

何気なくTVをつけたら、関西テレビの情報番組「よ~いドン!」をやっていました。

「となりの人間国宝さん」のコーナーでレポーターは円広志さん。

今日は京都の東山駅周辺を探索しているらしい。このコーナーまったりとしていて面白いのですが、今日のは録画しておけば良かったと思いました。たまたまTV見られてよかったーーー!

コーナー最後のクイズ問題。

Q:古川商店街のあるお店の店先に世界的スターの写真があります。誰でしょう・・・?

A:デビッド・ボウイshine

ええ~!bearing

お店は野田屋さんという川魚店で鰻の蒲焼とか焼き魚を売ってました。

写真は約30年前にデビッド・ボウイがこの店に買い物に来た時、撮られたものだそうです。お店の斜め奥から店頭を写した構図で、皮のコートを着たデビッドが、商品台をはさんで、にこやかに品物を受け取りつつお代を店主に渡しているという白黒写真。

デビッドが買ったのは“八幡巻き”だそうです。鰻で牛蒡を巻いたものです。

カメラマンも有名な方らしく、ちょっとしたスナップ写真とか言うのでなくて、何気ないお買い物場面なのですが報道写真みたいで渋くてカッコよかったです。「売って下さい。」というファンの方が来られるようですが、絶対売らないそうです。(そりゃそうだ。)「八幡巻きは売っても写真は売らん(笑)。」のだそうです。

聞くところによると、2~3年ほど京都の九条山に住んでいたそうで、時々商店街に買い物に来ていたそうです。他になに買いはったんやろwhappy01 日本のことが好きで住んでいてくれたことが単純に嬉しい。阪急電車とか乗ってたのかな。案外普通に乗ってたら分からなかったりして。派手な外人さんやな・・・ぐらいで。(笑)まさか・・・!と思うものね。

大体1980年前後か・・・京都の酒造メーカーのCMに出てたのはこのころかな。

懐かしいな・・・「戦場のメリークリスマス」を観に行ったなあ。

しかし、京都って古い神社仏閣からロックスターまで幅広くて奥深いですなあ。

デビッド・ボウイが八幡巻きを食す・・・の図を想像してたら、何故か、ヘドウィグ姐さんが八幡巻きを酒の肴にくだ巻いてるの図を思い浮かべてしまった。(笑)

2008年11月24日 (月)

陽炎の辻2 第12回「旅立ち」 白鶴花魁から奈緒へ・・・

放送が始まったら終わるのは分かっているのですが、好きなドラマが終わってしまうのはやはり寂しいですね。う~ん、あれこれ考えが飛ぶので感想が上手く纏められない。

ついに最終回。タイトルも磐音さま、奈緒さん、おこんさんに相応しい「旅立ち」ですよ。明るいラストで良かったです。

しかし、やはり最終回は45分欲しかった・・・。あれば最後のカーテンコールも出来たのに。(涙)伝えたいことは分かるけれど、どうしても場面展開の忙しなさを感じました。

さて、

障子越しの再会となった磐音さまと、もうすぐ白鶴花魁でなくなろうとしている奈緒さん。

関前で別れたあの日からのことを、短いけれど語り合います。こうなってしまったことに自分を責める磐音さまと、それはどうしようもない事だったのだ、けれども、影からずっと守っていてくれたので自分は幸せ者だと言う奈緒さん。離れていてもお互いのことをどれ程思いあっていたかを確かめ合います。それを聞いた時の磐音さまが顔を振りながら辛そうにしている表情が切なくて美しくていいですね。(やはりここかw 槍で突かれてもいい、天井に忍者のように張り付いてじっと見ていたい。)

奈緒さんは『いつか必ず』の思いで、何があっても耐えて来た。「いつか必ず、磐音さまに会える日が来る。磐音さまに会いたい。」と一本の簪にすがる思いを託してたんですね。

磐音さまも奈緒さんを探す旅の途中で託された扇を、同じ様に大切にしていたことを言います。磐音さまは声を震わせながら、そこに書かれた磐音さまを恋い慕う歌を諳んじます。どれ程奈緒さんのことを想っていたかが伝わるので切ないです。(もう、ここで泣いてます。weepsweat01

 風に問ふ 我が夫はいずこ 実南天

磐音さまの強い愛情を感じ、堪えられなくなってふたりを隔てている障子を開けようとする奈緒さん。しかし・・・

「開けてはならぬ!」

雷に打たれたように動きが止まる奈緒さん。声を震わせながら磐音さまが別れを告げます。

「夢を見た。陽炎の辻に立ち・・・別れを告げる・・・そなたの夢を。我等は生まれたときから別々の道を歩むさだめだったのだ。」

泣き崩れる奈緒さん。彼女にも分かっているんですよね。でも・・・「はいっ!リセットリセット。scissors」と出来るほど人の心は簡単ではないのです。バックに流れる主題歌の通りですよ。思い続けることを誰にも止められないのです。

後で竹村さんが言われたように、せめて障子を開けて直接言葉を交わし、抱きしめることは出来たかもしれないし、奈緒さんも“最後に”と願っていたはず。でもそうしなかった。

奈緒さんには前田屋さんと歩む新しい道がある・・・ここでふれあってしまったら、ただでさえ断ち切れない思いなのにさらに未練が残ってしまう。磐音さまにはおこんさんと歩む道がある。それを無しにしても、障子を開けさせなかったのは、磐音さまが奈緒さんにしてあげられる最後の男の優しさなのかもしれません。

磐音さまが込み上げてくる感情を抑えきれずに、でも、激情のままに泣き喚くのではなく、静かに、ただ静かに涙を流す。絶望とか後悔とかそういうのを通り超えた哀しみが伝わってきて、こちらも哀しくなって胸が痛くなります。(この痛みは“救心”にも止められぬわいな・・・)

涙の理由には、奈緒さんに別れを告げたこともあるでしょう。

しかし、何かを手に入れるためには、何かを手放さなければならないこともある。「無心に願えば望みはかなうと思うていたが・・・」けれども、必ずしもそうなるとは限らない。思うようにならないことの方が多い。でも、そこをどこかで気持ちの整理や折り合いをつけて生きて行かなければならない。そういう生きて行く上で起こるどうしようもなく避けられない哀しさに涙していたのかもしれません。

moon3

続きを読む "陽炎の辻2 第12回「旅立ち」 白鶴花魁から奈緒へ・・・" »

2008年11月22日 (土)

ついに最終回ですよ・・・(涙)

本日、11月22日は・・・良い夫婦(いいふうふ)の日。

磐音さまとおこんさんは、手に手をとって旅に出られた。

なんてふたりに相応しいよき日かな。・・・仏滅だけれど(笑)

昨日自分がお奨めしておいてなんですが、パート2とパート1の最終回を続けてみたら泣いてしまって頭が痛くなってしまいました。(笑)coldsweats01sweat01

原作が良いのは言うまでも無いけれど、脚本がいいですね、本当に。happy02

今は頭も胸も一杯なので、感想は明日にでもぼちぼちと書こうかなと思います。

さて、とりあえず鼻水かんでからお腹一杯にしようっと。riceball

         

PVに出演

マグさん、地味に更新。

12月3日リリース class 「冬の日の2009」のPVに出演しているそうです。

classさんのオフィシャルサイトによると、

12月~来年1月にかけてNTV系の「ダウンタウンDX」のエンディングテーマに使用されるとか。

この番組ちょこちょこ見てるけど、映像は流れてもスタジオの映像にテロップが被ってるし時間も短いから、耕史さんが映っている場面が放送されるかどうか分かりませんね。

CSの音楽専門チャンネルをこまめにチェックしていくしかないのか。しかし、普段利用していないチャンネルなのでこの作業は厳しかったりして。

とりあえず来月は契約しておこうかな。(うう・・・東映チャンネル契約しようとしてたところにまた増えるのか・・・upwardrightmoneybag

DVD付きのマキシシングルCDなんかよく出てるのに、何故付けないのだ・・・!

出てたら速攻で予約するのにっっ!!bearing

2008年11月21日 (金)

正月スペシャルの予告編が流れましたぞ。

BShiでは今日が最終回の「陽炎の辻2」。

いや~、涙ポロリンのあとは爽やかでしたわ。

明日が初見の方は、時間に余裕あらばパート1の最終回を見ることをお奨めいたしまする。

う~ん、最終回は45分欲しかったなあ。

良かっただけに勿体無いような気がする。

さて、

エンディングの後に「正月時代劇」の予告編が流れましたよ。

磐音さまが最後に自信たっぷりに「御期待ください。」shineって言ってました。

おこんさん、ものごっつう元気になっていましたよ。(笑)

ちらっと速水様も映ってました。

楽しみですね~。

一ヶ月以上先か・・・待ち遠しいなあ。

陽炎の辻2 第11回「夢はるか」

ついにこの回が来たか・・・。cryingsweat01

白鶴花魁=奈緒さんの登場する話は切なさ炸裂です。吉原の話のときは特に映像が綺麗なので好きです。

ある夜、紅花を手にした奈緒さんが、磐音さまの夢の中に出てきて別れを告げます。

何かあったのかと胸騒ぎの磐音さまでありますが、予感的中、四郎兵衛さんから呼び出されます。出羽の国の紅花大尽に白鶴花魁の身請けされることに決まったが、それを妨害するものがいて、白鶴花魁の命が狙われていいるとのこと。

白鶴花魁の身請け話を告げられ、「良かった。」と口では言いながら心の中は色んな思いが渦巻いている磐音さま。目が潤んでますよ、揺れてますよ眼差しが・・・。夢に出てくるほど、またそれを見るほど、想いが残っているふたり。

四郎兵衛さん、いつ見ても渋いわ~。状況の説明台詞が多いのですが、全然煩わしくなくって流れるような台詞回しが心地よいぐらい。流石だ・・・!

白鶴花魁のかむろ殺しの容疑者取調べの場面がありましたが、磐音さまが「それがしが・・・。」と歩みでた時、ろうそくと五寸釘を思わず探したのは私だけではないはずだっ!impact(四郎兵衛さんなら、斉藤どのが教えてくれたのよりもっと痛いのを知っているかもしれない・・・。)

話は変わって、吉右衛門さんとお佐紀さんの祝言が目出度く執り行われました。由蔵さんが涙ボロボロの好々爺ぶりで可愛らしかったです。ここでひとつおこんさんの張り切りの素のひとつが終わりました。お艶さんの変わりに自分が勤めていたことが、お佐紀さんへと変わっていくことに寂しさと自分の立ち居地に不安を無意識に感じるおこんさん。吉右衛門さんはすぐに気付いて、おこんさんをたて、お佐紀さんと上手くやっていけるように気を配ってくれていますが・・・。

実家の金兵衛長屋に帰ってきても、どこか違和感がある・・・ように感じている?おこんさん。そこに磐音さまが白鶴花魁のことで吉原に行ったと聞き、心の底に引っ掛かっていた不安が広がります。

久しぶりに品川さんの、「あははは・・。」という棒笑いが見られて、これから押し寄せる切なさの嵐の前の一瞬の和みになりました。(笑)

しかし・・・おいコラ、武左衛門殿。無神経過ぎますぞ。品川さんはおきねちゃんがいるときから、おこんさんが「磐音ラブ」なのを知っているので竹村さんを諌めますが、全然分かっていない様子。それが竹村さんなんですけどね(笑)。明るく受け答えしていますが、動揺が隠し切れないおこんさんが見ていて辛いです・・・。金兵衛さんが「つれないね・・・。」と言ってますが、磐音さまもやはり遠慮したのでしょうね。

おこんさんが帰ってこない磐音さまを想って月を見上げているころ、磐音さまも同じ様に月を見上げています。このドラマはよく月や太陽を見上げる場面がありますね。とてもそれが印象的。

竹村さんと品川さんに応援要請が出て、会所で磐音さまから話を聞くふたり。犯人は大口屋と白鶴花魁を逆恨みした遊女達一味であることが判明しています。

竹村さんがこのままで良いのかと磐音さまを問い詰めます。品川さんが竹村さんを止めながらも「だが、私なら平静ではいられない。」と磐音さまに真っ直ぐに言います。品川さんは白鶴太夫の吉原入りのときに磐音さまに厳しく言ったことがありましたね。(正月に謝りに来てたけどw)

「しかし、ありがたい。」

自分の為に憤ってくれるふたりの友の気持ちに感謝して頭を下げる磐音さま。うう・・・何処まで筋を通してるんだよーーー。と、どうにかしたくてもどうにも出来ないのは分かってるんだけど歯痒くなりますね。

品川さん、普通にしてても可愛いのですが、竹村さんの後ろにいる時に竹村さんの肩に置いている手が何か可愛いw 尾行しないといけないのに、おにぎり食べている竹村さんに無言の圧力とか、細かいところも目が離せません。(ここで磐音さま小さく笑ってますね。)この三人、良い感じですね。正月SPでの活躍に期待大です。happy02

しかし・・・花魁道中を見守る磐音さまに気が付いてしまう白鶴花魁が哀しいです。そして、白鶴花魁を離れたところから見つめる磐音さまの苦悩も。・・・でも、磐音さまの苦悩する顔や、憂いの表情を見るのも楽しみのひとつだったりするのですが。。。ははは。

   moon3    fullmoon    moon3

続きを読む "陽炎の辻2 第11回「夢はるか」" »

2008年11月20日 (木)

「仮面の忍者赤影」☆だいじょ~ぶ!

関西テレビの深夜が熱い!

関西テレビ開局50周年記念スペシャルウィークの一環で

『仮面の忍者 赤影 金目教編

一挙放送中です~!!shine

あまりにも深夜なので録画しています。いや~しかし、朝一で見たらテンションあがりますわ~!

“豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だったころ・・・”から始まるオープニング!堪りませんな。happy02

関西テレビのサイトより。

「仮面の忍者 赤影」は、1967年4月から関西テレビで放送された大人気娯楽忍者時代劇です。

制作された当時は、スパイアクションと特撮技術を駆使してドラマを制作する手法は、まだ難しい中、忍者を主人公とし、その行動と特有の忍術をその手法によって最大限に表現した番組でした。

またこの作品は、関西テレビの放送開始以来、初めてのカラー放送番組として制作された作品でもありました。そのため「色」を意識して作られた主人公たち。赤い仮面に赤マフラー、黒髪7:3分けの男前忍者「赤影」、鼻に親指をあてて、ひっくり返して「だいじょ~ぶっ!」と言う名セリフを子供達に大流行させた「青影」、凧に張り付いて現れるいぶし銀忍者「白影」。彼らは一躍、お茶の間の人気者となりました。

ほ~!知らなかった。そんなに熱く、記念すべき作品だったとは!夕方の再放送で見てたな~。保存状態が良いので感動しました。でも、40年前の作品なのでお亡くなりになった出演者がいらっしゃるのが寂しいですね。でも、作品の中で永遠に生きているぞ!!
赤影役の坂口祐三郎さん(2003年没)は、赤影の前に『新選組血風録』で山崎烝で出演されていました。山崎メインの池田屋騒動の話がとても好きです。白影役の牧冬吉さん、甲賀幻妖斉役の天津敏さんも故人なんですね。竹中半兵衛役で里見浩太郎さんが出てるの発見!若い!今もだけど、瞳うるうるですな~。

時代劇全盛の時の作品ですが(遠い目)、色んな要素がちりばめられていて今見ても面白いです。突っ込みどころも感心するところもてんこ盛りです。

陽炎の辻2 第10回「夫婦」

今週最終回だって言うのに(苦笑)感想を書きそびれていました・・・。

目が乾燥して痛いようsad というわけで手短に。 

第2回に登場したお佐紀さんの姉・お香奈さんと、彼女と駆け落ちした大塚左門殿のその後の話です。

原作を読んでない人も多分こうなると思われていたであろう展開です。優しいのはいいけど詰めが甘いぞ大塚殿!寂しくなって飛び出した藩の屋敷に近寄ったりして。そして、吉村達に付きまとわれ、飛んで逃げることも抵抗することも出来ずにいいようにされているとは・・・・情けないっ!決めたからにはお香奈さんとふたりで頑張っていくんじゃなかったのか?左門豊作を見習いなされ!

お佐紀さんに無心して心配かけて困らせて、また磐音さまが動くことに。まあ、お佐紀さんには、江戸で身内のことを内緒でお願いできるのは磐音さまぐらいしか居ないので仕方がないのですが・・・前回までの経緯とで磐音さまにグラッと来はしないか少し気になりました(笑)。

内緒のお願い実行中の磐音さま。その行動を怪しんだ(笑)おこんさんにヤキモチ混じりの嫌ごとを言われてしまいます。パート2のおこんさんは凄く好きなのですが、このシーンは正直“イラッ”annoyときてしまいました。ちょっとしつこかったので。(笑)橋の上での「共に歩んでいきましょう。」のラブラブ発言を忘れてるはずはないし、気持ちは分からなくはないのですが、すこし進んだらこれかいな・・・と。ポポポンと言い返す人ではないのが分かっていてのことだったので。ちょっと気まずくなりかけたところで、上手く切り替えて笑顔で送り出してたので良かったですけど。磐音さまの場合、何があるか分からないので、気まずいままで別れることの無い様にしないとね。

後の場面で磐音さまが何も言わないのは、お佐紀さんを気遣ってのことと気付いて、由蔵さんを上手くあしらったりお佐紀さんを励ましたりしてるところは、嫌味なくおこんさんの賢さが出ていて中越さん上手いなと思いました。

流石の磐音さまもおこんさんの口撃に参っていたのか、おこんさんの性格は金兵衛さんゆずり・・・?発言(笑)。磐音さまと金兵衛さんの漫才タイムに突入するのですが、お侍言葉でやり取りして、「舅どの。」の一言に“猫にマタタビ”状態でグネグネになる金兵衛さん・・・面白すぎる。「もう一回。」のリクエストに快くお答えしてしまう磐音さまも可愛らしいですね。

続きを読む "陽炎の辻2 第10回「夫婦」" »

2008年11月13日 (木)

あじあしりーず

プロ野球 アジアシリーズ2008

見るぞーって張り切ってたら・・・ありゃりゃ

地上波・BSとも中継なし・・・orz

CSのJsports で中継してるだけ。

契約してないやん。crying

2008年11月10日 (月)

秀頼どの、お待ちしておりますぞ!

時代劇専門チャンネルからメールマガジン“わかめーる”が・・・

なんと!来年は元旦から来るのか!

このごろの時代劇専門チャンネルは凄いっ!!次々と耕史さん出演の時代劇を放送してくれている!

ありがとう、時代劇専門チャンネル。cryinghappy02crying

BS・CS初登場!shine

「家康が最も恐れた男 真田幸村」shine(1998年/全13話)

2009年1月1日(木・元日)あさ9時から全13話一挙放送 happy01

信長・秀吉といった時の権力者たちに交じって共に熱き闘いを繰り広げ、最後まで家康を苦しめた男として知られる真田幸村。松方弘樹が庶民派のヒーロー真田幸村を好演!

出演:松方弘樹/秋吉久美子/南野陽子/里見浩太朗/西村和彦/国生さゆり/菅原文太/前田吟/遠山景織子/shine山本耕史/京本政樹/草笛光子/津川雅彦/丹波哲郎 ほか

耕史さんは、“豊臣秀頼”役で御出演~!happy02

テレビ東京の新春ワイド時代劇が見られない地域の民なので、こうやってCSで放送してくれると嬉しいです。近年のものはBSで再編集したものを放送してくれていますが、この年代のものは多分最近は放送してなかったと思います。DVD化されていないものもあるし、いや~、滅茶苦茶嬉しいです。

秀頼殿なので豪華な衣装の若武者姿が見られるんですね。い、いかん、自然と顔がにやけてしまふ(笑)。happy01scissors

2日と3日も新春ワイドの作品を放送するそうです。後日の再放送の日程を確認して録画を抜かりなくやらなくては。HDDのご利用も計画的にね。(笑)

お正月には「陽炎の辻SP」もある!

heart04うひょひょひょ~、楽しみじゃ、楽しみじゃ。happy02

2008年11月 9日 (日)

ついに、こたつー!

ついに、こたつー!

本日よりコタツ使用開始。

いいわ、ここ…。(至福)happy01

先で電気料金アップに恐れおののかないように使い過ぎに気をつけねば。

あ~、運動不足になる。ますます猫背になる。

でも、出られない(笑)

刑事一代☆

刑事一代☆

原作本が届きました。

『平塚八兵衛の昭和事件史 刑事一代』

佐々木嘉信 著・産経新聞社 編

渡辺謙さんが主演のドラマは来年だから、先で読もう…と油断していたら、来月にフジで「三億円事件」のドラマをするということで慌てて取り寄せました。

ノンフィクションですから、軽い覗き見趣味な感覚でなく、しっかりと取り上げられた事件や背景を読みたいと思います。

2008年11月 7日 (金)

陽炎の辻2 第9回「決断」 さよなら尾口

良いことがあったら良くないことが起こるのが世の中。

正睦様と磐音さまの前に立ちふさがる不穏な陰・・・。

江戸家老・福坂利高と尾口小助だった。

もう悪事が藩主にばれて、どうしようもないところまできてるのに最後の悪あがきですか。坂崎親子を無き者にしようとしています。正睦様は先程まで見せていた穏やかな父親の顔ではなく厳しく重責を担う国家老の顔です。

「是非も無い。この場で引導を渡すが良い。」happy02

時代劇的にGO!なこのフレーズ。upwardright

尾口は磐音さまに左腕を切り落とされた恨みもあって、怒りと恨みのオーラがメラメラしています。

「無くなった左腕が、毎晩疼いて堪らぬわ。お主の命が欲しいといってな!」

シャキーン!隻腕の尾口カッコイイ!右手に鎖帷子を巻いてるのかな、それで剣を受けるから構えと動きが二刀流で凄く絵になってて格好がいい!

磐音さまに先の騒動で命を落とした友の顔が浮かびます。厳しい顔の磐音さまと波動砲キター!包平を構え峰に返し、また刃を目前の敵に向ける。このときに掛からんかい、などといってはいけない。(笑)

間合いを詰めるときがイマイチだったけど、剣を交えてからは動きがあるのに絵のようにビシッと嵌っててお見事でござった。

怪しい頭巾(偉い人用)が恐ろしく似合う利孝の中の人、デビット伊東さん。「日本史サスペンス」の勝海舟も良かったけど、時代劇では是非とも悪役路線で激しく頑張ってほしいと思います。

利高どのも、扇子投げて間を狂わせようなどと猫騙しみたいなことをしてたけど、あっさり斬られてしまった。残念じゃ。しかし、上手いこと投げてやってた。

それにしても、利孝と尾口・・・とっしー&おぐっちーの愉快なふたりは「陽炎の辻2」を激しく盛り上げてくれました。

この回でもう出てこないなんて寂しすぎる。crying

磐音さまはふたりを斬り、一気に憔悴。乱れた髪と青白い顔は虚しさと悲しさをたたえて・・・美しい。やはりここにたどり着いてしまうのかcoldsweats01

不審者と斬られてもいい、川に浸かって柳の木を掴みながら覗き込んでもいいですか?bleah

実高様の藩建て直しのための粛清を決断する厳しい表情も見られた。でも、あんな気持ちの優しいお殿様に、鬼にさせるようなことが二度と起こらぬようにして欲しいものですな。

あ、さっきふと思い出したんだけど、長屋のシーンで金兵衛さんってば植木バサミ持ちながら何気にVサインしてた。細かいところで笑わせてくれるわ~というか、油断できないw

陽炎の辻2 第9回「決断」 由蔵を酔わす・・・せろ!

何回も見てるのに感想を書きそびれていました(笑)

「笑いながら泣きながら見なさい。」って感じで忙しかったです。

まずは、おこんさん良かったね。happy01

他人の困りごとにはあれこれと考えが回る磐音さまですが、自分の恋心には上手く立ち回れないようです。結局のところ、二人の気持ちを察した由蔵さんや正睦様が打ち合わせなしで一芝居うって、背中を押して纏めたってところでしょうか。

前半は、磐音さまも巻き込んで金兵衛さんのコメディパワーが炸裂してた。金兵衛さんの出てる場面は、役者さんが必要以上に笑ったりしないように中で戦っているように思いました。磐音さまも笑っていい場面だけど、割り増しの笑顔だし(笑)気配だけで笑えて来るんですよ。声を聞いたらもう・・・w

金兵衛長屋の朝の井戸端会議。お題は「おこんさんにお見合いさせるぞ計画。」

顔を洗う磐音さまがいきなり動揺する(笑)。大きな目がグリグリ、頬の筋肉が微妙にピク付いております。耳をダンボにしながら金兵衛さん達をチラ見していますが、もう、字幕入れたくなりますね。

「え、お見合い!諦めてなかったのでござるか。」wobblysign03 「さ、三人もっ!大家どのは本気だ。」sadsign01 「むむむ・・・困った、どうしよう。(汗&焦)」shockdown

えいっ!この未熟者めがっ!!

今津屋で着替えを手伝って貰っている時、おこんさんに金兵衛さんの様子を聞かれてうっかり突っ込まれる切っ掛けを作ってしまう磐音さま。厳しい「おこん刑事」の追及に可愛く小首を傾げて惚けて見せようとした磐音さまでしたが、“女の勘”が冴え渡るおこん刑事の目は誤魔化されなかった。ついに金兵衛さんが三人のお見合い相手を用意していることを白状するのであった。色んな意味で“完落ち”の磐音容疑者(違w)だった。

久々に大声だしてるおこんさんを見ました。確かに勝手にそんなことされてたら誰だって怒るわ。そこへ由蔵さんや吉右衛門さんまでやってきて、突っ込むを被せるわでおこんさん爆発!!happy01annoy そのやり取りの横でオロオロしている磐音さま。

「うわ、しまったぁ・・・。」coldsweats02「いやいや、違うでござる。」coldsweats01「あちゃっ!言ってしまった。」bearing「あいたた、どうしよう。」wobbly「うわちゃ~、それがしのバカ。」saddown

愉快に盛り上がるおじさん達と、細かい表情でうろたえる磐音さまの対比が面白すぎる。2度目の腹筋通ポイント。(笑)

そして、ついにあの場面がやってきたのでした。ここたっぷりやってくれて嬉しい!

続きを読む "陽炎の辻2 第9回「決断」 由蔵を酔わす・・・せろ!" »

2008年11月 6日 (木)

「三億円事件」のドラマ☆斉藤刑事役

マグさん更新

なんと!もう一本スペシャルドラマを撮影していたのかっ!

今日フジテレビで記者会見があったそうです。

土曜プレミアム特別企画 完全犯罪ミステリースペシャル

 「三億円事件 40年目の謎」 (仮題)

 2008.12/13 (土)21:00~23:10 放送

スポーツ報知に次のように記事が出てます。

▲中村梅雀&山本耕史が三億円事件に挑む

歌舞伎役者の中村梅雀(52)と俳優の山本耕史(32)が6日、都内で出演するフジ系「三億円事件 40年目の謎(仮題)」(12月13日、後9時)の記者会見に出席した。

 多くの謎に彩られた同事件の解明に挑んだドキュメンタリー&ドラマ。当時をリアルタイムで知る中村は“昭和の名刑事”平塚八兵衛を演じ「いろんなドラマで刑事を演じたが今回は全然違う。平塚シリーズをやりたい」と手応え。2000年にビート・たけし主演の「三億円事件~20世紀最後の謎~」も話題を呼んだが「男は“迷宮”にひかれる。いくらでも想像できるのがこの事件のおもしろさ」。斉藤勲刑事を演じた山本も、まだ“解決”していない事件の当事者に気を遣いながら「斉藤勲シリーズも…」と笑わせていた。

テレビ朝日の「刑事一代」も、平塚八兵衛刑事と彼が捜査に関わった事件を取り上げたドラマだけど、その両方の作品に出演するなんて面白いですね。昭和の似合う男なのか(笑)。「刑事一代」の方の役柄は分からないけれど、この作品では斉藤勲という部下の役なんですね。こちらの平塚刑事は、「陽炎の辻」で藩主・福坂実高役の中村梅雀さん。ここでも上司と部下ですか(笑)いいですね~。scissors

「中村梅雀&山本耕史が・・・」って言う見出しで何故かジ~ンと来る自分がいる。

「平塚シリーズ」実現してくれるといいですね。そのときは斉藤刑事も一緒に・・・(笑)

梅雀さんのあの声で取り調べられたら、どんな極悪非道な犯人でもうっかり白状してしまうなあ。(してもらわないと困るけどw)時代劇の「遠山の金さん」で、初めて会った遊び人の金さんに大事な事を打ち明けてしまうのと同じ勢いだ。(違うかなw)

bank

続きを読む "「三億円事件」のドラマ☆斉藤刑事役" »

2008年11月 5日 (水)

「月の姿」に・・・ ありがとう健さん。

悲しいお知らせです。

マグさんからのお知らせメールが届き、バースデーのメッセージかなと思ってたら・・・元気になると信じて疑ってなかった健さんの訃報だったなんて。すぐには信じられませんでした。

 H20年 11月1日 結樺健 永眠いたしました。 享年38歳

 7月からお休みして、約三ヶ月半闘病生活を送っておりました。
 最後まで、復活を信じて病気と闘って来ましたが、
 11月1日 21時39分 天国に旅立ちました。
 今まで応援して下さった皆様、心より感謝申し上げます。

 健ちゃん・・・ たくさんの夢と希望と、優しさをありがとう・・・
 みんな忘れないから・・・・ 安らかに・・・

               11月5日の「月の姿」Diary より

10月31日の耕史さんの誕生日の次の日に旅立たれたんですね。誕生日と旅立の日が重ならないように頑張ったんですね。何処までも優しいお兄さんの健さんですね。いや、健さんは耕史さんのお誕生日をお祝いしてから逝きたかったんですよね、きっと。

重ならなくて良かったなと自分の経験上そう思います。

JAMや、FCのイベントでKKDの3人の、なんともいえない優しくて暖かいゆる~い雰囲気が好きでした。(笑)健さんはやっぱりお兄さんで、たまに天然ぽいこともしながら弟ふたりを暖かい目で見守りつつのびのびやらせてたって感じでした。

素敵な時間をありがとうございました。

「月の姿」を聞きながら、健さんのご冥福をお祈りしています。

健さん、どうぞ安らかに。

そして、ふたりの弟達をいつまでも見守っていてください。

・・・でも、やっぱりまだ早すぎるよ。涙出てくるわ。

2008年11月 2日 (日)

村瀬ふたたび。

あのshine村瀬龍一郎shineとまた会えた。happy02

しかも大きな画面でっ!!up

動画配信が終了して、そんなに間をおかずして、

今日からスカパーの日テレプラス

「THE QUIZ SHOW」が放送開始です!

  毎週日曜日20:00~ 再放送・木曜日25:00~

こっちでは見られなかったので、配信動画で見ていました。

tvテレビの大きな画面で見ると、細かいところまで見えてしまう(笑)ところが良いですね。

はははっ!凄すぎる。この、抜群のスタイルに(今では)微妙な衣装・・・。そして、勘違いしまくりのカッコつけ兄ちゃんwshock (中の人がとても楽しそうにやっているのは凄く分かります。)

「素晴らしき世界」のジャケット写真が怖すぎる・・・(爆笑) ウギャギャ、ライブしとるがな。村瀬君は、「カッコイイ」のを通り越して「何やら気持ち悪い」の域に突入しているぞ。

でも、その食べ合わせが良いのか悪いのか分からないところが魅力なんでしょうか。happy01

凶器の必勝だるまの底には鉛でも仕込んであったのかな?額に思いっきり血飛沫飛んでるんですけど。張りぼてのだるまさんにそこまでの強度があるんだろうかw

・・・ま、いいやw

だるまを小脇に抱えて、元マネ殺害を言う村瀬の表情が、凶行後の異常な状態というよりも、妙にきょとんとした表情なのが少し間抜けな感じがして笑ってしまいます。

動画ではよく分からなかったポスターとか細かいことろもチェックできますね。楽しみ~。新たな気持ちでこの番組を見るとしましょうかな。

2008年11月 1日 (土)

誕生日!

Photo

本日は私の誕生日。

キティ・ホワイト姐さんと同じ誕生日でございます。

う~む。

またひとつ歳をくってしまった・・・。(笑)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »