★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 『刑事一代』でも刑事役。 | トップページ | ☆ NHKへの抗議デモ ☆ »

2009年5月29日 (金)

まじっく御殿☆

「山本耕史スィートJAM」の今週と来週のゲストは、ジャズボーカリストのマリーンさん。

いや~、この番組のゲスト選考の基準って未だに良く分らないんだけど(笑)、いろんなジャンルの方を呼んでくれるのでうれしいわ!

マリーンさんって、最初はアイドルだったのね。知らんかった。特に声が好き。耕史さんが終始、マリーン姉さんのペースに乗せられっぱなしなのが可愛らしかったです。

大ヒットした「マジック」。日本酒のCMだったかな。ノリがよくてカッコ良かったので、シングルレコードを買いましたよ。(ドーナツ盤w)LPも持ってます。

あの曲で家が建ったというから、歌手って一発当たったら凄いもんだ。当時の私のお小遣いは、マリーン邸の釘の何本かになったわけですね。

JAZZを歌うこと、その魅力を話してくれていましたが、演歌に近いというのには納得するものがあったり。その中で美空ひばりさんの話が出たのは「おおっ!」でしたよ。「お姉さん、知ってなさるね!」と相手はプロなのに嬉しくなってしまう。ひばりさんが、JAZZの曲を歌ってるCDも持ってます。やっぱり上手い!「恋人よ我に返れ」が好き。

別ジャンルの曲をJAZZアレンジにする楽しさも言ってましたが、原曲とはまた違った感じの粋でお洒落で朗らかに~(「東京キッド」かw)なる。そして、渋く大人っぽくなったりもする。

「素顔のままで」はビリー・ジョエルの原曲より、ローズマリー・クルーニーの歌ったカバーの方が好きだったりして。

広いホールで聞くのも悪くないけれど、やっぱりJAZZはライブハウスとかあまり広くないところで聞くほうがいいな。(その分料金が高くなるけど。)

マリーンさん、最近はラテンJAZZをされるということで、これから夏に向かって良いですね。明るくて元気のいいところが全開。(歌の内容ドロドロでもw)

ちなみにラテンのバラードなんか昭和ムード歌謡の世界です。(笑)

話の流れでラテンダンス講習になってましたが、講習を受ける耕史さんのぎこちない動きは面白かった。いや、こういう場面ではたいていの男の人は照れもあって動きが硬いんです。そこは役者、山本耕史ですから、ラテンダンサーの役が回ってきたら、完璧な腰つきで踊ってくれるでしょう。(色白だから可能性は少ないけどw)

講習を見てて、「コアリズム」のヤーナ先生を思い出してしまった。かなり前の競技会のビデオを見たことがあるんですが、当時のファッションリーダー的な存在だったのか、かなりセクシーな衣装でございました。キャラも姉さんフェロモン、ムンムンでした。(余談ですが。)

来週も楽しみだ。^_^

« 『刑事一代』でも刑事役。 | トップページ | ☆ NHKへの抗議デモ ☆ »

☆☆山本さん☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/45166539

この記事へのトラックバック一覧です: まじっく御殿☆:

« 『刑事一代』でも刑事役。 | トップページ | ☆ NHKへの抗議デモ ☆ »