★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« チケット■ゲットーー! | トップページ | 節分なので・・・ »

2010年1月29日 (金)

君が言うと軽くなる「いのち」

鳩山(脱税)総理の施政方針演説の“発表会”がありました。鼻からコーヒーものです。sad

国会議員を集めてこんな下らないポエムを聞かせるのは、税金の無駄使い。(マジコンのレンホー議員出番ですよw 「なぜ、2回なんですか?1回じゃいけないんですか?」)

全文書き起しはこちら・・・産経さん仕事が速い。http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100129/plc1001291409014-n1.htm

いのちを、守りたい。 いのちを守りたいと願うのです。生まれくるいのち、そして、育ちゆくいのちを守りたい。  ・・・略・・・  働くいのちを守りたい。

小学生の発表会か。gawk 例の如く具体的な話ではなく、意味不明な宇宙の話と地球の話に友愛(笑)を語って、震災をネタに臭い芝居をしやがってました。(演説には平田○リザ氏が関わってるらしいけど、本業に影響しまっせw プロならもっと空気を読んだ演説をしなさい、させなさい。)

しかし、鳩山(子供手当)総理が、「いのち」という言葉をその口から吐き出すたびに、日本人の「いのち」がどんどん軽くなっていくように感じるのは私だけだろうか。24回言ったらしいですね・・・もう、日本国民の「いのち」はシャボン玉状態です。さて、割るのは誰かしら。

守りたいのは、自分と小沢一郎の政治生命じゃないのか?それと、在日と特定アジアの国民のいのち。(←乾いた笑いしか出ないw)で、いまだに「政権交代」とか言ってるし。

確かに、いま国民に必要なのは『政権交代』。国会見てるとそう思う。売国法案を通さないために『政権交代』ですよ!!!「鳩山総理、解散はいつですか?」

「いのちを守る予算」

○○を守るとか、一瞬聞こえのいい言葉を多用するけれど、国家が、国民の生命財産を守る為の政策を行うのは当たり前のことなんですけど。(勿論、全ての人が守られているわけではない。)独裁主義や覇権主義の国家でない限りは。流石に、「国家というものがよく分らない」と発言した人間の言うことだ。これを総理大臣にしたのは日本にとって黒歴史ですね。

私は、昨年末、インドを訪問した際、希望して、尊敬するマハトマ・ガンジー師の慰霊碑に献花させていただきました。慰霊碑には、ガンジー師が、八十数年前に記した「七つの社会的大罪」が刻まれています。

「理念なき政治」 (民主党政権)・ 「労働なき富」 (子供手当て1500万円)・ 「良心なき快楽」 (不倫・略奪婚・無駄な外遊)・ 「人格なき教育」 (日教組教育w)・ 「道徳なき商業」 (小沢不動産・株売買・マルチ)・ 「人間性なき科学」、そして 「犠牲なき宗教」(カルト・太陽パクパク?)です。・・・・・

・・・尊敬しているなら、ガンジー師の言葉を汚すようなことするなよ。「お前が言うな。」としか言いようがない。

sad

100129

100129_3

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100129/plc1001291314013-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100129/plc1001291314013-n2.htm

阪神淡路大震災追悼式典に出席していたので、大体演説のネタにするだろうなーと、予想は付いていたけど、被災された方の話をネタに情緒的に訴え“いいひと”アピール・・・関西弁の臭い芝居に反吐が出ます。(来て欲しくなかった来賓の一人だw)

今月17日、私は阪神・淡路大震災の追悼式典に参列いたしました。15年前の同じ日にこの地域を襲った地震は、尊いいのち、平穏な暮らし、美しい街並みを一瞬のうちに奪いました。式典で、16歳の息子さんを亡くされたお父様のお話を伺いました。地震で、家が倒壊し、2階に寝ていた息子が瓦礫(がれき)の下敷きになった。積み重なった瓦礫の下から、息子の足だけが見えていて、助けてくれというように、ベッドの横板をとん、とん、とんと叩(たた)く音がする。 

何度も何度も助け出そうと両足を引っ張るが、瓦礫の重さに動かせない。やがて、30分ほどすると、音が聞こえなくなり、次第に足も冷たくなっていくわが子をどうすることもできなかった。

「ごめんな。助けてやれなかったな。痛かったやろ、苦しかったやろな。ほんまにごめんな。」

これが現実なのか、夢なのか、時間が止まりました。身体中の涙を全部流すかのように、毎日涙し、どこにも持って行きようのない怒りに、まるで胃液が身体を溶かしていくかのような、苦しい毎日が続きました。

息子さんが目の前で息絶えていくのを、ただ見ていることしかできない無念さや悲しみ。人の親なら、いや、人間なら、誰でも分かります。災害列島といわれる日本の安全を確保する責任を負う者として、防災、そして少しでも被害を減らしていく「減災」に万全を期さねばならないとあらためて痛感しました。

今、神戸の街には、あの悲しみ、苦しみを懸命に乗り越えて取り戻した活気が溢(あふ)れています。大惨事を克服するための活動は地震の直後から始められました。警察、消防、自衛隊による救助・救援活動に加え、家族や隣人と励ましあい、困難な避難生活を送りながら復興に取り組む住民の姿がありました。全国から多くのボランティアがリュックサックを背負って駆け付けました。復旧に向けた機材や義捐金(ぎえんきん)が寄せられました。慈善のための文化活動が人々を勇気づけました。混乱した状況にあっても、略奪行為といったものはほとんどなかったと伺います。みんなで力を合わせ、人のため、社会のために努力したのです。

あの15年前の、不幸な震災が、しかし、日本の「新しい公共」の出発点だったのかもしれません。

今、災害の中心地であった長田の街の一画には、地域のNPO法人の尽力で建てられた「鉄人28号」のモニュメントが、その勇姿を見せ、観光名所、集客の拠点にさえなっています。

いのちを守るための「新しい公共」は、この国だからこそ、世界に向けて、誇りを持って発信できる。私はそう確信しています。人のいのちを守る政治、この理念を実行に移すときです。子どもたちに幸福な社会を、未来にかけがえのない地球を引き継いでいかねばなりません。

国民の皆さま、議員の皆さん、輝く日本を取り戻すため、ともに努力してまいりましょう。

この平成22年を、日本の再出発の年にしていこうではありませんか

・・・しかし、言ってる事とやってることがここまで違う人も珍しい。恥ずかしくないのかな。

「人のいのちを守る政治」と言いながら、

校舎の耐震強度の予算カット(コンクリートが人に降ってくる)、秋の集中豪雨で被害が出ているときに災害対策予備費を母子加算の費用に振り替え発表。北朝鮮がミサイルを売ったのを“報道で知った。”(特に対処なし)。サモアで大地震・・・自宅に電話がかかって来て落ち着かないので嫁とホテルにお泊り。ハイチで大地震・・・初動で出遅れ。神戸に関係あるのでは、スパコンに先端医療に関する事業予算が「事業仕分け」という茶番劇で相当カットされていますが。どの面下げて視察に行ったのやら。これで、働くいのちが相当数“友愛”されてると思いますよ。「鉄人28号」を取り上げてるのに、「メディア芸術センター」は「アニメの殿堂」とかいって全力で潰しましたよね。

略奪行為がなかった云々も、移民や不法滞在の外国人がさらに増えたら外国のように混乱するでしょう。それに、政府への信頼度も下がってきているでしょうから。

鳩山君は日本国民の心配はしなくていいから、さっさと引退して税金納めてママから自立しなはれ。

« チケット■ゲットーー! | トップページ | 節分なので・・・ »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/47421755

この記事へのトラックバック一覧です: 君が言うと軽くなる「いのち」:

« チケット■ゲットーー! | トップページ | 節分なので・・・ »