★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« あなたは真実の歴史を知っていますか? | トップページ | 「Team YAMAMOTO」に感動☆ »

2010年8月16日 (月)

玉音放送の意味を知ろう!

mixi で、マイミクさんが玉音放送の原文と口語訳を紹介してくださったのでここにコピペ。

以下転載記事 pencil  pencil  pencil  pencil 

玉音放送の原文と口語訳。

***********************************************
天皇陛下はアジアの国々に謝罪しておられる。
日本とともに アジアの解放に協力した国々に 申し訳ないと。
***********************************************

薄っぺらい民主党の大好きな謝罪とはまるで違うものだ。

白人だけが人間であった世界からアジア人を解放する。 日本が世界史に登場するまでは、白人はもちろんのこと、アジア人達も考えることさえなかったその理想が、道半ばで費えることへの、 断腸の無念の思いの吐露だ。

日本の存在によって、結局アジアの国々は独立を遂げる。

誇らしい思いで、この御言葉が改めて、胸に落ちてくる。

御言葉にこめられたものに涙が滲んだ。

1561220101_226

http://www.youtube.com/watch?v=LSD9sOMkfOo

天皇は神であり、 御言葉には言霊が宿る。


***********************************************

<原文>

朕 深ク 世界ノ大勢 ト 帝国ノ現状 トニ鑑ミ
非常ノ措置ヲ以テ 時局ヲ収拾 セムト欲シ
茲(ここ)ニ 忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク

朕ハ 帝国政府ヲシテ 米英支蘇四国ニ対シ
其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨 通告セシメタリ

抑々(そもそも) 帝国臣民ノ康寧 ヲ図リ 万邦共栄ノ楽 ヲ偕(とも)ニスルハ
皇祖皇宗ノ遺範ニシテ 朕ノ拳々(けんけん)措カサル所

曩(さき)ニ米英二国ニ宣戦セル所以(ゆえん)モ亦(また)
実ニ 帝国ノ自存 ト 東亜ノ安定 トヲ庶幾(しょき)スルニ出テ
他国ノ主権ヲ排シ 領土ヲ侵スカ如キハ 固(もと)ヨリ朕カ志ニアラス

然(しか)ルニ交戦已(すで)ニ四歳ヲ閲(けみ)シ 朕カ陸海将兵ノ勇戦
朕カ百僚有司ノ励精 朕カ一億衆庶ノ奉公
各々最善ヲ尽セルニ拘ラス 戦局必スシモ好転セス
世界ノ大勢亦我ニ利アラス

加之(しかのみならず) 敵ハ 新ニ 残虐ナル爆弾 ヲ使用シテ
頻ニ 無辜(むこ)ヲ殺傷シ 惨害ノ及フ所 真ニ測ルヘカラサルニ至ル

而モ尚交戦ヲ継続セムカ 終ニ 我カ民族ノ滅亡 ヲ招来スルノミナラス
延(ひい)テ 人類ノ文明 ヲモ破却スヘシ

斯(かく)ノ如クムハ 朕何ヲ以テカ 億兆ノ赤子(せきし)ヲ保シ
皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ

是レ 朕カ 帝国政府ヲシテ 共同宣言ニ 応セシムルニ至レル所以 ナリ

朕ハ 帝国ト共ニ 終始 東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦 ニ対シ
遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス

帝国臣民ニシテ 戦陣ニ死シ 職域ニ殉シ
非命ニ斃(たお)レタル者 及 其ノ遺族ニ想ヲ致セハ 
五内(ごだい)為ニ裂ク

且(かつ) 戦傷ヲ負ヒ 災禍ヲ蒙リ 家業ヲ失ヒタル者 ノ厚生ニ至リテハ
朕ノ深ク軫念(しんねん)スル所ナリ

惟フニ 今後 帝国ノ受クヘキ苦難ハ 固ヨリ尋常ニアラス

爾臣民ノ衷情(ちゅうじょう)モ 朕善ク之ヲ知ル

然レトモ 朕ハ 時運ノ趨(おもむ)ク所
堪ヘ難キヲ堪ヘ 忍ヒ難キヲ忍ヒ 
以テ 万世ノ為ニ 太平ヲ開カム ト欲ス
 
朕ハ 茲ニ 国体ヲ 護持シ得テ
忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚(しんい)シ 常ニ 爾臣民ト共ニ在リ

若(も)シ夫(そ)レ 情ノ激スル所 濫(みだり)ニ事端ヲ滋(しげ)クシ
或ハ同胞排擠(はいせい)互ニ時局ヲ乱リ
為ニ大道ヲ誤リ 信義ヲ世界ニ失フ カ如キハ
朕 最モ 之ヲ 戒ム

宜シク 挙国一家子孫相伝ヘ 確ク神州ノ不滅ヲ信シ 
任重クシテ 道遠キヲ念ヒ
総力ヲ 将来ノ建設ニ傾ケ 
道義ヲ篤(あつ)クシ 志操ヲ鞏(かた)クシ 
誓テ 国体ノ精華ヲ 発揚シ
世界ノ進運ニ 後レサラムコトヲ 期スヘシ

爾臣民 其レ克(よ)ク 朕カ意ヲ体セヨ

  御 名 御 璽

  昭和二十年八月十四日
                             各国務大臣副署


***********************************************

<口語訳>

私は、深く世界の大勢と日本の現状を考えて、
特別な方法でこの事態を収拾しようと思い、
ここに忠義の気持ちを持った国民に告げます。

私は政府に、米・英・中国・ソ連の四国に対して
ポツダム共同宣言を受諾することを通告させました。

もともと 日本国民の安全 と 世界の共存 を共にすることは、
わが歴代天皇の残した教えで私も大切にしていることです。

アメリカやイギリスと戦争をしたのも、
日本の自立 と アジアの平和 を願うからであり、

もともと他国の主権を侵したり、                                   領土に侵入することは私の気持ちではありません。

開戦以来すでに四年たち、わが陸海軍の将兵が勇ましく戦い、
役人たちが懸命に働き 一億の国民が力を尽くし、
それぞれ最善をつくしたにもかかわらず、 戦局はかならずしも好転しません。

世界の大勢もまた我々に利がないことを示しています。

その上、敵は 新たに 残虐な爆弾 を使用して、
罪のない人たちを殺傷し、その痛ましい被害ははかりしれません。

このまま戦争を続ければ 最後には わが民族が滅亡 するだけでなく、
人類の文明をも破壊するでしょう。

もしそうなれば 一億の国民を預かっている私 としてどうやって
わが歴代天皇の霊に謝ることができましょう。

このことが 私が 政府に対し 共同宣言に応じさせるに至った理由です。

私は、日本とともにアジアの解放に協力した国々に
申し訳なく思わずにはいられません。

日本国民で、戦地で死んだり職場で命を落とした人々と、
その遺族のことを思うと、悲しみで心が裂ける思いです。

また戦傷を負い、災難で家業を失った人々についても
私はたいへん心配しています。

考えると、これから日本が受けるであろう苦しみは大変なものがあると思います。

国民の悔しい思いは私がよく知っています。

しかし 私は時の運に従って、
堪え難きを耐え、 忍びがたきを忍んで、
後の世のために 平和をもたらしたいと 思っているのです。

私は 日本の国家 を 譲ることができた ので、
忠義で善良な 国民の真心に信頼を寄せ、いつも 国民と一緒にいます。

感情のままにみだりに事件を起こしたり、
国民同士が争って時勢を乱して、
そのために 道を誤って 世界の信用を失う ようなことは、
私が もっとも戒めるところです。

国を挙げて 子孫に伝え、 神国の不滅を信じ、
任務は重く 道は遠い ことを思い、
将来の 国の再建に向けて 総力をあげ、
道義を厚くして 志を堅くして、
日本のすぐれたところを更にたかめ、
世界の進歩に遅れないよう決意すべきです。

きみたち国民よ、私の気持ちを汲んで 身をもって行いなさい。

***********************************************

pencil  pencil  pencil  pencil  転載ここまで

映画「凛として愛」を見た後で玉音放送を聞くと、さらに涙が出ます。

昨日、サンデーモーニングがどうしたことか(驚)玉音放送全文と口語訳を放送したらしいです。どうしたんだ・・・。ふり幅が広すぎるぞ、TBS。あとは平常通りのようでしたが。(笑)

実際にきいた当時子供だった親は、「難しくてよく分らないけど戦争が終わったらしい。」と、朝から大事な放送があるからという連絡があったこととか覚えていました。

言葉が難しくて内容が分らなかった子供も、理解できていた大人も、陛下の大御心を受け取ってみんな頑張って、焼け野原の日本を世界に誇れる国にしたのに。いや、聞きそびれた人も、もともとの日本人の勤勉さで頑張ったんだよ!臣民だもの!

今上陛下もそうですが、常に国民に御心を寄せていらっしゃる。それを忘れてはいけない。それを歪めて伝えて汚す輩は許せない。日本人ではない。日本の地にいる資格はない。

« あなたは真実の歴史を知っていますか? | トップページ | 「Team YAMAMOTO」に感動☆ »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/49161525

この記事へのトラックバック一覧です: 玉音放送の意味を知ろう!:

« あなたは真実の歴史を知っていますか? | トップページ | 「Team YAMAMOTO」に感動☆ »