★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 悠仁親王殿下が五歳に。\(*^▽^*)/ | トップページ | 自民党大阪府連女性局講演会第4弾(ヒゲ隊長の講演会) »

2011年9月 9日 (金)

【購買推奨でしょ。】震災復興支援に積極的な企業製品やサービス。

これはいい話。

東北大震災の発災して間もなく、ロート製薬さんが震災孤児のための就学基金を立ち上げるというニュースを聞き、やたらメディアでチヤホヤされるどこぞの社長のアレと違い、売名で無く大きな企業の使命と責任を真摯に果たそうとしている姿勢に心打たれてその後を期待していました。

現在、日本の為にならぬ行いをして不買運動や解約祭りになっている企業の話がありますが、出来れば、こちらの応援運動の方が沢山増えて、大勢の人が参加してお金をグルグル回して景気回復の一端になってもらいたいものです。

以下転載 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロート製薬の【ちょっといい話】 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15527497

【ロート製薬、震災孤児を異例の長期支援。最長25年、他社と基金設立へ】例のアレな会社の商品は「不買」でもw、ロート製薬の商品は「買い」でしょ。
それが少しでも支援に繋がるんなら、こんな嬉しい事は無いしね。 正直、ちょっと泣けた。
我が身より周りを気遣う孤児たちの心情と、それを知った事から逃げなかった企業人としての矜持を知って。
うん、実際のところは号泣だったけどなっ!

ニコ動より、

http://www.rohto.co.jp/s_siensitu/
震災復興支援室について  2011年03月31日

新設の震災復興支援室のメンバーが決まりました。社内からの数十人の応募者の中から、福島市出身の女性社員も含め、6名が選ばれました。
被災者の方々の支援、特にご家族をなくされた次世代を担う子供たちを長期的な視点で支援していきたいと願っています。

今、なにしろ初めてのことだけに暗中模索の中、全員が熱い心と希望をもって活動の準備にとりかかっています。

なお支援室設立発表以後、多くの個人や団体の方々から、あたたかいご声援等をいただいており、大変ありがたく感謝しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cryingcryingcrying ロート製薬さんはこの話で人を感動で泣かせて、目薬を売りつける気だな!よし、買ってやろうじゃないか!

ちなみにロート製薬のセルフの化粧品は価格の割りになかなかいいぞ!!moneybagbleah

pencil・・・・・・・・・・・・・・

 佐藤正久・著 「ありがとう自衛隊」 より

・・・自衛隊と警察消防が連携する中でネックとなったのが、通信手段でした。陸上自衛隊では通常、トランシーバーなどの無線機を使って、現地の隊員は連絡を取り合っていますが、それだと自衛隊内でのコミュニケーションは取れても、警察や消防との連動が出来ません。

 その問題点は訓練ではなく、実際に救助活動を行わなくてはならなくなった今回、浮き彫りにされたわけですが、訓練の段階でそれを知っていたNTTドコモから「ぜひこれを使ってください」と大量の携帯電話を提供いただいていました。

 これによって、捜索活動がスムースに進み、たくさんの方々を救助できたことは言うまでもありません。事前の準備や演習、そして関係各所との意思確認が出来ていたおかげで、前代未聞と言っても大袈裟ではない今回の大災害に際しても、極めて冷静な行動をとることが出来たのです。   

book・・・・・・・・・・・・・・

club三菱商事さん ↓

 東日本大震災復興支援基金を設立

この度の東日本大震災で亡くなられた方々、及び、被災された方々に対し、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

三菱商事株式会社(以下、当社)は、震災発生以降、当面の被災地支援として、義捐金4億円、三菱自動車製電気自動車「i-MiEV」 30台、その他、緊急支援物資の提供等を行なってきましたが、震災の全容が明らかになりつつあり、復旧・復興に要する期間も長期に及ぶことが確実であることから、被災地の復旧・復興支援に全社をあげて取り組むことを目的に、2015年3月末までの4年間を対応期間とする「三菱商事東日本大震災復興支援基金(100億円)」を設立することと致しました。

同基金を通じて計画している主な支援は以下の通りです(金額は4年間合計)。

① 義捐金等の寄附: 25億円
会社としての義捐金や人道支援(災害遺児支援・高齢者支援等)等。
② 緊急支援奨学金: 25億円
今回の震災で就学が困難となった学部及び修士課程の学生が対象(年間500名×4年を予定)。
③ 被災者向け社宅・寮等の提供: 10億円
独身寮や研修施設、及び外部施設を借り上げて提供。
④ その他各種支援: 40億円
支援物資の寄贈、重機提供等のサービス提供、被災地における各種復興支援他。

上記支援の他、社員ボランティアが10名単位でローテーションを組み、現地ボランティアと協力して、作業を行ないます(年間で延べ1,200人程度を派遣予定)。更に、被災した子どもたちとキャンプ等のイベントも行ないます。

尚、上記基金の設立にあわせ、当社全役員は、役員賞与の10~30%を義捐金として拠出することと致しました。

被災された皆様が一日も早く平穏な生活を取り戻せるようお祈り申し上げるとともに、今後も引き続き、当社として出来る限りの支援を行って参ります。

以 上

・・・・・・・・・・・・・

流石、三菱さんや!!

他にも物資を無償提供したり、資金援助や寄付、社員をボランティアで継続的に派遣したり、奥ゆかしくメディアで宣伝しなくて個人でも相当な額の寄付をした社長さんなどまだまだいらっしゃるはず。

そういう情報を見つけて、愛国企業の製品を出来るだけ買ってささやかながら支援したいと思います。

 

« 悠仁親王殿下が五歳に。\(*^▽^*)/ | トップページ | 自民党大阪府連女性局講演会第4弾(ヒゲ隊長の講演会) »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/52685670

この記事へのトラックバック一覧です: 【購買推奨でしょ。】震災復興支援に積極的な企業製品やサービス。:

« 悠仁親王殿下が五歳に。\(*^▽^*)/ | トップページ | 自民党大阪府連女性局講演会第4弾(ヒゲ隊長の講演会) »