★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月に作成された記事

2011年12月31日 (土)

世界地図で日本を見て…

111231_181702_3

happy01

カレンダー、世界地図の壁貼り型にしてみた。

改めて日本のある位置を見て、

よく今まで頑張ってこれたよなあって思う。

国内で脱原発だー!今すぐ止めろー!っていうのが極一部で流行ってるみたいだけど、

世界地図を見たら、「…無理。」と分かる。

ちなみに、日本地図も貼った…けど、壁紙と粘着テープの相性が…coldsweats01

【ナイス】 村西とおるの反原発活動感 【ですね。】

いよいよ今年もあと数時間になりました。

機能はこのナイスな記事がツイッターで流れてきて、あちこち貼ったりRTしたりしていました。

全くの正論だと思うから。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆NEWSポストセブン|村西とおるの反原発活動観 山本太郎に「反モチ運動」を提案 http://www.news-postseven.com/archives/20111230_77880.html

(略)出稼ぎ先の事故でお父さんが死んで電報が来ても、カネがないから遺体を引き取りにいけない。労災なんてない時代でしたから、死んだら終わりですよ。遺骨だけ送られてくるだけ。非常に哀しい町でした。

それが原発が出来て雇用が生まれ、町にカネが落ちるようになった。原発サマサマですよ。だから私はあの事故があったあとでも、原発を悪しざまにいうことはできないんですよ。過去の貧しさを知っているから。放射能より貧しさの方が怖いんですよ。貧しさは人を追い詰めて、枝振りのいい木にロープを釣らせますからね。放射能はジワジワくるけれど(笑)

よく都会に住むお母さんたちが「豊かさより健康が大事」とかいいますけれど、そりゃ違うんですよ。貧しさが諸悪の根源なんです。山本太郎というタレントが反原発とかいってますけれど、餅でも年間200人くらい喉に詰まらせて死んでますからね。人が死ぬというなら「反餅」運動でも起こせばいいと思うんですよ。自動車事故だっていったい何人死んでいるのか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脱原発と考えている人も、近頃の被災瓦礫受け入れ拒否にまつわる運動などから、彼らの反原発・脱原発活動に疑問を持って賛同できないとコメントしているのを見ました。

素人がヒステリックに早口で不安を煽るようなデマを喋り捲る。これは放射能より怖い。「放射脳」になるし、精神的にただならぬストレスがかかり、いずれ癌や他の病気になる可能性が高まる。瓦礫処分受け入れ拒否や風評被害が被災地の復興や日本全体の経済活動を低下させ、貧乏で自殺者が今より増えるだろう。

多分、名前が出た本人の目にも留まってるだろうから、何か言うかなと思っていたら・・・

言うと思ったw→(山本太郎)@yamamototaro0: お餅を食べるのは個人の意思、放射能は?どんな人にも分け隔てなく、ナイスですねぇ~、とも音をたてず蓄積して行くのでは? RT :********: NEWSポストセブン|村西とおるの反原発活動観 山本太郎に「反モチ運動」を提案 http://t.co/B37yCJB

http://twitter.com/#!/yamamototaro0/status/152788913281445888 

・・・なんだかな・・・。

Twitterで日本を「テロ国家」とほざいた奴の“ヒステリック花畑左翼電波”の方が脳や身体に悪影響です。

関西に来てまで、自分のイデオロギーの押し付けするのは止めて欲しい。

反原発・脱原発運動って、いま最優先でやらなければならない駄目なんでしょうかね。すでに震災と事故は起きてしまって、被災して明日のことの不安で一杯の人がいるのに、これ以上被災地を傷つけ、復興を妨げる運動や差別、非科学的なデマはホントやめて欲しい。自分さえ良ければって考えのエゴイストを大量生産してどうするんだよと。

clover 激しく同意なつぶやき 勉強させていただきました。

@mido4299: 山本太郎「経済と人の命どっちを取るんですか?」森永「貧乏になっても人は死ぬ。不景気になって年間自殺者は二万から三万人に増えた。」太郎「(脱原発じゃないことに対し)何か貰っているんですか?」森永「貰っていない。なんで全て性悪説で考えるの?」森永さんが至極まともに見えた。   http://twitter.com/#!/mido4299/status/152399418551840770

「経済と人の命どっちを取るんですか?」という小学生並みの二元論を呈したので、仕方なく分かりやすい例で諭したという構図だと思います。

@mido4299: 精神論的な反原発、脱原発とかの運動はホント迷惑です。そんなことよりも、被災地や汚染地域に住んでいる人々のことを心配して欲しい。特に放射能の無理解が招く風評被害と経済破綻、デマや暴言、差別による精神的影響が最も大きな問題です。同胞を助けられないなら日本も滅びると思います。http://twitter.com/#!/mido4299/status/152433666260336640

@akoustam: はっきり言ってしまうが、放射能を「怖い」「怖い」と喚いてる人って本当に怖いと思ってるのかね?ただ騒ぎたい、誰かを攻撃して満足感に浸りたいだけなんちゃうんかと。ちょっと調べれば分かることを知らずに「こんな事実が!」とか、およそ放射能に対して“真剣に対峙している”ようには見えない。http://twitter.com/#!/akoustam/status/152378475708293120

@T_akagi: 放射能ノイローゼの人たちって、本当に「自分の考える家族」の範囲でしか物事を理解しようとしないよね。被災地域のがれきを早急に処理できないことが、社会的にどれだけの不利益であるかとか、その不利益を最終的に被るのは、アナタの子供だとか、そういうことを一切考えようともしない。http://twitter.com/#!/T_akagi/status/151455911553146880

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村西さんは、「暴露ブログ」でも、反原発運動に関して書いている。http://blog.muranishi-ch.com/wordpress/?p=9 かなり長編ですが、これは必読。

略)

原子力エネルギーを悪者にする論者に見られる特徴は
「変節漢」であるということです。

これまでムシロ旗を立てての原子力反対運動など一切することなく、
ただそのエネルギーを享受して楽しい文化生活を営んできていたクセに、
時流に乗ってにわかに宗旨変えをしたゲス野郎どもでございます。

石油も石炭も99%自国で産出することができない日本が、
もし石油や石炭の供給を絶たれたらどうなるか、
そうした人間は真面目に考えたことがあるでしょうか。

石油や石炭の供給を絶たれたら原子力どころの騒ぎではなくなるのです。
今のところ福島原発で直接的被害にあった死者はおりませんが、
石油が入ってこなくなれば瞬時にして数万、数十万の人間が
死亡する事態を招くのです。

まず救急車が動かなくなります。
急病人は病院に運ばれることなく死ぬことになります。
エレベーターや電気が停まって都市のトイレや風呂も使えなくなり、
街にふん尿があふれて伝染病がアッという間に広まるでしょう。
水道も止まって煮炊きもできなくなり餓死する人の山ができます。

農業も石油が無ければ農作業の機械を動かすことができず、
肥料も不足して、農作物の出荷は壊滅するでありましょう。
漁業も燃料が無いために漁に出ることができなくなります。

石油不足によってあらゆる産業、社会の全てが崩壊することになります。
それによって生まれる死者の数は一千万人を
はるかに超える数でありましょう。

原子力エネルギーを悪者にする考えの持主たちは
石油が未来永劫安全に日本に入ってくることを前提にお気楽に考えです。

しかし最近の中東問題に見られるように現実には
石油の安定供給などは砂上の楼閣なのです。
原子力エネルギーは日本の安全保障のために絶対に必要なエネルギーです。

略)

生きることはベストの選択ではなく「ベターの選択」の道を往くことです。

例えそれが正義であっても、
主義主張を曲げて現実に沿った選択をしなければならないことがあります。

生き延びるために、よりよい明日を築くために心の中では泣いていても
妥協をして生きて行かなければならないことがあります。

現実主義者、あるいは功利主義者だとの批判は甘んじて受けましょう。

しかし道学者のような顔をして人を批判する人間たちは、
貧乏に陥ると、どんな人間でも人間が人間でなくなり、
人間の顔をしたケダモノに化身する、ということを知りません。

繁栄を失なって貧乏になるということは
社会から捨てられる、という悲劇に堕ちることだということを・・・。

略)

あの戦争の意味は喰う為には人間は、何でもヤルのだ、
ということを自他ともに教えてくれたことでありました。

ガキの頃、手前どもはトラックの後ろからアメリカの兵隊さんが投げた
ミカンの皮を夢中になって拾い口に入れて喰べた世代です。

ギブミー・チョコレートというフレーズをよく聞きますが、
一度もチョコレートのような高級なものを戴いたことがありません。
ミカンの皮を投げてよこしながら蔑むような表情をしていた
あの若いアメリカ兵の顔を60年近く経った今も忘れることができません。

現代では喰べものを落してもそれを拾って喰べると親に叱られますが、
あの時代は落した喰べ物を拾って喰べないと、
勿体ないことしやがって、と親からビンタを喰らったものです。

あのような辛い貧しい時代が
この日本に決して再び訪れさせないようにする為にも、
浮き世離れした「原子力エネルギー悪玉論」に
組することがあってはならないのです。

今回の原子力の危機はかけがえのない知識と経験の蓄積の時として
我が国の原子力産業の世界に対する圧倒的力へと変換すべきでございます。

略)

人間の一番冷い仕打ちは「無関心であること」と云われています。

略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後、被災地バスツアーの案を上げていますが、やったらいいんじゃないかなと思う。

福島県いわき市の出身である村西さんの言葉だから、すっと心に入ってくる。悲観せずに前向きな考えを持っているのが凄い。

マスゴミはやたらと放射能の不安や、脱原発派の活動はやたらと取り上げる。で、だからどうなのよといつも思う。被災地は放りっぱなしかよと。

2011年12月22日 (木)

麻生総理は金正日総書記死去の場合の対策を練っていた件。

麻生太郎総理が、「解散、解散!」とマスコミや党内の一部の議員に後ろから撃たれながらも、景気対策だけでなく、外交・安全保障に関しても色々と出来る限りのことはやってくれていたのは物の分かる人には承知の通りだと思います。

17日に北朝鮮の金正日総書記が死亡したとされ、19日に発表がありました。

そのことによって起こりうる、政権移譲時のゴタゴタに備えて当時の麻生総理は対策を練るように手配をしていたのです。

TOPの人間は軽々しく想定外という言葉を使ってはいけない。想定外のことを考えて考え抜いて対策をしておくのが安全保障に携るTOPの仕事なのです。

金正日が死亡した時、またミサイルを日本海に向けて撃ったそうだ。政府は抗議か何かしたんですかね?撃ったという情報を掴むのも遅かったんじゃないですか?何をやってんですかね。

2009年、北朝鮮が衛星の打ち上げだと言い張って日本上空を横切るミサイル実験をしたとき、迎撃体制を地上と海上と配備していた麻生総理。大袈裟だとか、通報ミスの失敗したことばかり

pencil【政権奪還が】麻生太郎研究第308弾【日本の為】 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/asia/1323740128/l50

20111222

  new “金王朝”の行方 金正日総書記死去 安保認識 甘い日本

産経新聞 12月21日(水)7時55分配信   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111221-00000083-san-int

20111221

・・・ 略 ・・・ 政府内で朝鮮半島有事に関する本格的な研究が始まったのは平成8年5月。橋本龍太郎首相(当時)は邦人保護・救出、大量避難民対策など4つの課題の検討を指示し、防衛庁(現防衛省)などで北朝鮮有事の際に(1)北朝鮮の保有船舶数から最大何人の難民流入が予想されるか(2)海流上、難民は日本のどこに漂着するか(3)難民受け入れ施設の確保-などのシミュレーションが重ねられた。

 18年9月、安倍晋三首相(当時)は政府に拉致問題対策本部を設置。情報収集などの予算も大幅増額し、拉致被害者救出などに関しひそかに検討を重ねた。

20111221_2

 金正日総書記が建国60年の行事に欠席し健康悪化説が伝えられた20年9月には麻生太郎首相(当時)が内閣官房を中心に極秘チームを作り、対応策を練った。

 ところが、21年9月に民主党政権が発足すると「研究はぷっつりと途絶えた」(防衛省幹部)。


 「万一の時に、拉致被害者をいかに救出できるか準備を考えておかねばならない」。22年12月10日、菅直人首相(当時)は拉致被害者家族にこう大見えを切ったが、その後政府内で検討した形跡はない。

              *        *      *

20111221_3

 民主党の危機意識は政府以上に薄い。20日午前に国会内で開かれた民主党外務部門会議には十数人の議員しか出席せず、「自衛隊を含め、日本はどういう態勢をとっているのか」と“素朴”な質問ばかり。拉致問題の今後の見通しについては質問さえなかった。        

 「権力の交代時期にはとかく波風が立ちやすい。いまなすべきは重大な事件が発生した場合に日本がいかなる姿勢を打ち出すべきか、改めてシミュレーションしておくことだ」

 野田佳彦首相は就任後に寄稿した月刊誌「Voice」10月号にこう記した。権力の交代で波風が立っているのは北朝鮮ではなく日本ではないのか。(阿比留瑠比、加納宏幸、ワシントン 佐々木類)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北朝鮮の日本人拉致事件実行犯の関係者がいる「市民の党」に、献金をしていた菅直人が口だけで、何もしないのは、そうだろうなあと納得しないではない。(許されないことですが。)

しかし、まがい物だったけど、保守を標榜して上にあるような格好の良いまともなことを言っていた野田総理が、19日に内閣調査室から上がってきていた情報も掴めず、のこのこ街頭宣伝に出かけて、慌てて引き返すってどういうこと?(街宣会場の荒れ具合にビビったとも言われてるけどw)

確かに足らないところもあったかもしれないけど、ちゃんと考えてくれていたんだよね。自民党政権下では。沖縄のことも、北朝鮮のことも。

ぶち壊したのは、素人とプロ市民しかいない民主党と政権交代を煽ったマスゴミとそれに踊らされた国民。

解散宣言した後、総選挙の街頭演説って新潟から始めた麻生総理。拉致被害者家族会の人に面会を断られて辛かっただろうな・・・。選挙の為とか政治利用(いまさら何を)とかじゃなく決意表明というか、今迄解決が出来なかったことを謝りったかったんじゃないかなと当時思いました。

「日本を守る責任力。」これを訴えて臨んだ選挙。「日本を考える一ヶ月にしてください。」そう言って、有権者にこの選挙の重要性を訴えていたけれど、マスゴミに目と耳を塞がれた人々には麻生総理の声が届かなかった。 ・・・で、この様です。 日本に蔓延ってきた汚物どものあぶり出しにはなったけど、どれだけの犠牲をこれからも払うことになるのか。

movie 麻生太郎総裁 横田めぐみさん拉致事件現場視察&街頭演説(新潟市) (2009.08.01)

・・・・ 演説 文字起し ・・・・

麻生太郎です。いよいよ今日から街頭遊説を開始しております。その第一回目の場所として、この新潟を選ばさせていただきました。午前中、今、塚田参議院議員が言われたように、海岸に、(横田めぐみさんが拉致された現場)この場所であろうと言われるところに行ってきました。

中学1年生、13歳。その人が、皆さんのお子さんにも、皆さん方の周りにもその年代をお抱えの方も多いだろう。私も二人の子を持つ父親として、胸に迫るものがありました。

Photo_2

(拉致は)明らかに国家による犯罪です。しかも国家元首が、「あれは我が国でやった。」と認めた犯罪であります。疑いじゃないですよ。本人が、自分の国がやったと認めた国家による犯罪。日本という国家の主権が侵された明白な犯罪です。

しかし認めていながら、それを帰そうとはしない。明らかにこういう国に対しては、きちんとした国家としての圧力を掛けない限りは帰ってくることはあり得ない。

この問題を正直に政府として対応している国は日本だけです。他の国は、拉致されたと言われていますが、国家としてそれにきちんとした対応をしているのは日本です。しかし、日本だけで力が足りない。従って国際社会、一緒になってこの問題、解決すべく我々は努力をしている真っ最中であります。

断固この問題で、我々は引き下がる訳にいかない。きちんとした対応をもってこの問題の解決に当たらなければならないと決意を新たにしました。拉致問題の解決なくして北朝鮮との国交正常化はあり得ない。

是非皆さんと共に、この決意を新たにして、今後とも拉致問題、また、核、ミサイルの問題をやり、拉致されたと思しき全員の取り返しということを、一日も早くやり遂げなければならないと決意を新たにしております。

さて、ご存知のように、7月21日、衆議院は解散をいたしました。今から約一月間、我々は多くの政策を皆さん方に訴えてまいりたいと思っております。

我々が今、訴えなければならぬ一番大事だと思っている優先順位の一番は、景気回復。これが一番でしょ? 僕は、景気回復というものに、この10ヶ月間、政策の全てをかけてきたと言ってもいいと思っております。約半年あまりの間に景気対策、経済対策の為に予算編成を四回やりました。

普通予算(編成)は年に1回か2回、それを半年間で4回。明らかに異常ではありますが、経済状態が異常なら、それに対応するためには我々も異例な対策をしなければならないんだと思っております。

しかし、今、それらの政策を私が改めて申し上げる前に、私はもうひとつ皆さん方に申し上げなければならないことがあろうと存じます。

それは、私の一連の発言や、また私の力不足から自由民主党内の結束力に乱れが出たことです。これは明らかに、自分の力不足であり、また自分の失敗であり、その点に対して国民の皆さんに政治に対する信頼や自由民主党に対する不審を招いたということに関しては率直に認めなければならないところであり、私の立場から、また自由民主党としても心からお詫びを申し上げる次第です。

もう一点は、やはり、この十何年間、日本としてやっぱり世界の中で戦っていくためには規制の緩和をせにゃいかん、より競争は自由にさせるべきだと、そうしなければ日本の経済力は回復しないという、市場経済原理主義みたいなものがえらく世の中を席巻していた。流行っていたように思います。

しかし、行き過ぎた市場原理主義は、結果として地域格差を生み、そして弱い人に対して多くのシワが寄ることになった。福祉にもほころびが出た。これを見逃すことはできません。きちっと直すべきは直す。行き過ぎた市場原理主義には、決別をします。そして我々はもう一回、きちんとした対策を立て直して、日本にあった対策をやり抜かねばならん。それが自由民主党が責任政党としてやらなければならないことだと思っております。

その上に立って経済対策をやらねばならんと。私は基本的にその考えの上に立って、直すべきことは直す。反省すべきところは反省し、そして伸ばすべきところは更に伸ばす、それが保守。真の、本来の保守のあるべき姿なんだと、私は確信をしております。

お陰様で、経済対策をやらせていただいた結果、少なくとも幾つかの先に出てくる、先行指標は明るさが出てきます。株は、ちなみに7,050円まで下がっていましたが、今週1週間はずうっと1万円を超えた。先週1万円を超えて今週はずうっと1万円をつけております。

明らかに先行指標は上がってきた。鉱工業生産指数というようなものも上がった。しかし残念ながら、遅行指数、後から遅れて出てくる指数、例えば雇用、例えば失業率、例えば地方。こういうものにはまだまだその答えが出てきていない。

数字の上では間違いなく景気は回復しつつあるという数字になっていますが、景気が回復したという実感が、身に伝わってこない。すなわち経済対策はまだ道半ばだと、我々は引き続きこれを、景気対策、経済対策を続けていかなければならないと決意を新たにいたしております。そのために我々は幾つかの政策をやりぬいた。それは、皆さん方の色々なパンフレットやら何やらを参考にしていただければと思います。

我々は、景気をよくするためには、経済自体を大きくしなければ、経済のパイを大きくしなければ、配ろうにも配る物が無いでしょうが。ただただ配ります。聞こえはいいよ。子供手当て、5兆円。高速道路はみんなタダ、2兆円。そのお金、どっから出てくるんです?

なんとなく揺さぶったらどっからか金が出てくる。そんなことはありませんよ。世の中そんな打ち出の小槌みたいなもんは無いんだから。きちっとした奥さん方も自分の亭主の財布握ってるわけでしょうが。その握った財布、振ったら金が出てくるかね。出てこないでしょうが。

私どもは、きちっとした対策をやらねばならぬ。そのためには、まずは景気回復だと申し上げておるのです。景気を回復するため、景気が回復してくれば、そこそこみんなんとなく気持ちが豊かになる。株が上れば持ってる資産が上がるんだから、それだけ気分も変わってくる。そういうものを一つ一つをやり続けなければいけないんだと思っております。

結果として、それが安心に繋がってくる。皆さん方の生活の安心に繋がってくる元は雇用でしょう。収入、そういうものが皆さん方の心に響くんだと思っております。

Photo

我々は安心した社会、安心できる社会というものを作らねばならん。そのために、「子供に夢を、そして若者には希望を、そして高齢者の方々には安心を。」これが我々が考えているスローガンの第一です。これをやるために色々な政策を言って、民主党も同じような政策を言っておられます。

この8月は今日から1ヶ月間、投票日まであります。是非この8月はそれぞれみんな東京に行ってる人も、大阪に行ってる人も、この新潟に帰ってきて、自分の実家に帰ってきて、色々落ち着いて家族の人やら親戚の人と話すだろう。是非この1ヶ月間を、自由民主党が出した政策、そして民主党が出している政策と比べてこの1か月間、落ち着いて政策を比較してみてください。

私は、スローガンやらばらまきの話をしてるんではありません。政策をやるためにはそれを実現しなきゃならん。その実現する責任力、実行力が政治には必要なんです。

私どもは、少なくとも今の北朝鮮の話をしても、あの北朝鮮に対して世界中が、世界中が集まって皆で国連の安保理で制裁を決めて、我々はその制裁に対応するために、北朝鮮の貨物船の検査を出来るようにしようという法案を提出した。

民主党はどうしました。民主党はその審議に応じず、あれは廃案になったんですよ。廃案になったんですよ。一番喜んだのは北朝鮮ですよ。私はこういった話を何となく聞き捨てて、聞き流しておられる方は間違っていると思います。

もっと真剣にこの問題を考えていただかねばならぬ。

政権交代、これは手段です。目的ではありません。政権交代して何するんです。経済は、安全保障はどうされるんです。安全保障というものは、寄居の話に限らず、あの横田さんの話に限らず、これは日本海沿岸にとっては大きな問題ですよ。

この種の問題を、我々は安全保障というものを考えたときには、少なくともインド洋のテロの対策のためのあの補給、油の補給。また年間2,000隻もの日本の船が通航しているスエズ運河を出たところ、ソマリアの海。海賊が出てどうにもならん。なんとかしてくれというのに応じて、我々はソマリア沖に海上自衛隊・海上保安庁を送った。

この法案に反対したのは民主党じゃないんですか。どうして、その法案を反対して、あれは憲法違反だと言って反対して、それが、このところになったら憲法違反ではなくなったかの如き話をして、あれは今度は対応する。

こんな一番肝心な話がコロコロ変わるようなところに、安全保障なんかできる訳がないでしょうが。安全保障というのは最も大事だ。国家の根幹ですよ。その国家の根幹の安全保障政策すら纏めきっていない政党に、我々は日本の安全保障を委ねる訳にはいかないのです。

是非、経済を考えて、まず景気のパイは大きくしてそのうえで、という話です。安全保障、この2つはこの8月、ゆっくり考えていただきたい2点です。

更に加えて言わせていただければ、教育も大いなる問題でしょう。我々は皆さんと共に日の丸を持って立っていただいて、学校でも、また自由民主党の党大会でも、我々は国旗を掲げてちゃんと対応している。世界中どこでもやっていますよ、自分の国の国旗を掲げて。

しからば伺おう。民主党の党大会に国旗は飾ってありますか。そして、日本・・・日教組にえらい支援されておられますが、その支援をされている日教組に国旗は飾ってありますか。

090818

私どもはこういった根本的なところを全く違っている、そこが我々と民主党の一番の違いなんだと思っております。いかにも似たような話だってしますよ。しかし一番肝心なところが違ってたら、これは中々皆さん方と折り合いがつく筈がない。

我々は明らかに保守です。私たちは保守に誇りを持ってこれまでにやってきました。日本の国に革命を起こすつもりはありません。我々はこの国を、きっちり正すべきものは正す、伸ばすべきものは伸ばす、そして守るべきものは守る。日本を守る。そして国民を守る。それが我々自由民主党の最も根本にしている政党であります。

今回、この新潟は一区に最初に遊説に来ました。ここに吉田六左衛門も立っておりますけれども、年もほとんど変わんない。言うと、嫌がるけど。年もほとんど変わんない、一歳しか違わない。

ね、我々は私はここは総裁選挙の時に何度となくこの加賀田組の前でこうやって機会を与えていただき、大勢の方に集まって、総裁選挙をやらさせていただきました。吉田六左衛門の時も来ました。塚田一郎の参議院の選挙の時も来ました。何度となくここに来ました。

しかし今回は明らかに、日本にとって、この国をきっちり守って、国民の生活を守るのはどの政党か、それが問われる選挙なんです。

麻生太郎になるか、誰になるかじゃない。ここが一番大事なとこです。

是非、今回の選挙、今から一月間。暑い熱い夏になると思います。我々も必死で戦いますから、是非皆さん方、家で落ちついて、政策を選択してもらいたい。

政権じゃない。政策をよく見てください。政策をよく読んでもらいさえすれば、我々の言っている意味が、皆さん方の気持ちに響くはずだ。

その点を皆さん方に最後にお願いを申し上げて、… …我々自由民主党も全力をあげてこの厳しい選挙を戦い抜くことをお誓い申し上げ、ご挨拶にかえさせていただきます。

日本を守ります。 自由民主党が守ります。  ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うう・・・、この演説・・・聞いてると涙が出るわ。そんなに謝ること無いのに。全部自分で責任を被ってさ。(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

「私は決して逃げません。」そう、所信表明演説をした総理を後ろから撃った奴が復党願いを出してるようだけど。どの面下げて言ってんだと、そう申し上げたい。

101101

2011年12月21日 (水)

【バーボン】谷垣総裁・ラジオの音楽番組に出演してたぞ!【カントリー】

この企画を思いついたのは誰だーーーーー!!!!GJ!

自民党・谷垣禎一総裁が、

music ミッドナイトカウボーイラジオ日本 AM1422kHz
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/midnight_cowboy.php

に、出演されていた!!!!!!! めっちゃ、深夜番組や!

事前に出演されるという情報を掴んだものの、関東圏の放送なので西の空の下では聞けぬのかと、ガックリしていました。・・・が、AMの電波は強い子w、夜には何とかノイズだらけながら受信しました。電波状態によってラジオを微妙に動かしながら、我ながら涙ぐましい努力をしていたのであります。(笑)

その努力の甲斐があって、政治の話は少しだけでしたが、マスコミの印象操作で批判ばっかりしてるとか、存在感がないとか色々言われておりますが、少なくともこの番組のリスナーさんの間では「おお!谷垣やるな!」とか「ほお、こういう人だったのか。」と受け止め方が変ったのではないかなと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

番組内容の書き起しは、こちらのブログさんでどうぞ!! 楽しい4コマ漫画もあるよ!!

tulip じみんといっしょっ『日本復興を願って!』 http://bluesketch.seesaa.net/article/241542870.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メーカーズマークというバーボンを飲みながら、カントリー音楽を楽しみつつ、音楽の話は勿論、思い出話や趣味の話をまったりと・・・。総裁の趣味の登山の話・亡くなられた奥様の話と楽しかった。しかし、3杯飲むかw さすが、ワイン・ガブガブ派w 良い酒っぽいw

登山が趣味なのは知ってたけど、谷垣総裁とカントリーって関係あるの?っと思っていたら、「大学の山岳部にカントリー好きの先輩がいて、冬山で朝起きた時、先輩がイヤと言うくらいカントリーミュージックを歌っていた・・・。」という思い出話に爆笑した。happy01

TVがやたらと騒々しい番組ばかりなので、グラスに入れた氷の音が聞こえるような落ち着いた番組っていいですね。(だって、ラジオだし・・・って、突っ込みは無しでw) お洒落だった。

演説や答弁、TVのうざいキャスターとのやり取りの声を聞き慣れているので、ちょっと仕事を離れた時の穏やかな声のトーンは新鮮で良いですね。(番組だから仕事のうちなんて突っ込みは無しでw) 

番組パーソナリティーのカントリー・シンガーの宮前ユキさん、冒頭から谷垣総裁に歌わせる気満々だった。あ、そんなに飲ませて歌わすつもり・・・?なんてね。でもありがとうございました!夜中に、総裁の歌声が聞けるとは思いませんでしたよ。

最初は少し照れながら、しかし、ここというところはキッチリ歌い上げていました。終わって、「お恥ずかしゅうございます。冷や汗をかいたなあ。」は、ガッキーらしくて良いコメントでした。

fuji  富 士 山 ・・・ 

登山が趣味の谷垣総裁、今は仕事柄、本格的な登山は連絡が取れなくなるから出来ないそうです。そうだよね、肝心な時にいない公安委員長みたいなのは駄目だよね。

(谷垣)「富士山には登ったことがないので、いつか登ってみたい。」

意外ですよね。「富士山は、遠くから見る山だ、と、山好きの上司が言っていたのを思い出した。 」との呟きを見たので案外そんな感じで登っていなかったのかもしれない。

富士山と政治家といえば、吉田茂翁を思い出すなあ。

私も、上京する時は飛行機のA列を指定します。富士山が見られるんですよね。

bicycle  自 転 車 ・・・

カントリーは、まったりゆったりした曲もあれば、ノリノリの曲もありまして、「I saw the light」を聞いた後、自転車乗りながら鼻歌したりしてというところで、

(谷垣)「坂道を登る時、みんなきつそうにしてる中、あえて鼻歌を歌って余裕があるところをみせつけるわけですよ。(笑)」

・・・どこの中学生じゃw と思いつつ、「 男は、義理と人情とやせ我慢」を思い出した。happy01

flair ガッキーは、光を見るか? 「 I saw the light 」

総裁リクエストの1曲、そして、宮前さんの巧みな釣りにかかってあげて歌ったのが、「I saw the light」(ハンク・ウィリアムズ←カントリー・ミュージックの唯一神)

カラオケもあるでよw

歌詞はこちら http://hank-williams.diskografie.info/ja/i-saw-the-light-2

内容はゴスペルなんですね。(音楽区分詳しくないので、適当解釈ご容赦を) 曲は陽気なんですが、さまざまな困難・試練の後に神の光を見たと。この歌の中の人は何か苦労が報われたんだろうね。政権交代後の総裁選で「捨て石になる!」と立ち上がったガッキー。ガッキー風林火山でここまで来てるけど、今まで色んなことがあった。まだまだ道半ば。

頑張って何かを求めた人に光が当たるといいな。

そんな世の中に日本にするべく頑張っているガッキーに光を!

 ちなみに・・・ note麻生 the Right ~、麻生 the Light ~と空耳した。自分だけではなかったのに安心したけれど、別に間違ってないから良いやろとw

clover TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS

総裁リクエスト2曲目John Denver - Country Roads (カントリーロード ジョン・デンバー)

カントリーミュージックって、御陽気な様で物凄く切ない曲が多いのかな。それとも日本まで伝わる曲がそういうのなのかな。(日本人は哀愁漂ったり、切ない曲って好みだし。)

遠く離れたふるさとを懐かしく思う曲なのか、それに絡めて好きな女性を思う恋の歌なのか解釈は色々あれど、“ふるさと”について思い起こさせる曲です。

2曲とも、家族と地域の絆を大切に考えるガッキーらしい選曲だなあ。 

そして、「故郷、ふるさと」で思い出すのが、12月9日の有楽町での演説。http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/23129-6d2f.html

pencil何故、こんなに、復興復旧が遅いのか。もっと早くすることが出来ないのか。どうしたら早くできるか。私達も一生懸命工夫して参りました。しかし今、私は復興がスムーズに運ばない理由は原因がある、このように思っております。

何故か?

それは、民主党の被災地出身の国会議員達に、「自分達が頑張らなければ、この震災からの復興は無い!」という使命感、自分のふるさとに対する愛情、これが決定的に欠けているからだと、私は思っております。

岩手には小沢一郎さんがいるじゃありませんか!

小沢さんは、3月11日以来、1回だって被災地、被災の現場に足を運んだことがありますか?小沢さんは、岩手の選出でありながら一回もいってはおられない。これが、民主党の政治家の行動なんです。

このように、ふるさとに対する愛情が無い。それは国に対しての愛情が無いということです。

私達は、国に対する愛情、つまり愛国心。そうして、自分の生まれ育ったふるさと、自分を信頼して票を入れてくれた有権者の皆さん、この人達に責任を持つ政治を必ずやっていきたいと思います。pencil

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮前さんのオフィシャルサイトhttp://www.miyamaeyuki.com/index.htmlに、ほろ酔いガッキーが。happy01

http://www.miyamaeyuki.com/information/yukiplace/b2011/tanigaki.html

いやー、良いクリスマスプレゼントになりました。 頑張れ、ガッキー!!!!

2011年12月16日 (金)

今週の俺達のタロウ☆為公会例会 12/15

今年最終の例会だそうです。

この一年、売国行動以外はろくな働きもせずグルメ三昧の総理大臣と違って、去年の暮れの除夜の鐘も聞かず地球の裏側ブラジルで新年を迎えた働き者の麻生元総理であります。

谷垣総裁の演説でも言われていたことだけど、民主党は日本をどうしたいのかが見えてこない(国家解体とはいいにくいか・・・w)というのは、総理経験者始め、みんな一致しているところのようですね。

そして、自民党は日本をどうしたいのかも、当然、新綱領があるのだから同じ考えであるのは間違いない。(違うのもいるかもしれないけど。)

今年一年間、動画ありがとうございました。 松本純 HP http://www.jun.or.jp/

例会挨拶11・12・15   公式サイトより http://www.aso-taro.jp/

【要旨】

● 3月11日の大震災を始め、いろいろと思い出される1年だったが、きょうが年内最後の為公会例会となる

● 野田首相の誕生から100日余り、各社の世論調査で軒並み、内閣支持率が下がっている。その理由については、2人の前任者とは少し違うのではないか。野田首相が何をしたいのか伝わってこないのが問題で、日本をどのようにしたいのかが分からない

● このことは、先週、閣議決定された税制大綱を見ても明らかだ。大したものが出てこないは当たり前で、「こういう社会を築きたいからこうする」といったものがない。私の内閣では大規模な補正予算を組んだが、それは向こう3年で景気を回復させるというはっきりとした目的があり、それを成し遂げた後という条件で、消費税について法律に記載した。今のように、ただ「税金だけ上げさせてもらいます」では、国民にとって夢がなくなる

● 民主党政権になって3度目の予算編成となるが、大震災や円高で厳しい財政状況でもあり、また、年金の国庫負担の問題と始めとした社会保障改革など課題山積だが、民主党政権が何をしたいのか見えてこなければ、こちらとしても話し合いにならない

● 
自由民主党が目指すのは、働き甲斐のある社会だ。民主党のような社会主義的なバラマキではなく、働けばその分報われる社会を目指すのが保守だ。理念無きバラマキを続ける現政権とは対峙していかねばならない

● 
来年は、米国・韓国・ロシアなどで大統領選挙が、また、中国では指導者の交代が行われる予定だ。そんな大きな変化が予想される世界の動きに、民主党政権で対応できるか。TPP参加交渉についても同様だが、多くの人が不安に思っている。我々としては、現政権に対してNOだとはっきり申し上げ、我々自身、きっちり考えを整理し、日本の舵取りを担っていくことが一番大事だ。捲土重来を期して浪人中の皆さんを含め、この年末・年始は非常に大事な時期だと、最後に申し上げておく

● この1年を振り返りながら、皆さんのお力添えに感謝申し上げる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にお疲れ様です。この一年、色々ありました。

外国に特使で派遣されたついでに・・・といってはなんですが、あちこち訪問してくださっていた。総理大臣が官邸でボーっとしていたのに。

10月の台湾訪問は感動だったなあ。これは麻生さんが適任。

同じ元総理で特使派遣されるとしても、やっぱり、与党の元総理の方がいい。

早く政権を取り戻して、民主党がグチャグチャにした外交の修復に活躍して欲しいです。

来年は、米中韓露と指導者の移動がある。今の民主党政権で国益を守りつつ対応できるとは思えない。

野田総理はやく政権の座から降りて欲しい。留まって欲しいと思うのは一部の国だけだろう。

リーマンショックの時に、解散するのは止めてくれと、外国首脳から頼まれた麻生さんと偉い違いだ。

幸い今年は国内で家族そろってクリスマスと新年を迎えられそうで良かった。

来年も元気なお姿を追っかけたいなあw (ストーカーじゃないですよw)

2011年12月12日 (月)

今年の世相漢字は、「 糸半 」 そして、ぶれないガッキー!

すっかり恒例の、今年を漢字一字に表したら、何になる・・・?

    「 絆 (きずな) 」

色んなことがあったなあ・・・で、片付けられない今年あった大災害に出来事。そこから、普段思わなかったこと、当たり前で考えもしなかったことが再認識された・見つめなおす必要が出来た今年。

さまざまな候補の漢字があったらしいけど、やっぱりこの文字になったな。

震災以後、菅直人や、マスゴミがやたらと言い出して微妙に感じることも正直無いわけでもなかったが。

new 今年の漢字は「絆」 京都・清水寺で発表

平成23年の世相を漢字一字で表す「今年の漢字」に「絆」が決まり、京都市東山区の清水寺で12日、森清範(せいはん)貫主が縦約1・5メートル、横約1・3メートルの和紙に大きな筆で書き上げた。

 日本漢字能力検定協会(京都市)が毎年公募しており、最多得票した漢字を選んでいる。過去5年の漢字は、昨年から順にさかのぼると「暑」「新」「変」「偽」「命」だった。

 揮毫(きごう)された書は1年の出来事を清めて来年の幸せを願うため、清水寺に奉納。13日から31日まで公開される。 2011.12.12 14:19 http://sankei.jp.msn.com/life/news/111212/trd11121214070002-n1.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ なるほどツイート

clover @nittag: おれは今年の漢字は「絆」でいいと思う。「災」や「震」でなくてよかった。「絆」には祈りがこもっているから、それでいいと思う。 http://www.asahi.com/national/update/1212/OSK201112120036.html

clover @gishigaku: 「絆」て失われて初めてその存在や有難さがわかるものだから今年の漢字は正解。

clover @kamome_885: 絆ってのは谷垣さんがかなり前から言ってたんだよなあ。なぜか菅とか政府が震災後パクりはじめたけど。別に谷垣信者じゃないけど、あれはかわいそうだった

tulip逢沢一郎(自民党) @ichiroaisawa: 今年の漢字は「絆」。大震災もあって家族の絆、地域の絆、大切にしないと。国民のみなさんの想い、願いでしょう。もともと谷垣さんが「絆」の大切さ訴えていた。ポスト小泉の総裁選挙で谷垣さんは「絆」を谷垣政治の理念の中核に位置づけました。

Photo

やはり、谷垣総裁の「糸半」を、UPせずにはいられないw

「絆」から、谷垣総裁の話に持って行きますが、麻生ファンから見ても谷垣さんはブレがない。

pencil 党首がゆく・谷垣禎一総裁―変えるのは 党か自分か 

 2010年6月29日http://www2.asahi.com/senkyo2010/news/TKY201006290232.html  

 鳩山由紀夫が表舞台から退き、たたき上げの菅直人に代わったことで、よけいに際だつようになったことがある。谷垣禎一の「ひ弱な二世議員」とのイメージだ。

 振り返ってみればこの9カ月、谷垣が戦ってきたのは目の前の民主党ではなく、自らへのこんな評価と自民党内からの突き上げだ。

 話は2005年夏にさかのぼる。「君の旗は何だ」。後藤田正晴が谷垣のもとを訪れ、こう尋ねたのは死の2カ月前。安倍晋三が小泉純一郎の後継と目され、強烈な右ぶれに自民党内のリベラルが危機感を強めていたころだ。

 「絆(きずな)です」。国づくりへの思いを語る谷垣に、後藤田は「それでいい」と言い、こう付け加えた。「君の父上は相当荒々しかったよ」。文相を務めた故・専一のことだ。

 総理総裁を目指すなら、荒々しく前に出ろとの叱咤(しった)だと、谷垣は受け止めた。

 翌年の総裁選で安倍に敗れた谷垣が、再び前に出たのが昨年秋。「こんな時に総裁をやろうなんてやつはほかにいない」と思い定め、「捨て石になる」と進み出た。

 まず取り組んだのが党綱領の見直しだ。「国民のために何をする政党なのかから議論すべきだ」という、いかにもきまじめな谷垣らしい考えからだが、世論受けはしない。

 衆院選惨敗に浮足立つ党内の反発は激しかった。執行部刷新や組織改革など手っ取り早い変化を求める議員が連日総裁室に押しかけた。面と向かって「あなたは弱々しい」「選挙が戦えない」と言い募る者も。総理の冠が取れた総裁の権威は地に落ちた。

 だが、谷垣にだって意地がある。話は聞いても、実行には移さない。なぜか。谷垣の答えははっきりしていた。「結局、最後は議員本人しかないと思わないか」

 上っ面の党改革や総裁人気にあやかって選挙を戦おうというのは間違いだ。それは改めたはずじゃないか、という思いがそこにはあった。

 とはいえ、選挙とあらば勝たねばならぬ。「党が変わったというイメージが浸透していない」と認めざるを得ず、目先の変化も追い始めた。「強さ」を印象づけるため演説の要所で一本指を立てるパフォーマンスを鏡の前で何度も練習して取り入れた。

 そして持論の「消費増税」。慎重論を抑えて公約に盛り込み、自分なりに戦う態勢を整えたはずだった。

 そこに突然、菅の「消費税10%」発言が割り込んだ。「背中におんぶしてもらって消費税の川を渡らせてくれと言っている」と菅への批判は激しい。が、自分が言い出しっぺだけに切り捨てられない苦しさのただなかにある。

 この5月、「野党総裁の役割とは」と聞いた。谷垣は少し考え「国民の怒りを代弁することじゃないか」。内なる戦いのなか、政権の迷走とともに変化する民意を感じ取って得た感覚なのだろう。=敬称略(蔭西晴子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
movie 谷垣禎一総裁 新春メッセージ_2011.1
    http://www.youtube.com/watch?v=J2LVW9D58aw (投稿2010/12/24 公開 2011/1/1)

新年おめでとうございます。
本年は、日本を守る正念場の年です。何としても政権を奪還し、民主党の稚拙で独善的な政権運営による日本の瓦解を食い止めなければなりません。私自身が先頭に立ち、不退転­の決意で闘い抜いてまいります。

総選挙の敗北から1年3カ月がたちます。私は「政治は国民のもの」という立党宣言に立ちかえり、新生自民党の構築に全力で取り組んでまいりました。その第一が、新しい綱領­の策定です。

私たちは、立党以来守り続けてきた「自由」と「民主」の旗の下、絆に根ざした和の社会を取り戻し、「日本らしい日本」を確立しなくてはなりません。

まず、家族と地域の和と絆を守るとともに、努力する人、努力した人が報われる社会をつくります。年金・医療・介護の社会保障制度を信頼のある堅固なものとし、国民生活の将­来への安心を確保します。

また、日本の歴史・伝統・文化を守り、ものづくりの伝統の中に未来を描きます。わが国経済の根幹を成す研究開発・人材教育を強化するとともに、各種規制を見直し、潜在的な­国際競争力を解き放つ事で日本の持続的な経済成長を実現します。

さらに、国際社会との和を守り、東アジアとの互恵関係を構築する中で平和と発展に対するわが国の責務を果たします。同時に日米同盟体制をわが国外交の基軸とし、国を守る体­制を固め、国民の生命と財産を守ります。
こうした基本政策を通じて「日本らしい日本」の礎を築き、夢と希望と誇りを持てる日本を創りたいと考えています。
 
民主党政権は、わが国の内政・外交を混乱に陥れています。マニフェストも、今や砂上の楼閣であったことが明らかになりました。もとより、「自民党政治の否定」と「政権交代­」以外に目標は無かったのです。目指すべき国家像の欠如、それが、今日の迷走を招いたのです。一体、国民の為に何をするのか、何をしたいのか。国づくりの確固たる信念もな­い民主党政権に、これ以上国家の舵取りを任せるわけにはいきません。

日本を守るために、私は先頭に立って戦います。決して逃げずに正面から堂々と戦っていきます。そして、私の手で民主党政権に幕を下ろさせます。

皆様方のさらなるご発展とご健勝を心から祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇陛下も「絆」という言葉をおっしゃっています。 

やはり、極端に左傾化した政権下とマスゴミのせいで、日本と日本人が受け継いできた良いところが失われていこうとしているのを危惧なさっておられたのでしょうか。

そこへ、東日本大震災が起こったんですね。

cherryblossom 天皇陛下が年頭の感想 「家族や社会の絆を大切に」 

 平成23年1月1日 http://www.asahi.com/national/update/1231/TKY201012310188.html

 tulip 天皇陛下のご感想(新年に当たり)

昨年は,多くの地域で猛暑が続き,また経済の状況も厳しく,人々の生活にはさまざまの苦労があったことと察しています。

家族や社会の絆を大切にし,国民皆が支え合ってこれらの困難を克服するとともに,世界の人々とも相携え,その安寧のために力を尽くすことを切に願っています。

本年が我が国と世界の人々にとって幸せな年になることを念じています。  

 http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/shinnen-h23.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年は(今年も)、全世界的に貧困や動乱や自然災害で多くの人達が苦しんだ。

谷垣総裁も9日の演説で、来年はもっと明るいいい年にする為に・・・と、発言しておられましたが、本当に心の底からそう願います。

だから、今年の漢字は「 絆 」でしたけれど、この文字とともに思い浮かべる文字があります。

それは、「 祈 」

100411

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 13日追加 ダークダックスの「絆」という歌が、しみじみといい。

「糸半」「イ半」 という漢字を取り上げて、ひとつの文字になることでこういうことだよと、人生を歌っています。

♪ 「糸(いとへん)」に半分と書いて絆(きずな)と読みます~

             > 糸の太さは色々だけど、結ぶ強さが大切

♪ 「人(にんべん)」に半分と書いて伴(ともなう)と読みます~

             > 人はみんな半人前。一人で出来ることはたかが知れている。だから伴って助け合って歩んでいける人を探すんだって。

2011年12月11日 (日)

【動画・文字起し】平成23年12月9日自民党街頭演説会・谷垣禎一総裁・有楽町駅前

平成23年12月9日、有楽町イトシア前で行われた自民党街頭演説会での谷垣禎一総裁の演説です。
参議院で一川防衛大臣、山岡消費者大臣への問責決議案が可決された直後です。

全国的に冷え込んだ日でしたが、熱い演説が行われました。

誰よ?谷垣総裁が弱々しいなんて言ってるの。(笑)

動画主様、寒い中を長時間の撮影とUPありがとうございます。しかも高画質。

ガッキーの後ろに天使が、とても似合います。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・pencil 谷垣 総裁 演説 文字起し pencil・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん今晩は。自由民主党の谷垣禎一でます。 今日は今年で最後の国会、今日で終わりになります。

そこで、自由民主党のシャドウ・キャビネットのメンバーと一緒に自民党の主張を、この一年を振り返って、お訴えをしようということで、このイトシア前で街頭演説会を持たせていただきました。今日は大変寒い日になりまして、この寒さの中を皆さん足を留めて耳を傾けていただいている。本当にありがたく思っております。

そしてですね、今年の国会、実は289日間 国会を開きました。この20年間ぐらいでは一番長い期間国会で議論をした年が、今年でございます。

何故こういうことになったかというと、それは言うまでもありません。3月11日の東日本大震災、そして、その後の台風・影響大きな自然災害がありました。そして、国際的に見ましても、ヨーロッパから起こって来た、この金融の危機。これを切っ掛けとして日本でも大変な円高が起こりました。やはり国会でしっかり議論をしなければいけないということで、289日という長期間に渡って国会を開いてきたわけです。

ただ、皆様方に御報告するには大変残念なことなんですが、今度の臨時国会も、確かに復興の為の3次補正は通すことが出来ました。それから、復興庁法案であるとか、被災地に特区を作って早く復興をさせていこうという特区の法案であるとか、あるいは、先程、茂木政調会長が話しておられた、2重ローン・・・つまり、震災が起こる前に借金をして店舗を建てた。だけど、震災が起こってしまって、それが全部潰れてしまった。店を建て直すためには、また借金をしなければならない。そういった人達にどうやって頑張っていただけるかという法案。いろいろ通しました。

それは、私共もこのことは協力をしなければならないということで、議員立法を提案したり色んなことをさせていただいたから、そういった法案は確かに通ったんです。しかし、それ以外のことは残念ながら見るべきことが殆ど無かった。政府からこの大変な円高・金融危機に取り組む本格的な対応は、殆ど出て来なかったと言っていいんです。

先程、菅(すが)さんがおっしゃってた復興財源を捻出する為にも公務員の給料を削減しなければいけない、この法案も結局、労働組合に反対されて政府はこの成立を断念してしまったわけなんです。こういう風に、本当に今、国民生活に必要な法案は、これはもう本当に民主党もだらしなかったと私はそう思いますよ。

そして今日は先程からお話が出ているように、一川防衛大臣、山岡消費者問題担当大臣、このふたりに私共は問責決議案を通しまして、野党の全党が一致して参議院で問責決議案を通したんです。

これは先程、もう色々お話がありましたから私は繰り返しません。一川さんは、ああいう、この軽率な発言を繰り返しては部下もしっかり監督できない。ということは、大事な沖縄の普天間の問題をあの人は解決しなければならないのに、それを解決する、もう能力が力が無くなったということを意味しているんです。

そして、山岡さんも消費者問題担当大臣でありながら、マルチの問題、まるで自分がマルチの宣伝大臣みたいな言動を繰り返していました。このふたりは、やはりもう辞めていただかなきゃあなりません。

総理大臣は、まだ職に留まって職責を果たして貰いたいというようなことを言っておりますが、参議院の意思が明確に出た以上、そんな選択を野田さんがするわけには、私は絶対にいかないだろうと思います。なぜなら、このような経済の厳しい時、震災復興 頑張らなきゃならない時、こんな問題のある大臣を抱えて先へ進んで行ける筈が無いんです。

しかし私が残念ながら申し上げなければならないことは、野田政権はこういった問題を解決していく緊張感を欠いている。何故、野田政権が緊張感を欠いているのか。今から振り返りますとね、鳩山政権、菅政権、これも随分メチャメチャなことをしましたけれども、自民党政権と違うことをしなきゃあ、という緊張感は彼らにはありました。

しかし、やってみたら、鳩山さんの「最低でも県外」という発言が象徴しているように、自民党と違うことをやろうとしたんだけれども、結局それは出来なかった。政治主導ということで菅さんにいたっては、原発に対する冷却水を入れるか入れないかということまで自分で指示をしようとしたけれども、結局そんなことは出来なかった。

それで、民主党政権は自分達は何をやっていく政権なのか、という自信を失ってしまって、どういう使命をおってこれから日本を引っ張って行こうか、そのことのアイディアが無くなってしまった。それが今の野田政権なんです。

だから、このような緊張感を欠いたことが起こってくる。このことは厳しく糾弾しなければならないと思っています。

私共は、野田政権、民主党政権のこの政策では、日本は明るくならないと思います。

野田さんは、子ども手当だとか、あるいは農家の戸別所得補償だとか、あるいは高速道路の無料化とか、皆さんからいただいた税金をばら撒くのは熱心です。分配には熱心です。しかし、分配ばかりしていて日本が良くなるでしょうか?何処に日本のいいところを見つけて伸ばしていくかという発想が民主党政権には極めて弱い。私ども自民党は、やっぱり日本のいいところを伸ばしていく政策をドンドン打ち出していきたいと思っております。

日本のいいところは何か?この間、ブータンの国王陛下がおいでになって、日本を褒めて下さいました。国会の演説で。あんまり褒めていただいたんで、お尻がモゾモゾする様な気持ちもしないでは無かったですけれども。あのブータンの国王のおっしゃったことは、結局、これだけの大災害を受けながら日本人は地域地域の絆の力をもう一回取り戻して、そうして、地域で自ら自分達の地域を立て直そうという、そういう気概に溢れている。このことをブータンの国王陛下は褒めてくださったんです。

私は、日本がもう一回この明るさを取り戻す為には、皆でいただいた税金に親方日の丸といってぶら下がるような政策では、絶対に上手くいかないと思っています。

もう一回、この日本人の絆を取り戻して、そうして、自分達の足で立つんだと、こういう政策をどんどんやっていかなければいけないのではないかと、私はこのように思います。

残念ながら、今年はもう国会が終わってしまいます。そして、政府ではこれから、予算編成、そして来年度の税制に取り組みます。一番の問題は、野田さんはこの過程の中で、消費税を上げるという方針を打ち出してまいります。

私ども自民党も昨年の参議院選挙で、日本の今の財政状況、税収よりも赤字国債の発行額の方が多いような状況は、いつまでも続けるわけには行かないから、当面10%ぐらいの消費税は必要だといって選挙をいたしました。私どもは今迄そういうことを皆様にお訴えをしてきました。だから私どもが皆さんに消費税をお願いするというのは、それは理屈が通るんです。

ところが、野田さんがそれを言う資格があるのか?私は、野田さんにはそれを言う資格は無いと思います。野田さんが何故、内閣総理大臣の椅子に座っているのか。それは、2年3ヶ月前の総選挙で、野田さんの仲間の方が大勢当選をして、そうして国会で内閣総理大臣は野田さんだという指名をしたからです。

その方達は消費税は要らないんだという、そういうマニフェストで戦ってきた。野田さん御自身もあの時の選挙では、「この任期中に消費税を上げることは自分は反対である。」このようにおっしゃって当選されてこられた。安住財務大臣もそのように言って当選をされてこられた。だから野田政権は、そういうことを提起する資格が無い!私は、このように考えております。

もし、野田政権、そのことが必要だとおっしゃるならば、もう一回そのことを正直に訴えて解散して出直して来なければならない。私はこのように思います。そして、このことを中心に大体、復興の基本的な仕組みは出来てまいりました。まだまだ復興の仕組みに必要なことはありましょう。それに対しては全面的に協力を致しますが、この様に筋が通らない政治的行動に対しては徹底的に来年は戦って行かねばならない。私はこの様に考えております。

そうして、私どもがこの様に思うには、もうひとつ実は理由がございます。

何故、こんなに、復興復旧が遅いのか。もっと早くすることが出来ないのか。どうしたら早くできるか。私達も一生懸命工夫して参りました。しかし今、私は復興がスムーズに運ばない理由は原因がある、このように思っております。

何故か?

それは、民主党の被災地出身の国会議員達に、「自分達が頑張らなければ、この震災からの復興は無い!」という使命感、自分のふるさとに対する愛情、これが決定的に欠けているからだと、私は思っております。

岩手には小沢一郎さんがいるじゃありませんか!

小沢さんは、3月11日以来、1回だって被災地、被災の現場に足を運んだことがありますか?小沢さんは、岩手の選出でありながら一回もいってはおられない。これが、民主党の政治家の行動なんです。

このように、ふるさとに対する愛情が無い。それは国に対しての愛情が無いということです。

私達は、国に対する愛情、つまり愛国心。そうして、自分の生まれ育ったふるさと、自分を信頼して票を入れてくれた有権者の皆さん、この人達に責任を持つ政治を必ずやっていきたいと思います。

来年はもっと明るいいい年にする為に、自由民主党は全力を挙げて戦います。

どうか、皆様方から熱い御支援をいただきますように心からお願いを申し上げまして、街頭からのお訴えとさせていただきます。

寒い中、御静聴ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo

clover 自民党は復興対策をリードしています。http://www.jimin.jp/activity/colum/114308.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

谷垣総裁、熱く力強かったですね。弱々しいとか、何がやりたいのか考えを示せ!とか五月蝿い人がいますが、何処を見ているのかと。

口汚く大声で怒鳴っていれば発信力があるとか、リーダーシップがあるとかいうものではありませんよ。

谷垣総裁は、これからの自民党は日本の為にこの様にやっていくんだと、ハッキリ、分かりやすい言葉で示してくれた。もどかしい部分もあるかも知れないけれど、やはり筋道を立てて手順を踏んでやっていくしかない。

特に心に残った言葉。      ↓  ↓  ↓

tulipそれは、民主党の被災地出身の国会議員達に、「自分達が頑張らなければ、この震災からの復興は無い!」という使命感、自分のふるさとに対する愛情、これが決定的に欠けているからだと、私は思っております。

tulip私達は、国に対する愛情、つまり愛国心。そうして、自分の生まれ育ったふるさと、自分を信頼して票を入れてくれた有権者の皆さん、この人達に責任を持ち政治を必ずやっていきたいと思います。

・・・・・・総てはこれに尽きると思うのよね。 

国会議員だけじゃないですよ。有権者もです。

愛国心が無いから、よく考えないで適当な人を選んでしまう。あるいは権利と責任の放棄。

「愛だろ愛。」ってコピーがあったけれど、愛って言っても我欲丸出しの恋愛感情ってことじゃなく(笑)もっと、身近なものから大きなものに対する愛着や思い入れって言うのもあると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 参考 主な被災県の与党議員 ◆

【青森】
衆院:横山北斗、中野渡詔子、田名部匡代、津島恭一
参院:平山幸司
http://www.dpj.or.jp/member/?search_s1=2

【岩手】
衆院:階猛、畑浩治、黄川田徹、小沢一郎、菊池長右エ門
参院:平野達男、主浜了、藤原良信
http://www.dpj.or.jp/member/?search_s1=3

【宮城】
衆院:郡和子、斎藤やすのり、橋本清仁、石山敬貴、安住淳、
参院:岡崎トミ子、桜井充、今野東
http://www.dpj.or.jp/member/?search_s1=4

【福島】
衆院:石原洋三郎、太田和美、玄葉光一郎、渡部恒三、吉田泉、山口和之
参院:金子恵美、増子輝彦
http://www.dpj.or.jp/member/?search_s1=7

【茨城】
衆院:福島伸享、石津政雄、小泉俊明、高野守、大畠章宏、大泉ひろこ、柳田和己、石井章、川口浩
参院:藤田幸久、郡司彰
http://www.dpj.or.jp/member/?search_s1=

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に来年は少しは先に期待のもてる年になって欲しいと思う・・・。

2011年12月10日 (土)

一川・山岡 両大臣 問責決議可決 2011.12.09

参議院で一川保夫 防衛大臣と、山岡賢二 国家公安委員長/消費者・拉致担当大臣の問責決議が可決されました。 

当然といえば当然で、そもそも何故この人物が大臣になっているのかということです。

◆一川防衛大臣 問責決議案 賛成討論

・宇都隆史(うと たかし)参 比例代表 自民http://senkyomae.com/p/1128.htm

・一川保夫(いちかわ やすお)防衛大臣 参 石川 民主http://senkyomae.com/p/69.htm
・野田内閣閣僚 http://senkyomae.com/naikaku-noda.htm

一川防衛大臣への問責決議案への賛成討論の壇上に、自民党からは沖縄選出の島尻あい子議員、元自衛官の宇都隆史議員が立った。

島尻議員は、民主党政権の沖縄の基地や国防に関する姿勢を糾し、宇都議員は元自衛官の目から、防衛大臣が国を他国からの脅威から守れるか、自衛隊員の命を預けるのに相応しい人物であるか、能力を持っているかを判断し否であるとの理由を堂々と述べた。

pencil 防衛大臣 一川保夫君 問責決議案 趣旨説明 

         自由民主党 参議院議員 島尻安伊子http://www.jimin.jp/policy/parliament/0179/114973.html より

ここで佐藤正久議員に習い、一川防衛大臣発言のおさらいをします。

 一つ、就任時、自分は防衛の素人だから、これが本当の文民統制だといった。

 二つ、事故が発生した小松基地には行かず、民主党石川県連のパーティーに行った。

 三つ、さらにそのパーティーで受けを狙い、来賓の前原政調会長を指し私より防衛に詳しいと言ってひんしゅくを買った。

 四つ、沖縄県仲井眞知事に空自の小松基地と普天間基地を同一視して知事にあきれられ、知事から玄葉大臣に苦言を呈された。

 五つ、ブータン国王の宮中晩さん会を欠席して同僚議員のパーティーに行き、こちらの方が大事だといった。

 六つ、ブータン国王に申し訳ないと言いながら、国王の名前を知らなかった。

 七つ、田中前局長の発言のお詫びに自分でなく事務次官を行かせた。

 八つ、沖縄に謝罪に行って局長発言で「また大きなお荷物を背負った」と、まるで自分が被害者のようなことを言った。

 枚挙にいとまがないとは、このことであります。

 一川防衛大臣は自覚と資質の欠如には、与野党を問わず批判が集中しています。一川防衛大臣は、ほんものの素人であり、防衛大臣として失格だということは天下に明白であります。一刻も早く職を辞すことが、野田内閣による日本の国益への損失を少しでも抑えることにつながると確信いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ざっと箇条書きにしてこんなにある。これだけでもアウトなのに、これがどういう意味を持つのか説明していったら、目眩がするほど一川大臣が防衛大臣であることの危険性がハッキリするし、適材適所といまだにぬけぬけと言ってのける野田大臣の「国益とは、国防とは何か」という意識の欠落がわかる。党利党略のはめ込み人事で最初から無理があったんですよ。最初から人材がいないんですよ、民主党政権には。

一方的な断罪の場ではないので反対討論もされたが、もう、聞くのも恥ずかしい内容のものでした。問責に反対した議員は党議拘束があったにしても、日本国の議員として恥を知れといいたい。

山岡大臣への問責賛成・反対討論は、  ↓  ↓  ↓  ↓ 

 参議院TV http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php でどうぞ。

   12月9日 本会議 休憩後 (01:00:00ぐらいから)問責決議

2011年12月 9日 (金)

【全国菜の花キャンペーン】続々と発芽しましたよ!【その3】

 bud20111209_2 次々に発芽、キター!!!!

happy02 やっぱり楽しいですね。

花を育てたりするのって。

他のはそうでもないんですが、写真のは種が固まって落ちてしまったのでした。(笑)

ここのは間引くのが大変そうだなあ。coldsweats01

作業しやすいように割り箸削ったりして道具をこさえようかな。

うちのベランダは風がやたらと強く吹きつけるので、壁があってもそれなりにダメージがある。shock

寒かったり、妙に暖かくなったりして寒さが厳しい時に伸びすぎてても困るな。

雪がドカッと降ったときの事も考えとかないと。snow

チューリップだけなら雪掻きした雪を植木鉢やプランターの上にあえて被せるんだけど、菜の花はそうもいかんだろうし。tulip

・・・過保護すぎてもいけないんだけど。

と、とりあえず、本芽が出てから考えるか。(先送りかいw)happy02

2011年12月 8日 (木)

今週の俺達のタロウ☆為公会例会 12/08

9日で国会閉会となりますが・・・いいんですかね。

被災地の復興はやらないんですか?野田総理。

一川防衛大臣・山岡消費者・拉致担当大臣の問責決議案を提出することになり、野党が何処まで結束できるかってことになってます。

正直、どの大臣も駄目ですよ。問責にされる2人以外にも、財務大臣もど素人だし。野田総理は神経が図太いのか最初からないのか意味不明。

誰だって、時刻の総理大臣のことをボロカス言いたくないけど、日本国民に心が向いてない人間のことをどういえばいいんでしょうかね。

毎回の動画UPありがとうございます、松本純先生。 http://www.jun.or.jp/

 pencil 例会挨拶11・12・08 公式HPより http://www.aso-taro.jp/

【要旨】

● 先ずは、一川防衛相の問題。これは、一つ一つの言動がどうのこうのとうことではなく、そもそも大臣としての資質に問題があると言わざるを得ない。山岡大臣についても似たようなものだ。いずれにしても、首相の任命責任は問われて然るべきだ

● このような状況でも、
首相や民主党幹部から彼らを庇う、擁護する発言が続いているが、護るべきものが違うのではないか。

本来、護るべきは国民の利益である。

国益より彼らの続投にこだわられるなら、当然、我々野党としては、問責決議案を出すことになる

● 今臨時国会も、このまま行けばあすで閉会することとなる。もっとも、与党の国会運営はスケジュール感がないのでよく分からないところではある。

3次補正予算や復興庁設置法など、「もっと早く」と言いたいところもあるが、それなりに成案を得た。しかし、公務員給与に関する法案など、見通しが立っていないものがいくつもある。こういう国会運営は正直信じられない

● その公務員給与に関しては、このまま行くと人事院勧告は完全に無視されることになるし、財源的にも全く寄与できないことになる。人歓を完全に実施した上で、地方公務員にまで対象を広げ、更に大幅な引き下げを行うべきというのが、我々の主張だ。民主党は、これを店ざらしにして、特定団体の顔色ばかりを伺っているように見える。こういったものは、国民の利益、国益を考えて対応していかねばならないものだ

● 会期末を迎え、皆様方も年末にかけていろいろとお忙しいと思うが、我々がやってきたこと、そして、日本の国力に自信を持って進んでいってほしい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすが、麻生さん。最後は力強い言葉で締めくくってくださる。

「日本の国力に自身をもって進んでいってほしい。」

ブータン国王陛下も日本国民の底力を信じ勇気付けられて祈ってくださった。

しかし、国力も無尽蔵ではないだろうし・・・TPPにしても増税にしても、日本の弱体化をわざとやってるとしか思えない。領土を守ることすら自分達で出来ない。

早く政権を奪還して被災地だけではない日本全体の復興の為に政治が動いてほしい。

ネットで「自民党が政権とったら、なんでも解決できると思っている馬鹿がいる。」みたいな書き込みを見るが、寝言は寝てる時だけに言えと思う。

今の民主党政権で確かに膿みだしに役立ったこともあるけれど、馬鹿高い代償を、犠牲を払ってる。それを少しでも回復させる取り戻して成長させるのがどれほど大変なことか想像できないんだろうか。

こういう寝ぼけたのが民主党に政権をとらせて、この今現在でも「誰がやっても同じ。」と暢気の寝言を言っている。自分の足元にガゾリン撒かれてマッチを投げ込まれようとしてるのに気が付けよと・・・。

斜に構えてカッコいいこと言ってるつもりが馬鹿晒してることってあるんだよね。

090916

2011年12月 4日 (日)

【全国菜の花キャンペーン】最初の芽が出ましたよ。【その2】

2011124

種を撒く時期としてはギリギリだったんですけど、暖かかったから、袋の裏に書いてあった期間で発芽しましたーーーー!

やったー! 発芽第一弾!!!bud

チューリップは深植えしてるから大丈夫なんですが、菜の花は種が小さいし、指先で培養土を少しへこませた中に数粒ポロポロと投下し(撒くというよりそういう感じw)、そーーーーっと土を被せる。

そして、霧吹きで十分に、そして土が乾燥しきらぬよう、水を撒くべし!撒くべし!撒くべし!

いやあ、可愛いもんですなあ。 ムホホ。 happy02 bud 

これぞ、まさに萌えw bud

2011年12月 1日 (木)

今週の俺達のタロウ☆為公会例会 12/01

国会会期が9日までで延長もなさそうだし、廃案になってしまうような法案もあれこれ。

相変わらず、ヤクザ・カルト・マルチ・キムチ・パチンコ・革マル etc. で大臣どころか何で議員やってんのよというのが大臣の椅子に座ってるものだから、大事なことも先に進まない。

それでも、あれやこれやで12月になったのであります。

松本純先生、動画UPありがとうございます。 http://www.jun.or.jp/

pencil 例会挨拶11・12・01 公式HPより http://www.aso-taro.jp/index.html

【要旨】

● いよいよ今年も師走を迎えた。今年はやはり、3月11日のあの大震災を抜きに話をすることはできない。この復興については、今後とも我々は全力を挙げていかなければならないし、スピード感のない現政権には積極的にこれを促していかねばならない

● さて、
衆議院議員の任期も今年9月で折り返しを過ぎ、来年には総選挙が十分あり得るだろうし、また、我々が衆議院の解散に追い込むという覚悟が必要だ。

民主党政権をこのまま放っておくわけにはいかない、そういう思いでやっていかねばならない

● 
この2年余りで、総理がダメ、誰がダメということではなく、民主党政権自体がダメだということが、多くの有権者に理解されたのではないか。

ならば、「自由民主党ならどうする」ということを示さねばならない。野党だからとか、マスコミが取り上げる、取り上げないは関係ない。

「我々ならこうする」というものを提示しないと、有権者にすれば、「再び政権交代が起きてもまた前と同じだ」となってしまう

● 民主党のマニフェストはまったく話が違ったが、我々は現実的なものを示す必要がある。

税制や財政などの内政にしても、経済連携を含めた外交についても、「我々、自由民主党ならこうする」という見解を責任政党として示さなければ、有権者の心をつかむことはできない

● そうしたことを行いつつ、解散を迫る気概を示すことが必要だ。いろいろな形で討論を行うにあたっても、覚悟・気迫を持って臨まれることを心から期待する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、あの悪夢の総選挙から2年以上がたってしまったんですね。

物凄く昔のことのように思えます。色々とありすぎて。

確かに、民主党政権が駄目だと気が付いた有権者もいるんだろうけど、アンチ自民も一定数いるわけで(またいないといけないとも思いますが。)。

マスコミも最初のうちは野党の自民党はスルーと言う手を使っていましたが、流石にやばさを隠せなくなると、「自民党もこうだった」とか「自民党の負の遺産」とか、「民主党政権が駄目なのは分かったが、今更、自民党政権にも戻れない。」などと、TVのコメンテーター如きが勝手に決めんなよ、情弱か、機密費からいくら貰ってんだと勘ぐられても仕方がないような意味不明な擁護発言もある。

ああ、少し前までは、「与野党協力して」「与党も野党も」「自民は協力しろ」「自民は協力しない」でしたっけ。なるほど、言いたいことは分かるけど、これに騙される有権者は国会の仕組みを知らないといけないと思う。

あれだけの人数がいて、何も決められない、ごっそり人数の減った野党の手を借りないと何も出来ない政権野党ってなんなのよ。震災対応にしても自民党が相当手助けしてるんですが。民主党政権が邪魔してなかったらもっと早く着手できた事案は沢山ある。

・・・やっぱり、真っ赤かのどこの国の人間か分からない人達が番組を作ってるTV局を筆頭に、有害マスメディアを丸っと信じない有権者が増えないと何度でもこの国は危機に晒される。今までよく持ったものだとも自分も含めてそう思う。

100213001


« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »