★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【逃亡】田中防衛大臣、空白の20分。【珈琲タイム】(追加あり) | トップページ | 「新春の集い」に参加してきた。 »

2012年2月 2日 (木)

今週の俺達の麻生太郎 ☆為公会例会 2/2 (2012)

震災関連の会議議事録が作られていないこと、田中防衛大臣のあまりの酷さについてお話されています。

予算委員会を抜け出して珈琲タイムしてたんですからね。呆れます。

fuji 「最近の防衛大臣の答弁って言うのをまあ、TVで見られた方もあるんだと思いますが、これはちょっとこう、資質の無さというのが覆い隠しようのないことになってきてるんじゃないですかね。私にはそう思いますんで。」(動画書き起こし)

coldsweats01 い、いや・・・麻生さんだけじゃなくって、みんなそう思ったはずですよ。それでも野田総理は“適材適所”だと言い張ってますけど。

勿論、出すもの出さないで事前協議しましょうという税と社会保障の一体改革の件も。

すぐに一般に公開するしないは別として、きちっと文書に残しておく事は、現在の当事者達、後の世の人達の為にもなることなんですから。

movie 20120202_麻生太郎(為公会例会)

松本純先生、動画をいつもありがとうございます。  公式HP http://www.jun.or.jp/

「例会挨拶12・02・02」 オフィシャルサイトより http://www.aso-taro.jp/

pencil 【要旨】

● 既にお聞き及びだと思うが、東日本大震災に関する政府の会議議事録が、全く作成されていなかった

● 麻生内閣の時に公文書管理法が成立し、施行されたのが去年の4月。つまり、それ以降については、文書の作成が義務付けられている。民主党は野党の時、こうした情報公開といったことについて、しつこく言っていたのではないか

● 蓮舫氏が担当大臣をされていたと記憶するが、これでは、ご自分たちの失政を隠蔽する為に作成させなかったのかと、疑いを持たれても当然だ。特に原発事故に関しては、国会の原発事故調査委員会が切り込むべきだ

● また、社会保障と税の一体改革に関して、特に年金制度の全体像について、未だ国民の前に明らかになっていない。一体改革の議論を進めようというなら、政府としてきちんと出されるべきだ。事前協議を求める前に、改革案の全体像を示すべきだ

● これら全て、民主党の“隠蔽体質”に問題があるのではと言いたくなる。しかし、防衛大臣の国会答弁を聞いていると、その資質の無さまでは隠しきれない様相だ


● 
後世の評価に耐え得るのか、我々は、その能力が問われている。政党の総合力を示すことが大事であり、きちんとした対応で臨むべきだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

fuji 社会保障の一体改革、っていうのに関しても特に年金制度の全体像っていうのをやってきたはずですが、いまだ国民の前にこの年金法の全体像があきらかになっていない。

どうして?だって、審議してもらいたいなら御自分の案を出されたらどうです?

一体改革に対する議論をするというのであれば政府としてのその案をきちんと出されるというのが、こりゃあ、政府の然るべき仕事なんじゃないの?

だって、自分達でやろうとしている原案は示さないで、事前協議しましょって、まず出せって、自分の案を。それ無しでやられるのは如何なものかと。

これは総て、何となく民主党の隠蔽政策、工作にあるんじゃないのと思いたくなるんで。こりゃあ、いわゆる今回の何でしたっけ、大震災による、原発の、その他色々細かなことに関してでもやっぱり隠蔽政策、工作、体質、そういったものがあるんであって・・・  (動画書き起こし)

coldsweats01 自民党は話し合いに応じない!待ったなしなんだから協議に応じるべき!なんて、この期に及んでまだ言ってますよね。事前協議拒否=審議拒否ではないんですからね。密室談合はしない、どうせ決めても約束守らないんだからって国会で野党に言われてもまだい言ってるのが情けない。出来ないならさっさとギブUPして、解散総選挙。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

apple 公文書管理制度 (内閣府)

公文書等(国の行政文書等)は国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録であり、

公文書管理法(「公文書等の管理に関する法律」(平成21年法律第66号))は、このような公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、行政が適正かつ効率的に運営されるようにするとともに、国及び独立行政法人等の有する諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的として制定され、

平成23年4月1日に全面施行されました。

 内閣府では、国の行政機関や独立行政法人等において公文書管理法の適正かつ円滑な運用が行われるよう推進しています。

http://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/

・・・・・・・・・・・・・・

fuji これは麻生内閣の時に、いわゆる公文書というものに関しては管理法というのを作って、これが成立したのが去年の4月ですから。この4月以降はきちんとして管理しておかなければならないというように作成が義務付けられた。これはハッキリしてます。法律でそうなんてんだから。

これは民主党が野党の時にこれ、情報公開だなんだかしつこく言ってたんですよ。したのは民主党ですから。ね。ましてやこれ、担当大臣が確か蓮舫先生が担当大臣ということになっておられるんですな。私の知ってる範囲では。

だから、こういったものは当時のこう4月以降のが全然出来ていないというのは、御自分達の失政を隠蔽する為に作らせていないのか、というように言われてもこれは疑いを持たれるのも当然じゃないでしょうか。

私自身としてはそんな感じがしております。   (動画書き起こし)

shock ええー!レンホウさんが担当だったんですかー。自民政権の時は情報求めて大臣のところまでTVカメラ付きで押しかけて、自殺まで追い込んだと言われるぐらい情報公開には厳しい方なのに_。おかしいですね_。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pencil 東日本大震災:議事録未作成 民主「公開」看板に傷 「政務三役」に適用、及び腰

 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故に関して政府が設置した会議の議事録などが作成されていなかった問題で、野田佳彦首相は30日の参院代表質問で「誠に遺憾だ」と陳謝した。政府は議事の概要もない5会議について、2月中の概要作成を指示。「事後に作成すれば(公文書管理)法違反ではない」(岡田克也副総理)と火消しに躍起だ。しかし野党は、10に上る会議で詳細な議事録が存在しないことを重視。積極的な情報公開を掲げてきた民主党政権の「有言不実行」を追及する構えだ。【松尾良】

 「全く信じられず、理解不可能だ」。原発事故に関する国会事故調査委員会の黒川清委員長(元日本学術会議会長)は30日、埼玉県加須市での記者会見で、議事録の未作成問題を批判。「復元した記録ではなく、あるもの全て出してほしい」と述べ、原子力災害対策本部の出席者のメモなどを、加工せずに提出するよう政府に求めた。

 公文書管理法は、重要な会議の意思決定や経緯を記した文書を作るように義務づけている。政府は出席者の詳細な発言を記した議事録がなくても、要点をまとめた議事概要を作っていれば、同法違反に当たらないと判断。関係者の処分についても「最初から罰則を振りかざすべきではない」(岡田氏)と慎重な考えを示している。

 しかし、福島県双葉町の井戸川克隆町長も30日の事故調で「議事録がないのは背信行為だ」と批判した。被災地からもこうした声が上がるに及び、藤村修官房長官は同日の記者会見で「(概要だけでなく)きちんとやるべきだ」と強調。今後、各会議に議事録の作成を求める意向を示さざるを得なかった。

 政府は、再発防止に向けた統一ガイドラインの策定を急ぐなど、この問題の対応に追われているが、最高決定機関にあたる政府・民主三役会議は、民主党の輿石東幹事長が同日の記者会見で「党主催の会議であり、法の適用範囲にない」と述べ、今後も議事録は作らないと表明。多くの閣僚委員会や、各省の政務三役会議などの扱いもあいまいだ。

 一方、野党は、国際社会からも注目される歴史的な震災に関する記録の不備を「隠蔽(いんぺい)体質」(大島理森・自民党副総裁)などと追及している。

 そもそも公文書管理法は09年の制定の際、当時野党だった民主党が法案の修正協議を主導し、役所が都合の悪い文書を勝手に廃棄しないよう「保存期間を過ぎた文書の廃棄には首相の同意が必要」との条項を盛り込ませた経緯がある。

自公政権に迫った「情報開示不足」の批判が、民主党政権にそのままはね返ってきた形だ。 

  http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120131ddm005040130000c.html

pencil 自社さ政権でも議事録なし=95年の阪神大震災以降

 平野達男防災担当相は1日午後の衆院予算委員会で、自社さ政権当時の1995年1月の阪神・淡路大震災以降の非常災害対策本部の会議でも、議事録や議事概要が作成されていなかったことを明らかにした。

 平野防災相は「内閣府の防災担当部局が阪神・淡路大震災以降の議事録あるいは議事概要の状況につ いて調べたところ、作成されていないとの報告を受けている」と述べた。自民党の斎藤健氏への答弁。    (2012/02/01-13:31)
     http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012020100492

pencil 阪神大震災でも議事録つくらず 防災相トップの対策本部

東日本大震災をめぐる政権の会議だけでなく、阪神大震災など過去の大災害時につくられた非常災害対策本部の会議でも議事録や議事概要が残されていなかった。内閣府防災担当の資料でわかった。
公文書管理法の施行前とはいえ、自社さや自公政権の時代から記録が不備だったことが明らかになった。

非常災害対策本部は、国土庁長官(当時)や防災相がトップを務める。内閣府によると、1995年の阪神大震災以降、三宅島噴火(2000年)や新潟県中越地震(04年)など7回設置。いずれも議事録や議事概要がなかった。
阪神大震災では、別に首相がトップの緊急対策本部も設けられたが、この会議の議事録や議事概要もない。

会議で決定した事項や各省庁からの報告資料は残っているが、詳細な発言メモはなく議事録の復元は困難だという。
公文書管理法では、政策が決まる過程を確かめられるよう会議の文書作成を義務づけているが、施行は昨年4月だった。    asahi.com 2012年1月31日22時54分    

    http://www.asahi.com/politics/update/0131/TKY201201310641.html

・・・・・・・・・・・・

平野復興担当大臣やマスコミが、阪神大震災時の自さ社政権でも議事録が無かった!ジミンモー!と自民党を責めていますが、またしてもブーメランですね。記事を書いた記者は馬鹿なの?・・・って、自分で予防線張ってるか、“公文書管理法の施行前とはいえ、”。

公文書管理法の出来た後、しかも、情報公開しろと!とことあるごとに騒ぎ立てていた民主党。確かにそれは駄目だよねと反省して、公文書保管法が出来て施行された。

何で守らないの?自分達が言ってたことでしょ?

マニフェストと一緒で、ルール(公文書保管法)があるんです!

書いてあることは命懸けでやる!んじゃなかったんですかね____。

公文書管理法、田中防衛大臣の酷さの話の流れから、国会にしてもそれ以外の会議にしても議事録がきっちり残されることは、国の歴史にその言動が刻まれることになります。

そのことについても、お話されています。最近、国会の議事録を検索して呼んだりすると、こういうことを当時は話し合っていたのか、この質問は良いなとか、下らないこと聞くなよとか思ったりするわけであります。

政権交代後、特に大臣への野党議員からのお説教タイム・勉強タイム、総理以下の閣僚の逆切れ発言、意味不明発言、などなど、後の世の人が読んだら・・・いや、今現在、動画を見返したり議事録を読んでも、「なんじゃこりゃあ!」ですよ。shock

100年に一度の経済危機、1000年に一度の大災害の時に、こいつら何やってたんだ?国会議員だけじゃないですよ、選んだ日本国民も、後の時代の人達に思われないように頑張っていただきたいです。もう、これは与野党問わずです。

fuji やっぱり、後世の人達が我々の時代のものを、我々の後の世代の人が文書で読むんですが、その時に、やっぱり、我々はちゃんとしてた、してたんだということをきちんと示すような形にしておかないと。

それで我々もその能力を問われることになるんで。政党の総合力としては、ここは断固きちっとした対応で臨むべき。私どもは基本的にそう思っています。

何といっても、いわゆる・・・何て言うのかな・・・こう・・・どうして出さないのか、何とか言って、出せだせと言っていたのは御自分達が言っていたわけですから。それに合わせて麻生内閣の時に出すような法律が出来上がって、それが施行されるのは去年の4月から。それ以後やっとらんと言うことになると、少なくともおかしいんじゃないの?という事の理由を我々としてはきっちり言わないといけないと私は思います。

我々は少なくとも政党の総合力というものをきっちり示していくというのが大事なんじゃないかと思って。

それでもって後世きちっとした国民の評価に耐えたいと思います。

(動画書き起こし)

「政党の総合力」 麻生元総理は最近この言葉をよく使われますね。

1270640150283予算委員会が始まってから、民主党政権の応援団のマスコミは自民党議員の、政府への追及をきちんと報道しない。NHKなど、19時21時のニュースでは国会質疑はスルーです。やっても他党の質問を取り上げる。

報道してる側も政策なんかよく分からないのが仕切ってるから、政局話ばかり取り上げてる。そして、自民党も民主党も同じだと政治不信を煽って、維新の会なんか怪しげな目新しいものを持ち上げる。

ニコニコ動画の国会中継視聴者数が半端なく増えたそうです。確かに、ミラーでもはじかれる時がありますから。衆議院TV、参議院TVで見てる人の数を入れると相当の人数とが見てるんだな。

それだけ関心が集まってる。

実際に国会を見て、「政党の総合力」をしっかり見極めて、後の世の人に「何やってたんだこの時代の連中は!」と、これ以上思われないようにしたいです。

Photo

 

« 【逃亡】田中防衛大臣、空白の20分。【珈琲タイム】(追加あり) | トップページ | 「新春の集い」に参加してきた。 »

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/53887861

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎 ☆為公会例会 2/2 (2012):

« 【逃亡】田中防衛大臣、空白の20分。【珈琲タイム】(追加あり) | トップページ | 「新春の集い」に参加してきた。 »