★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【消費税増税】「新報道2001」の麻生太郎元総理・7【年金改革】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎 ☆為公会例会 2/16 (2012) »

2012年2月17日 (金)

【人物大辞典】麻生太郎元総理☆モーニングバードに出演!【カステラ大好き】

テレビ朝日「モーニングバード」の『人物大辞典』のコーナーに、我らが麻生太郎元総理がVTR出演されました!!! http://www.tv-asahi.co.jp/m-bird/ 

 ◆司会 : 羽鳥 慎一 ・  赤江 珠緒    ◆レギュラー : 吉永みち子 ・ 藤巻幸夫 ・ 長嶋一茂

なんだかんだで18分ぐらいでした。なんなの、この太郎ラッシュはーーーー!

司会の羽鳥さん、半径2m以内に長時間いたのでかなり影響受けたみたいw 

しかし、麻生さん下げ命みたいなテレビ局の番組で、これの前の酷い変更番組とコメンテーターやスタッフの残党がいるので、羽鳥さんとしても「元総理にインタビューできて楽しかったよ!」と、ランララン♪でレポし難いのかもw 

だって、「民主党の支持が下がらないように我々が支えている。」と発言した吉永みち子がガン飛ばしてるんだものw

コーナーが始まるとセットに、「必殺仕事人2012」の番組宣伝で東山紀之さんが来られて挨拶の後着席。いよいよ開始。

=== 週刊 人物大辞典SP 日本の未来のために 歴代総理に聞くシリーズ ===

<羽鳥> 週刊人物大辞典。毎週注目する人物をご紹介していますけれども、今日はですね、ちょっと特別編ということで・・・こちらでございます。

Sn3s0088

<羽鳥> えー、『歴代総理大臣に聞くシリーズ』。えー、そうなんです。これね。えー。長引く不況でね。先行きが見えない日本。じゃ、何でこうなっちゃったのか、これからどうすればいいのかという事で、じゃあ、総理大臣やった方に話し聞いたほうが早いんじゃないかなって言うことで。ちょっとね。

ま、シリーズって書きましたけれどぉ、シリーズになるかは、えー・・・分かりません!

<藤巻?> 仮ですね。

<羽鳥> ちょっと、ちょっと、やってみたいと思います。はい。第一弾はこちらです。はい、今日は第92代内閣総理大臣 麻生太郎さん。えー、お話をうかがいました。えー、簡単な経歴、御覧いただきましょうかね。はい、えー。

Photo

<羽鳥> 32歳でですね『麻生セメント』というところの社長に就任するんですね。35歳で、はい、ね、もう皆さん御存知だと思いますけれどクレー射撃でオリンピックにでてる。メダル候補だったんですが、この時はちょっと取れなかったんですけれども、このオリンピックの2年前はですね世界選手権大会でも優勝しているということなんですね。

        (趣味はマンガだけじゃなく、ゴルフとかクレー射撃もあるんですけど・・・)

Photo_2

67歳で、えー、4回挑戦して自民党の総裁にようやくなったということで、その翌年、(羽鳥さんは、総裁選が麻生さんの誕生月の9月だったのを知らないようです。)68歳で、麻生内閣誕生、総理ということになったんですけれども。えー、民主党にね、あの選挙、歴史的選挙で大敗してしまって、1年で麻生内閣が終わり今のところ自民党最後の総理大臣というのがこの麻生さんなんです。

総理を辞めてから2年半およそ経ちました。麻生さんが日本をどう見ているのか。えー、まあ、私が聞いたということで、若干軟らかい部分もありまして、硬軟織り交ぜておりますけれども、麻生さんの意外な人物像もあわせて、東山さんも是非一緒に御覧いただきたいと思います。

<東山> はい。

<羽鳥> よろしくお願いします。

・・・・・・ V T  R ・・・・・・・・

5_3

= 今週火曜日 衆議院第一議員会館 =

(入り口で緊張の羽鳥)

<羽鳥> お願いいたします。すみません。(コンコン♪)

失礼致します。あ、どうも失礼致します。(扉を開ける。)どうも失礼致します。初めまして、羽鳥でございます。どうぞよろしくお願いします。

6

<麻生元総理> 麻生太郎です。(美しい一礼)

<羽鳥> よろしくお願いします。いや光栄でございます。よろしくお願いします。

<麻生元総理> どうぞよろしくお願いします。

.

7

<羽鳥> 僭越ではございますけれども、お土産をちょっと。 

(スタジオ・羽鳥:基本ですね。へりくだる時はお土産で・・・)

<麻生元総理> 切ってあるやつあるなあ、最近。

.

28

<羽鳥> カステラとキンキンに冷たい牛乳が好きだという・・・

 (スタジオ羽鳥:冷えてないといけない。)

<麻生元総理> う~ん。(牛乳のキャップを取りながら。) カステラは我々の世代にとっては結構高級なもんでして。

11

(スタジオ吉永:ふくさやのカステラ? 

 (スタジオ羽鳥:これは文明堂だったんです。ふくさやだって言ってました。)

 (スタジオ藤巻:やっぱり福岡だから。)

<羽鳥> 如何ですか?

<麻生元総理> カステラで買収されてる (笑)  (2人爆笑w)

Pap_0017

<ナレーション・1> 麻生太郎、71歳。元総理の言葉に日本再生のカギを見出せるか?

・・・・ CM 前フリ ダイジェスト映像が流れる ・・・・ (割愛しますw)

<ナレーション・1> 歴代総理大臣に聞くシリーズ 第92代内閣総理大臣 麻生太郎

<ナレーション・2> 羽鳥はまず、この質問を投げかけてみた。

Sn3s0107

<羽鳥> 今後なんですが、伸びる産業伸ばしていくべき産業というのは公共事業はひとつ方策だと思いますけれども。それ以外に麻生さんが思う、ここだろ!っていう・・・。

<麻生元総理> コンテンツとして見た場合、フランス語に拘るあのフランスが、5年前にMANGAという言葉をフランス語にしましたもんね。日本のマンガっていうのは世界を席巻している。いわゆるアニメーションだ、TVゲームだ、ありとあらゆるもので何10兆円産業にのし上がっていますからこれひとつ・・・

<羽鳥> マンガですか。

<麻生元総理> マンガっていうのは大きいですよ。いま誰も言わないけど。

(2006年の自民党総裁選の映像。  安倍元総理と谷垣総裁が☆ )

Photo_3

Pap_0009

<ナレーション・2> 麻生さんは、言わずと知れた政界きってのマンガ通。

<羽鳥> 一番のお勧めのマンガは何ですか?

Sn3s01111_3

<麻生元総理> ハハハハハッ!(大爆笑) 70歳でね、老眼かけながらって結構、努力要るんだぜ。

<羽鳥> 雑誌いっぱい読んでる。

<麻生元総理> 最近当たってんのが、「ONE PIECE」?

<羽鳥> 来ました。やはり、「ONE PIECE」ですよね。

Sn3s0116

<麻生元総理> 「ONE PIECE」ってマンガのなにが面白いかって言うか、その、キャラクターがあれやこれやたくさん出てくるのや色々あるんだけれど、

やっぱりあそこの中で出てくるのは「義理と人情」。

<ナレーション・2> 「ONE PIECE」麦藁帽子をかぶった海賊ルフィが仲間達と一緒に海賊王を目指し冒険を繰り広げていく大人気マンガだ。

Sn3s0115

<麻生元総理> 例えば、「俺は海賊王になる!」っと、麦藁帽のルフィが言うわけですよ、ね。事実そういった目的意識を極めて明確にしてるでしょう、あれ。

<羽鳥> はい。  

<麻生元総理> だけど、今頃近頃の若けぇ奴は目的意識が無えとか、オッサン達が言うけど、お前、よく読めと、あのマンガを!っていう話をするんですけれど。

<ナレーション・2> 義理人情は「ONE PIECE」にもある。その作者をはじめ、現在の若者は捨てたもんじゃないと麻生さんは言う。

<羽鳥> 国会で麻生さんが言いましたて言うのあったじゃないですか。

<麻生元総理> うん、最初にね。

<羽鳥> あれはどういうお気持ちで聞かれたのかと。

<ナレーション・1> 先月24日に行われた野田総理の施政方針演説。 (野田総理演説映像:持続可能な社会保障制度と・・・略・・・当時の麻生総理がこの議場でなされた施政方針演説の中の言葉です。) 

消費税増税に関する教義で野田総理は麻生さんの過去の演説を引き合いに出したのだ。

<麻生元総理> 消費税の話については、さっさとこの消費税は上げますよと、ね、我々は上げるって言って3年前にも選挙したんだから。

<羽鳥> そうですよね。

<麻生元総理> 上げますよと。ただし、上げる時期については、今じゃありませんと。

<羽鳥> なるほど今じゃないと。

<麻生元総理> 景気対策をやり、経済を成長させ何とかして、その上で上げさしてもらいます。上げざるを得ないのは今じゃないんです。 ここが一番肝心なところ。

<羽鳥> 上げざるを得ないのは、得ないんですね。やっぱりね。

<麻生元総理> 将来的にはね。

<羽鳥> 今じゃないというのは何故?

Sn3s0124

<麻生元総理> どうして今じゃないかって言うのが、97年に消費税は3%から5%に上がったんですよ、あの時。1%2兆5000億入ると言われてますから、5兆増えるはずだったんですがどうなったかと言うと、上げた途端に法人税はえっ?と言って下がり、所得税はゴトッと下がって消費税は1兆円しか増えなかった。

<羽鳥> はい。

<麻生元総理> プラスマイナスで、41兆円あった97年度の税収が税の収入総額が翌年になったら37兆円に4兆円下がったんですよ。

<ナレーション・1> 過去の経験から、不景気を脱却していない今、消費税を上げるべきではないと語る。ならば今、具体的な景気対策はあるのか?

<羽鳥> 回復しますか?景気。

<麻生元総理> します。例えば、じゃあ、何が分かりやすい。例えば、電信柱。

<ナレーション・1> 電信柱?景気回復に繋がるそのわけとは!  ・・・ CM ・・・

== 麻生元総理が語る 「電信柱で景気回復」 ==

<ナレーション・1> 麻生元総理が景気回復のカギとしてあげたのは電信柱。

Sn3s0127

<麻生元総理> 電柱の上の方。ね。電柱の上の方を見るとやっぱり電線があって、東京の空とか汚いんですよ。間違いなく、あれを青山通りみたいに電線が無くなったら、青山通り街並みってあれだけ建てかわりましたもん。

<ナレーション・1> 数年前、電信柱を地中に埋め整備を行い、その後、再開発が進んだ東京の青山通り。

<麻生元総理> だから電柱が無くなると、間違いなく街並みが。俺のところの建物は合わないなーとファッションにうるさい、まず、婦人服屋さんが気が付いてそんで建て替える。そら、間違いなく需要が出てくるんですよ。

あの、公共工事というのは、どういうところに何をするかが大事なんであって、こういう、「1」出せば民間が「2」になり「3」になるっていう、もしくは雇用が増えるものに、もしくは設備投資が増えるものに政府が支出する。そう言っちゃあ、それだけのことです。

<ナレーション・1> そしてあのことを聞いた!

<羽鳥> 田中さん、防衛大臣

<麻生元総理> はい、ええ。

<羽鳥> 何かもう、大変じゃないですか。    ( 麻生元総理・笑 )

あれ見てると、もうちょっと、麻生さん思い出したいか分からないんですけども、麻生さんをダブらせる人もあの・・・ちょっといらっしゃるかなと思って。

 ( 田中防衛大臣 答弁場面 VTR ) ← 明らかな悪意。素人の田中大臣と総理以前にも閣僚経験のある麻生氏を同列にすることは、国会を見ていないものでも違和感があるのではないか?

<ナレーション・1> 間違いの答弁を繰り返し、訂正するなど田中直樹防衛大臣が国会で迷走している。しかし、3年前、総理時代の麻生さんもやはり・・・

  ( 読み間違えのVTR ) ← これも番組制作サイドの悪意を感じる。羽鳥氏自身も聞きたい質問では無いように思われる。・・・と、善意にとってみる。スタジオ内でも違う話でしょと言う会話がされているようだ。

<羽鳥> 麻生さんも、ちょっと言ったことを、あのなんか重箱の隅を突付く様に色々言われた時期があったじゃないですか。

Sn3s0135

<麻生元総理> あの、言葉の読み間違えや言い間違えと言うのは疲れてたりなんかするとよくある話だから、別にそれを言われたからと言ってどうはないんですが。

<ナレーション・1> ご本人曰く、知らなかったわけではなくて言い間違いだった。

 ( 麻生元総理、ウォーキング風景VTR 今週火曜日  女性ディレクターと挨拶 御近所さんにも挨拶する麻生さん。 )

<ナレーション・2> 麻生さんは、10数年前から毎朝40分のウォーキングをかかさない。

Sn3s0138

<麻生元総理> どうしても病気やら身体が弱いと物事を何となく消極的に悲観的に考えがちになるんじゃないんですかねえ。

<ディレクター> まったくスピードが落ちませんが。  ( 麻生元総理・笑 )

<ナレーション・2> 散歩の後には腹筋腕立て伏せ。この健康管理こそが物事を前向きに考える上で重要なことだと言う。

  ( 自宅に帰りつく麻生氏。 スタジオ羽鳥:凄い家ですね。 長嶋:昔のドラマとかに出てくるような・・・ )

<羽鳥> (腹筋)何回ぐらい?

<麻生元総理> 30回、40回?

<羽鳥> 毎朝?

<麻生元総理> うん。

<羽鳥> じゃあ、腹筋なんか結構、ぐっと硬い感じで。

<麻生元総理> うん、別に普通。

<羽鳥> ちょ、ちょっと触らせていただいても・・・

Sn3s0141

<麻生元総理> ああ、いいですよ。どうぞ。

<羽鳥> おおーっ。あーっ。なかなか元総理の腹筋も触れないですが。   ( 麻生元総理・ 爆笑 )

<ナレーション・1> そして話題は今注目の橋下徹 大阪市長へ ( 橋下大阪市長のVTR映像 ) 過激な改革派を麻生さんはどう見る?

<羽鳥> 新しい橋下さんって人が出て来た。あの人に関して麻生さんは、どう思われますか?

<麻生元総理> 橋下さんって人は、僕は行政の長として何をやったんですかって言うのが一番問題なんですね。大阪府知事として何やったんですかって言うのが1番私は知りたいところですね。僕は大阪府民でもありませんので検証したことがないのですが。

ただし、いま大阪市長として色んなことを言っておられますが。あの、言った以上はやってもらわないといかんのだと思うんですね。で、言ってやる前に国の統治の仕方、施政がどうたらとか言う前にね、自分で大層なことを言われたんだから、やってごらんと。

<羽鳥> 世の中がみんな橋下さんに期待している部分と国会の中でも、ちょっとその、そちらの方の様子も見てみようかなって人も、こう、出て来ている。これについてはどう思われますか?

<麻生元総理> ああ、選挙に弱い人だね

<羽鳥> う~ん、うんうん。

<麻生元総理> 選挙に弱い人は自分に無い何かをその人に求める。羽鳥さんやっぱり混乱の時期には英雄待望論が出てくるんですよ。

<羽鳥> はい。

 ( スタジオ吉永:何よ、この人。選挙って****聞き取れず。← コーナー中で笑ったのは漢字の読み間違えの時だけ。後は不機嫌面でブツクサ。 )

<ナレーション・1> では、自ら英雄になる考えはないのか?羽鳥は最後にこう投げかけた。

<羽鳥> もう一回、総理大臣になりたいですか?

Sn3s0148

<麻生元総理> もう一回総理大臣に? これ、意外と疲れるの。キャスターやってるより。(笑)

<羽鳥> うっ、ふふふ。(苦笑) 意外と疲れるだろうなとは、薄々ですけど思いますけれども。

Sn3s0149

<麻生元総理> やりたいやりたい、もう一回やらしてなんて、そんなノリでやれるような職業じゃないような気がしますけどね。

・・・・・・・・・・ V T R 終了 スタジオに。 吉永、仏頂面w ・・・・・・・・・・

Sn3s0150

<羽鳥> うん、まあ。あと、経済の問題と外交のちょっと少なかったんですけども外交の問題、色々といま一番関心のあることということでお話いただいたんですけども。

まあ、印象としては、とても気さくな方だったなと。あの、総理という大役の任から解かれたということで、非常に気さくな感じだなって風にしたんですけど。

あの、鞄なんかもちょっと見せてもらっていいですか?って思い切って言ったら、「ああ、いいよ。」なんて見せてくれたり。葉巻が入ってたりね。お祖父さんの吉田茂さんの影響もあるのかもしれないけども。

ちょっとあの、日課ご覧いただけますでしょうか?カステラがお好きなんですよね。

Sn3s0152

はい、腹筋、毎日30・40で朝40分早歩き。あのディレクターの方が一緒に歩いたんですけれども、早歩き過ぎて疲れちゃって足パンパンになっちゃってぐらい。腕立ても3、40回と。

東山さんは、あの、トレーニングやってらっしゃいますけども。麻生さん、71歳って、これ毎日なんですよ。これ、このストイックさってこれ大事なんですかね。ああいう難しい仕事をされて。

<東山> 体力が必要なお仕事でしょうし、体力のある方にみんな付いて行こうとするでしょうから、これも必要なことではあるかなと思いますね。

<羽鳥> 東山さんも・・・。

<東山> ただこう総理って、何か俺らからすると遠い感じがするんですね。

<羽鳥> そうですね。

<東山> 果たして僕らの意見が通るのかなとか、どう聞いてもらえるのかなってあって、いつも疑問に思いますけどね。

<羽鳥> 間にあまりにも沢山の人が入っているという、印象がね、確かにありますけどね。ただ、一茂さん、好きな食べ物いま何ですかって聞いたらステーキ。

<長嶋> へえーっ!(驚)

<羽鳥> ただ、もう、300(グラム)は食えねえなって。

<長嶋> 300! じゃ、250は食べれる。

<羽鳥> 200ぐらいはいくんじゃないかと。

<赤江> 凄いですね。

<羽鳥> 300は食べられないなって。

<長嶋> やっぱり肉食う人はね、元気なんですよね。

<羽鳥> いや、そう、そうなんですけどね。やっぱり身体資本なんだなっていうね。それホントに感じたんですけれども、で、あの、聞きましたけれども、

再び総理にどうですか?っていう意欲を聞いたら、『やれって言われたら逃げるつもりはない。』と、

VTRで仰ったんですけども。こういう風に付け加えてらっしゃったんですけど

Sn3s0157

『しょせん、総理大臣なんてのは、ドス黒いまでの孤独に耐える才能が無いともたない。耐える精神修行が絶対いる。』

えー、まあ我々がね、知ってる限りよっぽど耐えられたんだろうなと印象は、確かに麻生さんあるんですが。藤巻さんどうですかね。この相当なあの、まあ、麻生下ろしっていうかバッシングって言うかが総理になる人には、みんなそういう声は行きますけれども。

Sn3s0161

<藤巻> 僕はね、今ね、そのリーダー論って非常に大事と思ってて、日本改革しなきゃいけない。イノベーション、改新じゃないですか。やっぱり改新できる人ってどういう人かなって、僕、いろいろ思うんですけど、当然、行動力とか知識とか人を使える指導力だとか。これってやっぱり人を観察と言うか、世の中の流れや時代を見れる観察力がとか、あと、カリスマ性とかそう感じからしたら、非常に人間性を感じるし。

僕、マンガとか色々言われて来てたど、例えば、韓国なんかはね、いま色々ああいった芸能でやっぱり国策としてやった。だからそれ、そう言ったこととひとつひとつ。あるいは先程公共がって、言ってましたけどやっぱり道路変えてファッション変えるってことで、そういった人脈をお持ちの感じがするので。やっぱり僕は、人脈力のあるのも凄く大事だと思うので、そういう面では回りのスタッフと言うかメンバーも大事なんじゃないですかね。でもそういう面では、ユニークな素敵な方だなって。

<羽鳥> はい。リーマンショックの時に色々な経済対策をしたっていうのは、もう確かに事実としてありますし。ただ麻生さんが言ったこと、やったことに対して勿論、賛否両論、否定するって面もあるわけですけれども。

今の、景気対策を回復するってことに関しては、元総理大臣のひと言、考えというのは参考の大きなひとつになると思うんですけれども。

吉永さんは、どうですかな?麻生さんに対しては色々思いをお持ちだと思いますけれども。うん。

Sn3s0167

<吉永> 日本は大変厳しい状況に置かれているわけで、私達は政治が何をしてくれるかという、政治に何を求めていくのかって、みんな真剣ですよね。

で、やはり、景気の対策とかね。あの、それからその。成長戦略とか大事なわけで。消費税を上げる前に重要だって言うお話は良く分かりますし。それならあの是非ね、その今の自民党が、なかなかその野党にきちっと私達国民の目に見えるような議論を国会でして下さってないので。

<羽鳥> そうですね。

<吉永> そこをですね。もう是非、引っ張ってね、私達に分かるようにきちっとした議論を。電信柱もいいんですけどね。公共工事のあの、構造を変えて欲しかったんですよ。私達は。それをどういう風にあの、真剣に私達も生き残るのに真剣ですから、真剣に議論をする、そこがリーダーシップを是非党内で取っていただけたらと思いますねえ。

<羽鳥> ほんとにまあ、批判的な意見も勿論受け止め無ければならないお立場だと思いますけれどね。えー、是非、300g食べるその、体力で元にですね。ガンガンこれからもいっていただきたい。

「歴代総理大臣に聞く。」もしかしたら今日、最終回かもしれませんけれども。

<赤江> 最初で~w  もう終わりですか・・・  ( スタジオ: 笑 )

Sn3s0160

<羽鳥> 分かりません。ええ、聞けたらどんどん聞いていきたいと思いますので、第2回、ご期待いただきたいと思います。

今日は特別編人物大辞典でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだか、羽鳥さんの話を聞いてると、かなり長い時間いて色んなお話しを聞いたんじゃないの?何で、漢字の読み間違えとかくだらない話題にVTRの時間を割くんだよ。そのあたりやはり椿事件で有名なテレビ朝日だな。

うう・・・、話の内容は、講演会や先日のTV番組でも話されていたなうようなんだけど、半径2m以内で、マンツーマンで話を聞くとは仕事ととはいえ羨ましい・・・羨まし過ぎてけしからん!!!1!

外交の話とか、「どす黒いまでの孤独・・・」の話を紹介してくれたのは良かったけど、これを出来れば本人が話してる映像で見たいのよ。happy02

しかし、相変わらず表情が豊かだ。話も面白いんだけど、見ていて飽きないな。やっばり、表情の明るい人って良いよね。こちらも釣られて気持ちが明るくなる。heart04

カステラ食べてる様子は可愛いなあ。happy02

羽鳥ー!それを至近距離で見てたなんて、けしからん!!許せんっ!w

スタジオのゲストの東山さんは、トレーニングとか入りやすい話題をふってくれてたんですが、あまり政治に興味が無いご様子で、いかにも興味の無い人がいいそうなことをコメントされていた。番組宣伝にこの後いろいろ出ないといけないので体力温存していたのか。

藤巻さん、この人は色々事業をされているのかな。電信柱の話しとかうんうんって興味深そうに楽しそうにVTRを見ていた。麻生さんに対して好印象を持った模様。

「ユニークで素敵な人。」だって、⊿<見る目あるよ!!

・・・吉永みち子に関しては呆れてしまいますね。羽鳥さんも、これの麻生さん嫌いなのを知ってるけど仕方ないから聞くって振り方ですねw コメントも何が言いたいんだか。国会見てたら自民党が何たらとかいえないよね。ジミンガー言ってるんじゃないよ。

真剣真剣って何回も必死に言ってるけど、「マジでふざけんな。」と言いたい。下らない難癖で麻生さんを叩き偏向報道で自民党を叩き、今のグダグダ民主党の政権交代を煽り、未だに応援してる奴の何処が真剣なんだよ。方向が違うんだよ笑わせんな。

pencil テレ朝コメンテーターの「我々も民主支えてる」発言が問題に (2009/11/27)

 27日、テレビ朝日の番組『スーパーモーニング』が「鳩山首相が審議そっちのけで衆議院本会議中に扇子に揮毫(きごう)する一幕があった」というニュースを報じたが、このニュースに対してコメントした、作家・吉永みち子氏が「我々も支持率を下げないでね、辛抱して支えてるのに、何なんだよと・・・」と発言し、インターネット上で問題になっていることが判明した。

  以下、コメンテーター、作家の吉永みち子氏の発言

  「今までも、国会はいろんな角度から撮られているっていうことがわかってるはずなのに。居眠りしている人もパットと撮られてしまうわけで、そのいうものを報じられているってことをもうちょっと客観的に見たら、こういうことをしたら映るかもしれない、こういう予測がつかないものかなっていう、手先のことしか考えなくなっちゃうのかと思うと、これね、ささいなことなんだけど、こういう姿勢がね、こういう大変な時にね、一生懸命、我々も支持率を下げないでね、辛抱して支えてるのに、何なんだよと。そういうことになってしまうんで。ささいなことのようだけど、重なるとボディーブローのようにきいてくる」

  問題の発言は、「一生懸命、我々も支持率を下げないでね、辛抱して支えてるのに、何なんだよと。」という部分。あたかも、テレビ朝日が民主党の支持率を下げないように、今まで支えてきたかを明らかにしてしまった発言で、さらには、「テレビ朝日が今まで民主よりの偏見報道をしてきた裏付けだ」といった憶測もされている。

  が、しかし一方で、「我々も支持率を下げないでね・・・」の我々は『国民』のことを指しているのでは?といった意見もある。つまり、国民の代表としてこのようなコメントをしたのではないか?ということだ。また、コメンテーターの意見は、テレビ局の意見ではないという見方もある。

  インターネット辞典「wikipedia」の『吉永みち子』のページには、既に今回の発言が記録、書き込みされており、この発言はネットを中心に広がりを見せている。ちなみに、「wikipedia」によれば、2009年10月5日のスーパーモーニングで、中川昭一氏急死を取上げた際も、吉永みち子氏は「早死には親子共々何か欠けていたものがあった」という死者に鞭打つと取れる発言をしたようだ。(情報提供:ロケットニュース24)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1127&f=politics_1127_006.shtml

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVのニュースショーは誘導と捏造がいっぱい! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 【消費税増税】「新報道2001」の麻生太郎元総理・7【年金改革】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎 ☆為公会例会 2/16 (2012) »

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/54011088

この記事へのトラックバック一覧です: 【人物大辞典】麻生太郎元総理☆モーニングバードに出演!【カステラ大好き】:

« 【消費税増税】「新報道2001」の麻生太郎元総理・7【年金改革】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎 ☆為公会例会 2/16 (2012) »