★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【民主党の問題】茂木敏充 政調会長☆ラジオできっちり語る[後編]【自民党の課題】 | トップページ | 【増税は】野田総理、増税反対 de ブーメラン!【騙まし討ちだ!】 »

2012年3月27日 (火)

【日本に良い方向を】谷垣総裁のインターネット番組でのエネルギーに関する発言【追求していく】

ついに、マスゴミの魔の手はカフェスタにまでも伸びてきたか・・・!原発再稼動がらみでやりおったようです。

tulipブログ「鯰のつぼやき」さんの記事[周回遅れのマスコミ] http://dakenbow.exblog.jp/15632240/ を読んで知りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

new 原発再稼働へ環境整備を=自民総裁

 自民党の谷垣禎一総裁は26日午後、インターネット番組に出演し、国内の原発が定期検査後に再稼働できず全面停止する可能性が出ていることについて「安全性を確認して再稼働はやっていかざるを得ない。政府も安全テストをして、分かったこと、問題をきちっと説明して認めていくことが必要だ」と述べ、政府として再稼働への環境整備に努めるよう求めた。
 一方、共産党の市田忠義書記局長は同日の記者会見で「政府はこの際、再稼働にのめり込んで原発に固執する態度をやめて、原発からの撤退を決断すべきだ」と強調した。 (2012/03/26-19:16)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012032600840

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>「安全性を確認して再稼働はやっていかざるを得ない。政府も安全テストをして、分かったこと、問題をきちっと説明して認めていくことが必要だ」と述べ、政府として再稼働への環境整備に努めるよう求めた。          

         ↓       ↓        ↓

>共産党の市田忠義書記局長は同日の記者会見で
「政府はこの際、再稼働にのめり込んで 原発に固執する態度 をやめて、原発からの撤退を決断すべきだ」

なんですかこの記事は。短い中にとくでもない偏向と誘導を混ぜ込んでるな。

どこの党が原発に固執してるって?

記事、も、「安全性を確認して再稼働はやっていかざるを得ない。政府も安全テストをして、分かったこと、問題をきちっと説明して認めていくことが必要だ」と述べた。でいいんじゃないかな。

これを読んだ反原発放射脳が脊髄反射で「自民党は利権にしがみ付いて、無理やり原発を動かそうとしているー!」とか騒ぐようにしむけたいんだろうな。自民党へ悪い印象を付けようと必死ですな。

同じ野党でも立ち位置が違う人の言葉を使って、谷垣総裁の発言の内容、自民党の見解を捻じ曲げるのは止めていただきたいものだ。記者が反原発派なのかもしれないが、こういう事をするから、マスゴミと言われるんだよ。

記事に出ていたインターネット番組って、自民党がネット中継している「カフェスタ」のことですね。

clover「CafeSta」谷垣総裁&逢沢特別補佐 ミニ対話集会(2012.3.26)

 該当部分書きおこし 01:35~ (敬称略)

<逢沢> 電力会社もね、なかなか今大変な状況でありますけれども。東電の総ての原発が停止へと、こういうことですね。と、なりますと北海道電力のあれは泊原発が54基ある商業原発の中でたったひとつだけ動いている。その泊も北電の北海道電力のアナウンスによれば、5月の連休頃に定期検査に入る。それまでにもし、立ち上げが、再稼動がないとすれば、場合によっては我が国の原子力発電所総てが、まあ、止まるという・・・

<谷垣> ええ・・・。そうです。

<逢沢> 状況にね。なるわけですが。夏場がどうなるんだろうか、冬を乗り越えることが出来たから、まあ、夏だって頑張れば心配ないんだという声もあるけれども。しかし、どの程度の暑さになるかも分からない、ま、経済の状況、色んなことがありますが、総裁、この事態、この状況どういう風に受け止めておられますかね?

<谷垣> いま逢沢さん仰ったようにですね、夏場をどう乗り切るかって問題もあります。それから、あの・・・やはり産業用とか、あるいはその手術をしたりとかいう時に電力は必要ですね必ず。で、それが安定的に出来ないとなると、日本で工場を操業するのは、あるいは東電管内で全部止まっちゃって安定的に供給して貰えないとなると、ほんとにそこで操業しててもいいんだろうかというような声も段々出てきていると。そうなると、工場がどんどん外国に行ったりして雇用が出来ないと、いうことにもなりかねない事態にもなってきているわけですね。だからあの、今後この原発に関しては国民的にも色んな議論があります。そしてもっと再生可能エネルギーなんかを使うべきだという議論もある。しかし、それはやらないといけないと思います。やらなきゃいけないと思いますが・・・。

<逢沢> そうですね。再生可能エネルギー、どんどん進めるべきでしょう。

<谷垣> 水力を除きますとね、再生可能エネルギーったって今迄エネルギー需要の1%に満たないわけですから、電力のですね。

<逢沢> 電力のね。総需要の1%。

<谷垣> それで、やっぱり安全性を確認して地元や何かの理解をうるというということが前提ですけどね、原発の再稼動ということをやっていかざるをえないと私はあの・・・思います。だからあの、そこをしっかり政府もですね、どういう安全テストをして、どういうことが分かったのか、どういうことがまだ問題として残ってるのかということを、きちっと説明してですね、再稼動というものを認めていくということが必要ですね。(記事になった発言)

<逢沢> そうですね。いま総裁が仰られたように、我が国の総電力需要の約30%を原発で賄っていた。いままではですね。そして再生可能エネルギーと言っても、えー、水力を除けば、太陽光とか風力とか地熱とか、それでまあ1%という状況ですから、一気にこれを20、30にするには相当時間がかかる。まあ一方、イラン問題もまあ、これあり、ホルムズ海峡がどうなるか、色んな世界情勢の中で、原油の価格・LNGの価格、相当上がってきていて、日本は円高だから、あだこれですんでるという、まあ指摘もありますよね。そういう全体を考えた時に。

<谷垣> まあ、これから少なくとも原発の新規入りってなかなか難しいというのは明らかですから。あの、何が一番日本にとって良いエネルギーの状況なのかというのをね、あのまだ再生可能エネルギーも1%に満たない状態だと、これで行くんだという決め打ちはまだ難しいんだと思うんですよ。

だから10年ぐらいかけて、いろいろ再生(可能)エネルギーもきちっとやっていくし、色んなことをやりながら日本の方向を、なにが良いかっていうのを、あの・・・結論を出していく必要があると思いますね。
なあんだ、それじゃあ先送りじゃないかという人もあるんだけれども、やっぱり今、あんまり
拙速な結論を出してしまうのはかえって不味いと私は思います。あの、やっぱり、そういう議論をしっかり積み重ねて方向性を出していくということじゃないですかね。

<逢沢> あの、方向としては勿論、再生可能エネルギーのウェイトを増やしていきましょうと・・・

<谷垣> そうですね。それは当然そうですね。

<逢沢> それは誰がどう考えても、国民の理解をいただけるとこと思いますよね。ええ。

<谷垣> それからまあ、メタンハイドレードはどうなのかとかね・・・

<逢沢> ああ、そうですね日本近海にも随分あるぞと。

<谷垣> そういったもののね可能性をですね、可能性を追求していくことが必要だと思いますよ。いろんな問題ね。あのそういった事を積み重ねてやっぱり何が出来るのかっていうのを決めていく必要がありますね。

<逢沢> はい。あの計画では福島県のいわきの?沖合いですかねえ。大規模な風力発電所、海上にそういうものを作っていこう、そういう計画がある。あるいは国立公園の中で色んな活動が出来るような、ある種の規制緩和をやりながら地熱もね、もう少し・・・

<谷垣> 地熱発電というアイディアもありますね。

<逢沢>さまざまなね、アプローチが今まさに始まろうといたしております。それを総合的に受け止めて行きたいという風に思いますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すごく現実的な話ですね。今から原発の稼動を止めますと言っても、廃炉までには冷却したりなんだでそれ様の電力がいる。これこそ電力の無駄遣いだと思う。なら、きちんと検査をして、周りの設備も点検して何かあった時の対応をどうするのか、きちんと纏めて避難訓練とかそういうことをちゃんとして、直接関係しているところに示せば良い。そして理解してもらって再稼動したら良い。この際、老朽化して不安のあるものは無理せず廃炉とすればいい。

これが、原発は危ないから全部廃止してしまいましょう、とキャーっとなってしまっている人にはこの話も、「現実が見えてない。日本中が汚染されているというのに!」ってなるんだろうな。

イチかゼロしかないってシンプルな思考回路の人達は、早く現実を見て下さいね。イチからゼロまでの間にも実はいっぱい数が存在してるってことにも気が付いて欲しい。

原子力発電所を減らすからと言って、原子力技術や研究を放棄したり、後退させるような愚かな真似はやめてもらいたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考に・・・ 当然ですが総裁と同じ事をいってます。

pencil 茂木敏充 自民党政務調査会長 の発言 

<長野> 私は所管の問題は原子力政策というのは極めて政府の専権事項たる国家の安全保障の問題なので、政府がねやっぱり責任を持つべきかなあという個人的な考え方を持っています

電力不足の恐れからですね、枝野経済産業大臣が原発の再稼動に言及していますが、この電力不足・・・電力などエネルギー確保に向けてね、原発の展望というのは、どういう風に描いておられますか?

<茂木> なかなかあの、まだですね、原発事故から一年ということで、まああの、国民の中でも世論相当分かれているんだと私思います。ただ
現実問題としてからすると、全く原発をですね再稼動しないで電力不足を賄えるかって言うと相当厳しい。そんな風に思ってます。

まずやることは省エネなんです。間違いないです。
徹底して省エネやっていく。これが第一番目にあります。

そして
二番目にですね。再生可能エネルギー。これを出来るだけ多く使うようにする。再生可能エネルギーって言いましても水力はいま全体の8~9%いってますけど、太陽熱であったり地熱には注目をされているですね新しい再生可能エネルギーっていうのは全体のエネルギーのですね供給の中の1%ぐらいなんです。これをじゃあ、3年5年で20%に持っていけますかってというと現実的には難しい問題で、最大限これを膨らますこういうことをした上でですね、新しい安全基準、これを当然設けなきゃなりません。

今迄より厳しい安全基準の下で原発は再稼動出来るものはしていく。しかし、出来ないものまでやると、こういう話ではなりません。そして最終的にはですね、そこで足りない部分というのは当面は火力で代替をして火力でショックアブソーバー(Shock absorber)的な役割をやっていくという、これしかないんだと思ってます。

だた、同じ火力の中でもですね、例えばLNG(=Liquefied Natural Gas 液化天然ガス)こういった形で出来るだけ環境に負荷の少ない火力を中心にしていく。こういったエネルギー・ミックスを見ながらですね、当然ね技術進歩もあるわけです。これから、
再生可能エネルギーについても原子力についても今後の技術進歩を見ながらですね最終的なエネルギーのベストミックスと、こういったものを決めていくべきだと思っています。

<長野> まあ、原子力発電所の再稼動のできないことによる当面の影響、長期的な影響ってのは非常に大きいと思いますね。仰ったように
火力発電にしても焚き増しはこの年間3兆円以上の資金がね海外に出て行くし。まあ、電力不安定、電気代の上昇、CO2の四重苦になってくるし。これまあ、なかなか大変な問題だと思いますね。

    (2012.3.18放送 「長野祐也の政界キーパーソンに聞く」より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脱(反)原発に なぜ左翼が多いのか (14:47)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)

happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 【民主党の問題】茂木敏充 政調会長☆ラジオできっちり語る[後編]【自民党の課題】 | トップページ | 【増税は】野田総理、増税反対 de ブーメラン!【騙まし討ちだ!】 »

⊿ J-NSC 」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/54322800

この記事へのトラックバック一覧です: 【日本に良い方向を】谷垣総裁のインターネット番組でのエネルギーに関する発言【追求していく】:

« 【民主党の問題】茂木敏充 政調会長☆ラジオできっちり語る[後編]【自民党の課題】 | トップページ | 【増税は】野田総理、増税反対 de ブーメラン!【騙まし討ちだ!】 »