★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【誇りと自信を持って】3月3日仙台市・谷垣総裁街頭演説 書き起こし【皆さんに申し上げたい】 | トップページ | 【不誠実な】震災発生1年を迎える総理・前総理&野党総裁【総理たち】 »

2012年3月 8日 (木)

今週の俺達の麻生太郎 ☆為公会例会 3/8 (2012)

3月11日、東日本大震災の発生から1年を迎える目前の為公会例会であります。

まず、天皇陛下の手術のことに触れるのは麻生さんらしいですね。ヤッター!とは言いませんが、成功を心から喜び、執刀医や他の医療スタッフにも感謝しているのがじわじわ伝わってきますね。陛下が心臓の手術を受けられると聞き、検査をしに行った人が増えたとか。やはり陛下の御存在は私達にとって大きいものです。

震災対応の国会や自民党の動きのことに関しては、先日の谷垣総裁の演説やTVでの発言の通りであることが麻生元総理のこの挨拶の発言でハッキリしましたね。

・震災の復旧復興に関することは協力する。  ・審議拒否はしない

綺麗事を言いながら日本が嫌いなマスゴミの情報を鵜呑みにして、さも知ったかぶって、「与党も野党も協力して。」「自民党が協力しないから地震対策が遅れる。」「自民党は経験があるんだから、ここは大人になって強力してあげたらどうか。」何て言ってる奴は中学校の公民から勉強しなおせ!と言いたいです。

民主党議員が言うならまだしも、困ったことに自民党議員にもそういうのがいるので困ったぜよ!こういうことを言う人に限って、震災発生後、何をやってたか聞こえてこない。

とりあえず、このムカつくニュースが入ったので貼っておく。

new 秘会談、自民の派閥領袖ら非難囂々 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120308/stt12030817440005-n1.htm

 自民党の派閥領袖らが8日、野田佳彦首相と同党の谷垣禎一総裁の極秘会談を一斉に非難した。

 伊吹文明元幹事長は派閥総会で「不慣れな2人が不慣れなことをしたことが報道を引き起こさせた原因だ。本来、(会談の)下ごしらえをするのは幹事長だが、石原伸晃自民党幹事長も知らなかった。由々しきことだ」と批判。話し合い解散論を「そう簡単にはいかない」と牽(けん)制(せい)した。

 も自らの派閥会合で「話し合い解散がひとり歩きしている。まず党内で(消費税増税関連法案への対応に)方向性を出し、国会で議論するのが政党政治の原点だ」と不快感を表明。が「本来の議論もせず(民主党に)抱きつかれているのはあり得ない」と執行部に毅(き)然(ぜん)とした対応を求めた。(2012.3.8 17:43)

・・・・・・・・・・  

「自民党の派閥領袖らが、・・・・一斉に非難した」 ← どこが?とりあえず領袖は2人の名前しか上がってませんけど。自民党に派閥ってこの3つだけでしたっけ?木曜日って、もとから各派閥の会合があるの知ってるよね。一斉って言うのとは違うんじゃないの?

動画もあるけど、麻生派の為公会では、マスゴミが各社まちまちの情報であったと決め付けている、谷垣総裁と野田総理の極秘会談の事に触れてませんし、非難してませんけど。

麻生元総理は、谷垣総裁の「会っていない。」という言葉を信じているから、あえて話題にしないのでしょう。仙台での演説、「信無くば立たず」の言葉を何度も言った谷垣総裁だから普通に信じるね。

各派閥の会合にはマスゴミも取材に来てるんだから、会った会わないのよく分からない話を論評して、さらに総裁叩きのネタを与えないようにしていただきたい。angryannoy

とにかく、麻生さんは今の谷垣総裁の辛いところをしっかり援護射撃してくれてるように思う。人気のある麻生さんをTVに出して、谷垣総裁じゃあね・・・と下げるつもりだったか知らないけど、それを利用して、マスコミ批判も言いたい事をズバズバ言って来てくれた。さすが麻生さん。義理と人情に厚い日本男児だhappy02heart04

movie 20120308-麻生太郎 (為公会例会)

heart04 松本純先生、今週も動画UPありがとうございます。 衆議院議員・松本純 公式サイト http://www.jun.or.jp/

例会挨拶12・03・08」 オフィシャルサイトより http://www.aso-taro.jp/index.html

【要旨】

● 天皇陛下におかれては、心臓手術が無事終了し、ご退院された。きのうも、治療をお受けになられたようだが、国民皆が1日も早いご回復を願ってやまない。やはり、我々にとって、天皇陛下の手術の成功は非常に大きなものであり、ご同慶の至りである

● 今度の日曜日、3月11日で、東日本大震災から1年が経過する。犠牲になられた方々に改めて、哀悼の意を表したい

● 大震災が与えた影響は大きい。この1年間、「絆」や「底力」といった言葉が一斉に聞かれるようになった。震災がなければ聞かれなかったのかもしれないが、改めて日本人の中にある、地域の連帯性や仲間意識などが語られるようになった。自衛隊への感謝も同様だ。子どもの遺体を見つけてくれた自衛隊員を前に、「生まれ変わったら自衛隊に入れてもらおうね」と言葉をかける祖母の話がそれを象徴している

● 「もはや戦後ではない」という言葉が出たのは昭和31年だが、「戦前・戦後」と共に「災前、災後」という言葉が、今後出てくるのではないか。乗客の言葉使いがやさしくなったというタクシー・ドライバーの話もあるが、意識として大きく変わっていったのではないか。復旧・復興の最前線で「日本人の底力」を見せてくれた現場の人たちに、我々は感謝したい

● 翻って、時の政権指導者の初期対応の稚拙さは、目に余るものがあった。我々はそれに、不満や言いたいこともいろいろあったけれども、審議に関しては協力してきた。とにかく我々としては、民主党政権に「間違いは間違い」だとはっきり言いつつ、復興に協力してきた1年だった。しかし、この1年で、民主党政権では復興が進まないことははっきりした

● 自民党は
「復興加速への10の方策」を提示したが、そうしたものを含め、我々がやるべきことは決まっている。それが1日も早く進むように、被災地の方々と共に、取り組んでいかねばならない

● 「1周年」で震災が終わったわけではない。実態は「継続」している。阪神大震災の復興に何年かかったかを考えてもらえば分かる。ここからが一番の踏ん張りどころだ。この復興は、世界中が注目している。それに向かって、今こそ「日本の底力」を見せねばならない。そうした思いで、被災地を応援してもらいたいと願っている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<動画より書き起こし>

天皇陛下におかれましては、先日無事退院ということになられました。治療も開始されておられるようですけれども、国民とともに1日も早い御回復、また公務への復帰などなど。やはり我々にとりましては、天皇陛下の手術が、あれ、成功するかしないかって言うのは我々に与える気分的なものが物凄く大きかったと思いますんで。あれを少なくとも日本の名医と言われる人、学閥に関係なく全部あそこに集めて執刀に成功、ということはこれはやはり我々にとっては非常に大きなものにはなったと思って、心から御同慶の至りだとお思っています。

Photo_2

また、今度の日曜日で3月11日、ちょうど1年。あの大津波、大震災から1年ということになります。1年間でやっぱりあらためて哀悼の意を表するのは当然のことですけれども。あの大震災というものが与えた影響というのは、大きなものだったと思っております。少なくともこの1年間、“絆”とか“底力”とか我々、昔言った使ってた、総裁選挙の時に使ってた言葉。今一斉に使われる様になりました。

あの震災がなければ多分ああいった言葉は出てこなかったと思います。けれども、あらためて日本人の中にああいう地域の連帯性とか仲間意識とか言うような言葉が普通に語られるようになり、遺体を見つけてくれた・・・子供の(遺体を)届けてくれた自衛隊の人に対して、その(亡くなった)子供に対してお婆ちゃんが、良かったね、兵隊さん・・・自衛隊員さん、兵隊さんって言ったかな、見つけてくれて。お前も今度生まれ変わったら自衛隊に入れて貰おうねっていう言葉を言う話が出てくる。(※1)こういうのはまずマスコミには出ませんな。事実です。そういった話が載ってますから色んなところで。

是非そういった話を耳に聞かれるとともに、僕は多分あと何年かすると、戦前戦後って言う言葉があって、昭和30年「もはや戦後ではない」という言葉が出たのは昭和30年ですが、そういった意味で多分、災前災後、震災前・震災後、災前・災後という言葉が将来出てくるのではないか・・・そんな気がしています。

少なくとも5月6月ぐらいでしたかタクシーに乗ると最近お客さんが我々運転手の話しかけてくれる言葉が優しくなった・・・という表現は我々には非常に、何となく思い当たるところがあったんで、意識として、非常に大きなものが変っていったのではないか。

Imagescaxhrpgk_2

日本人の底力という、やっぱり現場の人達っていうのがきちんとやってくれたことに関しても、心から我々としては感謝をしたい

と言うところでもありますし、色んな意味であの震災の与えた影響は大きかった。

ひるがえって、こちらの方の永田町の方の指導する側の方の、初期対応の・・・なんだろうね、お粗末さ、稚拙さ、目に余るものがあったと思っていますが。我々はそう思いつつも、この審議に関しては少々不満でも、この審議には協力しようと言うことで、言いたいことは色々あったけれども、それを押さえてみんな協力をしてきた。間違いなく。

今度の予算に関しても、予算審議は審議拒否なんか1回もなくても何も無いにも拘らず1週間遅れる、2週間も遅れるっていうのはどう考えても普通じゃないと思います。

けれども、とにかく我々としては民主政権に対して、はっきり、これは間違いは間違いということをはっきり言いつつこれまで協力してきた1年だったと思っていますけれども。

この1年でなかなか事が進まないことはもう、はっきりしましたよ。だからそういった意味では、やっぱり我々としてはこの復興が、加速させる為の10の提案(※2)っていうのをやってますけれども、そういったもの含めて、我々やるべきことはこういうことですと、きちんと申し上げてんだから。そういったものを1日も早くやって貰えるように、我々は被災地の人々とともに取り組んでいかねばならぬと思っております。

1周年ということで震災が終わったわけではありません。まだまだ実態は継続しているんであって、神戸って言うもの、あの(阪神淡路大)震災から復旧するのに何年かかったかと考えてみていただくと分かると思いますが。

我々は、こっからが一番踏ん張りどころなんであって。世界はこれをどれぐらいで、あの大災害を、世界中の放映されましたあれを、どれぐらいで日本が復旧復興してのけるか。また人々の気持ちがどうなってくるのか、世界の最も注目しているところなんであって。これに向かって我々は日本人の底力というものを今こそ見せ付けねばならん、見せねばならんと、そういう思いで東北のどの地域からでも声高らかに応援をして声を大にして応援していってもらうことをお願い申し上げます。

ありがとうございました。

(※1)佐藤正久参議院議員「ありがとう自衛隊」 http://www.youtube.com/watch?v=LDgLHYPN_tk (2011.9.10 自民党大阪府連女性局講演 第4弾)この中でのお話しで、多分、54分位の母親が3歳ぐらいの子供の遺体を抱きながらそういった話と、別の話で、避難所のお祖母さんの話と混同したと思われます。

(※2) 「復興加速の為の10の方策」のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

new 麻生元首相「震災復興で日本人の底力を見せつけるべき」 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120308/stt12030814200003-n1.htm

Photo

 自民党の麻生太郎元首相は8日の派閥の例会で、11日に東日本大震災発生から1年を迎えるにあたって「世界は日本が大災害をどれくらいで復旧復興してのけるのか、人々の気持ちがどうなっていくのか注目している。日本人の底力を今こそ見せつけなければならない。ここからが踏ん張りどころだ」と述べた。

 また「この1年間で絆や底力、自衛隊に対する感謝という言葉が普通に語られるようになった。もう少し経ったら『震災前・震災後』といわれるようになるのではないか」とも語った。震災を機に地域や他人を思いやり、助け合う気持ちが広がりを見せていることを指摘したものだ。

・・・・・・・・・・・・・

>我々は日本人の底力というものを今こそ見せ付けねばならん、見せねばならん

麻生さんから、この言葉を聞くとやっぱり力が入りますねえ。\そうだ、そうだ!/

それと、やはり現場で働く人々への感謝も忘れない。ここが重要。確かにろくでもないのもいますけど、安易な公務員叩きや人員・給与削減は止めた方がいい。被災地で走り回っている人、自衛隊員も国家公務員なんだから。

さて、民主党政権があまりにもやることが遅いので、(要らんことは小まめにやる。) 麻生さんのお話の中にもありましたが(※2)、自民党がこういう事をやれ、やるんだ!という提案が出ました。

・・・・・・・・・・ 頑張れ!ガッキー!!! happy02shine

tulip 東日本大震災から一年を迎えるにあたって | 党声明・談話 | 自民党の活動 | 自由民主党 http://www.jimin.jp/activity/discourse/115933.html

 平成23年3月11日。忘れ得ぬその日から、まもなく一年が経とうとしています。この震災によって亡くなられた方々に対して改めて哀悼の意を表しますとともに、未だ続く被災された皆さんのご苦労を推察いたします。

 本日、被災地を歩き、被災された方々に接する中で聞こえてきたことは、皆さんの苛立ち、焦り、失望ばかりでありました。私は改めて、被災地における復興の遅れを痛感いたしました。

 ガレキの処理は遅々として進んでいません。被災者の方々の生活再建に向けた支援も行き届いていません。これでは、地域の将来を描くことは困難です。先月、復興加速のエンジンと期待されて復興庁が発足しましたが、本格的な稼働にはほど遠い状況です。

 このまま復興が停滞すれば、被災者の失望は絶望に変わり、地域の絆が寸断され、それぞれ住み慣れた故郷を離れざるを得なくなってしまいます。そうなると、被災地は二度と立ち上がれない。もはや時間は残されていないのです。私は一日も早く、復興の道筋を明確に示し、長期避難を余儀なくされている方々にも明るい将来の展望を抱いて頂けるようにしたいのです。

 私は今、政治家であることに天命を感じます。被災地に与党も野党もない。政府の足らざる所は我々が補い、政治の総力を挙げて復興に邁進する。そのけん引役を果たすことが、わが党に課せられた使命であると考えます。

 わが党は、大震災から一年を迎えるにあたり、「東日本復興基本法」の精神に基づき、被災者の生活再建と被災地の復興を何よりも優先する。そしてここに、緊急に取り組むべき『復興加速への10の方策』を提示し、東北の底力を信じ、被災地に残る小さな希望の芽を大きく育てていくことを改めて誓います。

                       平成24年3月3日 自由民主党総裁 谷垣 禎一

tulip 復興加速のための10の方策 (3月3日)

http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/115932.html  PDF http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-097.pdf

【方策 1】 復興事業費の総額確保

【方策 2】 人的支援の強化

【方策 3】 復興庁の本格的稼動

【方策 4】 復興交付金の充実

【方策 5】 ガレキ処理の早期完了

【方策 6】 事業再建への徹底支援

【方策 7】 除染の加速化

【方策 8】 健康被害への万全な支援

【方策 9】 風評被害等に対する万全な支援

【方策10】 国家プロジェクトの推進

201233_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVのニュースショーは、なんだかあやしいぞ! 新聞も何で横並びの意見なんだ! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

 

« 【誇りと自信を持って】3月3日仙台市・谷垣総裁街頭演説 書き起こし【皆さんに申し上げたい】 | トップページ | 【不誠実な】震災発生1年を迎える総理・前総理&野党総裁【総理たち】 »

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/54170304

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎 ☆為公会例会 3/8 (2012):

« 【誇りと自信を持って】3月3日仙台市・谷垣総裁街頭演説 書き起こし【皆さんに申し上げたい】 | トップページ | 【不誠実な】震災発生1年を迎える総理・前総理&野党総裁【総理たち】 »