★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・中編 【ミーティング&講演会】 | トップページ | 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・後編 【ミーティング&講演会】 »

2012年5月21日 (月)

金環食だそうです。

この前から「金環食」ということで大騒ぎしていて、ついにこの日が来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【金環食】 
 地球から見たときに太陽が月の影に隠れ一部または全体が見えなくなる日食のうち、月が太陽を完全に覆い隠せないために月の外側(周囲)に太陽がはみ出し、環状(光輪状、リング状)に見える場合を金環食、または金環日食と呼ぶ。英語表記はannular eclipse。 

 環状とは皆既日食で見られるコロナとは異なり、月により隠された部分は見えなくなるが、月の周囲にはみ出している太陽が光の輪っかのように観測できる状態である。これは「太陽→月→地球」の位置関係で綺麗に並んではいるが、地球から見たときに太陽より月の方が少し小さく見える距離(月および地球の楕円軌道によって地球から月が遠地点となる)にあるために起こる。また、太陽による月の本影が地球に届かない状態でもある。

逆に皆既日食は、地球から見て太陽より月の方が少し大きく見える距離(地球に月の本影が届く状態)にあるため全体が隠される。その他に、食の経路の途中で太陽と月の視直径(見かけ上の大きさ)がまったく同じになるような場合は、金環皆既日食(参照)となることもある。

日本では2012年5月21日の午前6時~9時頃(最大食は7時30分前後)にかけて、九州や近畿地方、関東地方など多くの地域で観測できる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012521_2_2
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120521/scn12052107280002-n1.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特別、関心がある訳でもなかったのだけれど、のせられてみた(笑)。

前回は平安時代末期だったそうな。

困ったことに、眼鏡やフィルターの類を用意してませんでした。当然、太陽を直視したり、カメラを向けてはいけません。

そこで、木洩れ日とか、ピンホールの光でリング状になるとのことだったので、それっぽいものを探すと、炊飯器の中蓋が・・・w 

太陽に向けて、光が紺色のジャケットに当たるように調整しつつ・・・

2012521

おお。時間とともに形が変わっていくじゃありませんか。

眼前にリング状になってる時は、あたりが薄暗いんですよ。

アメノウズメノミコト、カモーン! って、感じでした。 

ツイッターでは、自慢の金環食画像が次々とUPされてるし、予想通りのネタ写真もありました。

なかなか楽しかったです。

« 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・中編 【ミーティング&講演会】 | トップページ | 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・後編 【ミーティング&講演会】 »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/54767086

この記事へのトラックバック一覧です: 金環食だそうです。:

« 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・中編 【ミーティング&講演会】 | トップページ | 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・後編 【ミーティング&講演会】 »