★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・前編 【ミーティング&講演会】 | トップページ | 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・中編 【ミーティング&講演会】 »

2012年5月17日 (木)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 5/17 (2012)

4月の例会で、与党が法案を出してきたけど、何処で何時、審議をするの?って心配されていた消費税と社会保障の一体改革が、今日から特別委員会で審議入りとなりました。

遅~い。会期は6月まででっせ。 

今週も動画をありがとうございます。tulip衆議院議員 松本 純 HP http://www.jun.or.jp/

pencil 「例会挨拶12・05・10」   麻生太郎オフィシャルページ http://www.aso-taro.jp/

【要旨】
● いよいよきょうから、社会保障と税の一体改革に関する実質的な質疑が始り、きょうは与党の質問が行われた

● 前から申し上げているように、この審議は、国会で徹底してやるがよろしい。これは日本にとって非常に大きな問題であり、中途半端な話ではなく、とにかく論議を尽くすことが大事だ。その上で、いろいろな妥協点を探ればいいが、まずは徹底して論議することが必要だ

● 今、野田首相は自由民主党など野党に、接触を求められてきておられるようだが、その場合、自らの足元がまとまっていないと、なかなか話はしにくい。これは国会対策の常識だし、また、外交も同じで、国内がまとまっていないと、対外的にも力が出せない

● (同じ)民主党の中で話ができないという状況は、如何なものか。話し合いをされるべきで、きちんとまとめた上で、我々に話をということでないと順番がおかしい

● もう一点。参議院で問責を受けられた2名の大臣をかばっているのが、輿石幹事長や小沢元代表なのであろうが、この問題の処理をどうされるのか。このままの状況で事を進めようとしても、なかなかまとまらないのではないか

● 特に参議院としてはとても呑める話ではないし、党としても、その問題をきちんと決着していただかない以上、事は進まない。この(一体改革の)議論を進める上でも、この問責の問題に決着を着けていただきたいと思っている

2012517_2

   (5月19日画像追加)                         

apple<動画書き起し>

いよいよ今日から消費税、また社会保障との一体改革等々に関する質疑が実質質疑が今日から開会をされて、いま野党が、いや、与党の質問が今日から始まったところです。

私は前から申し上げてるように、この審議は国会で徹底してやるがよろしいと。これは日本にとって非常に大きな問題ですから、これは中途半端な話で、なんとかかんとかってことはしなくて、常々論議は尽くす・・ということが大事なんだと思っております。その上でどう、色々妥協するか等々はそれからの話なんだと思いますが。まずは徹底して論議をすることが必要。

そして今、民主党の中で話を聞いていると、野田総理は色々、自由民主党、野党に・・・何て言うんだろうね・・・接触を求めてきておられるというのは3月も然り、4月も然り、この5月もそうだったんですが。私どもから見て、話をしかける場合は、そりゃ、基本的に自分の足もとがきちっと纏まって居ないと話しはなかなかし難いと。こりゃ、国会対策の常識だし、また、外交というものも同じもんで、国内がきちんと纏まっていないと対外的には、なかなか力が出せない。

同じことで、今、民主党の中で話が出来ないというような状況というのは如何なものかと。話し合いを当然なるべきなんじゃないの?その上で、きちんと纏めた上で、話を我々にも・・・ということでないと、順番が成り立たないのではないかと、これが一点。

もう一点は、何と言っても参議院で、少なくとも問責という状態になっておられる方が2名。その方々を庇っておられる方が当然、輿石さん、それに繋がる小沢さんってことに多分なるんだと。まあ、傍目から見てても、そう見えますが。その問題の処理をどう決着なさるのか、そのままの状況で、ことを進めようと言われても、なかなかそれは纏まらないのではないかと。

それは参議院としてはとても飲める話でもありませんし、院は勿論、党としても、その話がなかなか決着をきちっとさせていただかない以上、ことは進まないんだと私どもはそう思っておりますんで、この論議を進める上でも問責の問題をきちっと決着つけた上で、やっていただきたいということを、お願いしておかねばならぬものだと思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>野田首相は自由民主党など野党に、接触を求められてきておられるようだ

多分このことを言っておられるのだと思います。 ↓

pencil 首相、再会談を要請 谷垣氏側が拒否 GW連休中 政治(TOKYO Web)

 野田佳彦首相(民主党代表)が今月初旬の大型連休中、自民党に谷垣禎一総裁との党首会談を申し入れ、自民党側が時期尚早として拒否していたことが分かった。両党の関係者が十六日、明らかにした。首相は、消費税増税関連法案を含む社会保障と税の一体改革関連法案の今国会内での成立に「政治生命を懸ける」と強調していることから、谷垣氏に直接協力を呼び掛け、局面打開を図ることが狙いだったとみられる。

 関係者によると、党首会談は藤村修官房長官が自民党の大島理森副総裁に打診。自民党側は、参院で問責決議が可決された前田武志国土交通相と田中直紀防衛相の二閣僚の早期辞任を求めていることなどから、応じる環境が整っていないと判断した。

 首相と谷垣氏は二月二十五日に都内で会談した。首相は消費税増税法案への協力を求めたが、谷垣氏は協力と引き換えに衆院解散・総選挙を求め、平行線に終わった。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012051602000232.html

・・・おいおい、2月25日に密談したことを事実のように書くなよ。各社バラバラで証拠も出せなかったくせに。

谷垣総裁も大変ですね。「話し合い解散は端からない。」ってテレビの生放送ででも発言しているのに、自民党は話し合い解散をしたくて党利党略でアレコレしてるって報道するんだから。

>私どもから見て、話をしかける場合は、そりゃ、基本的に自分の足もとがきちっと纏まって居ないと話しはなかなかし難いと

この辺りの言い回しとかは、谷垣総裁と麻生さん、他の派閥の領袖クラスの大物さんは同じなので、何のかんの言いながら谷垣自民党をきっちり支えてくれてるなあと思います。特別委員会とか場数を踏んだベテランさんが前に出始めたので、中堅若手さんも頑張って支えてついて行ってくださいね。

特別委員会が始まっても正直、あかんもんはあかんと思う・・・。話をする以前の段階なのに、野田総理はテレビに映ってるところでは綺麗事を偉そうに言ってるけど、裏ではグダグダやん。マスコミが上手く誤魔化してくれてるから、どうにかなってるように見えてるのでは。

問責大臣の件でもさっさと更迭しないから、後任人事をしようとしても会期中には陛下の御日程の関係もあって難しいって言うじゃないですか。それを計算してグズグズしてたのかな。TVのキャスターもワザとなのか馬鹿なのか知らないけど、自民党は全部審議拒否するって言ってたのに委員会に出てるブレた!とか意味不明なことを言ってました。消費税と社会保障の特別委員会と、政府関係無い議員立法関係の審議には出ますよ、と谷垣総裁が説明しても良く分かってないみたい。

よく分からない人が、意味不明な説明・・・じゃないや、妄想をテレビで垂れ流すのはよくないですね。それを聞いて、なんか中途半端なタレントが国民代表みたいな意見を言ってるのを聞き苦しく感じる時の方が多い。

最近では、天下の公共放送のNHKさんも野田総理や民主党とズブズブらしくって、やたらと野田総理の番組出演の機会があるし、司会者も余計なことを聞かなくて優しい。たまに野党の党首が出たら、密談・談合の押し売りしてた。政権与党・民主党の売国っぷりと、野党・自民党の被災地訪問などの国民の為の活動は、華麗に隠蔽、またはすり替えと・・・徹底してますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

apple  麻生さん関連記事&書き込み apple  

new FTAの早期実現を 大阪で日韓経済人会議  

2012516

日本と韓国の財界人らが参加し、両国の経済協力について意見交換する第44回日韓経済人会議が16日、大阪市で始まった。両国の参加者からは、中国を含めた3カ国の自由貿易協定(FTA)をめぐり、早期の交渉開始や実現を求める意見が相次いだ。

 日本側は麻生太郎元首相が基調講演し、経済や安全保障などでの日韓協力の重要性を強調。「日韓には協力できる素地がある。後押ししていくのが政治に置かれている者の立場だ」と述べた。

 韓日経済協会の趙錫来会長は「韓国と日本が高いレベルのFTAを締結し、アジアのすべての国が参加する統合された巨大市場をつくる必要がある」と話した。    (2012/05/16 19:04   【共同通信】)

  pencil 第44回日韓経済人会議  5月16日~17日http://www.jke.or.jp/column/column_inside_3.php?id=964

うーん、日中韓FTAかぁ・・・。全く関りあいなくってことは無理だけど、次の段階を見据えてのことでしょうか。この2カ国と関るとろくなことないので、ゆくゆくは他国を引き入れて薄めるとかw

・・・・・・・・・・・・・

tulip @TK_Mitsuhashi(三橋貴明):  昨日は、日本経営合理化協会主催「三橋経済動向塾」で、麻生太郎元総理にご講演を賜りました。 http://twitpic.com/9lvs1j

2012516_2
https://twitter.com/#!/TK_Mitsuhashi/status/202953639801798656

heart04 こ、これは・・・けしからんっ! 激しく羨ましい! happy02

ツイートは17日ですが、講演は16日だったようです。 
  (三橋貴明の経済動向塾 http://jmcasemi.jp/seminar/seminar.php?CONTENT_ID=489

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

bullettrain 講 演 会 情 報 rvcar

やまだ賢司を国政に送る会 http://www.yamada-kenji.com/index.html

 ●6月15日(金) 受付:18時00分~ 開会:18時30分~ 懇親会:19時30分~  
 ●場所  ノボテル甲子園2階「甲陽の間」  ●会費:10,000円

2012424_2

松本純政経セミナー2012

 ●6月18日(月) 午後6時 講演  午後7時 懇親会
 ●場所 パンパシフィック横浜ベイホテル東急  ●会費 10,000円

2010612

  clip まちかど政治瓦版第113号  http://www.jun.or.jp/kawaraban/20120501-113.pdf

安藤ひろし政経懇談会 http://ameblo.jp/andou-hiroshi/entry-11252637168.html

 ●7月21日(土)  18:30開会(受付開始18:00より)
 ●場所:リーガロイヤルホテル京都 朱雀の間 ●会費:10,000円
 ●内容:第1部基調講演 第2部懇親会
   ★お問い合わせ、参加ご希望は info@andouhiroshi.jp までご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞のニュースを丸っと信じていませんか?
生活直結の議論は国会で行われている! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (タイムシフト予約も可!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・前編 【ミーティング&講演会】 | トップページ | 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・中編 【ミーティング&講演会】 »

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/54732972

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 5/17 (2012):

« 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・前編 【ミーティング&講演会】 | トップページ | 【J-NSC】5.12 中野剛志 准教授 『レジーム・チェンジ』・中編 【ミーティング&講演会】 »