★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【政界キーパーソン】6.3 谷垣禎一 自民党総裁に聞く・後編 【ラジオ番組 書き起こし】 | トップページ | 【薄桜記】山本耕史・記者会見記事☆「武士の本分」精いっぱい」【丹下典膳】 »

2012年6月 7日 (木)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 6/7 (2012)

昨日、薨去なさいました寛仁親王殿下へ 心から哀悼の意を表します。

今週の例会は寛仁親王殿下への黙祷を捧げることから始まりました。長く病魔と闘ってこられたとはいえ、まだまだ殿下は薨去されるには早い年齢。殿下の義兄である麻生さん(案外このことを知らない方が多いのね)、残された信子妃殿下や女王様たちのこともあり悲しんでばかりもいられないですね。

国政の方は、内閣改造という名の疑惑の閣僚隠蔽工作が行われて、税と社会保障の一体改革法案の修正協議に自民党と公明党が参加することになった・・・というところまできてて、また政局がらみでマスコミさんが色んな妄想を飛ばしています。

特別委員会での閣僚の答弁もまた酷いし、野田総理は谷垣総裁や自民党の言葉をパクリまくり。。。一日でも早く解散総選挙をんがうばかりです。もう、今週は淡々と記事張します。(u_u。)

201267_b

寛仁親王殿下 薨去の報道に関する日本のマスゴミのお粗末さと不敬の限りは、こちらのブログさんの方で詳しく記事にして下さっています。

劣化した日本語。皇室に関する報道。(ブログ「英語教育を心配する前に」) http://sakuranippon.blog130.fc2.com/blog-entry-728.html

デパートやホテル、老舗商店では弔意を表して半旗を掲げているところが多いようです。というか、これが基本ですよね。しかし、政府の方で通達を出していないのか省庁によっては半旗になっていないところもあるようです。誠に嘆かわしいのを通り越して怒りがこみ上げてきます。

movie 20120607-麻生太郎(為公会例会)

今週も動画をありがとうございます。tulip衆議院議員 松本 純 HP http://www.jun.or.jp/

pencil 「例会挨拶12・06・07」   麻生太郎オフィシャルページ http://www.aso-taro.jp/

【要旨】

● 今週月曜日に、内閣改造が行われた。問責を受けた閣僚、また疑惑の渦中にある閣僚等、5閣僚が交代した

● 本来、この内閣改造が今国会を乗り切るにあたって大きなポイントになると、以前から申し上げてきた。残念ながら今回の改造では、4月20日の問責決議可決前の状況に戻っただけだ。参議院の審議が止まるといったマイナスがゼロに、スタート台に戻っただけだ。残りの会期が2週間というのは、スケジュール的に無理があるのははっきりしている

● 今回の内閣改造は、もっと効果的に使えるものを使いそこなったのではないか。輿石幹事長も自分の域を守った、野田首相も自分の領分を守ったと、双方が守り合った形に過ぎなかったのではないか。その意味では、首相の覚悟が全く見えなかった

● 一体改革法案は、衆議院で可決したとしても、参議院で可決しなければ成案を得ない。そうしたことを考えると、大幅な会期の延長が必要だ。その前に、首相が覚悟を示すいいチャンスを逃したのではないかという感じがする

● その法案処理について、きのう、自公民3党の幹事長会談が行われ、そこで輿石幹事長は、会期内での法案採決を言及している「野田首相と思いは一致している」と言われたそうだ。それが本心なら、鋭意、修正協議を行い、日程を進めてもらわねばならない。来週12日(火)、13日(水)で中央公聴会もセットされているが、日程的には綱渡りだ。しっかり、詰めてもらわねばならない

● いずれにしても、来週に向けてが山場だ。我々としては、いかなる事態にも対応できるようにしておくことが一番大事だ

● 自民党は、今後の対応について総裁に一任した。それに従って、粛々と乗り切っていかねばならない

● 一方、政府・民主党が何もできないまま今国会を閉じることになれば、それは自然死のような不様な形になることを覚悟してもらわねばならない。その意味でも、野田首相の決意や覚悟を、形として態度として示してもらわねばならない

<動画書き起し>

20120607_b

今週の月曜日に内閣の改造が行われております。御存知のように問責の関係者含めて、その他、いろいろ問題が起きそうな方も含めて、ずらり5閣僚・・・森本さん以外の方はいずれもご存知の通りだと思いますが。

本来、この内閣改造が私は今国会を乗り切るにあたって大きなポイントになるなと思ってると前から申し上げましたけれども。今回は残念ながら、この5閣僚ということではありますが、形としては4月20日の所謂、問責(決議案)が出る前の状況に戻った。即ちこれまで、問責で参議院が止まってる等々マイナスだったものが、やっとゼロに戻った、スタート台に戻っただけです。

したがって、残り3週間でこれ全部やりあげにゃいかんということになって来ているというのは、こりゃあ、スケジュール表から言ったってかなりの無理があるということがハッキリしているんだと思っておりますんで。そういった意味では今回のこの話しは、もう少し大きく使えるはずが使い損なったというんで、輿石さんも自分の域を守った、野田総理も自分の領分を守ったって、両方で守りあったってみたいな形にしか過ぎなかったんではないのかなと、いう意味では覚悟が全然見えんと思いますんで。これ、衆議院の可決も必要ですが、参議院も可決せんと実際には法案にはなりませんので、そういったことを考えると、大幅な会期の延長が必要ということになるんだろうと思いますんで。そういった意味で総理がその覚悟を示す、いいチャンスを失ったと言うのではないかという感じがします。

法案の審議については、先程もテレビにも映っていましたけれども、自・公・民の3党の幹事長会談で、民主党の輿石幹事長の話によると「会期内での法案採決を言及している野田総理と思いは一致している」と、言われたそうです。言われたそうです。それが本心だと言うんだったら、これ鋭意ちゃんと修正の日程を進めてもらわにゃならん。

で、これは12・13で公聴会が決まった、中央公聴会(日程)が決まってんですから、日にちは14・15しか残っていません。21日もまあ、無理したら21日もありますよ。20日に帰ってこられる予定ですから21日もあるんだと思いますが。そのあと14・15という間で、これ谷間を相当綱渡りみたいなことをやらにゃならんというのがまあ、国対的に言えばそういうことになるんだと思いますんで。

是非、この問題をしっかり詰めていただかにゃいかんと思いますが、いずれにかけても、来週に向けてが山場・・ということになろうと思いますんで、これは我々としては、いかなる事態にも対応できるようにやっていかにゃいかんと。これが一番大事なところで、纏めようと言うんであれば、公明党も其々みな、総裁・・自民党・総裁に一任して、やることを決めたんですから役員会で。そしたらそれに従って粛々とこの限られた日程を乗り切っていかにゃいかんと、いうところなんだと思いますんで。

何も出来なければ・・出来ずに国会を閉めるってことになりますと、それは自然死みたいな形で終わるという、誠に無様な形になるということを覚悟してもらわないけませんので、そういった意味では野田総理の決意なり覚悟が形として態度として示していただかにゃいかんなと、いう感じがしています。よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tulip 関 連 記 事 apple

pencil 天皇・皇后両陛下、寛仁さまを弔問される | 日テレNEWS24 http://www.news24.jp/articles/2012/06/07/07207140.html

 天皇・皇后両陛下が6日夜、同日に亡くなられた三笠宮寛仁さまを弔問されるため、東京・港区の赤坂御用地を訪れた。

 また、寛仁さまの妻・信子さまの兄である麻生元首相らも弔問に訪れ、在りし日の寛仁さまをしのんだ。

201266

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tulip 麻生さん関連の書き込み など tulip

為公会メンバー、つかだ一郎 参議院議員のブログhttp://blog.livedoor.jp/t_ichiro01/に麻生元総理が!!

<6月3日> 麻生太郎元総理が来県!

201263

本日、斎藤洋明第三選挙区支部長の決起集会に麻生太郎元内閣総理大臣が駆けつけて下さいました。

麻生先生からは『俺の見立てでは・・・』という演題で、経済のお話から安全保障の問題まで幅広く、分かりやすいご講演をいただきました。

斎藤洋明支部長は、麻生先生と同じ学習院大学卒業というご縁で、私も所属する『為公会』の一員として活動しております。

http://blog.livedoor.jp/t_ichiro01/archives/2012-06.html#20120603 (大きな写真あり!)

<6月6日> 「日本を元気に!つかだ一郎さんを囲む集い」

 昨日、永田町の憲政記念館において「日本を元気に!つかだ一郎さんを囲む集い」が開催され、300名を超える皆様にお集まり頂きました。ありがとうございました。

発起人代表で麻生太郎会長から挨拶を頂いた後、大島理森副総裁、河村建夫選対局長、石破茂元政調会長、新潟県連の星野伊佐夫会長などからご挨拶頂きました。 ・・・ 後略 ・・・

http://blog.livedoor.jp/t_ichiro01/archives/2012-06.html#20120606 (写真あり!)

凄いメンバーからご挨拶じゃありませんか。。。いいなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

bullettrain 講 演 会 情 報 rvcar

clover やまだ賢司を国政に送る会 (兵庫) http://www.yamada-kenji.com/index.html

 ●6月15日(金) 受付:18時00分~ 開会:18時30分~ 懇親会:19時30分~  
 ●場所  ノボテル甲子園2階「甲陽の間」  ●会費:10,000円

2012424_2

clover 中川ゆうこ政経セミナー (北海道) 

 ●6月17日(日)  【時間】 午後2時~
 ●場所 十勝幕別温泉 グランヴィリオホテル   ●会費 5,000円
   
 ★お問合せ先 http://nakagawa-yuko.jp/?p=598

clover 松本純政経セミナー2012 (神奈川)

 ●6月18日(月) 午後6時 講演  午後7時 懇親会
 ●場所 パンパシフィック横浜ベイホテル東急  ●会費 10,000円

  clip まちかど政治瓦版第113号  http://www.jun.or.jp/kawaraban/20120501-113.pdf

clover 安藤ひろし政経懇談会 (京都) http://ameblo.jp/andou-hiroshi/entry-11252637168.html

 ●7月21日(土)  18:30開会(受付開始18:00より)
 ●場所:リーガロイヤルホテル京都 朱雀の間 ●会費:10,000円
 ●内容:第1部基調講演 第2部懇親会
   ★お問い合わせ、参加ご希望は info@andouhiroshi.jp までご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞のニュースを丸っと信じていませんか?
生活直結の議論は国会で行われている! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (タイムシフト予約も可!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 【政界キーパーソン】6.3 谷垣禎一 自民党総裁に聞く・後編 【ラジオ番組 書き起こし】 | トップページ | 【薄桜記】山本耕史・記者会見記事☆「武士の本分」精いっぱい」【丹下典膳】 »

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/54900709

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 6/7 (2012):

« 【政界キーパーソン】6.3 谷垣禎一 自民党総裁に聞く・後編 【ラジオ番組 書き起こし】 | トップページ | 【薄桜記】山本耕史・記者会見記事☆「武士の本分」精いっぱい」【丹下典膳】 »