★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 花革命とやらに原子力発電所施設が晒されている危険を見た。 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 7/5 (2012) »

2012年7月 3日 (火)

【6.28 カフェスタ1周年】 スペシャル対談 麻生太郎 × 三橋貴明 【デフレ、消費税、etc.】

キターーーーーーーーーーーーー!!!!!

CafeSta開局1周年記念
          12時間ぶっ続け まるナマ自民党
shine

2012628_12

28日に12時間ぶっ続けで行われた、まるナマ自民党・・・その目玉プログラムの・・・正確に言えばCMも含めて目玉で無いプログラムがなくてトイレタイムに困った、カフェスタ恐ろしい子・・・の中でも、楽しみにしていた、この1本!!

2012628_12_2

公式のアーカイブが上がりましたぞ!!!happy01

スペシャル対談 麻生太郎 元総理 × 三橋貴明さん  (司会) 角谷浩一

当日の模様を三橋さんがブログにレポされています。

pencil 三橋貴明『通貨を発行して、借りて、使え』 http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11289652066.html

(三橋氏のブログより)

 上記の麻生元総理との対談を見て頂くと、現在の「経済」に関する状況、あるいはバブル崩壊後の日本の経済政策の現実が、相当に理解できると思います。特に、小泉政権期の経済政策について総理とわたくしが話している部分は、必見です。

 また、消費税増税の際の景気条項、公共投資、国土強靭化、量的緩和、デフレ対策、財務省、将来の日本などについて、かつてないほど(麻生総理が)踏み込んで発言をして頂きました。一部だけ、書き起こします。

三橋 「(前略)このまま日本のデフレが深刻化していってですよ、公共事業やりません、企業は 設備投資をしません。だんだん、基盤がボロボロになっていきますよ。結果的に最後は、国民 が働こうとしても働けない国になったようなものを、将来世代に残すことこそが、将来世代へ のツケの先送りだと思うんですよ」

麻生 「それは全く正しい。今の表現は巧いなあと思うけど、国民は政府に対して債務者じゃない からね。債権者なんだから、ね。将来に向かって立派な、安全な道路とか橋ができました。ね。 設備投資でいい会社も出来ました。雇用もあります。そういう、活力ある高齢化社会でもいいよ。 高齢化したって活力があればいいんだから。活力ある高齢化社会というのをつくるのに成功した ら、世界が日本を見倣うよ。間違いなく世界は日本を見倣う。僕はそう確信しているんだ。そう いうような国にどうやってやるかを考えた方が、余程いいような気がするんだけどなあ」

三橋 「もう一つポイントがあるんですよ。高度成長期に作ったインフラストラクチャーの寿命が、ちょうど今来ていますね。それで、さらに東日本大震災が2011年にありまして、国民は安全というものを求めています。本来、ここで政府が金を使わなければいけないんですね、当然ながら。
でも普通の国はインフレで、金利も高いので、政府が国債発行できないんですよ。ところが日本はデフレなので、0.8%というふざけた金利で政府がお金を借りて、さらに国内は仕事が無い人たちで困っているわけなんで、みんなが働けば出来るわけですよ。わたし、神様が、日本を称えて くれているんじゃないかと思うくらい、凄い幸運だと思うんですね」

麻生 「賛成」

三橋 「いまインフレだったら、大変ですよ、これは」

麻生 「それは間違いない。僕もね、金利が安い、土地が安い、工事費が安い、工期が短い。今やんなければアホですから」

・・・・・・ 続きは三橋さんのブログでどうぞ。お二人の写真もありますよ!!

麻生さんはいつも明るくお話されるけど、今回は講演とはまた違った、「ちょっと、ちょっと聞いてよw」風の気さくな感じがあって楽しかったなあ。ペットボトルのキャップを、机にペシペシ叩き付けるのって、将棋を指してるみたい・・・(麻雀じゃないよw)或いは、噺家か講談師の拍子木みたいな感じで何か話に強弱がついて良かったなw

ちなみに、麻生さんのマスコミ批判はこの日も容赦ないですw 
コネクターのニコニコ動画の吉野さん、やや、緊張しております。

2012628

(吉野さん) お二人はニコ動は良くご存知だと思うんですが。

(麻生元総理) ニコ動、よく見ますよ。普通のテレビよりよっぽど信用できますから。(笑顔)happy01

20126282_2

(吉野さん) 麻生さんには以前独占インタビューで御出演していただいたことがありましたね。麻生さん、ニコニコ生放送・・・、あ、ニコニコ動画、どんな印象をお持ちですか?

(麻生元総理) あ、これ、いわゆる途中でテレビ局が勝手にいいところだけ繋いで、自分の都合の良い様に編成・・・作り変えられないところが良いところだなあと。ここが最大の魅力かな。happy01

あ、麻生さん、そんないたずらっ子みたいな顔して言うか・・・!(爆笑)うおお、可愛いじゃないかっ!もっと言ってやれw

20126283

いいなあ、楽しそう。

・・・・・・・ 消費税増税・デフレ経済対策関係のお話をしている、8分ぐらいから27分ぐらいまで 書き起こし (敬称略)

三橋 : いわゆる資産デフレと言うやつですよね。あのはっきり言ってその、みんな同じことをアメリカもやってますけど、資産価格が株とか不動産が暴落したら、こりゃあね、みんな借金を返すんですよ。だって必ず借金してその資産買ってるので。そこでですね、例えば金融を緩和して、金利をゼロにしましたって言ったっても、これでも誰も金を借りないと。こういうような問題っていうのを、45年以降の世界っていうのは経験したことがないんですよ。官僚さんも多分知らないんじゃないんですか。結果的に正しいデフレ対策が打てないという状況はもう日本は何年でしょう、10・・・20年、20年続けてるんだからいい加減に反省しろよといいたいわけですけどね、ほんとに。

麻生 : そこが一番問題。だから過去20年間・・・まあ、小渕内閣この方ずっと、まあ政府の財政出動でいけばよく言われる公共事業なんてぇいうのがありますけども、こういった政府の支出っていうものは、公共工事が14兆5000億から今、6兆ぐらいまで下がってると思うね。ずーっと下がってる。その20年間の間、前の年より増えたのは麻生(内閣)で一回、その前に小渕内閣で一回しかないと思うね。ずっと下がってるわけ。ここは政府が出動して何とかしないとという先頭を切らなくちゃいけないんであって。

景気を良くするってことはGDPを増やすと同じ意味ですから、GDPを増やすっていうことは基本的に三つ、個人消費が伸びるか、民間の設備投資が伸びるか、もしくは政府の支出が伸びるか、この三つですよ。あとは他に純輸出とか色々あるよ。基本的にはこの三つ・・・でしょ?その2つがいま全然動かないとなれば、政府が先頭を切って動かす。すなわちそれは公共事業というようなものっていうのは政府支出ってものは、民間の設備投資が起きる雇用が伸びる、そういったようなところに回る政府出動。だから、子ども手当なんてやったって、子供の為に貯金なんかされちゃったら何の波及効果の意味無いんだから。そういったようなことで無くてやるというのが正しいんであって、それを思い切ってやる。

2012628

そうすると景気が、政府の態度を見て、おお、と思って。例えば工事事業者がトラクター・・・じゃなかった、ブルドーザー買いますの、ね、サイドランプローラー買いますのって言うようなことが起きると、景気が間違いなく回復してきたということを意味して、ああ、政府がそういう姿勢ならといって、事業、いわゆる事業ってのは民間の設備投資という名の事業が起きてくると、初めて雇用を増やしてこれ雇わないとやれねぇぞって言って人を雇い、そしてそれが給料が回り、それが消費に回りそして一回循環して初めて今度は消費税やらなにやらってとこにずっと入ってくるわけですよ。それが良くなってから、消費税を上げる順番にしないと(笑)、順番が違ってんだ、今。と、俺はw

2012628_2

角谷 : 順番が違うって、みんなが言ってるのに、どうして順番が違うのに三党合意が決まったんですかね。

麻生 : あ、そりゃあね、あれ、よく読んでないからですよ。あの中にキチンと書いてあって、ちゃんとその前の麻生内閣の時にいわゆる附帯条項104条ってのが付いてて、それにはちゃんと景気が良くなってからというのが書いてあるの。

角谷 : 景気条項というのですね。

麻生 : それと同じことがね、書いてあるの。それと同じことがあれにも書いてあるんですよ。中が。だから、すぐ(消費税を)上げるようなことになってますけども、それはその条件が整わなかったら上げない。

2012628_4

三橋 : そうなんです。総理、附帯18条ですよね今回は。その中に例えば強靭化の投資をやるとか成長戦略を打つとか、名目GDP3%を目標にするとか書いてあって、最後にその増税をする半年前にその、増税をするかどうかを判断すると。停止を含めてですね、書いてあるんですけど、何処のマスコミも報道しないんですけど、あれ!

麻生 : あれ、意図的にあそこ(附帯18条)を報道してないところだよ。

20126288

角谷 : なるほどね。

麻生 : だからね、もう、ニコ動を見てる人達なんか、これだけはほんとに、あそこが一番肝心なところなんじゃないかと

三橋 : あそこだけ、最後の一行だけでいいです。

角谷 : そういうとですね、来年の秋、国民会議の中身を受けて・・・

麻生 : そうです。

角谷 : そして、時の政権が・・・またまた来年の時の政権が何処だか誰だか分からないのがちょっと国民にとって不安ですけれども。

麻生 : はははは。(*^⊿^)

20126289

角谷 : その時の政権が判断して、上げるかどうかが決まるとこういうことなんですよね。

麻生 : そうです!

角谷 : ほんとのポイントは来年の秋なんですねえ。

麻生 : (来年の)10月ですよ。そこが勝負です。半年前までにやることになってますから。その10月までにキチンと対応する。その時までに、もう、どう考えたって、今の景気はあと1年でボンとそこまでいってるとは、とても思えないね。

角谷 : となると、状況は、あの・・・上げるのは難しいんじゃないかって言う状況になってますよね・・・

三橋 : 今のままでは無理です、絶対無理。あの・・・消費税上げるまでには。

麻生 : ああ、無理。

角谷 : 無理!?

麻生 : 不可能とは言わないよ(笑)。不可能とは言わないけど。難しい。

角谷 : その景気条項をクリアするだけの状況は作れないと。

三橋 : 例えば20兆ぐらい追加的に公共投資をやって国土強靭化をして、日銀がインフレ率を2%目標にしてジャブジャブ通貨発行、それだったら出来るかもしれません。ただし、それが一時的なものに終わっちゃったらドーンとまた落ちる可能性はあります。

201262810

麻生 : これはね、物凄く難しくて、いま日銀の名前が出たから言うわけじゃないけど、こりゃ、日銀がお金刷ればいいじゃないか・・・って言ってる、あんまり頭の良くない人が・・・

三橋 : ああw あんまり、それは、シーッwww ∑(゚∇゚|||)

麻生 : ねえ(笑)、あんまり良くない人がいるんだと思うんだけど。あのね、お金刷っただけじゃあね、そのお金は何処に行くかってったら、いわゆる銀行にお金が行くんですよ。ね。ところがそこにある銀行から、そのお金が企業だ個人の懐だって言うところに散って、これマネーサプライって言うんだけど、そこらのところまでお金が全部散らないと金融機関にないところにお金が、個人・企業に行かないと景気は回っていかないんですよ。銀行にじーっとしちゃう。ところが日本銀行はかつて竹中平蔵という人の時に、ただただ刷らされて30兆全然動かずってところにいたという経験がいまの白川(日銀総裁)さんにあるから、絶対出したくないんですよ。その経験があるから。だから日銀にしてみればうちも刷ってもいいけど、その代わりお宅もちゃんと景気対策・経済対策、やるんでしょうねって。

201262811

角谷 転がるようにしてくれるんですよねって。

三橋 : 難しいところなんですよね、お金を発行して、それを誰かが借りてそして雇用なりに使う、これだけですよね。やることって。なんでたかがこれだけのことが出来ないのかなと。ただ、総理、アレなんですよね、その、「コレキヨの恋文」じゃないですが、1930年代も全く同じことやってたんですよね。日本っていうのはね。問題の間違いとうことでですね。それでまあ、その、デフレ、バブル崩壊後のデフレ期に緊縮財政をバリバリやってですね。あの時は物価上昇率がマイナス13%とかなったので。ところが政治家の一部は考え変えないと、何でこうなっちゃううんですかね。

201262812

麻生 : 不思議ねえ。やっぱり、自民党と民主党、似たようなとこがあるのかもしれんけど、何となく意地とか面子とか、これまでのアレから急に変えられねぇとか色んなこと言うんだと思うけど。やっぱり間違ってると思うね。ここはどう考えたって、20年間間違えたんだから、さっさと・・・たまたま民主党に3年間ってことになったんで、もうこれでちゃんと御破算に願いまして、もうお宅は分かったでしょう・・・という話をして、次の内閣は誰がやるにしても、財政はまずは出動して、少なくとも景気が浮揚する経済が成長する為に民間の事業が個人の消費が雇用が起きるようなモノに政府のお金を出しますと。いわゆる財政出動は単なる・・・何てぇの、バラマキじゃなくて、事業に起きるようなモノにお金を出して、キチンとやってっていうのを、さっき言われたように自民党は国土強靭化というんんで10年間で200兆という、1年間で20兆というのを出しましたけれども、あれをやって、日本銀行もそれに見合うお金を出してきて、そしてその金がこっちも仕事が出てきて、ぐるーっと回り始めて、そんな難しい話でもなんでもないって三橋先生、言われたけれど、それは全くの難しい話じゃないんで。

201262813

それでこう、ばーっと循環し始めて一、二年して、おお、間違いなく良くなったといえば、設備投資が増えるんですよ。そしたら、民間の設備投資が増えだしたら好況になってきた、不況から好況になってきたって印だから、その段階で初めて消費税って話が法人税・所得税・事業税いろいろ入ってきて、まだいわゆる医療・福祉・介護に足りません足りないんなら、すみません、これを・・・っていう話を初めてして良いんだと僕はそう思いますね。

角谷 : 相当順番待ちが必要になりますね。

三橋 : 自民党の中でさえ、その政府の税収っていうのが国民の所得に比例してるっていうのを知らない人が結構いるんじゃないかなと。そんなことないと信じたいんですが。だって税収の出所って所得しかないんですよ。所得が大きくなってけば、税収勝手に増えるというのはこれはどんな時代でもそうで。あの、ようはデフレ期に増税すると減収になっちゃうってのは所得の方が小さくなっちゃうからなんですが。ということは、総理の仰った政策をして、所得が大きくなっていけばGDPが大きくなっていけば結構消費税増税しなくても良いんじゃないですか?

麻生 : う~ん。

三橋 : 可能性はありますよね。

麻生 : 高橋是清のこの時は一回も増税してないもんね。(「コレキヨの恋文」の本を手にして)

三橋 : 一回も増税してませんね。

麻生 : ああ、増税してない。間違いない。

三橋 : 勝手に政府の税収が増えるので、それで結局財政を賄えるようになったって。

201262814

角谷 : じゃあ、ちょっと伺いますけどね、この3年間、民主党はね、例えばマニフェストであれだけ掲げた八ツ場ダムは止めますとやりませんと言ったら、今回八ツ場ダム、工事やりますと言い出した。これはある意味ではその、公共事業をね、長年やるための予算付けなのかもしれないけれども。

一方でね財務大臣も総理もギリシャになっちゃいますよー!って脅かされてるんですけれども。ギリシャになっちゃうんですか?

三橋 : いやいやいや、馬鹿げた話ですよ!

角谷 : 馬鹿げた話www

三橋 : そういうことをいう人は、経済全く分かってないですよ。

麻生 : ははw あの、一番何が違うかというのはね、少なくともギリシャと同じになりますと言っちゃった馬鹿げたことを言った元総理って人がいましたが・・・まだ、まだいると思いますけれども。

角谷 : 前の総理(菅直人)ですね。

麻生 : この方の話を聞いて、あ、この人は全然分かってないんだなと思って、あれから僕はもう、しょうがない喋ろうと思って、それまで絶対テレビに出ることはしなかったんですけど、あれから出るようになった。

なぜかってね、ギリシャと日本と全く違うのはね、幾つ持ちがいますが。まず日本の場合は自分の国の通貨で国債を出してる。

三橋 : そうだそうだ。

麻生 : そして日本人が94%買ってます。ギリシャの場合はユーロっていう共通通貨で発行し、ギリシャ人は買ってんのは3割以下。ね。こっちは金利は0.8。ね、いま。1コンマ切ったわけですよ。向こうはもう、どんどんどんどん上がって今日いくらになったか知らないけど、上がってる。全く違うでしょうが。1%と26%だよ。片っぽは外人が買ってて、片っぽは自国民が買ってる。片っぽは自国の通貨でやって、もう全く違うのをギリシャみたいになります何ていうのはね、俺に言わせると嘘なんですよ。

しかも自国の通貨だけで出してることが出来るのは、日本・アメリカ・イギリス・スイス・・・ああ、ドイツもある意味では出来る。その5ヶ国ぐいらいですよ、世界中で自国通貨立てで国債(発行)。その対外の純資産も世界一の金持ち、個人金融資産だって1480兆だ90兆だか持ち、しかもその内、現預金が800兆とか恐ろしい力があるのを上手く活用することを考えれば良いのであって、公債で60年公債で借りてさあ、返しますっていうのをやればいい。高橋是清だって、この人、日露戦争の時に借りた1905年に借りたお金をイギリスやらクーンレーブ商会に返し終わったのは60年後ですよ。

2012628_3

三橋 : 1985年ぐらいですかね。

麻生 : そのぐらいに返してるんだよね、この人達。そういうね、どう考えてもちょっと今のは遮二無二10年もの国債だけに絞ってみたり、何か、何となく、ちょっと嘘っぽいね。

三橋 : こういうことだと思うんですよ。その日本円の通貨って、実はあれは日本銀行の負債なんですね。借金、借用証書なんですよ。現金紙幣って。で、国際は政府の借用証書ですよね。あのふたつって、実は金利が付く付かない以外に殆ど変わりが無いんですよね。というわけで、日本銀行に政府の借金を買い取らせれば通貨が増えると。何が問題って、インフレになる問題はありますよ。でもそういったことが出来るのが中央政府なんですけども。そういう国家感とか、国家とは何かとか通貨とは何かというのを日本人が忘れちゃったんじゃないかなあと。そこら辺が根本的に問題があるんじゃないかなと。

麻生 : あの・・・、お札の裏にこう、日本銀行券って書いてあってさ、硬貨には日本国しか書いてないからね。あっちは、お札は日本銀行券、500円玉は日本国。これはもう、やってることは同じことですよ。だから、そういった意味で少し落ち着いて考えてもらったら、ちぃ~っと分かりそうなもんだと思うんだけどなあ。

三橋 : 面白いのが、経済評論家ってほら、日本が破綻するとか崩壊するとかいうのが大好きじゃないですか。私は書かないけど。ああいう人達だって、報酬は日本円で貰ってるんですよ。私がね本当に破綻すると思ったら絶対に日本円貰いません。というのとですね、その、結局、日本銀行に国債を買い取らせるとハイパーインフレーションとか馬鹿げたことをいう人がいるんですけども、ちょっと待ってと。日本銀行は国債を買い取って通貨を発行するのが仕事ですよ。既に買い取ってますよ80兆円ぐらい。それをやるなってことは日本銀行いらないじゃんってことなんですかね。もう、馬鹿げてるんですよ。ほんとに破綻だなんて。

麻生 : ハイパーインフレーションっていってね、前年度比10000%ぐらいいかないとね、ハイパーって定義しないんですよ。あの戦後の一番激しい時だった昭和21年のインフレとかあの辺でもね、350~60%でしょう。ね。全然違うんだから。

2012628_5

角谷 : そしたらね、総理ね、あの・・・明らかに色々あの・・・民主党政権があまり経済が分かってなかったんじゃないかってことは良く分かりました。で、一方で彼らを含めて国民は誰にいま騙されてるんですか。こんなことを煽られて。

麻生 : そりゃ~・・・

201262816

三橋 : 総理は言い難いでしょうから、私が言いますけど財務省ですよ。それは勿論。

麻生 : それねえ、やっぱり財務省という所はね、ありゃ、複式簿記がないから。

角谷 : なるほどwww   三橋 : ははははwww

201262815

麻生 : あそこは単式簿記、大福帳しかないんですよ。従って、複式簿記の貸し方借り方って言うまあ、そこらの商店街のおかみさんでも知ってる基本的な知識ですよ。借り方貸し方なんて。で、お金を借りてるのは日本じゃありません借りてるのは政府。じゃ、必ず片側には借りてる人がいるわけ。貸してる人は誰かって言うと、それは国民が貸してるんですよ。皆さん方が、私は国債持ってないなんて言っても必ず銀行や預金なり郵便局に貯金してるからそのお金は間違いなく銀行に対する債権でしょうが。銀行にしてみりゃ借入金だから債務ですよ。銀行はそのお金で貸すところが無いから国債を買ってるんでしょうが?だから、皆さん方は間違いなく銀行を通じて政府の債権者、ね、債務者じゃないんだから、それをいかにも、こう・・・言われると、債務者!日本国の借金です!って言われるとまた全然あの・・・不勉強なで全く帳簿なんか全く分からない政治部の記者が、

角谷 : んふふふwww 政治部の記者がw なるほど、はい。

麻生 : それを書くわけですよ。だから、言ってる奴が分かってなくて、書いてる奴が分かんなくて、読んでる人が分かってなかったら、いよいよ分かんなくなっちゃう。・・・で、今日。

201262819

角谷 : なるほど。でもね、そこは逆に麻生内閣の時には、例えばね、ヨーロッパの経済危機を抱えていて、麻生さんはすぐ決断した。ま、これはね、色んな国内でも議論があったかもしれないけど、もしあれがなかったらってこと考えれば、やっぱり相当僕は手を早く打ったことになったと思うんですよ。でね、その手を打った一方で、財務省は、やっぱり麻生さんには、間接税を大型間接税をね(笑)、あの・・・値上げってことはどうですかねって、消費税上げないとって、これ言えなかったんですかね。

201262820

麻生 : あ、だけどね、僕の時には解散する前に間違いなく全治3年かかりますと、今回の不況は。3年いただいたら、やりますんで、もしそれでも景気が回復して税収が足りないと言うことになったら、上げさしていただきますという附帯条項104条ってのをくっ付けて、それで僕は解散しましたから。だからちゃんと間接税上げます、いわゆる消費税上げますということを前提にしてやってる。民主党は、絶対にやりませんとマニフェストに書いて、4年間はやりませんと。

角谷 : 書いてた書いてたw

麻生 : 俺、その金どうするんですかって言ったら仕分けと何とかで16兆8千億出しますって言ったかな。どこでそんなに出てくるのかなっておもったら、案の定そんなに出てこなかった。っていうような話になってるんで、やっぱり、きちんとしてやりますということを今回は言っていつやるかについては、さっき言ったように18条っていうので言われたあそこでちゃんと期日も決めよう、何して決めようとしてるのに今回は少なくとも三党で合意したんだから、合意した以上はキッチリそれを守って、そしてその時までになるべく景気を良くするように補正を組むなり何なりして上げて、そうしておいてその上でまず来年の・・・ちょっと間に合うとは思わへんけど、まあ、ほんとかよ!とみんな思うからね。これで上がったと思って、いっせいに行こうってなってくれれば良いですけど。そうは行かないでしょうから、そうするとタイムラグが出て来るんだと時間差が出て来るんだと思いますが。そうすることを考えて、やっていくんで、僕は今回合意が出来たって意義は大きかったと、僕はそう思いますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主に書き出したのか消費税に関することと菅総理から野田総理が平気で撒き散らす、国民の借金の嘘の辺り。

三党合意で、自民党が民主党似加担して消費税増税したって騒いでる人がいるけど、自民党が加わることで、わけの分からんままに出鱈目な内容で消費税増税されるのを、条件をつけて防いでるんですけど。

今すぐ上がるってわけじゃあないですからね。 兎に角、今の状態だといつ選挙になるか分からない、あと一年民主政権が粘るかもしれない。その時は、少しは国民生活放置で党内政局に明け暮れる、ろくでもない連中を選ばずに外交や、経済や国防、それぞれの分野を国益の為に頑張れる候補を選びましょうよ。

・・・・・・・・・・・  参 考  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

apple「『苦渋の選択』を知ってください。」 (ブログ:鯰のつぼやき)http://dakenbow.exblog.jp/16107412/
↑メルマガ・健ズバッ!Vol.68 の転載(転載許可済み)
「社会保障と税の一体改革について?さいとう健の考えー 」
平成24年6月21日 衆議院議員 さいとう健

pencil 「社会保障と税一体改革」について | 自民党の主張「ここが論点」 / 自民党FAXニュース | 政策トピックス | 政策 | 自由民主党 http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/recapture/117462.html

 民主党が修正合意の上、受け入れることとなった自民党の「社会保障制度改⾰推進法案」では、まず、第一の「目的規定」で、この法案は我々の政権時代に策定した「平成21年税制改正附則104条の規定の趣旨を踏まえて持続可能な社会保障制度の確立を図るため、社会保障制度改革について、その基本的な考え⽅その他の基本となる事項を定める」としており、社会保障制度改革の基本方針は、民主党のマニフェストや本年2月17日に閣議決定された「社会保障・税一体改革大綱」ではなく、自民党の考え方がベースになることが明記されています。

●経済への配慮
消費税の引上げに際しては、経済状況を勘案することとし、その判断にあたってはわが党の主張により、法案の景気条項に「成長戦略や事前防災及び減災等に資する分野に資⾦を重点的に配分するなど、わが国経済の成長に向けた施策を検討する」ことを盛り込みました。

clip 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案 (平成24年3月30日)   http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/tk20120330h.pdf  (55頁参照)

pencil 国土強靭化基本法案 | 政策トピックス | 政策 | 自由民主党 http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/117114.html

pencil 社会保障制度改革推進法案 | 政策トピックス | 政策 | 自由民主党 http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/117385.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

麻生総理時代の自民党CMもOAされたりして、懐かしいやら、何でこの人を引き摺り下ろすようなことをしたんだよーーー!と悔しいやらで。。。と、言いながら、キャー!麻生さーん!って弾幕飛ばしてたんですけどねw

麻生さんが政権与党でバリバリお仕事できるように、

       一日も早い政権奪還を望みまーーーーす!happy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞のニュースを丸っと信じていませんか?
生活直結の議論は国会で行われている! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (タイムシフト予約も可!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 花革命とやらに原子力発電所施設が晒されている危険を見た。 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 7/5 (2012) »

⊿ J-NSC 」カテゴリの記事

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/55087443

この記事へのトラックバック一覧です: 【6.28 カフェスタ1周年】 スペシャル対談 麻生太郎 × 三橋貴明 【デフレ、消費税、etc.】:

« 花革命とやらに原子力発電所施設が晒されている危険を見た。 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 7/5 (2012) »