★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【ザ・政治闘論】7.9 麻生太郎元総理&リチャード・クー氏 後編【消費増税と今後の政局】 | トップページ | 【NHKBS時代劇】 第一回 密 通  “新婚 早々、亭主は単身赴任” 【薄桜記】 »

2012年7月14日 (土)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 7/12(2012)

今週は小沢新党立ち上げの話もありますね。

正直に言って、あなた達は要らないからどこへでも行け!というところです。

9日のCS放送の番組内と同じ様に、附帯18条を読み上げておられますw 

この話、本当にTVでやりませんよね。

Photo_2

new 麻生元首相が新党批判「小沢さん自身の都合にすぎぬ」 2012.7.12 15:15

自民党の麻生太郎元首相は12日午後の派閥の定例会で、新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表について「増税の前にやるべきことがあるというが、やるべきことは(消費税増税)法案の付帯条項に書いてある。離党や新党の立ち上げは、単に小沢さん自身の都合としか思えない」と批判した。

 民主、自民、公明3党が合意した法案修正案の付則には、税率アップの前提条件として経済状況を好転させることなどが明記されている。

 消費税増税法案の今国会成立に政治生命を懸けている野田佳彦首相に対しても「間違ったことはしていないが、マニフェストにないことをするのだから、国民に信を問うのが筋だ」と述べ、法案成立後に直ちに衆院を解散するよう求めた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120712/stt12071215160010-n1.htm

movie 20120712-麻生太郎(為公会例会)

松本純先生、今週も動画をありがとうございます。 衆議院議員 松本 純 HP http://www.jun.or.jp/ 

「例会挨拶12・07・12」  麻生太郎 オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

【要旨】
● 昨日、民主党を離党・除名された小沢一郎氏ら40数名が新党を立ち上げた

● 自・公・民3党で合意した一体改革法案に不服で、「増税の前にやるべきことがある」と言われているようだが、ぜひ消費税法改正案、特に附則18条をご一読いただきたい

【社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案<衆議院HP>http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/g18005072.htm 】  

● 消費税率引き上げに経済状況の好転を前提・条件とするのは、麻生内閣で成立した改正所得税法附則104条と同様だ。そして、その為に総合的な施策が必要で、これこそが増税実施前にやるべきことである。従って、離党・新党立ち上げは、我々から見ると、小沢氏の自己都合としか思えない。政権交代からの3年間、一体何をしておられたのかと感じる

● また、法案に反対し党に残った鳩山元首相などがいろいろな動きをされているが、このままの状況で参議院での審議がうまくいくのか。3党合意をした時とは、状況が随分違ってきているのが実態だ

● 野田首相は、法案が通るものと思っておられる風があるが、状況はそんな簡単なものではない。先ずは党内をしっかりまとめてもらわないと、前提条件が違ってくる

● そして、この法案が成立すれば、堂々と国民に信を問わねばならない。決して間違ったことをされているわけではない。マニフェストに書いてないとは言え、ご自身でやらねばならないと思われたのだろう。ただ、約束していないことをされるわけだから、きっちりやり遂げたら、堂々と信を問うのが筋。またそれが、ご自身にとっても最もいい形だ

● 解散に追い込むという話ではなく、また、首相が追い込まれてということでもなく、ご自身の信念に基づいてご自身で決められる、これが正しいのだと思う


<書きおこし>

 それでは、昨日、民主党を離党というか除名された除籍だっけかな、除籍された小沢一郎先生他40何人かが、新党を立ち上げておられます。で・・・自公民三党で一体改革に関した法案には不服なんだということらしいですが、その文句をこう・・かいま聞いてみてると「増税の前にやるべきことがある」という話なんで、ちょっとそこ手元にある資料を配ったと思うんですが、これは新聞があんまり例によって報道しないところなんですが、あの・・・消費税率の引き上げにあたっての措置として、18条っていう附帯条項みたいなのが付いてんですが。その3番目のところを一番よく読んでもらいたいんですが、これこそ修正をつけて自民党が修正を付けてやったこの文章が一番大事で、

「この法律の公布を消費税率の引き上げにあたっての、経済状況の判断を行うとともに経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第二条及び第三条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。」

2012712

これが附帯条項として、もしくは修正として最後に申し入れて三党で合意したもの。即ち小沢さんっていう人は多分これを読んだことがない。僕にはそう思えますなあ。従って、引き上げ状況っっていうのは、簡単には経済状況は好転することは麻生内閣で附帯条項104条でくっつけたのと同じ話がここに書いてあるんですが。

所謂そのための施策は全部必要なんですよということを書いてあるということであって、これこそが増税を実施する前にやることなんであって、離党とか新党の立ち上げって言うのは我々から見ると小沢さんの単なるご自分の都合。

それとしか思えないんであって

政権交代から彼此3年経ちますが、一体何をしておられたんですかねと、私はそういった感じがしました。

Uptv0062146

また法案に反対して離党しなかった鳩山先生など、まあ、色々な動きをされておりますが、このままの状況で参議院の審議が上手くいくのかといえば、我々として見た場合は三党合意で党の幹事長が調印をした時とは状況が随分違ってきてるんじゃありませんかということが実態なんじゃないかと思います。従って、野田総理はもう、これ、通るもんと思っておられるような風がありますが、状況はそんな簡単なもんじゃ無いんじゃないですかということで、いま何となくPKOだTPPだ、この間は集団自衛権だ、色々言っとられましたけれども、まずは党内をきっちり纏めていただくということを手ぇ抜かずにやっていただかないと、これは前提条件が全然違うんだと言うことだと思います。

2012712_2_2

従ってこの法案が成立をすれば間違いなく堂々と国民にその信を問わねばならん。また問うべき立場だってなられるわけなんで、決して間違ったことをされているわけではありませんから。マニフェストに書いてないということではあるとはいえ、3年間の実績を見て、自分なりに「これはやらねばならぬ」とこう思われたんだと思いますので、約束していない、国民との契約とまで言われたマニフェストに書いていないことをやられるわけですから、少なくともやる以上、自分としてきっちりやったということを堂々と国民に信を問うのが筋だと思いますし、またそれが最もご自分としても一番良い形なんだと私にはそう見えますんで。

是非その点は解散に追い込むとか言うそういう話ではありません。これはご自分で一番自分の信念に基づいて解散をということをご自分で決められる。追い込まれてされるんじゃない自分で決められる、自分でやられる、これが一番正しいやり方だとそういう感じがしますんで。

是非その点だけは頭に入れていただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

clip 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案 (平成24年3月30日)   http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/tk20120330h.pdf  (55-6頁参照)

第十八条 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。

2 この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第二条及び第三条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。

 (所得税の税率に関する経過措置)

clip社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する法律案に対する修正案

附則第十八条第二項中「前項」を「前二項」に改め、同項を同条第三項とし、同条第一項の次に次の一項を加える。
2 税制の抜本的な改革の実施等により、財政による機動的対応が可能となる中で、我が国経済の需要と供給の状況、消費税率の引上げによる経済への影響等を踏まえ、成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分することなど、我が国経済の成長等に向けた施策を検討する

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/4_525E.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JNN系列のニュース映像が来てましたw 何かムカつくわ~。最後のオチが面白いけどw

<小沢新党始動> 
民主党を出て、国民の生活が第一 代表に就任した小沢一郎氏。
今日は国会内で各党へのあいさつ回りを行った。

2012712_jnn_1

自民:谷垣総裁 今や党首で先輩は小沢先生だけでございますから、いろいろ先輩の一挙手一投足をよく見守って___  happy01

生活:小沢代表 いやいや、とんでもありません

2012712_jnn_2_2

そして、「新党きづな」と統一会派を組むことを正式に発表した。衆議院では46人の勢力となる。

国民の生活が第一 小沢一郎 代表 : 私たちはあくまでも国民の皆さんとの約束を重んじ尊重して、それを国政の上で実現すると・・・  shock

2012712_jnn_3

野党自民党からは小沢氏の新党結成に冷ややかな声が相次いだ。

2012712_jnn_4

麻生太郎 元首相 : 政権交代からかれこれ3年たつが、いったい何をしておられたのか・・・

2012712_jnn_5

町村信孝 元官房長官 : また作って壊して作って壊して、またやってるのかという感慨しか湧いてきませんが・・・

2012712_jnn_6

谷垣禎一 総裁 : 協力するっちゅうのは、なかなか難しいことだなと。

総裁!見守るけれど、協力するかどうかは別ってことですね!!!!w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞のニュースを丸ごと信じていませんか?
生活直結の議論は国会で行われている! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (タイムシフト予約も可!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 【ザ・政治闘論】7.9 麻生太郎元総理&リチャード・クー氏 後編【消費増税と今後の政局】 | トップページ | 【NHKBS時代劇】 第一回 密 通  “新婚 早々、亭主は単身赴任” 【薄桜記】 »

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/55189503

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 7/12(2012):

« 【ザ・政治闘論】7.9 麻生太郎元総理&リチャード・クー氏 後編【消費増税と今後の政局】 | トップページ | 【NHKBS時代劇】 第一回 密 通  “新婚 早々、亭主は単身赴任” 【薄桜記】 »