★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【近いうちは】問責決議案提出!頑張れ、谷垣自民党!【終わった!】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 8/30(2012) »

2012年8月29日 (水)

【野田総理へ】09.7.14 麻生総理問責決議案・議事録をふり返る【贈る言葉】

今日の参議院本会議で野田総理への問責決議案が可決しようとしているのに、一応保守系の新聞といわれている産経新聞が未明に意味不明な主張をしていた。

お前は何を言っているんだ?と言いたいですね。マスコミは基本的に谷垣総裁がお嫌いのようだが、産経新聞の谷垣叩きは低レベルなことが多い。他紙が扱わない有益な記事もあるだけに惜しいところです。

new 【主張】自民党大儀なき問責でよいのか

この問責決議案に大義があるのだろうか。

 自民党は28日夕、公明党と共同で、野田佳彦首相に対する問責決議案を参院に提出した。

 谷垣禎一総裁は、問責決議案の可決によって特例公債法案の成立を困難にし、野田政権を解散に追い込もうという戦略を描いている。しかし、問責決議に法的拘束力はなく、野田首相はすでに今国会中の解散を見送る考えを示唆している。

 特例公債法案が成立しなければ今年度予算の執行に障害が生じ、国民生活や経済に影響が出る。政権奪還を目指す責任政党が、政局の駆け引きのためにこうした重要法案を「人質」にとるようなやり方は国民に理解されない。

 そもそも、問責の理由も不明確だ。谷垣氏は「内政、外交の両面で国政を進めていくことは限界にきている」と会見で説明したが、野田政権の具体的にどこを指すのか説得力を欠く。

 野田政権は自民、公明両党と協力して消費税増税法成立という実績を残した。竹島や尖閣問題への対応でも問題はあったものの、問責に値するほどの落ち度といえるのか。これでは何のための問責なのか、大半の人は首をかしげるだろう。

 何とも分かりづらいのは、消費税法では民主党と協力したにもかかわらず、同法が成立するや否や、手のひらを返したように野田政権批判に転じたことだ。

 与党が衆院選挙制度改革関連法案を単独採決するなど、野党に挑発的姿勢をとったことへの反発もあるのだろう。それでも、政権を担える政党としての信頼の重みをかみしめてほしい。

問責決議で失われるものは大きい。消費税増税でみられたような民主、自民、公明3党による危機克服の枠組みが消滅する。

 さらに、与党内からは野田首相と谷垣氏の間で交わされた「近いうちに国民の信を問う」という約束も破棄されるとの見方が出ている。結果として、解散そのものが遠のく可能性もある。

 いま、日本は領土・主権問題で中韓両国と緊迫した状況にある。3党の「決められる政治」の枠組みを残しておくことこそが国益にかなうのではないのか。自民党もこの枠組みを活用すべきだ。

 参院自民党は、国益と国民の利益を守るために問責の採決が適切かどうか考え直してほしい。   (2012.8.29 03:46)

  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120829/stt12082903460002-n1.htm

272 :日出づる処の名無し :2012/08/29(水) 04:31:07.22 ID:gtY93t2g
 ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/120829/stt12082903460002-n1.htm 
 問責の理由も不明確だ。谷垣氏は「内政、外交の両面で国政を進めていくことは
 限界にきている」と会見で説明したが、野田政権の具体的にどこを指すのか説得力を欠  く。
 野田政権は自民、公明両党と協力して消費税増税法成立という実績を残した。
 竹島や尖閣問題への対応でも問題はあったものの、問責に値するほどの落ち度と
 いえるのか。これでは何のための問責なのか、大半の人は首をかしげるだろう。

    _, ._
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。 

278 :木道 ◆VEkb2cSbK2  :2012/08/29(水) 05:17:43.81 ID:jHUOB1ov
>>272
 これは・・・あれですか?
 参議院本会議の問責決議案趣旨説明で「どうして野田が駄目なのか?」を
 もう「延々と」語るべきだという趣旨ですかね?

 やって良いんですかね?本当に。

・・・・ やってもらっても良いですけど、やりかけたら一日で終わりそうもないので適当に摘んでお願いしますwww だって、キッチリやりだしたら、外国人から献金を受けてたことから始めないといけませんからね。

clover 3党合意全文=一体改革 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201206/2012061600035&g=pol

マスコミが税金を上げる時は協力したのに問責を出すのはおかしいと誘導していますが、出鱈目なことをしている内容は関係ありませんから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年7月14日、衆議院では後の総理大臣になる野田佳彦氏が約3年後に返って来る壮大なブーメランを投げたその後で、現在の国会運営混乱の原因のひとつ民主党幹事長・輿石東氏と北澤俊美元防衛大臣が賛成討論をやっています。

まずは、輿石風情のたわ言から・・・ 動画グロ注意。

clip 内閣総理大臣麻生太郎君問責決議案 趣旨説明 輿石 東

[001/002] 171 - 参 - 本会議 - 39号
平成21年07月14日

内閣総理大臣麻生太郎君問責決議案(輿石東君外二十名発議)(委員会審査省略要求事件)

○輿石東君 私は、民主党・新緑風会・国民新・日本、日本共産党、社会民主党・護憲連合の三会派を代表し、ただいま議題となりました内閣総理大臣麻生太郎君に対する問責決議案について、提案の趣旨を御説明申し上げます。
 まず、決議案を朗読します。
  本院は、内閣総理大臣麻生太郎君を問責する。
   右決議する。

 麻生総理、あなたは、東京都議会議員選挙の結果をどう受け止められておられますか。あなたは、地方選挙と国政選挙とは別物だと言い続けてきましたが、今回の選挙は単なる地方選挙ではありません。その証拠に、あなたは自ら都議選のすべての自民党候補者の事務所に足を運ぶなど、歴代総理大臣としては異例の応援を行ったところであります。
 にもかかわらず、自民党は都議選において歴史的な大敗を喫しました。この敗北の意味するところは何か、そしてその責任はだれにあるのか、あなたが一番よく分かっていると思います。幾らあなたが目を閉じ、耳をふさごうとも、政権交代を求める国民の意思に逆らうことはできません。

 私は決断した。国会の冒頭、堂々と私と我が自民党の政策を小沢代表にぶつけ、その賛否をただした上で国民に信を問おうと思う。
 これは、去年の秋、就任早々のあなたが月刊誌に投稿した論文の書き出しであります。しかし、あなたは、この事実上の解散宣言をよそに、ずるずると現在まで衆議院の解散を先延ばしにしてきたのであります。
 解散しない理由として、あなたは、突然起こったアメリカ発世界的経済危機への取組を優先する、政局より政策だと言い訳をしてきましたが、本当のところは、メディアの世論調査の結果が思わしくなく、選挙に自信が持てなくなったからでしょう。もしあのとき、あなたがこの論文どおり解散していたならば、今ごろは国民に信任を受けた総理が真に国民のための大胆な政権運営を行っていたはずであります。

 綸言汗のごとしという言葉があります。一度言ったことは必ずやる、やれないことは言わないというのが最高権力者として総理が取るべき当然の態度であります。

movie参考動画・野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行

しかし総理、あなたの場合、定額給付金、厚生労働省の分割、そして最近の党役員人事をめぐるごたごたに至るまで、言動がぶれにぶれ続けた十か月であったと思います。特に、不透明なかんぽの宿売却をめぐる日本郵政の社長人事問題では指導力不足を天下にさらけ出しました。この点だけでも、遺憾ながら、麻生総理、私たちはあなたに対し、総理失格の烙印を押さざるを得ないのであります。
 こうして解散を延ばす間に、麻生総理、あなたは何をやってきたのでしょう。百年に一度の経済危機への対策と言いながら、不要不急の政策のオンパレードでありました。
 例えば、採算が合わないと言っていったんは凍結された道路建設も復活しました。また、官営漫画喫茶とやゆされるアニメの殿堂に至っては、なぜそのお金で生活保護の母子加算を復活させないのかなどと強い批判を受けました。極め付けは、さきの補正予算で総額四兆三千億円、四十六もの基金をつくり、今後数年にわたって使い続けようとしていることであります。
 要するに、その内実は、税金を使っての選挙目当ての壮大なばらまき以外の何物でもありません。

 すなわち、幾ら総理がその経済効果を強調したり政府が景気の底打ち宣言をしてみても、日銀はいまだ慎重姿勢を崩しておりません。わずか八か月の間に本予算と補正予算合わせて四回も編成し、総事業規模が百三十兆円を超える過去最大の経済対策の効果で一時は一万円を超えるのも時間の問題と見られていました平均株価も、このところずるずると下落し九千円台の前半で低迷するなど、再び景気の先行きに不安が広がっております。
 その一方で、小泉改革で大幅に増加した非正規労働者は去年の九月から今年三月までの半年間に十五万八千人も解雇され、またこの五月の有効求人倍率はついに〇・四四倍と過去最悪を更新するなど、福祉や失業者への対策の効果も極めて限定的であるとうかがわれます。
 しかも、かつて世界一の借金王を自称した小渕元総理のお株を奪うような国債の大増発で、結局、今年度一般会計予算の歳入は税収よりも借金の方が多いという異常事態となりそうであります。
 こうした借金への批判をかわすために、景気回復を前提に政府・与党は三年後の増税を打ち出しました。政府の借金のツケを国民に回そうというわけであります。そこには無駄遣いを減らし国民の負担を少しでも減らそうという考えなどみじんも見当たりません。
 その一方で、麻生総理の耳には国民の苦しみの声が全く届いていないようであります。参議院選挙での与党の大敗の原因となった年金問題を始め、医師不足、介護労働者の待遇改善など国民の生活を守る政策は次々と後回しになり、地方分権も遅々として進んでおりません。
 とりわけ、百年安心と胸を張った年金制度は、公約である将来にわたる現役世代の五〇%以上の給付が到底無理であることも明らかになりました。地方から鋭い批判が出た国の直轄事業の地方負担金をどうするか、いまだにはっきりとした姿勢は示されておりません。

 また、総理は、外交を得意分野だといって、国内の混乱をしり目に頻繁に海外に出かけ、麻生外交なるものを行ってまいりました。しかし、その結果はどうだったでしょう。
 今最も緊迫している北朝鮮との関係で、拉致と核の二つの問題について何の成果も上がっておりません。
 先日、あなたはイタリアで開かれたサミットに出席しました。しかし、ロシアとの間で期待された北方領土問題の進展もなく、オバマ大統領とは、会談とは名ばかりで、実態は打合せ程度であったと伝えられておるところであります。
 また、サミットへの出発は、総理、あなたの念願であったとも聞いております。そして、あなたが抜てきしたお友達閣僚も、中川前財務大臣、かんぽの宿問題の鳩山前総務大臣と、次々に閣外へ去っていった今、麻生総理にとってなすべきことはただ一つ、それは、この十か月、あなたが迷い続け、言い続けてきた、御自分の手で衆議院を解散するということであります。

 報道によれば、あなたは、来週中に衆議院を解散し、八月三十日を投票日とすることで与党と合意したとも伝えられております。しかし、これでは、任期満了での解散と余り変わらず、国民は意思を表明する機会を更に一か月半も待たされることになります。
 また、自民党の中には、あなたでは選挙にはならないとし、またぞろ麻生降ろしの風が吹き荒れそうな気配もあります。

 そして、もしあなたがこれに屈し辞職した場合、国民はまた不毛な自民党の新しい総裁選びに付き合わされることになるのであります。
 自公政権がこの四年間、

総選挙で国民の信を問わないまま、三代にわたって総理のいすをたらい回しにしてきたことに国民はあきれ果てております。
ましてや、衆議院議員の任期切れ直前となった今、四たび顔を替えて選挙に当たろうとするのは、国民への背信以外何物でもありません。

 これに屈してはなりません。あなたは何のために総理大臣の座におられるのか、よく考えていただきたい。ここで総辞職し、自らの手で国民の審判を仰ぐことをあきらめるのは、あなたがこれまでやってきたことを自らすべて否定するのに等しいのであります。堂々と自らの手で解散し、あなたがこの一年足らずの間にやってきたことの審判を受けるべきであります。

その責任をだれか別の人間に押し付けて逃げるのは潔い態度とは言えません。
 もう一度思い出していただきたいのであります。麻生はやり抜くと言われたことであります。衆議院を解散すること、それが麻生総理、あなたに与えられた最後の仕事なのであります。解散だけは自らやり抜いてほしいものであります。
 重ねて、麻生総理に対し、直ちに衆議院を解散されることを求め、問責決議案の趣旨説明を終わります。(拍手)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

clip 麻生太郎首相問責決議案に反対答弁【谷川秀善】&賛成答弁【北澤俊美】

・・・・・・・・・・・・・・

○谷川秀善君 私は、自由民主党、公明党を代表し、麻生内閣総理大臣問責決議案に断固反対の立場から討論を行うものであります。
 問責理由の第一として、直ちに解散して国民に信を問うべきと主張されておられますが、総理は昨日、既に、来週解散することを表明をいたしました。また、今週は北朝鮮貨物検査法案の参議院送付が予定されており、こうした重要法案の審議や民主党提出の政治資金規正法など衆参に数多くの法案がある中において、何ゆえに国会の審議の空白、停滞を生ずる問責決議を提出されたのか、誠に理解に苦しむところであります。このときに総理問責とは、まさに党利党略による、ためにする理不尽な暴挙と言わざるを得ないのであります。

 昨年九月に発足した麻生内閣を振り返りますと、その業績は政権与党としての責務を内外に十分果たしておるのであります。
 昨年九月二十九日、麻生総理が就任後初めて所信表明演説を行ったその日、ニューヨーク株が過去最大幅の下げを記録し、百年に一度とされる米国発の経済金融危機に世界各国が陥ったのであります。こうした中、麻生総理は、IMFに対し最大一千億ドルの拠出の表明などを行い、また、国内においては迅速かつ的確な経済対策を打ち出したのであります。

 まず、十月に十一・五兆円の安心実現のための総合緊急対策、いち早く手当てをし、次に十二月、二十七兆円の生活対策、さらには三十七兆円の生活防衛のための緊急対策、そして、今年度に入って五十七兆の経済危機対策、事業規模総額百三十二兆円のいわゆる景気対策四段ロケットを打ち上げたのであります。

 景気回復に全力を傾注した麻生内閣の一連の施策によって、六月の月例経済報告では景気の底入れ宣言が行われたところであり、着実に効果が出てきておるのであります。
 具体的例を幾つか申し上げますと、高速道路料金の値下げにより観光地に多くの国民が行楽に出かけ、定額給付金で買物客も増え、商店街に活気が戻ってまいりました。また、地域活性化のため、税収補てんに加えて地方交付税を一兆円増額をいたしました。雇用面では、雇用調整助成金の拡充などにより新たな失業者の発生を防いでおります。こうした中、株価も九千円台にまで回復してきており、主要国の中で我が国がこの不況からいち早く抜け出そうとしておるのであります。

 また、国会において、麻生内閣は前内閣から引き継いだ消費者庁の設置法案を成立させ、生活者重視の行政へと大きくかじを切る決断をいたしました。しかしながら、民主党は、二十年度第二次補正関連法案は引き延ばし、自らの提出法案は強引な成立を図るなど、党利党略のみの国会運営を行ったのであります。

 外交面では、麻生内閣は、国際社会の一員として、その責務を果たすため、インド洋における給油活動を継続するためのテロ特措法案を敢然と成立させたのであります。また、中国と韓国首脳との会談を頻繁に行うなど、総理のリーダーシップによって両国首脳との関係は戦後最も緊密な状況となったところであります。発展目覚ましいインドとの間では、安全保障協力共同宣言などを署名し、協調関係を深めることになりました。

 このように、世界経済が落ち込む中、先頭に立って回復に邁進され、数多くの業績を上げられた麻生総理を問責しなければならない理由など、全く見当たらないのであります。
 民主党の諸君にお伺いをいたしたい。参議院で総理問責決議を出すからには、今後の審議を放棄する覚悟があっての上でお出しになったのでありましょうか。まさか、民主党鳩山代表の政治資金不正疑惑を隠すための思惑あっての総理問責決議ではないですか。

 焦眉の急である北朝鮮貨物検査法案はどうするおつもりなのでしょうか。我が国同胞の拉致を始めとして、ミサイル発射や核実験など、暴挙を繰り返す北朝鮮の行為を見逃すのでありましょうか。国家の役割は、国民の生命や財産、安全を守ることにあります。北朝鮮という我が国最大の脅威に対し何らの手段も講じないのは、国家の役割、威信を放棄したに等しいのであります。

 また、国際社会が一致して取り組んでいるソマリアの海賊行為対処法案、在沖縄米海兵隊のグアム移転協定に反対し、さらには、小沢前代表は、日本の安全は米海軍第七艦隊で十分だと公言されました。
 今国会、日米特別協定は参議院で否決され、衆議院の優越規定により承認されましたが、この協定の審議も遅らせ、日米同盟に大きく影を落とすことになりました。我が国の外交と国防の基軸である日米同盟を民主党の諸君はどうお考えなのでしょうか。将来、政権を担おうと公言をしている政党が日米間の重要な協定を否認したことにどう責任を持たれるのでありましょうか。無責任これに極まれりでありませんか。

 世界が多極化、かじ取りがますます厳しくなる中、以上のような民主党の外交姿勢、鳩山友愛外交では我が国の国益を大きく損ねかねないのであります。
 また、総選挙を前に様々な公約が聞こえてまいりますが、示される新規施策を裏付ける財源には、与謝野財務大臣も空想と幻想の世界と断じているとおり、政権を目指す政党の公約としては無責任と言わざるを得ません。
 一般会計と特別会計を合わせ、国の予算二百六兆円のうち、補助金、人件費、庁費などで七十兆円を削減対象と位置付けております。しかし、例えば、補助金四十五兆円のうち、社会保障、地方交付税、文教関係だけで四十兆円を超えるのであります。本当に言われるとおり二十兆円を削減できるかどうかは疑問であります。その上、消費税については議論の必要もないと鳩山代表は発言されております。つまり、民主党は国民生活重視と言っているものの、まず政権奪取ありきで、裏付けのない絵空事で国民を欺いているのであります。

 麻生総理は責任を持って、国民に安心して暮らせる、そして活力のある社会をつくることを約束し、敢然と解散・総選挙に打って出て、国民の信を問う決意を表明したのであります。
 我々参議院自民党、公明党は、この総理の決断を支持するものであり、問責決議に怒りを込めて反対し、打って一丸となって総選挙を戦い抜くことを表明して、私の反対討論を終わります。(拍手)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○北澤俊美君 民主党・新緑風会・国民新・日本の北澤俊美であります。会派を代表して、ただいま議題になりました麻生総理大臣に対する問責決議案に賛成の立場から討論を行います。

 麻生総理、あなたは昨日、衆議院を七月二十一日の週に解散し、八月三十日に総選挙を行う旨を予告表明されました。遅きに失したとはいえ、あなたの決断に対して我々は参議院の意志を表明しなければなりません。それがただいま提案されました問責決議案であります。過去十か月の麻生政治に対し、我々は断固としてノーを表明するものであります。
 麻生総理、あなたが昨年九月に総理大臣になられたとき、祖父である吉田茂総理の孫であることへの誇りを語られていたのを思い出します。
 しかし、あなたが目指した総理のあるべき姿に果たしてどれだけ近づけましたか。残念ながら、私には総理としてのあなたには失格の烙印を押すしかありません。すなわち、総理大臣に不可欠な指導力、決断力、実行力のいずれも欠落し、国民に失望感のみを残したのが実情だからであります。

 吉田総理は在任中、政界、学界、マスコミからあらしのような非難を浴びながら、しかしGHQとのたぐいまれな交渉術と経済の発展に重点を置いた強固な意志力をもって日本の再生に成果を上げました。時に、東大南原総長を曲学阿世とまで断じて頑固を通しました。後世、歴史は吉田政治を高く評価し、歴史に名を刻んだのであります。残念ながら、あなたにはその片りんすら見ることができないのであります。
 そもそも、あなたがあこがれた吉田政治と現実の麻生政治は、政治以前の血のつながりと少年のあこがれがない交ぜになった、誠にもって非なるものであります。単なるあなた個人の高望みと幻想にすぎなかったと断じざるを得ないのであります。あなたにとって総理大臣の座は高望みだったのではないかと思うのであります。
 しかし、麻生総理、あなたには総理大臣にしかできない最後の仕事が一つだけ残っております。すなわち、伝家の宝刀である衆議院の解散権を行使して、国民に信を問うことであります。あなたの前任者、福田康夫、安倍晋三の両総理がやりたくてもできなかった解散権の行使と総選挙を断固としてやり抜くことこそ、あなたが土壇場で総理大臣としての面目を施す唯一無二の機会であります。

 さて、麻生総理、今更の感なきにしもあらずですが、あなたの総理失格の理由を以下のように列挙し、国民の皆様に理解をいただきたいと思うのであります。
 もちろん、漢字が読めないなどは政治家としてのあなた自身の欠点ではありますが、私が特に強調しておきたいのは、あなたのような政治家を総理大臣・総裁として選んだ自由民主党が、もはや賞味期限が切れている事実であります。一国のリーダーとしての識見や実行力に欠けるあなたのような人物しか選べないほど政党としての活力が失われており、もはや政権政党としての資格はなくなっているのであります。

 先ほど衆議院で細田幹事長の断末魔の叫びが聞こえてきました。ただ、御心配には及びません。私たち民主党は、自民党に取って代わり政権を担当する準備を着々と積んできております。最近の各地首長選挙と都議選の結果は、国民の目がどちらに向いているか明らかであります。安心して政権の座から降りていただきたいと思うのであります。

 第一に指摘したいのは、総理に求められる決断力のなさであります。何事にもぶれにぶれました。解散・総選挙については、就任直前までは自民党の顔として早期の解散・総選挙をにおわせながら、次々に時期を遅らせていきました。政局より政策、景気対策を優先と言い訳を口にしましたが、何のことはない、選挙情勢調査の結果が敗北濃厚となったからにすぎないのであります。目玉政策に仕立てた定額給付金についても、最初は格好を付けてさもしいと言いながら自分は受け取らないと発言したのに、周囲からいろいろ注文を付けられ撤回しました。最近の党人事をめぐっても、いったんは断行を示唆しながら、党側の圧力に耐えられず、結局腰砕けになりました。

 第二に、指導力に欠けていることであります。典型的だったのは、かんぽの宿事件で、一連の事態を究明し、日本郵政株式会社の西川社長の責任を問おうとした鳩山総務大臣を更迭したことです。本来なら西川社長を交代させたかったはずなのに、あえて盟友の鳩山大臣を切る形で辞任に追い込んだのは、小泉元総理らの圧力に屈したためではありませんか。

 第三に挙げたいのは、大口をたたく割には実行力がないことであります。あなたは、外交の麻生を売り物にし、ロシアとの北方領土問題の解決に糸口を付ける意欲を再三強調していました。しかし、さきのサミットでは何の突破口も開けず、逆に後退した印象を残しました。用意周到な根回しに欠けていたからであります。外務官僚をうまく使いこなしていません。経済対策についても、かつてない財政規模の補正予算を組みましたが、役人任せにしたため、その中身たるや、アニメの殿堂に象徴されるように不要不急のお粗末なものが目立ち、まさに無駄遣いオンパレードで、官僚たちの勝手放題だけが目に余りました。景気回復につながらず、国民にとっては、いずれ消費税引上げという負担増を押し付けられるだけに終わっています。

 第四に、超少子高齢化社会が進む中で、年金、医療、介護の将来に対する国民の不安感増大に対し何ら手を打たず、確かな制度設計を示すことがなかったことは、麻生政権の致命傷であります。
 麻生総理、あなたの政権はもはや国民の信頼を失っております。そのことを雄弁に物語るのがマスコミ各社の世論調査に表れた内閣支持率の低迷であります。また、昨日行われたNHKの世論調査においても、麻生内閣を支持しないは七〇%に上がっております。NHKの調査は、とかく時の内閣に甘く出ると言われておりますが、それでもこの数字であります。その七〇%の中身は、政策に期待できないが三六%、実行力がないが三〇%であります。また、あなた自身が異例の応援に駆け回った東京都議選の大敗も、人心があなたと自民党から離れていることの証左にほかなりません。
 いみじくも、石原東京都知事は、都政与党の自民大敗に対し、人心の離反だと怒気を込めて発言をいたしました。まさに正鵠を得た発言ですが、人心の離反は、麻生内閣だけではなく、それを言った石原都知事自身にもあることを忘れた悲劇の中のまさにコメディーであります。
 一方、麻生総理は一地方選挙と逃げを打っています。この混乱こそが、自民党と麻生内閣の弱体化であり、我々が都議選勝利は政権交代の一里塚と言い続けたことを証明しております。
 冒頭申し上げたとおり、麻生総理は解散・総選挙の日程を表明されました。よもやとは思いますが、また迷走は願い下げにしてほしいのであります。あなたの大切にしている容姿のダンディズムを決断という心のダンディズムに置き換えて、解散・総選挙を断行されることを切に望むものであります。

 最後になりますが、あなたの人生最大の失敗は総理になったこと、いや、総理になりたいという野望に取りつかれたことではありませんか。塩野七生さんは、虚栄心とは他者から良く思われたい心情であり、野心とは何かをやり遂げたい意志であると言っております。
 麻生総理は、総理になった途端に野心を捨てて虚栄心だけの人になってしまったのではないでしょうか。他者に良く思われたい、与党にとって危険でない人が総理の座に居座ることほど、国民にとって危険なことはありません。
 あなたが総理にふさわしくないことを重ねて表明し、心ある本院議員諸君の御賛同を……

○議長(江田五月君) 北澤君、時間が超過しております。簡単に願います。

○北澤俊美君(続) お願いして、私の賛成討論を終わります。(拍手)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野田総理や民主党政権へのブーメランになる言葉を文字の色を変えて強調しています。

もう、今聞いても腹が立ちますね。pout

そして、こういうインチキで出鱈目な連中を麻生総理を引き摺り下ろして選んじゃってこのザマなんですから、国民ももっとしっかり見る目聞く耳を持って、マスコミの世論誘導に騙されないようにしなくちゃ。

政治なんか誰がやっても同じだから興味ないね・・・とか粋がってる奴は大馬鹿者と蔑まれるべきかと。

政治の「せ」の字は生活の「せ」といったら納得してくれた人がいた。政権交代して実害がはっきりわかった人も多いだろうし、いざ選挙となったら色んな情報が入ってきてどうしたら良いんだろう・・・ってところもあるかもしれないけど、これにイエス・ノーといった単体で全部を評価すること内容に総合で評価して選んで欲しいです。

さあ、野田総理、御決断を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞のニュースを丸ごと信じていませんか?
生活直結の議論は国会で行われている! 

国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (タイムシフト予約も可!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/


  (画像クリックで公式ページに飛びます。)

« 【近いうちは】問責決議案提出!頑張れ、谷垣自民党!【終わった!】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 8/30(2012) »

⊿ J-NSC 」カテゴリの記事

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/55531233

この記事へのトラックバック一覧です: 【野田総理へ】09.7.14 麻生総理問責決議案・議事録をふり返る【贈る言葉】:

« 【近いうちは】問責決議案提出!頑張れ、谷垣自民党!【終わった!】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 8/30(2012) »