★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【谷垣総裁からの】頑張っている人に向ける眼差し。【メッセージ】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 9/27(2012) »

2012年9月25日 (火)

【総裁選挙】自民党新総裁に望むこと・・・自民党とは。

明日26日は自由民主党総裁選挙の開票日ですね。 

色々なことがあった総裁選でありますが、新しく自民党の総裁になられた方は、谷垣禎一総裁が日本と自民党再生の道標を築いたのを引き継いで、さらに野田民主党政権を解散に追い込み総選挙で見事勝利を占めて政権奪回していただかなければなりません。

新人の支部長さんが自民党に対する思いや新総裁に望むことをメルマガに掲載され、その内容をブログにもUPして下さっています。

とても良い内容なので拙ブログも転載します。(メールマガジン登録も宜しくお願いします。)

こういった、日本の伝統と文化に誇りを持ち、志の高い若い人をどんどん国政に送り出せるように、党内を一致結束させて政権奪回に頑張れる総裁が選ばれますことを希望しています。

Op

自由民主党 京都第6選挙区 安藤ひろし 支部長 http://ameblo.jp/andou-hiroshi/ のブログより転載

new 『自民党新総裁に望むこと』 http://amba.to/NNQT1l  (9月24日)

 明日配信予定のメールマガジン「安藤ひろしが語る日本の政治・経済・そして経営の本当の話」を転載します。よかったら、下記から読者登録をしてください。また、拡散して読者増にご協力いただけると幸いです。

  http://www.mag2.com/m/0000150574.html

なお、転載自由ですので、出典明記のうえ自由に使ってください。

 以下、メールマガジン本文です。 

 こんにちは。税理士の安藤ひろしです。

 自民党の総裁選挙も残すところあと一日となりました。

 あす26日には、いよいよ新総裁が選出されます。 

 下馬評では、石破さんが地方票で一歩リード、安倍さんと石原さんが後に続いているとか。

 おそらく一般党員はすでに投票を済ませていると思われるので、(一般党員は郵便投票で25日必着。)あとは国会議員票の行方次第ということになります。

 私も、今回初めて自民党総裁選挙の投票をしました。 

 前回の衆議院選挙が終わるまでは、いわゆる「無党派層」で、政党に入党することなど、まったく考えていなかったのですが、政権交代によって、自分の人生も大きく変わってしまいました。
(これも全部自民党がだらしがないのが悪いのです。笑)

 そういうわけで、私はまだ自民党員になってから2年ほどしか経っていません。

 選挙区を歩いていて、何十年も党員をやってこられた方にはやはり敬意を表します。 

 特に京都六区は自民党の弱い地盤でもあり、(京都六区最大の都市である宇治市は、いまでも共産党が市議会の第一党です。)そういう地域で自民党の看板を背負い続けるのは大変だったであろうと思います。

 そして、政治活動をやってみて改めて強く感じることは、自民党には民主党の労働組合のようなはっきりとした強力な支援団体がない、ということです。

 はっきりとした支援団体がないのに、なぜ自民党はずっと政権与党であり続けたのか。

 それは、地元に根をおろした政治家を地元の人たちが中心となってまさに草の根運動で後援会をつくり、自分たちの代表を代議士に押し上げる活動をしてきたからです。

 そして、いままでは、日本の伝統・文化・風習などを大事にする従来からの伝統的価値観を守ろうとする人たちが圧倒的に多く、そういう人たちが支援する政治家が所属する政党が自民党だったからです。
 
 つまり、自民党は日本の伝統的価値観を大切にする保守政党であるということです。

 ところで
 
 国旗や国歌を尊重しさえすれば保守なのでしょうか。
 領土や領海を断固として守る、と叫べば保守なのでしょうか。 

 いいえ、そうではありません。

 保守政党とは、先人たちが培ってくれた伝統的価値観や倫理観を尊重しながら、新しい時代を自分たちの力で切り開いていくことを実行する政党です。

 いま、一見保守の顔をしながら、実はすべての伝統的価値観を破壊し、すべてを自分たちの、いまの価値観で作り直そうとする勢力があります。そして、一部の保守派といわれる人たちが、その勢力に迎合しようとしている。

 本当の保守派とは、自分たちのいまの価値観に常に疑問を抱き、先人たちの知恵や道徳観、倫理観を尊重しながら、慎重に時代の変化に対応しようとしていきます。自分が実行しようとすることは、いままでの日本を作ってくれた先人に恥じない行為だろうか、と自問自答しながら、それでも実行するには相当の覚悟をもってことにあたる。 

 これを実行するには、確かな日本の歴史観と政治哲学を持っている必要があるのです。

 自民党の新総裁には、それだけの見識をもっていただきたいと切に願います。 

■ 編集後記

 今回の総裁選挙は、誰に入れるか、本当に悩みました。

 次の衆議院議員総選挙は、前回以上に日本にとって大事な選挙になります。
 
 その選挙での「自民党の顔」を決める選挙です。ほんとうに大きな意味のある選挙だと思っています。
_____________________________________

・・・・・・・・・・・・  転載ここまで ・・・・・・・・・・・・

安藤支部長は、の京都南部(宇治市など)の豪雨被害対策にも奔走されています。 

7月に行われた安藤ひろし支部長の政経懇談会に参加して来ましたので、その時の記事を置いておきますね。

bud 【京都】7.21 「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(1)【伊吹文明 衆議院議員】 
    http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/721-62f8.html

bud 【京都】7.21 「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(2)【谷垣禎一 自民党総裁】 
    http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/721-7de8.html

bud 【京都】7.21「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(3)【西田昌司 参議院議員】
    http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/721-b91b.html

bud 【京都】7.21「安藤ひろし 政経懇談会」に行ってきた。(完)【ゲスト:麻生太郎 元総理】
    http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/721-1fca.html

<安藤支部長について  ・・・ 麻生太郎元総理>

後で、今の話の中で、今回の安藤君の配ったこの紙(政策パンフレット)を、読まれた方のほうが殆どいないと思うけど。(会場・笑) ね。顔が何となく、おお・・とかいう、その程度しか読んで無いんだと思うけれども、これはねえ、読んでみるとね、結構、この種の奴は年間何十枚と応援に行くたびに読むもんなんですよ。これは珍しくまともなことが書いてある。(会場・笑)なかなかでしたよ、こりゃあ。正直感心した。先ほどの伊吹先生っぽく皮肉っぽく言えば、ねえ、学歴たいしたことなくてもたいしたもんだと、僕はそう思ったね、正直なことを言うけど。

何が書いてあるかと、いいことが書いてあるんですよ。問題はこれを実行する為に、実行する為には選挙に勝たにゃ、勝ってバッジをくっ付けて、国会議員にならない限りこれを法案に出来ないんですよ。従って、こういったことをやりたいという志っていうものは、キッチリ持ってもらにゃいかんのですけれども、その持ってもらった上で、このやっていく目的がこれをするのが目的であって、(選挙に)通るのは手段です。選挙も手段。目的はこの書いてあることをやりたいというのを京都6区からぜひそういった志を持っている若者を、皆さん方で産み育てていって貰いたいと思って、今日はそのお願いにきました。

Img_0069c

 ・・・ パンフレットより ・・・

 いまこそ、日本人は、その持てる力を結集して、平和で豊かな国づくりに向けて力を尽くさなくてはなりません。今の日本に必要なこと、それは私たち一人ひとりが、家族のために、職場のために、地域のために、ひいては国のために何ができるのかを考え、行動することです。

clover 安藤ひろしの政策 http://www.andouhiroshi.jp/policy.html

1.日本の教育を問う  2.平和のあり方を問う 3.現代に生きる日本人の使命を問う

4.少子化問題を問う  5.国の豊かさとは何か、を問う 6.地方経済の再生を問う

pc 公式HP http://www.andouhiroshi.jp/ の方に色々と情報があるので御覧くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 【谷垣総裁からの】頑張っている人に向ける眼差し。【メッセージ】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 9/27(2012) »

⊿ J-NSC 」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/55745306

この記事へのトラックバック一覧です: 【総裁選挙】自民党新総裁に望むこと・・・自民党とは。:

« 【谷垣総裁からの】頑張っている人に向ける眼差し。【メッセージ】 | トップページ | 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 9/27(2012) »