★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 『自民党カレー』を食べてきました。 | トップページ | 谷垣前総裁の勉強会発足!頑張れ、チーム・ガッキー! »

2012年10月 5日 (金)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 10/4 (2012)

与野党ともに党首選が終わって党内人事もだいたい出来上がってきましたね。

正直、野田内閣の顔ぶれ党内人事などを見ると、解散する気は無いが日本を壊す気だけは満々だなと言うふざけたもののようです。

政治家に限って言うことではないですが、やっぱり、自分の言ったことには責任もって約束は守らなきゃ。守れない場合は理由を説明する責任はあるでしょう。言ったことが悉く成らないのに、「誠心誠意・正心誠意」とかどの口が言うねんと思います。

さっさと日本の為に解散総選挙。そして政権奪還。
その為に、自由民主党の議員の皆さん、国会議員・地方議員の区別無く一致団結して戦い抜いてください。

・・・・・・・・・・・・

new 「“近いうち”から“遠いうち”に」「逃げよう逃げようという感じ」麻生元首相が民主批判 - MSN産経ニュース

 自民党の麻生太郎元首相は4日の派閥の例会で、衆院解散・総選挙の時期について「近いうち、というのから遠いうちにだいぶ変わってきたような気がする。(野田佳彦首相は解散を)逃げよう逃げようという感じだが、この内閣が一日続けば一日続くほど国益を損なうと確信する」と述べた。

 野田首相が谷垣禎一前総裁との党首会談で「近いうちに信を問う」と表明したにもかかわらず早期解散を先送りを図ろうとしていることを批判、自民党は攻勢を強めるべきだとの考えを示唆したものだ。 (2012.10.4 15:25)
         http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121004/stt12100415250009-n1.htm

・・・・・・・・・・・・・・・

movie 20121004-麻生太郎(為公会例会)

今週も動画をありがとうございます。 tulip 衆議院議員 松本 純 HP http://www.jun.or.jp/

pencil 「例会挨拶12・10・04」  麻生太郎オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

【要旨】
● いよいよ、安倍自由民主党が始動した。安倍総裁の下に、高村副総裁、石破幹事長、細田総務会長、甘利政調会長、そして浜田国対委員長と、なかなか強力な陣容だ

● 傍ら、民主党も内閣改造・党役員人事をされているが、「滞貨一掃」、「思い出づくり」と揶揄されているように、実力差は歴然としている

● 先週も申し上げたが、自由民主党は、民主党にできないことをやらなければならない。それを最も分かりやすく示せるのは、何と言っても、党内の一致結束だ。これが一番大事だ。自由民主党は、総裁選挙が終わったら一致団結して、政権奪還を目指す為の態勢を整えなければならない。日本が再興していく為には、自由民主党の結束力が必要だ

● それにしても、未だに与党サイドから党首会談の話が来ていない。どうしてだ。「(国連総会から)帰国したら党首会談を」と言っていたではないか。解散についても、「近いうち」から「遠いうち」に変わってきたのか。なんとなく、逃げよう逃げようという感じなのか

● 我々からすれば、この内閣の存続が1日延びれば1日延びる分だけ、国益を損なっていると確信している。早急に抱えている問題を解決しなければならない。いたずらに時間を経過させることは、行政のトップとして許されることではない

● 民主党は未だに「野党国対」で、自民党が何か言ってくるまで待っている。それは違う。与党が能動的・主体的に「こうしたい」というものに、我々野党が対応するのが基本だ。「じーっとしていれば、そのうち自民党が言ってくるだろう」と、(政権交代から)3年も経ってそれでは話にならないし成長も伺えない。3年間の与党生活、政府の経験を得て、未だに「分からない」ではとても済まされない

● この結果、国政が滞っている印象を与え、国民にとって極めて不幸な状況になっている。1日も早く党首会談を行い臨時国会の日程を決めるよう、我々としては積極的に働きかけていきたい

【動画書き起こし】

  いよいよ、安倍自由民主党が始動を開始したところです。安倍総裁のもとに高村副総裁、石破幹事長、甘利政調会長、そして、細田総務会長、浜田国対委員長という布陣を見るにつけ、ここはなかなかあの、強力な陣容だなというのが正直な実感です。

傍ら民主党の方も内閣改造・役員人事が行われておりますが、こちらの方は、まあ、揶揄されている様に「滞貨一掃」とか「思い出作り」とか何か、みな一度は・・・とか言いながら、もうちょっとさせてもいい・・・ああいうのにさせたらどう?と言うのがいるんですけれども、そういうのも目に付く割りには何となくちょっとそういう人達は重用されていない様に見えるんですが。あの、実力差は極めて歴然としていると思っていました。

あの・・・先週も申し上げたことなんですが、自由民主党は民主党に出来ないことをやらにゃならんと。それ最も分かりやすく示しているのが、なんていったって一致結束。これが一番大事なんだ。うちはサークルやってんじゃないんだから。あちこちサークルがいっぱいあるのとは訳が違う。自由民主党という党としては、きちっとした総裁選挙が終わったら我々は一致団結して「政権奪還を目指すためにどの体制がいいか」というのを、まずは考え出さにゃいかんとこなんであって。我々は、日本が再興していくためには、自由民主党の結束力が必要なんだと思っています。

201291004 しかし、それにしても未だに幹事長室からというか与党サイドの方から党首会談の話っていうのがまだ来てない。正式には来てない。どうして?だって、終わったら即、党首会談をやって、なんとかかんとかって言ってじゃない。ついこの間。解散・・・も、「近いうち」って話も、「近いうち」から「遠いうち」に変わるうちから、だいぶん変わってきてるような気がしますけれども。何となく、逃げよう逃げようって言う感じなんだと思うんですが。

我々から見てるとこういったものは、きちっとやらないと、この内閣が存続し続けることが一日伸びれば一日伸びる分だけ国益を損なっていってる。そう確信してますから、我々としてはこれは早急に抱えている問題を解決していかなければならないんであって、悪戯に時間を経過させるということは、これは少なくとも行政のトップとして、許されるべきことではない。

私から見てると未だに野党国対のような感じで、自民党が何か言って来るまで答えを待ってる。違います違います。向こうが与党なんですから。与党が能動的に主体的にうちはこうしたい、ああしたいと言うのに対して我々が対応するという、これが基本的なんであって、いま、じーっとしてれば自民党そのうち言ってくるだろう・・・なんていう話は3年も経って未だにそんなことやってるなんて話にもならんし、成長が全く伺えない。3年間の与党生活やって、3年間の政府の経験を経て、未だに分からないんじゃ、とても済まされる話ではないんだと私どもはそう思って。

これが結果として国政が何となく滞っていると言う感じを与えて、極めて国民にとっては不幸な状況になってるとそう確信をしますんで。一日でも早く党首会談をやり、臨時国会の日程を決め、というようなことを、さっさとやっていただくように我々としては積極的に働きかけていきたいもんだと思っています。以上です。

・・・・・・・・・・・・・

テレビは自民党は解散したいので政局で審議に応じないから、予算が通らないんだ~とか、国会の仕組みが少しでも分かっていたら恥ずかしくて言えない様なことを「街の声」などを利用して言ってくる。それに騙されないようにしないと。総ては民主党政権の政権運営国会運営の稚拙さと怠慢なんですから。

・・・・・・・・・・・・・・・

new 谷垣グループ結成 名門派閥「宏池会」分裂へ - MSN産経ニュース

 自民党の谷垣禎一前総裁が顧問を務める政策勉強会の準備会合が3日、都内で開かれ、欠席した2人を含む15人が参加の意思を示した。派閥とは位置付けないものの、事実上の谷垣グループの立ち上げといえる。参加者の多くは古賀派(宏池会)所属で、かつての名門派閥の分裂は決定的となった。党内では既存派閥の影響力が急速に落ちており、再編が加速する可能性も強まっている。(水内茂幸)

 「麻生太郎元首相から心配の電話をもらったが、この通り元気だ」

 谷垣氏は準備会合で、総裁選出馬断念の「傷」を隠しながら、グループを束ねていく決意を語った。

 参加者らは先の総裁選で谷垣氏の再選を目指した。谷垣氏の出身派閥である古賀派の古賀誠元幹事長が谷垣氏への協力を拒んだ反発から勉強会立ち上げに動いた。

 週1回水曜日に定例会を開くことも決めた。他派閥の例会が集中する木曜を避けることで、参加者を増やそうとする狙いがある。

当面は執行部を支えるとしているが、安倍晋三総裁が「保守色」の強い政策を打ち出しているなかで、宏池会の伝統である「リベラル路線」を堅持し、対抗軸を打ち出していくことも視野に入れている。

 古賀派は創設者の池田勇人元首相から「保守本流」を掲げ、4人の首相を輩出した名門派閥だ。平成12年の「加藤の乱」を契機に分裂した旧谷垣派と旧古賀派が、20年に再合流し現在に至る。

 今回、旧谷垣派の7人前後が退会する構えで、古賀派(32人)は額賀派(28人)に抜かれ党内第3勢力に転落する見通しだ。

 かつて自民党では派閥領袖(りょうしゅう)や重鎮が「数は力」を合言葉に幅をきかせていた。だが総裁選では、安倍氏が重鎮勢力に対抗し、勝利した。その後の執行部人事でも重鎮らは口出しできず、求心力は急速に低下している。谷垣氏らの勉強会も他の派閥に属する議員でも参加を認めるように派閥的な締め付けはしない。

 宏池会に退会届を出した参加者の一人は、派閥政治の限界をこう指摘した。

 「池田氏を首相にするために宏池会が生まれたが今は派閥領袖が総裁にならない。その役割は終わった」    (2012.10.4 00:08)
   http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121004/stt12100400090000-n1.htm
   http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121004/stt12100400090000-n2.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>「麻生太郎元首相から心配の電話をもらったが、この通り元気だ」(谷垣氏)

・・・やっぱり、⊿「麻生太郎です。」ってかかってくるのかな happy01

pencil 自民・麻生元首相「16日から先は対決だ」 月内解散を強調 - MSN産経ニュース

 自民党の麻生太郎元首相は9日昼の派閥の例会で、野田佳彦首相が自公両党党首と解散時期で合意したことに関連し「お盆が終わった16日から国会は審議を再開するが、こっから先が対決だ。『近いうち』を履行してもらうため、われわれは選挙に追い込んでいかなければならない」と述べた。

 また「『近いうち』にというのは、普通だったら2週間そこらが普通だ。それが社会常識というものだ」と述べ、月内に首相が解散を決断すべきだと強調した。 (2012.8.9 14:13)

  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120809/stt12080914130006-n1.htm

 clip今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 8/9(2012)http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-da63.html

・・・やっぱり、野田総理や輿石幹事長、民主党の連中には社会常識がなかったんだな。この約束に関して詰めが甘いとかなんとか言う人もいるけど、心の中は兎も角、公人が外に向けて公人のことを言うことの意味を考えないとね。

 8月の野田総理との党首会談の後、「近いうちに解散」という言葉を言わせたことについて、「近いうちって言うのは2週間ぐらいだ。」って電話でお話されてたそうで、頻繁にではないにしても、御二人の間でやり取りがわりとあるんですね。

谷垣前総裁も気遣いの人ですが、麻生さんもお手紙とか電話とかで心遣いをされる。
苦しい時や辛い時に気に掛けてくれる人がいるって言うのは心強いですよね。

厳しい政治の世界、同じ党とはいえ仲良しクラブではないのだから、青春物語みたいなことも言ってられないのかもしれないけれど、良い話だなーと素直に思います。

tulip【じみんの】タロビとタニビ★フィーバー【かえうた】

 ♪ 総裁選 戦ってきた ふたりだから よく分かってるよ ~

662673426_2

2006年当時。ガッキー、ごっついオールバックや!w

安倍新総裁も谷垣路線を踏まえて今までの功績等をきっちり立ててくださってますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良い話の後に薀蓄を傾けつつムカつく話を一席・・・ gawk

maple 【産経抄】10月3日 - MSN産経ニュース

武蔵野の公園を歩いていて大きな桐の葉が2枚、3枚落ちているのに気がついた。台風の前だったから強風のせいではない。ちょうど、しつこかった残暑がようやく去ろうとしている。文字通りの「一葉(いちよう)落ちて天下の秋を知る」だった。

 ▼もともと中国の古典に出てくる言葉だ。ささいな現象からものごとの大勢を悟らなければならないという意味を含む。日本では秋、真っ先に散るのは桐、それもアオギリ(梧桐)だというので「桐一葉(ひとは)」となった。転じて権力が衰退する兆候の意味にも使われている。

 ▼よく知られるのは坪内逍遙が明治中期に書いた『桐一葉』だ。豊臣秀吉の忠臣で遺子、秀頼の後見人を任された片桐且元(かつもと)の動きと、豊臣家の衰亡を描いた戯曲である。最後は秀頼母子にも疎んぜられる且元がある日、片桐邸で庭を見ると、桐の木から一葉が落ちてくる。

 ▼このとき、且元は「蕭条(しょうじょう)たる天地の秋…ハテ是非も無き、天下の定めぢやなア」と嘆く。あれだけの権勢をほこった豊臣家でも、流れが変われば一気に衰退する。それも天下の定めだと悟っているのである。戯曲随一の見せどころだ。

 ▼その歴史になぞらえるほどではないが、民主党政権はもはや「桐一葉」を通り過ごしている。3年前勝ち誇った党勢は、1人抜け2人抜けで過半数割れ目前だ。内閣改造で取り繕おうとしても人材払底は隠せない。閣僚の失言などでさらに、ほころびは大きくなる恐れもある。

 ▼このままでは、解散しないままに「立ち枯れ」への道をたどった麻生太郎政権の自民党の轍(てつ)を踏む。それが「天下の定め」である。ここは約束通り「近いうち」に衆院を解散し、国民の信を問うのが潔さというものだ。是非も無し。   (2012.10.3 03:09)

   http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121003/stt12100303090001-n1.htm

 ・・・ 絶対に産経新聞の定期購読契約なんかしないからな。 絶対にだ!annoypoutannoy

何が立ち枯れじゃ、アホか!

日本のマシな新聞っていえば、東京スポーツさんぐらいなもんやな!

ムカついたらお腹が空いたので、近頃話題のカレーの話をw

・・・・・・・・・・・・

new 3500円カレー安倍氏に意外な援軍 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

 自民党総裁に選出された安倍晋三氏(58)が“3500円カツカレー報道”をきっかけに、さっそく「庶民感覚がない」と叩かれた。だが、ネットには「マスコミのネガティブキャンペーンか」と一斉に反発する書き込みが出現。話題のカツカレーは果たして高いのか、そうでもないのか? 調査をすると、なぜか政権交代前にタイムスリップし、意外なところから反省の弁が飛び出した。

2012926_2 総裁選直前に行われた安倍陣営の出陣式は、ホテルニューオータニで行われた。約50人の国会議員が集まり、みんなが食べていたのがカツカレーだった。

 これを26日の関西のテレビ番組「ちちんぷいぷい」(MBSテレビ)が「安倍氏が総裁選前に高級ホテルで食べたカツカレーは3500円以上」と報道。番組では永田町に取材に来た男性アナウンサーがスタジオに「いくらだと思いますか?」と投げかけ、「1500」「2000」「3000」と予想が飛び交う。男性アナが「みなさん庶民ですね~。3500円以上です」。出演者たちは「え~っ!?」とビックリ。番組では“小ネタ”の扱いだったが、ネット上はすぐに炎上した。というのも麻生政権バッシングをほうふつさせたからだ。
 
 当時、首相だった麻生太郎氏(72)は漢字の読み間違いなど政治手腕以外の点で叩かれた。国会審議で民主党の牧山弘恵参院議員(47)から「カップラーメンの値段を知っていますか」と問われ「今は400円くらいかな」と答弁し、庶民感覚がないと大バッシングに遭った。
 また、連日のようにホテルのバーに通ったこともヤリ玉に挙げられたのは記憶に新しいところ。今となっては「どれも大したことじゃなかった」と与野党問わず関係者は振り返っている。

 カップラーメン答弁については、ある自民党参院議員が「あの牧山さんってのはいつも間の抜けた質問をするんだ。そういう意味では要注意人物。カップラーメンの値段なんてどうでもよかっただろ」とむしろ質問者に責任ありと話している。
 バー通いについては麻生氏が「普通の店だとSPやマスコミで営業妨害になる」と理由を説明していたが、かみついた民主党政権の歴代首相はホテルのバーどころではない高級店を利用している。

 こうした経緯もあり、安倍新総裁のカツカレー騒動に対して、ネットユーザーらが「またか」と当時と同じような“あげ足取り”と受け取り、反発したのだ。

 自民党関係者は「総裁選前にカツカレーやカツサンドを験(ゲン)担ぎに食べるのが長年の習慣です。安倍陣営以外でも食べていました。党本部で決起集会をしてもいいのですが、安倍陣営は勢いがあり議員も多いので、高級ホテルを使ったのではないか。ここ一番で食べるものなので、奮発もするでしょう」と指摘する。

 この日のカツカレーはドラマも生んでいた。
 別の自民党関係者は「林陣営もカツカレーでしたが、林芳正氏は炭水化物ダイエット中だとかで、ご飯には手をつけなかった。ここまで徹底しているからこそ痩せられたのですが、逆に『痩せて貫禄がなくなったのが敗因。もうダイエットは禁止させる』と支持議員は息巻いています」と明かす。験担ぎが中途半端になったのだ。
 町村陣営では町村信孝氏(67)の急病もあり、「涙の味がする」との声も漏れた。1万円ならともかく、総裁選という特別な日に3500円程度のカツカレーを食べることに何の問題があるのかという意見こそ「庶民感覚」だという書き込みも。今回はネット住民に分がありそうだ。  (2012.10.01 12:00) 
  http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/44365/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 『自民党カレー』を食べてきました。 | トップページ | 谷垣前総裁の勉強会発足!頑張れ、チーム・ガッキー! »

⊿ J-NSC 」カテゴリの記事

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/55813771

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 10/4 (2012):

« 『自民党カレー』を食べてきました。 | トップページ | 谷垣前総裁の勉強会発足!頑張れ、チーム・ガッキー! »