★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 「日本人としての家族意識」を持ちたいと思う。 | トップページ | 護衛艦「とね」の一般公開に行ってきました。 »

2012年11月10日 (土)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 11/8(2012)

もうね、早い話が、「やることさっさと済ませて、約束守って解散しろ!」ということですよ。

野田総理と民主党政権のイタチの最後っ屁的なことを色々企んでいるのか、形振り構わず延命の為に暴走我侭おばさん大臣を投下してかき回しているのか分かりませんが、本当に日本の為を思うのなら政権の座から欲しい。(・・・ま、無理やろな。)

apple 20121108-麻生太郎(為公会例会)

毎週動画をありがとうございます。 bud 衆議院議員 松本 純 HP http://www.jun.or.jp/

今週はUPが当日でなかったので、いつも以上にご多忙のようです。

・・・・・・・・・

pencil「例会挨拶12・11・08」  麻生太郎オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

【要旨】
● ご存知のように、米国大統領選挙が行われ、バラク・オバマ氏が再選された。先ずは、祝意を表したい。オバマ政権はアジア太平洋地域を重視する政策を打ち出しており、我が国との連携を、政権交代を果たした上で一層深め、この地域と世界の安定と繁栄に寄与していかねばならない

● 懸案の特例公債法案、いよいよきょう、衆議院本会議で趣旨説明質疑が行われる予定だ。重ねて申し上げるが、我々はこの法案の成立を阻止しようとしているのではない

● そもそも(政府・民主党は)、予算案と一体で議論すべきものを今日まで野ざらしにし、また、この臨時国会も極めて遅い段階で開会しておきながら、それをあたかも、野党・自由民主党の責任かのごとく言うのは、まことに責任逃れも甚だしい。(政府・民主党は)誠意ある国会対応を行ってもらわねばならない

● また、衆議院小選挙区における一票格差の問題についても、今国会の会期を考えれば、「0増5減」法案を成立させる(べき)。はっきりしている。解散したくないとか、或いは、させたくないが為に、この件を延々と議論することは許されない

● 定数削減や(選挙制度の)抜本改革については、全党でまとまることは極めて難しい。そうであるなら、次の総選挙後に、速やかに各党間で協議を開始するのが順当なところだ。先ずは、各党で合意できる、憲法違反を解消するための「0増5減」法案を成立させることが大事だ

● これらが処理されれば、あと首相がやることは決まっている。本来なら言わなくても分かるところだが、野田首相の場合、分かっているのかどうか理解できないのであえて言う。3ヵ月前の約束を守ってもらいたい。国民に信を問うてもらいたい。3ヵ月も4ヵ月も経てば、我々の常識では「近いうち」とは言わない

● 今回のオバマ氏の選挙スローガンは“FORWARD”だったが、少なくとも、日本の民主党政権には、日本を前に進ませることはできない。これ以上、彼らが日本を前に進ませていくことは甚だ心許ない。従って、早く国民に信を問う(べき)。政権交代、これに勝る景気対策はない。そして、それを担うのは自由民主党だと、各位そう心に持って対応してほしい

【動画書き起こし】

 ご存知のように、アメリカの大統領選挙が行われて、バラク・オバマが再選をされております。まずは、祝意を表したいと思うところです。少なくともこの政権は最後の方においてアジア・太平洋地域の重視という政策を打ち出しておりまして、我が国との連携というものを「政権交代」が終わったうえで、ここの地域の安定と世界の安定の為に繁栄の為にも我々は一層関係を深めて寄与していかねばならんと思っております。

 懸案の特例公債。いよいよ今日から衆議院本会議での趣旨説明質疑が入る予定になっておると思いますが。我々は、重ねて言っておきますが、この法案に阻止するとか反対しているとかいうことではありません。そもそも予算案と一体して議論すべき物を今日までずっと野晒しにして、ここまで来たんですから。そして、今回の臨時国会も極めて遅い段階でやっといて、それがあたかも我々野党・自由民主党の責任かの如くいうのは、これは誠に責任逃れも甚だしい。そう思っておりますんで。誠意ある国会対応を行ってもらわねばならんと思っております。

 また、衆議院の小選挙区における一票の格差の問題においても、今国会の会期というものを考えれば、「0増5減法案」を成立させる。ハッキリしてます。解散をしたくないとか、或いは、させたくないが為に、この件を延々と延ばす。例えば定数を削減するとか、比例併用がどうたらこうたらというような話、そういった話は、抜本改革になる話なんであって、これがなかなか全党纏まるということは極めて難しい。そうであれば次の総選挙後に、速やかに各党の協議を介して、こういったものはやっていく、段取り・・・順当なところなんであって、まずは全党合意出来る憲法違反状況にもない。いわゆる「0増5減」というのをさっさとやらせる、成立させると言うことが大事なところだろうと思っております。

これらが処理されれば、もうあと総理がやることは決まっておるんで。本来ならば言わなくても分かる話なんですが、野田総理の場合、これはどうしてもこの人は、よく分かっているのか、よく分かってないのか、よく理解出来ない人なんで、あえて言います。3ヶ月前の約束は守ってもらいたい。国民に信を問うという、近々・・・3ヶ月も4ヶ月も経ったら近々とは我々の常識では言わない。そう思っております。

少なくとも今の民主党にアメリカの民主党の様に、今回のオバマのスローガンは「“FORWARD” 前に進む」というのがオバマのスローガンだったですが、この人達に、この日本を前に進ませることは出来ない。これ以上日本を前に進ませていくことは甚だ我々としては心許無い。従って早く、国民に信を問う、その後の政権交代、それに勝る景気回復もない景気対策もない。私どもはそう思っておりますんで、是非、その後これを担うのは自由民主党だと、各自皆心をきちんと持って、その点につきまして対応していただくようにお願いして、ご挨拶にかえます。

2012101_2

自民党本部のロビーにある写真・・・4年前のオバマ大統領誕生で最初にホワイトハウスに招かれたのは麻生太郎総理大臣だったんですよね・・・。

オバマ大統領や、米政府の要人も、今の野田総理だけじゃなく、鳩山・菅と相手をしてきたわけですよね。正直、こいつらチョロイwと思われたこともあるだろうけど、勘弁してくれよ~と頭を悩まされたことだと思います。

谷垣禎一・前自民党総裁も3年の任期中、このとんでもない民主党政権とその総理を相手にして来て、まともな連中じゃないので相当後苦労されたと思いますが、オバマ大統領と日本関係に働いていた人達の場合、麻生政権→鳩山政権になったからは、何じゃこりゃー!何でやねんー!の連続だったと思います。今期で退任される方はお疲れ様でした。

オバマさんに関しては、チェンジ!とか言うから、そのスローガンを使われて民主党への政権交代のアシストしちゃったじゃないか!と個人的には、要らんこと言いやがって・・・と思っているw (逆恨みw)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« 「日本人としての家族意識」を持ちたいと思う。 | トップページ | 護衛艦「とね」の一般公開に行ってきました。 »

☆☆麻生総理☆☆」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/56084579

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 11/8(2012):

« 「日本人としての家族意識」を持ちたいと思う。 | トップページ | 護衛艦「とね」の一般公開に行ってきました。 »