★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【25年度予算】もう一度、「世界の神戸港」を取り戻せ! | トップページ | 【25年度予算案】我が国 日本を堅守する為の予算が少し増える »

2013年1月30日 (水)

【25年度予算案】2番じゃ駄目なんです!科学技術の予算が増えたよ!

「これ、一番になる必要があるんでしょうか?2番じゃ駄目なんでしょうか?」bomb

事業仕分けパフォーマンスで女性大臣の発言で有名になったスーパーコンピューター「京」。これをはじめ色んな研究費が減額されたりしていましたね。「京」も危なかった。

その後、日本の科学者の底力の発揮により、京が1番になったり、ノーベル賞を日本人が受賞するなどの結果が出ました。最初から2番で良かったら2番にもなれない、一番を目指して一番になることで得られるものがたくさんあるということが国民の知られるところとなり、技術開発、基礎研究の重要性が将来への財産に繋がるものとして理解されてきているものと思われます。

皆に充分な研究費用が行き当たるのは難しいけれど、良い方向に進んで行くことを期待しています。

 new iPS細胞研究に倍増の90億円 スパコン「京」も重視

 29日閣議決定した政府の平成25年度予算案で、あらゆる細胞に分化する能力を持つiPS細胞(人工多能性幹細胞)を中心とした研究推進費として90億円が計上された。iPS細胞を開発した京都大の山中伸弥教授のノーベル医学生理学賞受賞を受け、成長戦略の柱のひとつとして、24年度の45億円から倍増した。

 中でも、 山中教授が所長を務める京大iPS細胞研究所(京都市左京区)に対し中核拠点として研究機能を強化するため、多くの人が使うことができる細胞を備蓄する「ストック」を構築する費用などとして27億円を盛り込んだ。

 文部科学省は今後10年間、iPS細胞の研究に対し毎年90億円規模の支援を継続する方針で、同省は「世界に先駆けた実用化を目指す」としている。

 一方、昨年9月に本格稼働を始めた神戸医療産業都市(神戸市中央区)にあるスーパーコンピューター「京(けい)」関連に164億円が計上された。京を中核として全国の大学のスパコンと結ぶシステムの利用推進を図る。24年度は199億円だったが、今回の予算では京の開発が完了、整備費の必要がなくなったため減額となった。ただ「医薬などの分野で世界をリードするために依然として重視される」(関係者)と、実際の運用をサポートする。

 また、兵庫県佐用町の播磨科学公園都市にある大型放射光施設「SPring-8」の運用や利用促進には24年度並みの88億円を盛った。関西発のイノベーションに国が支援する姿勢を鮮明にした。 (2013.1.29 20:15
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130129/wec13012920210012-n1.htm

◆平成25年度予算政府案 (財務省)
   http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/index.htm

◆文教・科学技術予算
   http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/06-4.pdf
                      (↑ “はやぶさ”やロケット関係の予算もここです。)

・・・・

Photo_5

・・・・・・・・・

研究者が落ち着いて研究に集中できる環境、日本じゃ資金が出ないからと、いわゆる頭脳流出が起こらないようにして欲しいです。ここで国が頑張らなくてどうするんだと。

それにしても、何気なく記事を読んでいたけれど、兵庫県って凄い・・・。

世界の最先端が3つもあるじゃないですか!! happy02
しかもその3つを上手く連携させて研究を進めようとしている。

現在、難病に苦しむ人達に薬を一日でも早く届けられますように。

それと、「おおー!なんだこりゃー!凄いー!長生きしてて良かったなあw」と吃驚仰天の凄いものの登場を心待ちにしております。(笑)

・・・・・・・・・

clip【ベテラン記者のデイリーコラム・坂口至徳の科学の現場を歩く】iPS細胞、スパコン「京」…関西発信だった2012年の科学界 - MSN産経ニュース

 2012年の科学のトピックスには、山中伸弥・京都大学iPS細胞研究センター所長のノーベル医学・生理学賞受賞をはじめ、理化学研究所のスーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)が本格運用を開始するといった関西発の研究が含まれている。大学・研究機関が集中する東京から少し距離を置いているがゆえに、独創的な研究を生み出しやすいといわれる風土は、これからも新たな研究分野を構築していきそうだ。 ・・・略・・・

 文部科学省は「生命科学・医療・創薬基盤」「新物質・エネルギー創成」「地球変動予測」「次世代ものづくり」「物質と宇宙の起源と構造」の5つの分野で戦略プログラムを掲げている。全国から科学者が集まって研究しており、すでに創薬などで成果が出始めている。 ・・・略・・・

 京をめぐっては、自治体間で激しい誘致合戦が展開された。兵庫県内に世界最高性能の大型放射光施設「SPring-8」(佐用郡佐用町)が設けられていることなどから、2007年に、神戸市のポートアイランドに設置することが決定した。現在では、神戸医療産業都市と近接していることから、バイオ関連の研究も期待できる。

 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121227/wlf12122716300018-n1.htm
 
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121227/wlf12122716300018-n2.htm
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121227/wlf12122716300018-n3.htm 

・・・・・・・・・・

fujicherryblossom 日本の未来は明るい! 世界で一番の国を目指しましょう!! cherryblossomfuji

« 【25年度予算】もう一度、「世界の神戸港」を取り戻せ! | トップページ | 【25年度予算案】我が国 日本を堅守する為の予算が少し増える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/56662325

この記事へのトラックバック一覧です: 【25年度予算案】2番じゃ駄目なんです!科学技術の予算が増えたよ!:

« 【25年度予算】もう一度、「世界の神戸港」を取り戻せ! | トップページ | 【25年度予算案】我が国 日本を堅守する為の予算が少し増える »