★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« ◆麻生太郎 財務大臣兼金融担当大臣 定例会見 (2013.01.08) | トップページ | 【確かな技術】ミャンマー記念貨幣の製造受注へ!【信頼と実績】 »

2013年1月 9日 (水)

【自由と繁栄の弧】安倍総理の初外遊先は東南アジア【中国封じ込め】

 安倍第二政権の外交が麻生副総理のミャンマー訪問から本格的に開始しました。今日からは岸田外務大臣がフィリピンなど4カ国を訪問します。

鳩ぽっぽがガタガタにした日米同盟の立て直しは大事なんだけど、あちらは取り込み中なので(笑)まずは、ご近所から。

しかし、実に行動が早い。今までが遅かっただけでこれが普通なのかもしれないけれど。とにかく早く手を打っておかないならないことが満載ってことなんですね。外交の最終手段の武力衝突を避ける為にやるべきことをしっかりやっていますね。日本はまだ自分で自分の身を守れない状態ですから。

tulip 安倍首相、初外遊は東南アジア 1月中旬、訪米は先送り

 安倍晋三首相が1月中旬、初の外国訪問先としてインドネシア、タイ、ベトナムを訪れる方向となった。日米同盟強化を掲げる首相は米国を初外遊先とする考えだったが、オバマ大統領が多忙なため、先送りされることになった。

 首相訪米を調整するためワシントン入りした河相周夫外務事務次官は7日、国務省のバーンズ副長官らと会談。米側は、大統領は1月に2期目の就任式や一般教書演説を控え「日程がタイト」とし、1月中は困難との考えを示した。一方で米側は「できるだけ早い時期に首脳会談を行いたい」とし、日程調整は続ける。

 また岸田文雄外相は8日の会見で、フィリピン、シンガポール、ブルネイ、豪州の4カ国を9日から訪問すると発表した。「アジア太平洋地域の平和と安定を維持、確保していく上で、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国、豪州との連携が重要だ」と語った。
     http://www.asahi.com/politics/update/0108/TKY201301080079.html

ちなみに、ASEAN(東南アジア諸国連合)構成国はしたの図の通り。

64_map_01

ASEAN10ヶ国で、インドネシア、タイ、ベトナム・・・安倍総理 ミャンマー・・・麻生副大臣 フィリピン、シンガポール、ブルネイ・・・岸田外務大臣 と、今月中に殆ど訪問することになることから、この地域が特に重要視されていることが感じられますね。 ラオス・カンボジア・マレーシアは、中国の影響がかなり強いところなのかな。

マスコミ的アジア、世界は中国・韓国・北朝鮮なんですが、北朝鮮はおいといて、ちゃんと中国には高村元外務大臣が特使で訪問する予定です。韓国には先日、額賀元財務大臣が特使で総理親書を持って訪問していました。いつものことですが、韓国は外国からの正式なお客様を一般扱いして、頭のおかしな男の自傷ショーを見せようとした野蛮な国です。中国も反日デモに名を借りた暴動がありました。こういう国とは正直断交したいところですが、不幸なことに隣にいるので必要最低限の付き合いはしないと仕方が無いんですね。

因みに、中国と南シナ海で権利争いして揉めているのはASEANの構成国でもあります。

4d60345c59daf312a2d3b752098d2d8b248

中国・・・無茶苦茶ですw また、こんなことやってるし。 ↓

wave 南北に長い中国の新地図…南シナ海広く取り込む

【北京=大木聖馬】7日付の中国紙・新京報によると、地図作製で権威のある中国地図出版社が、南シナ海で中国が領有権を主張する海域や島を盛り込んだ「中国全土地図」を発行した。

新たに発行された地図は、大陸部分に加え、南シナ海の広い海域も含まれており、縦長なのが特徴。同紙は「中国の版図は東西よりも南北に長い」としている。従来の地図は横長で、南シナ海部分は本土とは切り離し、縮尺の異なる別の地図として表記していた。

 中国は、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島などの領有権を明記したベトナムの海洋法が今月1日に発効したことに反発している。新たな全土地図を発行することで、南シナ海での領有権の主張を強める狙いとみられる。 (2013年1月8日21時50分  読売新聞)
     http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130108-OYT1T01049.htm?from=tw

China_territorial_claim_sealane

100809_1thumbnail22

同じことを日本の尖閣諸島でもやってるんですけどね。第一列島線とか第二列島線(図の赤線)とか言って。東シナ海や南シナ海で中国に大きな顔されると邪魔。マラッカ海峡があるし。日本の海上交通路(シーレーン・青線)を勝手にぶった切るのはやめてもらいたいものだ。

こういう日頃から中国に迷惑かけられてるような国と仲間になって、中国が自分勝手な無茶苦茶を出来ないように押し込めてしまいましょう。中国の覇権主義を阻止せねば!

・・・・・・・・・・・・

201212295408481l

tulip 安倍総理 初外遊で東南アジアへ 訪米は見送り

 安倍総理大臣は、就任後初めての外国訪問として、来週末に東南アジア3カ国を訪問する方向で調整に入りました。

 安倍総理は、今月下旬にもアメリカを訪問することで調整を進めていましたが、オバマ大統領が就任式や一般教書演説を控えていることに加え、TPP=環太平洋経済連携協定を巡って自民党内での議論が進んでいないこともあり、来月以降にずれ込む見通しとなりました。このため、来週末にベトナム、タイ、インドネシアを訪問することで調整に入りました。安倍総理は、元外務次官の谷内内閣参与の助言もあり、台頭する中国を念頭に東南アジア地域との連携強化を進める考えで、岸田外務大臣も9日からフィリピンやシンガポールなどを訪問します。 (01/08 00:05)
     http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230107046.html

谷内正太郎 内閣参与・・・外務事務次官としては異例の3年(在任 2005年(平成17年)1月4日 - 2008年(平成20年)1月17日)を務め、安倍内閣・麻生太郎外相(当時)の提唱した外交方針(価値観外交・自由と繁栄の弧)の策定・実行に中心的役割を果たした。

・・・・・・・・・

1月8日の関西テレビニュースアンカーに出演されていたジャーナリストの有本香氏(@arimoto_kaori)の麻生副大臣のミャンマー訪問と安倍外交の意味を解説されたコメントを、水曜アンカーの書きお越しなどでありがたいブロガーさんの くっくりさん(@boyakuri ブログ:ぼやきくっくり http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/ )が纏めて下さっています。凄く分かりやすいです。ありがとうございます。

@boyakuri アンカー有本香氏(1)日中関係を考える時は日中だけを見てしまうが、そうではなく外交はもっと幅広い国際関係の中で成り立つ。安倍政権が進めている外交政策は、周辺諸国との連携で中国封じ込め。米国も1年以上前から同じような政策。端的に表すのが麻生副総理ミャンマー訪問
               https://twitter.com/boyakuri/status/288561850327646208

@boyakuri アンカー有本香氏(2)ミャンマーは有望な資源があるだけでなく、中国が権益拡大している。海に出てくる中国をどう封じ込めるかという点で、東南アジア、インドをつないで日米豪が連携してどう中国を牽制していくか。日本ではあまり大きく伝えられないが、真珠の首飾り、ダイヤモンドの首飾り
               https://twitter.com/boyakuri/status/288561912835362816

@boyakuri アンカー有本香氏(3)真珠の首飾りは中国がパキスタン、ミャンマー、スリランカに拠点を作ろうとしてる。インドは対抗するために外側にダイヤモンドの首飾り。これを日米がバックアップ。日本は軍事的なバックアップ難しいので経済的にミャンマー、インドと。ロシアも今年動かそうとしてる
                https://twitter.com/boyakuri/status/288562018812846081

@boyakuri アンカー有本香氏(4終)この構想が第一次安倍政権の麻生外相「自由と繁栄の弧」。これを復活させるため当時の外務次官だった谷内さんを内閣参与にした。構想として悪くない。中国との直接対決より周りと共に牽制。が、尖閣は日本の問題。中国は尖閣への挑発はやめない。緊張関係を覚悟して実効策を
               https://twitter.com/boyakuri/status/288562234030948352

1f376e_2

かなり具体的に書かれたレポートがこちらに。↓

Img_806997_23684750_0_3 pencil シリーズ地政学:第3回 真珠の首飾り / 海国防衛ジャーナル
 「真珠の首飾り」戦略は、エネルギー供給先である中東・アフリカから中国までの海域に、 拠点として真珠(利用可能な港湾)を配置していくというものです。インド洋沿岸各国の港湾を、あたかも中国の外港のように整備していくのですが、目的としては、(1)「マラッカ・ジレンマ」の回避、(2)シーレーン防衛、この2つです。
    http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50384286.html

pencil 拡大する中国の海洋防衛ライン(改稿) / 海国防衛ジャーナル
    http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50689961.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界地図を広げてみれば色々見えてくることがある・・・。仲間を作って助け合ったり、敵に対抗したりして共に栄えていかなくっちゃ。

Photo_2

clip 9日に日・モンゴル安保協議 2013.1.8 18:23

 外務、防衛両省は8日、モンゴルとの「外交・防衛・安全保障当局間協議」の初会合を9日に都内で開催すると発表した。両国間の防衛協力や地域情勢について意見交換する。
         http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130108/plc13010818240012-n1.htm

clip 安倍首相ロシア訪問4~5月軸に調整

 安倍晋三首相は6日、北方領土問題の進展を見据えた自らのロシア訪問について4~5月を軸とする方向で調整に入った。民主党の野田佳彦前首相は今月下旬の訪ロを計画していたが、政権交代を機に仕切り直す。ロシアのプーチン大統領が領土問題の解決に前向きな姿勢を示していることから、訪ロ実現で領土交渉本格化への道筋を付けたい考えだ。

 首相は年初の1~2月は米国や韓国への外遊を優先させる方針。一方で2月にはプーチン氏と親しい森喜朗元首相を、首相親書を携えた事実上の政府特使としてロシアに派遣。プーチン氏側の出方を見極めた上で日程調整を本格化させる構え。

 6月に通常国会会期末を迎え、夏には参院選が控えていることから「静かな環境で領土問題を議論するため、政治的節目からは一定期間空けたい」(政府筋)として春ごろの訪ロ実現を探る。

 首相訪ロをめぐり野田氏は昨年9月のプーチン氏との首脳会談の際、同12月訪問でいったん合意。その後、ロシア側の都合で延期され、野田氏は1月25日ごろの実現を目指したが、衆院解散と政権交代のあおりで事実上棚上げになった。

 安倍首相は昨年12月28日、政権復帰を祝うプーチン氏との電話会談で、領土問題の本格交渉入りに向けた事務レベル協議を活発化させるべきだとの認識で一致。自身による2013年中の訪ロ実現へ調整を進めることでも合意し、直後のテレビ番組では「領土問題が解決していない状況を変えたい」と意欲を示した。(共同) [2013年1月6日17時59分]
        http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20130106-1068708.html

pencil 日米印豪で安保協力…安倍首相、対中改善へ布石 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 安倍首相は28日、首相官邸で読売新聞の単独インタビューに応じ、安倍政権の外交方針として、台頭する中国を念頭に、日米同盟を基軸としつつインドや豪州などとの安全保障面での協力を推進する方針を表明した。

 ロシアやアジア各国との連携強化が、冷え込んだ日中関係の修復につながるとの判断がある。来年1月にも行う日米首脳会談で、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加問題を協議する意向も示した。

 首相はインタビューで、外交方針に関し、「日米同盟関係が基軸だ」と述べた。

 日中関係については、「日本と価値を共有する国、ベトナムなど戦略的に重要な国と信頼関係を構築することで、(日中関係も)新たな展開を開くことができると考えている」と語った。中国を取り巻く国との関係を強化することで、中国に日本との関係改善を促す狙いがある。具体的には、海上自衛隊とインド海軍が今年、共同訓練を行ったことを踏まえ、「安全保障の協力を日米印に発展させていってもいい。日米豪(の協力)も、地域の安定に資する。インドネシアとも、協力を約束していると言ってもいい。地域のパワーバランスを回復させることが大切だ」と強調した。 (2012年12月29日09時19分  読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121228-OYT1T01509.htm?from=tw

pencil 【国際情勢分析 岩田智雄の目】安倍政権誕生に沸く印 「強い日本はインドの利益」 - MSN産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130105/asi13010512010000-n1.htm

・・・・・・・・・・・・

今年は色々と注目することが多いですね。今までは監視の意味合いが多かったですが。(笑) 

中国を刺激するー!とか、右傾化が心配ー!とか何処の国目線で言ってるのか分からない某朝日新聞とかは放っておいて、どんどんやっちゃってください。

頑張れ、日本!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)
happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/

« ◆麻生太郎 財務大臣兼金融担当大臣 定例会見 (2013.01.08) | トップページ | 【確かな技術】ミャンマー記念貨幣の製造受注へ!【信頼と実績】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ベトナムは戦争の際、韓国軍によっていくつもの民間人殺戮が行われた。しかも敵国や被害者から捏造された指摘ではなく同盟国のアメリカ軍とアメリカの記者が調査して断定された証拠が多数上がっている。ぜひ日本としてもベトナムと友好関係を深めて共通の価値観を尊重して欲しい。インドネシアとタイも中国との軋轢が絶えないので、同様に協調関係を深めて欲しい。そして関与するほど我が国の国益が低下する隣国である中国や韓国への優遇政策、在日特権の廃止をして、新たな東南アジア諸国と共に相互発展を遂げてアジア秩序を取り戻して欲しい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/56500585

この記事へのトラックバック一覧です: 【自由と繁栄の弧】安倍総理の初外遊先は東南アジア【中国封じ込め】:

« ◆麻生太郎 財務大臣兼金融担当大臣 定例会見 (2013.01.08) | トップページ | 【確かな技術】ミャンマー記念貨幣の製造受注へ!【信頼と実績】 »