★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月に作成された記事

2013年2月26日 (火)

【流石の貫禄】麻生太郎 副総理、韓国大統領就任式に出席。

韓国の新新大統領、朴槿恵(パククネ)氏の大統領就任式が昨日、ソウルで行われました。

日本の公共放送であるNHKなどは、日本国内の重大なことはさておき、なぜか韓国の大統領の就任式を生中継で放送をしてました。

正直、反日国家の大統領就任式なんぞ、詰まんないショーと同じぐらいどうでもいいのだけれど、寒い中を出席されている日本の元総理達(森・福田・麻生元総理)が風邪ひかないかが心配でした。(NHKはずっと麻生閣下を映しておけば良いのよw)

相変わらずダンディな麻生副総理。ギャングスタイルだ、マフィアだと話題になった帽子とマフラーとコート姿は、麻生閣下の冬のカッコいい装いとして定着していただきたいものだ。何気に手袋もカッコいいな。heart04

2013225_15

しかし、ツイッターでもTVでも、麻生さんのファッションを茶化したり叩いたりしてるのがいるけど、あれってなんなんでしょうね?カッコいいから僻んでるの?貧乏であんな上等そうなの買えないから悔しいの? ある程度の年齢の方がいうには紳士のきちんとした装いだと普通に好評なんですけど。(笑)

しかし、帽子のひとつでここまで長く話題になるとは流石、麻生閣下でございますな。外交の場で存在感がある、出せるってって言うのは絶対に必要ですからね。居るのかいないのか分からないような存在感の無い大臣より、帽子を被っただけで相手がビビるぐらいの大臣の方が絶対に良い。happy01

tulip 三浦知良選手:もう1人のキングに「気味悪い」 誕生日に等身大フィギュアとお祝い - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 先日、モスクワで開かれた20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議(G20)に出席し、話題となった麻生太郎財務相のファッションについて聞かれ、「カッコよかった。帽子も普段かぶっているようなかぶり方。今度ご一緒したいですね」と絶賛していた。  
    http://mantan-web.jp/2013/02/26/20130226dog00m200025000c.html

三浦和良選手、さすが違いの分かる人だ。多分この質問をした人は、麻生さんの帽子を見て、この帽子と来たら・・・と、ずっと聞きたくて仕方なかったんだろうなw GJ! 是非ご一緒していただきたい!!

-------------------------------------

new 「未来志向で協力」確認 麻生氏 朴大統領を表敬訪問 : 国際 (TOKYO Web)

【ソウル=篠ケ瀬祐司】訪韓中の麻生太郎副総理は二十五日、青瓦台(大統領府)に朴槿恵新大統領を表敬訪問した。両者は日韓の緊密な協力が、北朝鮮問題も含めた北東アジアの平和のために重要であることを確認。日韓は新政権の発足を機に、未来志向の関係を築き、互いに協力することで一致した。 

 外務省関係者によると、竹島(韓国名・独島)や慰安婦問題など個別テーマは話題にならなかった。

 ただ、朴氏は「未来志向で協力するには歴史認識が重要だ。若い世代が未来志向で進めるよう、今の世代が協力していきたい」と指摘。

 だが、青瓦台関係者によると、さらに朴氏は「歴史問題が関係発展の障害になっているのがもどかしい。友好関係を築くためには歴史を直視し、過去の傷を癒やすよう被害者の苦痛への心からの理解がなければならない」と述べたという。

 麻生氏は「お互いの立場を理解するため、双方の政治家の役割が重要だ」と応じた

 麻生氏は朴氏に対し安倍晋三首相の祝意を口頭で伝達した。また麻生氏は「韓国は民主主義や法の支配など、価値観を共有する大変重要な隣国」と韓国重視の姿勢を強調。輸出国として韓国側が警戒する円安進行を念頭に、安倍政権がデフレや不況からの脱出に取り組んでいることも説明した。(2013年2月26日)
        http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013022602000124.html

2013225_13_2

new 韓国・朴槿恵大統領が就任 麻生副総理との会談では日本批判も
     http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00241186.html

抜粋)25日、朴槿恵氏が韓国の第18代大統領に就任し、初の女性、そして初の親子2代となる大統領が誕生した。
朴大統領は「民族の生存と未来に対する挑戦であり、その最大の被害者は、まさに北朝鮮になるはずだという点を、確かに認識しなければならないでしょう」と述べた。
演説では、北朝鮮をあらためて非難する一方、北朝鮮の出方次第では、対話を進める姿勢も示唆した。
麻生副総理ら日本政府関係者も耳を傾ける中、日本については、「アジアでの緊張と葛藤を緩和し、平和が広がるよう、日本・アメリカ・中国などと信頼を築きたい」と述べ、具体的な問題への言及は避けた。
式典終了後、朴氏が向かったのは、父の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領時代、自らが過ごした大統領府だった。
およそ33年ぶりの帰郷を果たしたあとは、麻生副総理と会談した。
麻生副総理は「大統領就任を、心からお祝い申し上げます」と述べた。
麻生副総理は、安倍首相からの祝意を伝え、「日韓両国は、共通の価値観を有する重要な隣国同士であり、その関係を発展させたい」と述べた。
会見で、
麻生副総理は「少なくとも、お互いの立場を理解するというのは、すごく大事なことなんであって、ずっと過去にこだわっても、未来志向でいかなきゃならんことも、はっきりしていますので」
と述べた。
朴氏は、これに同意しつつも、「歴史問題が関係発展を妨げている。歴史を直視して、過去の傷がぶり返さないよう努力が必要」と話し、日本側をけん制する発言もあった。

韓国では、3月1日が、日本からの解放運動を記念する祝日となっている
2013年は、島根県で行われた竹島の日記念式典を受け、会員数600万人に及ぶ韓国の自営業らの団体が、日本製品の不買運動に出ることになっている。
例年、大統領も演説するため、新たな日韓関係の火種を抱える中での「朴槿恵スタイル」が問われることになるとみられる。(02/26 00:34)

2013225_11

-----------------------

相変わらず、被害者意識前面に出してきてますね。大統領のお父様は日本で立派な教育を受けたのでしょう。まあ、政治家個人の認識や考えと、国として引き継いできてしまったこととの差はあるかもしれないけど。

お互いの歴史認識が合致することはないし、しかも、韓国側のは捏造が入ってるんだから、いつまでも過去の反省が~謝罪と賠償が~で、お金せびったり物事を有利に進めようというのでは前に進まない。歴史認識は違うんだということで、お互いの国益になる話をしないとね。これは反日教育を受けた韓国人だけのせいじゃなく、何人か分からないお花畑の人にも言えるけれど。

去年、李明博大統領とあった時にも同じ様なことをいってたんじゃないかな。

tv 麻生氏、韓国の朴大統領と会談 朴氏から日本側を批判する発言も(13/02/25)

単にお祝いの言葉を述べに行っただけでなく、しっかり日本のやることを伝えていますね。

「日本の経済がデフレ不況から脱却することはアジア・韓国のためにもなる」

2013225_14

まだ日本は何もしていないのに円安になったことに、為替誘導だー!と文句を付けていたのは、ドイツと、特にウォン安で利益を得ていた韓国ですから。日本のマスコミは何故か“韓国が”文句を言ってるとか報道しませんでしたけどねw

麻生さん・・・w しっかり釘を刺してくださってます。

wave 韓国財界、アベノミクス脅威論 円安による日本企業復活を警戒

 日本の安倍晋三政権誕生で韓国財界には、円安株高などアベノミクス効果に対する脅威論が高まっている。

 韓国側ではさらに、朴槿恵(パククネ)次期大統領が雇用対策や福祉予算捻出のために実行するとしている財閥など大企業への規制強化や富裕層への増税など「経済民主化」政策が追い打ちをかけるとの懸念も。日韓新政権の経済運営の変化によって、両国経済戦争の情勢地図が塗り変わるか、高い関心が集まっている。

 安倍政権誕生と前後して、韓国財界には円安で日本企業が息を吹き返すことへの警戒心が生まれているようだ。韓国の経団連に相当する「全国経済人連合会(全経連)」関係者はこう指摘する。

 「サムスン電子や現代自動車など、韓国経済を牽引(けんいん)してきた世界的企業の武器はウォン安による高い国際競争力だった。だが円安が進み、かなりの水準で安定すると世界市場での韓国の相対競争力が長期にわたって下落、結果的に韓国経済の成長を維持するダイナモ(原動力)が失われる可能性がある」

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121231/mcb1212310502003-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121231/mcb1212310502003-n2.htm
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121231/mcb1212310502003-n3.htm

---

いままで、他国企業の知的財産をパクったり、為替誘導で輸出競争したり、借金踏み倒したりして儲けて来たんだから、今度は日本をあてにしないで自分で頑張れよってことで良いんじゃないかと。

パク大統領も、演説で“国民が幸福になる第2の「漢江(ハンガン)の奇跡」を成し遂げる。”と言っている。この時の資金は日本にたかった賠償金。日本はもう協力する必要ないと思う。未来志向というなら、歴史問題で捏造従軍慰安婦の謝罪を持ち出してヤクザそのものの嫌がらせで金をせびるような真似をするな。もう通用しない。

まあ、対中国と北朝鮮に関する安全保障の関係で、生かさぬよう死なさぬようってレベルでキープでいいかも。 

pencil 朴大統領の就任演説要旨
   http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2502I_V20C13A2EB1000/?nbm=DGXNASGM2502N_V20C13A2MM0000

--------------------

pencil 財務相、韓国訪問「韓国国債買う話、出ることはない」

 麻生太郎副総理・財務・金融相は22日午前、閣議後の記者会見で朴槿恵(パク・クンヘ)韓国次期大統領の就任式出席に関連し「韓国の国債を買うといった具体的な話を今回の訪問時に触れることはない」と述べた。1997年に起きた韓国の経済危機で日本が支援した点を挙げ「歴史的な意見の相違とか、見解の相違とかあるにしても、数少なく共通の価値観を有している民族だから、そういった意味では今後とも日韓関係は経済とか金融とか、そういったところはきちんと対応していくべきだ」と指摘した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕(2013/2/22 12:27)
         http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL220I1_S3A220C1000000/

2013225_8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013225_16

なにはともあれ、韓国初の女性大統領の誕生、おめでとうございます。

お隣さん同士、それなりに仲良くいたしましょう。

>韓国では、3月1日が、日本からの解放運動を記念する祝日となっている

演説内容が楽しみですね。

2013年2月25日 (月)

『ロックオペラ・モーツァルト』を観て来ました。

『ロックオペラ モーツァルト』の大阪公演を観て来ました。

        『ロックオペラ モーツァルト』  公式HP   http://www.mozart2013.jp/ (動画あり)

23日と24日の夜の部ですね。24日が千秋楽でした。

【キャスト】
モーツァルト:山本耕史/中川晃教
サリエリ:山本耕史/中川晃教
コンスタンツェ:秋元才加
酒場の主人/運命:鶴見辰吾
セシリア・ウェーバー: キムラ緑子
レオポルト・モーツァルト: 高橋ジョージ
ナンネール・モーツァルト: 菊地美香
アロイジア・ウェーバー: AKANE LIV
フリードリン・ウェーバー/ヨーゼフ2世: 酒井敏也
コロレド大司教/後見人:コング桑田
ローゼンベルク伯爵: 湯澤幸一郎
アンナ・マリア・モーツァルト: 北村岳子
歌姫カヴァリエリ: 北原瑠美
ダ・ポンテ: 上山竜司
ヨーゼファ・ウェーバー::栗山絵美
ゾフィー・ウェーバー: 平田小百合

☆インディゴ モーツァルト役:山本耕史 サリエリ役:中川晃教
★ルージュ モーツァルト役:中川晃教 サリエリ役:山本耕史

【大阪公演】
2013年2月22日(金)~24日(日)  梅田芸術劇場メインホール

私が観たのは ⇒ 2/23[土] 17:00(ルージュ)  2/24[日] 17:00(インディゴ)

いや~、良い舞台を見た後の夢心地と一抹の寂しさは、毎度のことながら何とも言えないものがありますね。

出演者の皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。良い舞台をありがとうございました。

とにかく、すぐには無理でも再演して欲しいです。中川さんも再演は皆さんの力が必要!と発言されていました。激しく希望されている方は多いと思います。実現すること激しく希望。

CDはFCで買いますからねw (特典が楽しみ♪) 

とにかく主演の、山本耕史さんと中川晃教さんが凄かった。モーツァルトとサリエリを其々の演じ方をしていて両バージョン見ることが出来て良かったです。出演者の皆様の熱演も注目でしたよ!!圧倒的な歌声のパワー!衣装も素敵! happy02 欲を言うなら、モーツァルトとサリエリの絡む場面がもっとあったらなあと思います。coldsweats01

最期のモーツァルトが天に召されるところなど、もう涙なくして見られませぬ!!

中川さんを舞台で見るのは初めてだったのですがとにかく歌のパワーが凄かったですね。モーツァルトの天真爛漫な若さと脇の甘さと、音楽の天賦の才能とまっすぐに突き進む熱い思いが伝わってきます。そして、モーツァルトの才能と若さに嫉妬し保身の為に手を回す冷酷でドロドロした、サリエリも見せてくれました。モーツァルトのぽわわんとした笑顔とサリエリのギロッと嫉妬に狂って睨む顔とメイクや衣装が違うとは言え、同じ人かいなと思うぐらい空気が違いますね。サリエリの、譜面を見ながらモーツァルトの音楽を聴いて、神様は何て惨いことをなさるのか・・・とでも言いたげな衝撃を受けて泣きそうな表情から、こんな男がいてはならぬ!とギラギラした嫉妬の顔になるのが印象的でした。ここは山本さんのサリエリも凄くて、双方とも、舞台空間がグニャ~と歪む感じがしました。狂気ですよ狂気!

山本耕史さんは、ファンなのもあるので贔屓過ぎるぞオイ!と思われても仕方がないけど、やっぱり凄かった。そして、色っぽい(笑) 中川さんと2人で良い化学反応が起こっていました。(^▽^*) FCで取ったので前の方の席なのですが、相変わらず佇まいが美しいこと。舞台に映えますね。歌も技術的なことや音域がどうのということは私は分かりませんが、モーツァルトとサリエリの2人の其々の想いが伝わり流石でした。

とにかく耕史さんの演じるモーツァルトもサリエリも哀しいんですよね。人間のどうしようもない哀しさ。モーツァルトのキラキラと明るく子供のような純真さと、音楽を追求して良い作品を作りたいという思いと、家族や妻を愛する気持ちが上手く行きかけてても、ことごどく運命の悪戯に狂わされてしまう。無茶苦茶な様でナイーブなモーツァルトが、大切な物を次々に失って壊れていくんだけれど、亡くなる前の絶望の中に希望を忘れない健気さに泣けてきます。

山本サリエリも、モーツァルトに出会わなければ安泰だったのに、彼の音楽に出会ったことで奥に封じていた自分の音楽に満足していない情念と、それを持っているモーツァルトへのどす黒い嫉妬心、何とか表面上はクールに取り繕って常識人を装っているけれど、どうにも押さえ切れなくて苦悩する。モーツァルトもサリエリも何かに焦ってイライラしている、何かをとても渇望している。「殺しのレクイエム」の場面などモーツァルトを無き者にしてしまおうと考えるサリエリの狂気が、セットが盆回しでグルグル回るので、圧倒的な迫力と絶望感があるんですよ。でも、モーツァルトがこの世を去っても救われないんですよね。本人もそれが分かってる。

うう・・・(TへT) もっと、モーツァルトとサリエリの絡む場面が欲しかった。

主演の2人以外では運命の化身の役で鶴見辰吾さんが、デーモン小暮さんみたいなメイクで、何気なく舞台の何処かで存在感を出しているのも見所です。(台詞はなかったですが歌いますよ。悲劇か喜劇か選べ!って)そして、その手下みたいな苦悩の化身の2人が、サリエリやモーツァルトに踊りながら絡みつく絡みつく。もう、あんた達やめなさいよー!と言いたくもなるのですが、もっとやれというS心も刺激しますw 2人の運命が大きく変わる時に、舞台の後ろの方にそっと立っていて愚かな人間達を見下ろしています。もう、「志村~、後ろ後ろ!」の世界でしたよw (「陽炎の辻」の再放送をしてるので、磐音様と中井様がなんというお姿に~wと、共演が案外と多いのね。)

ローゼンベルク伯爵役の湯澤幸一郎さんが、サリエリの物まねをしながら悪口を言うシーンがあって、2人のサリエリの特徴をきちんと掴んでいて秀逸すぎて笑わずに入られない。後ろにサリエリが立ってるのに気付かない設定でやってるんですが、中川さんは、流石に堪え切れずに少し笑ってたw  23日の夜の部カテコの時にリクエストされて、このときは山本サリエリの真似を、ここでやります!と舞台セットの一段高い所で、俺達見られないからと言う共演者がしゃがんで注目する中を自分の台詞をとちりながらも見事にやり遂げていました。中川サリエリもリクエストされてたけど、それは明日見に来て!と上手くかわしていましたw

同じく23日夜のカテコで、モーツァルトの父役の高橋ジョージさんが、アッキーの時のモーツァルト家は寺内勘太郎一家だと言ってました。ハグする時、山本君は気を使って直前で止めてくれるけど、アッキーはぶつかってくるので痛いと。 私はこのあと病院にいきます。と言う内容のことを言って笑いを誘っていました。

皆さん其々に見所があって、達者でした。

コンスタンツェ役の秋元才加さん、AKBの人らしいけど健気な感じが良かったと思います。 千秋楽カテコで挨拶されてる時は、泣いちゃったりしてましたが大役を無事に果たされお疲れ様でした。

因みに、千秋楽の山本モーツァルトで台詞をとちるハプニング発生。母親と少し言いあっている時にうっかり「父さん」と言ってしまい、母役の北村さんもアリャリャ♪のリアクション。「ごめん・・・母さん」と言って予定通り一旦下がって、次に出てきた時に「僕の母さんです」 と強調していました。台詞間違えた後の咄嗟のアドリブだと思いますが、こう言うも観劇の楽しみですわ。意地悪かなw  お客さんも間違えたのが分かったので、頑張れよの拍手と笑い。カバーした時は、上手い良くやった!の拍手と笑いで温かかったですよ。

この劇評は激しく同意。↓

tulip【公演評】ロックオペラ モーツァルト  情熱と悲しみ、2つのモーツァルト
      
http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/OSK201302210025.html

私が行ったのは千秋楽なので盛り上がりも半端なかった。もともと、大阪公演でのお客さんの方が自分もより楽しもうと参加するような気持ちがあるので(元は取るで!の精神)、色々反応が良いようです。(自分比w)

千秋楽は、最後のフィナーレで主演の二人が出てきた段階でスタンディングオベーション。皆でラストの一曲を歌って盛り上がってました。出演者の皆さんも、おおっ!って感じで嬉しそうでした。3階のお客さんも立ってたんじゃないかなw

カテコは 「夢を支配するもの」で、舞台の上も下もノリノリのお祭り騒ぎ♪特に中川さんのテンションが高かったw
山本モーツァルトのバク宙の予定が高さが足りなかった様で手を付いたのかな。鶴見さんが危なかったなあって感じのリアクションしてました。本人も一旦引っ込むときに「バク転、失敗しましたw」と申告していたw 30代も後半に指しかかっているので無理はしないでねw

その後主演2人だけで出てきた時に中川さんが、アカペラで歌い出して山本さんが合わせてハモってました。山本「これ初めてハモってるんですからね」と言ってましたが即興で出来るのが凄いじゃないですかw

もう、とにかく楽しかった。

いや~、舞台って本当にいいものですね。

-----

サリエリ…あんたには分かってたんだろ?この時が来ることを。

すべては…いつか終わるものさ。

そう…だけど知ってたか?旅の終わりは、本当は始まりに過ぎないんだ…(モーツァルト)

2013213_3b_2

2013年2月23日 (土)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 2/21(2013)

今週の為公会例会はG20に出席したことの報告から始まっています。

土日にモスクワでやった国際会議に出席して、月曜日には朝から予算委員会に出席していた麻生閣下72歳であります。

今週の参議院予算委員会では、良い質問と、麻生さんの人生観や人柄の垣間見える答弁が聞けてなかなか実りのある週でした。

---------------

為公会例会の様子を新人のhappy01山田賢司 衆議院議員がFB http://www.facebook.com/kenji.yamada.54 に写真を掲載してくださっています!

2013221

21日の為公会記者懇談会の時の1枚だそうです。(なんと羨まし過ぎてけしからん写真ですな☆笑) http://www.facebook.com/kenji.yamada.54#!/photo.php?fbid=423290724419458&set=a.423290691086128.97711.100002156013195&type=1&theater

山田賢司さんは、22日の竹島の日の記念式典にも出席されています。頑張っていただきたい新人さんのひとりでります。因みに兵庫7区の選出です。(^▽^*)

---------

tulip 20130221-麻生太郎(為公会例会)

毎週動画をありがとうございます  衆議院議員松本純 HP http://www.jun.or.jp/

pencil「例会挨拶13・02・21」  麻生太郎オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/index.html

【要旨】
● 先週16日(金)、17日(土)、モスクワで開かれたG20財務大臣・中央銀行総裁会議に出席し、先週の当例会で皆さんに申し上げた通り、安倍政権の経済政策を説明してきた。

● 今、あたかも日本政府が為替誘導を行っているかのごとく言う者もいるが、我々は、バブル崩壊後20年来続く不況対策を行っただけだ。その結果、日本経済が再生していくことは、世界経済にもいい影響が出ると申し上げ、理解を得られたと思っている。

● 今、審議中の今年度の補正予算、それに続く平成25年度の本予算、これらが成立し初めて日本経済再生が可能となる。「3本の矢」に代表される安倍政権の経済政策が成功するかどうかは、それらをきっちり施行できるかにかかっているので、ご理解・ご協力いだだきたい。

● 安倍首相はきょう、米国へ出発され現地時間22日(金)に、オバマ米大統領との間で首脳会談が行われる予定だ。

● 日米(同盟)関係は日本外交の基軸だ。この基軸が鳩山(由紀夫)内閣以来、普天間(基地移設に関する)発言もあり、全く希薄なものになりつつある。そこを周辺国につかれている状態だ。その日米関係を立て直す意味でも、今回の安倍-オバマ会談は極めて重要だ。日米関係をより強固なものにしていく為に、きちんと話をしていかねばならないので、その点を大いに期待している。

● 地理的条件も鑑み、日米の同盟関係を基軸に考えることを頭に入れ対応していくことが、これからの日本を考える上で大事なところだ。

tulip 20か国財務大臣・中央銀行総裁会議声明(仮訳)(2013年2月15-16日 於:ロシア・モスクワ) : 財務省
      http://www.mof.go.jp/international_policy/convention/g20/20130216.htm

【動画書き起こし】

 先週の16.17日の土日にモスクワで開かれましたG20財務大臣中央銀行総裁会議に出席をして、先週のこの当例会で皆さんに申し上げた通り、今日本の円安株高ということに関して、日本としてはまだ何もしてないんだけれども、勝手に下がったり上がったりしとるわけですが。他の国から見たらお前らなんか裏でこそーとなんかしてるんじゃないかというような感じになって、為替誘導を政府がやっとるというように言われるわけですよ。それによって影響を受ける国も多いと。それは無いと。我々は20年間続いたこのバブルに対する対策をやった結果、円安株高になったんであって、我々はその結果として日本経済が再生して行くことになりますから、再生して行くということは世界経済にとっても良いことでしょうがという点で、ええ~納得を・・・ええ~(笑)他の国からいわしたら納得させられたと言うんだろうけどしていただきましたからね。

今まだ審議中の今年度補正予算、今日で参議院の・・・が一般が終わって明日締め・総・採決が26日になるんだと参議院はって話ですけれども。いずれにしてもこれに続いて2月の28日には25年度の本予算や色々上程されることになりますんで。いよいよ、国会審議が忙しくなってくると思いますけれども、これが全部出来上がって初めて経済再生等々が出来るんでありますんで是非その点についてご理解、ご協力を。これが成功するかしないか、今回の安倍総理の言っておられる3本の矢が成功するかしないかは、この補正予算に続く本予算がキッチリ施行できるかどうかに掛かっていますんで是非そういう具合に御理解いただけるようにと思っております。

安倍総理、今日から米国へ出発されて22日の金曜日に現地時間でオバマ大統領との間で首脳会談が行われる予定になっておるんですが。これ日米会談、日米関係というものは、これは日本の外交の基軸、一番の基軸でありまして、この基軸が鳩山内閣以来この方、普天間(県外移設)の発言以来、全くこの関係が希薄になりつつある、希薄に見られた途端に、そこを突かれて尖閣、色々のことを我々はやらなきゃいかん。ここをキチッともう一度立て直すという意味においては、オバマ-安倍会談は極めて重要な問題なんだと思っていますのでぜひ日米関係と言うものが、より強固なものにしていくために何が大事なのかという点は、きちんと話をしていかねばならん、してもらわねばならん大事なものなんだと思いますので、是非その点、大いに期待をしておりますけれども。今後ともこの太平洋・・・っと、あ・・すいません・・・今までは大陸、ユーラシア大陸の中で、ロシアとアメリカというのがなんとかだと、いつの間にか今の時代は太平洋を渡ってロシアでということになりますんで、いずれにしても日本は地理的には調度間にいる国です。ぜひともそういった地理的な条件を考えて日本という国はキチッと日米関係を基軸に考えるということを頭にいれて対応していただくことが、これからの日本が生きていく大事なとこなんだと思ってますんで、よろしくお願い申し上げてご挨拶にかえます。

----------------

G20で為替操作してるんじゃ無いのかと懸念されていたけれどそんなことないんだと、昨年末から明るいキャラで人気急上昇、アベノミクスを支持している株ドットコム証券の山田さんが解説してくれています。 こっちの山田さんも頑張って!!

pen いわれなき円安非難 山田勉氏

Photo

画像クリックで拡大します。

2013年2月22日 (金)

2月22日は竹島の日です。

2月22日は竹島の日です。

竹島だけでなく、島国である日本の国境の島についても、もっと私達は知るべきではないでしょうか。

竹島問題

竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場

竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。

  • 韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。

    (注)韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。
          (外務省HPより) http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/

    ---------------

    竹島の日

    竹島の日は、2005年(平成17年)に「竹島の日を定める条例」(平成17年3月25日島根県条例第36号)により定められた。

    島根県隠岐郡隠岐の島町の竹島は、1905年(明治38年)1月28日に島根県への編入を閣議決定し、同年2月22日に島根県知事が所属所管を明らかにする告示を行った(明治38年島根県告示第40号)。

    2005年はこの閣議決定および告示から100周年にあたることを記念して、同年3月16日、島根県議会は2月22日を「竹島の日」とする「竹島の日を定める条例」を制定し、澄田信義島根県知事もこれを全面的に支持した。

    同条例1条は、「県民、市町村及び県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図るため、竹島の日を定める。」としている。 (wikiより)

    movie.第78回自民党大会オープニング映像「日本の国境の現実」写真:山本皓一 .

    tulip 竹島の日式典出席 国会議員は20人に 島根 - MSN産経ニュース

    島根県などが松江市殿町の県民会館で22日に開催する「竹島の日」記念式典に島尻安伊子・内閣府政務官が出席することが20日、決まった。これにより、出席を予定している国会議員は20人になった。

     県によると、島尻政務官や自民党の小泉進次郎青年局長、県選出の細田博之幹事長代行らで、20人は過去最多。超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の山谷えり子会長、日本維新の会の西村眞悟氏、県選出の竹下亘、青木一彦、亀井亜紀子各氏も出席の見通しとなっている。(2013.2.21 02:26)
             http://sankei.jp.msn.com/region/news/130221/smn13022102260000-n1.htm

    ----

    政府主催の記念式典とするまでの第一歩です。
    今まで政府側の関係者の出席はなかったんだから。一歩また一歩。頑張れ。

    ----

    tulip 「竹島の日」開催なら対抗措置 韓国、高官派遣に警告 対日関係に悪影響も

     韓国外交通商省の趙泰永報道官は21日の記者会見で、島根県が予定通り22日に「竹島の日」の式典を松江市で開催し、安倍政権が島尻安伊子内閣府政務官を派遣すれば、韓国政府が対抗措置を取ると表明した。趙報道官は式典開催と日本政府関係者の出席について「極めて遺憾で式典の取りやめを強く求める」と述べた。    (共同)

     菅義偉官房長官は21日の会見で、島尻氏を派遣することに「(変更は)あり得ない。『(竹島は)わが国の領土』と自民党の公約に掲げている」と語った。
            http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130221/plc13022116140012-n1.htm

    ------

  • >「極めて遺憾で式典の取りやめを強く求める」

    え~っと、

    うるさい黙れ、竹島から出ていけ! 日本国内のことに口出しするな!

    これでいいかなw

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    clover 韓国大統領就任式に麻生氏派遣

     菅義偉官房長官は20日の記者会見で、韓国で25日に開かれる朴槿恵次期大統領の就任式に麻生太郎副総理兼財務相を派遣すると発表した。朴氏との個別会談も調整している。

     朴氏の大統領就任を機に島根県・竹島問題で冷え込んだ日韓関係の改善を急ぐと同時に、北朝鮮の核実験を受け、日韓両国の連携強化には重要閣僚の派遣が必要と判断した。菅氏は会見で「韓国は価値と利益を共有する重要な隣国」と強調し、「密接な関係を維持、発展させるため、韓国と信頼関係のある麻生氏を派遣する」と述べた。

     就任式には、森喜朗、福田康夫両元首相や生活の党の小沢一郎代表のほか、超党派の国会議員でつくる日韓議員連盟も額賀福志郎会長(自民党)ら十数人が出席する。(2013.2.20 22:59)
        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130220/plc13022023010021-n1.htm

    さて、韓国大統領の就任式に麻生副大臣閣下が出席することになったのですが、竹島の日の記念式典に島尻政務官や他の国会議員が出席した場合、ウツリョウ島に視察に行こうとした新藤議員・稲田議員・佐藤議員の時のように、空港で写真を燃やしたり唐辛子粉やカレー粉撒いたり、お腹をチョピッと切ったりして韓国流のお出迎えをしてくださるのかしら___w

    >就任式には、森喜朗、福田康夫両元首相や生活の党の小沢一郎代表

    小沢一郎代表だと・・・祖国へ里帰りですか?w  もう帰ってこなくていいです。

  • 2013年2月21日 (木)

    【法の精神】国民の安心と安全の確保を考えるべきだ。谷垣法務大臣

    3人の死刑囚の刑が執行されました。

    谷垣法務大臣には、法に則り職務に忠実に行動されたことに心より敬意を表します。
    重責を負われたことへの心中は察しようとしても察しきれないかもしれないけれど。

    政権交代後、日本国民の安全と安心の為に総理大臣を筆頭に、各大臣がそれぞれの持ち場で懸命に頑張ってくれているのが伝わりますね。勿論、パーフェクトではないけれど。つい数ヶ月前までは、国民って何処の国民のことかしら?といいたくなることばかりでしたから。

     それにしても、安倍政権になってから初めてだとか報じられていることに違和感。どの政権であっても、法律で決められたことなのだから、粛々とその法に則ってやるべきことをすればいいのであって、死刑執行をそのときの政権によって大臣の思想によって執行したりしなかったりすることの法が異常なのです。したがって、マスゴミの皆さんは、死刑の執行を政権、政争の具に持っていくようなことをすることは是非やめていただきたい。

    マスコミは、初めて執行したと騒ぐより、火炎瓶法務大臣みたいに執行しない大臣に対して仕事をしろ法を守れ!と騒ぐべきなのです。

    私は死刑制度の存続に賛成です。勿論、冤罪などの問題もあるので、きちんと罪を証明するものがあって冤罪の可能性がなく、刑が確定させる必要が前提です。

    -------------------------

    clover【3人死刑執行】谷垣法相「国民の安心安全考えるべきだ」 死刑制度への批判に反論

     谷垣禎一法相は3人の死刑執行を受けて21日、法務省で会見し、「(死刑は)人の命を奪う極めて重大な刑で、その重みを改めて感じた」と述べた。一方、死刑制度については「現時点で見直す必要はない」と改めて明言した。

     谷垣法相は刑場での立ち会いは行わず「(法相として)立ち会った方がいるのは事実だが、極めて例外的で、私は考えていない」と説明。就任から約2カ月で執行に踏み切った経緯や、3人を選定した理由については「十分検討した。個別事案へのお答えは差し控える」と述べるにとどめた。

     就任以降、死刑執行に前向きな姿勢を示していた谷垣法相。この日の会見でも死刑制度について「賛成、反対があるのはよく承知しているが、犯罪抑止や被害者感情など、さまざまな事情で存続してきた」と強調した。今後の執行について「死刑確定された方々の心情にも影響するため差し控える」と前置きした上で、判決確定から6カ月以内に死刑を執行しなければならないとした刑事訴訟法の規定に言及。「法の精神を無視することはできない」と主張した。

     制度存続に対する海外からの批判については「国際的動向より、治安維持、国民の安心安全の確保を考えるべきだ」と述べた。

     一方、日本弁護士連合会の山岸憲司会長は同日、「大臣就任からわずか2カ月足らずで、真に慎重な検討がなされたのか大いに疑問」と執行に抗議するコメントを発表した。(2013.2.21 12:02 )
       http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130221/trl13022112060004-n1.htm
       http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130221/trl13022112060004-n2.htm

    ------------------------------------------

    >判決確定から6カ月以内に死刑を執行しなければならないとした刑事訴訟法の規定に言及。「法の精神を無視することはできない」と主張した。

    法の番人であるはずの日弁連が法を無視することを求める異常さ。

    彼らはイデオロギーはあっても順法精神がないのでしょうか。順法精神が無い人達に弁護士業などさせてはならないはずです。刑の執行に反対し邪魔しようとする法曹界の人達は日本という国をなんだと思っているのでしょう?

    >「大臣就任からわずか2ヶ月足らずで、真に慎重な検討がなされたのか多いに疑問」

    裁判は裁判所という司法の場で行われて確定しているのですけれど。その結果において大臣がとやかく言えるものなのでしょうか。しかも刑が確定して6ヶ月以内に刑を執行するはずなのに、何年も執行されていなかった、つまり法が守られていなかったことについてはコメントなしですか?

    加害者の人権は高らかにうたうけれど、既にこの世にいない被害者とその遺族の人権は?加害者に罪を償わせる権利と義務を奪うんですか?

    ------------------------------------------

    movie 今の安倍政権で初 小林薫死刑囚ら3人の死刑執行

    2013221_3_2

    (抜粋) (社会部・清永圭一記者報告)
     去年12月に安倍政権が発足してからまだ約2カ月で、過去の例と比べると早い時期での執行に踏み切ったといえます。
       ・・・ 略 ・・・
     谷垣法務大臣:「当然のことながら、いずれの事件も裁判所において十分な審理を経たうえで、最終的に死刑が確定したものです」
     3人の執行前の段階で、確定死刑囚の数は137人と過去最多となっていました。谷垣大臣は、現時点で死刑制度を見直す時期ではないとしています。(02/21 11:45)
             http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230221015.html

    ----------

    movie 3人に死刑執行 今の安倍政権で初

     平成16年に奈良市で小学1年生の女の子を誘拐し殺害した罪で死刑が確定していた小林薫死刑囚ら死刑囚3人に、死刑が執行されました。
    今の安倍政権が発足してから死刑が執行されたのは初めてです。
       ・・・ 略 ・・・
    死刑が執行されたのは去年9月以来で、今の安倍政権が発足してからは初めてとなります。
    谷垣法務大臣は記者会見し「いずれの事件も身勝手な理由から被害者の尊い人命を奪った極めて残忍な事案であり、被害者や遺族にとって無念この上ない事件だ。いずれも裁判所において十分な審議を経たうえで最終的に死刑が確定した事実を踏まえ、慎重な検討を加えたうえで死刑の執行を命じた」と述べました。
       ・・・ 略 ・・・
    3人の死刑が執行されたことについて、日弁連=日本弁護士連合会の山岸憲司会長は「今月12日に谷垣法務大臣に対し、死刑執行の停止などを求める日弁連の要請書を提出したばかりだったのに、これを無視した執行は容認することができない。強く抗議するとともに、改めて執行を停止し、死刑に関する情報を広く国民に公開して死刑制度の廃止の議論を開始することを求める」などとする声明を出しました。(2月21日 13時6分)
             http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130221/t10015672201000.html

    2013221

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    死刑に反対されている人達は、こういう人間をどうしたら良いのか考えて欲しいです。

    こういう人間を世に出さないようにするには、どうすればいいのか。

    pencil 笑顔で「解放されてもまた殺人する」「特に謝罪の思いない」 取材に応じた金川死刑囚、最後まで反省なし

    「死刑になりたい。生きるのがいやになった」。死刑が執行された金川(かながわ)真大(まさひろ)死刑囚(29)は1審判決前の平成21年6月、水戸拘置支所(水戸市)で産経新聞の取材に応じ、早く死刑に処されたいという心中を吐露。「自殺はどんな方法であれ、自分の体に痛みを加える。そんな勇気がなかったので殺人をした」と話し、最後まで反省の言葉はなかった。

     接見室での取材に終始満面の笑みで応じた金川死刑囚。遺族や被害者に謝罪はないのか問うと、「痛かったであろうことは常識で考えたら分かるが、特に謝罪や思いはない」と話し、さらに笑顔を見せた。

     拘置所内では「日々、殺すことしか考えていない」と断言。「殺すこととは、もし外に出たら、どうやってまた殺しをするかということ。それは死刑になるため。『今解放されたら、また殺人をするか』と問われたら、答えは『します』しかない」と言い切った。

     死刑になりたいと考えるようになった理由は「親が悪いとか教育が悪いとかではない。こう育ったのも運命だ」とした。

     接見終了後には「間にアクリル板があるから記者さんと握手もできない」とつぶやいた金川死刑囚。「こうして拘置所でメディアの方と会うのは暇つぶし。反省したというわけではない」と言い残し、接見室を後にした。

       http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130221/trl13022114160006-n1.htm   
       http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130221/trl13022114160006-n2.htm

    ------------

    pencil 執行前「申し訳ない」 小林死刑囚「薬物投与」を希望

     小林薫死刑囚は昨年、福島瑞穂参院議員(社民党党首)が昨年9~11月に実施した確定死刑囚に対するアンケートへの回答で「被害者には本当に申し訳ない思いでいっぱいです」と思いをつづり、絞首刑ではなく「薬物投与による執行」を希望すると表明していた。

     小林死刑囚はアンケートで、死刑執行は2日前に告知してほしいと回答。死刑制度については「日本刑法は(中略)復讐法ではない」として反対の意思を示していた。(抜粋)(2013.2.21 11:58
           http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130221/trl13022112000003-n1.htm

    ---

    一応謝罪めいたことは口にしているけれど、何処までも自己中心的な考えで何とも言いようがないです。

    >絞首刑ではなく「薬物投与による執行」を希望
     法を犯し何の関係もない他人の命を無残に奪った人間に、最期をどうしたいかなどと言う権利はないと思います。因みに、薬物による刑の執行は、死刑囚の体格や体質で時間が掛かり無駄に苦しませることもあるそうです。(電気椅子は故障もある)絞首刑は、ほぼ一瞬で絶命するようなので死刑囚にはその方が良いのでは。被害者がされたように苦しみぬいて死ねばいいとは思いますが、執行する刑務官のことを考えると今のやり方を続けるしかないと思います。残虐だから廃止へ・・・と言う意見は当てはまらないと考えます。

    >死刑執行は2日前に告知してほしい
     被害者はある日突然命を絶たれたのです。死刑が確定してから何年も生きていられたことに感謝してもらいたい。

    死刑囚は死刑を執行することで完結するので、拘置所にいて労働がない。執行までの諸経費は当然すべて税金で賄われます。真面目に働いている人の納めた税金が、罪を犯して更生の余地もない者達の為に何年も費やされるのはどうなんでしょうか。

    某所のコメントの通りです。↓ 国はこのように法に則ってやるべきことを国民の為に行動していただきたい。

    『日本では、アメリカと事なり護身のための銃刀の保持を禁止しているので、国民の生命・安全を日本国が保障する義務があります。

    したがって、国民の生命・安全を脅かす人間を排除すること、つまり更生の可能性のない人間は死刑にするか永久に一般社会から隔離するのは、国民に対する義務の履行に当たります。』

    ------------

    すべては国民の安心と安全の為に。

    G20の麻生太郎閣下 やっぱり大臣はカッコ良くて強くなくっちゃ!

    G20での麻生太郎財務大臣の活躍は光ってました。

    出発時の服装が、ギャングだマフィアだゴッドファーザーだの言われていましたが、何故素直にカッコいい!と言えないんだと。happy02

    13608911760565001_5

    別にコスプレしてたわけじゃなく、きちんとした格好でお出かけしただけなんですけどね。

    政権交代して民主政権の間は、貧相なのが出席してましたからね。ギャングスターじゃなくって、ちびっ子ギャングでしたもの。各国もまともな日本が帰って来たと再確認できたことでしょうね。

    とりあえず、日本が円安誘導しているなどと懸念している、一部の国、ドイツとか韓国とか韓国とか韓国とかを静かにさせることが出来たw

    ----------------------

    tulip 安倍政権の今後の追加緩和に強い懸念=ショイブレ独財務相

     ドイツのショイブレ財務相は17日、安倍新政権が目指している将来的な追加金融緩和に強い懸念を表明した。

    同相は、下院議会での演説で「安倍政権の新たな政策を非常に懸念している。世界の金融市場で流動性が過剰であることを考えると、中央銀行の政策についての誤った理解がそれをあおっている」と述べた。)(抜粋)(2013年 01月 18日 03:20)
       http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE90G07H20130117

    tulip 財務相、会談に引っ張りだこ アベノミクスに各国関心

     主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議にあわせて、麻生太郎財務相は15日、ドイツのショイブレ財務相と会談した。「アベノミクス」への関心の高さから各国の会談要請が殺到し、麻生財務相は米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長ら計約10人と意見を交わした。

     ショイブレ独財務相との会談で、麻生氏は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」について説明した。G20の前には、ショイブレ氏は「日本の新政権の政策に大きな懸念をもっている」と発言していた。しかし、この日の会談では、為替相場についての話は出ず、アベノミクスが成功するように期待を寄せたという。今後も意見交換していくことで一致した。

     今回のG20では、多くの国から会談を申し込まれた。このため、麻生財務相は15日、韓国やトルコ、カナダの財務相のほか、米国のブレイナード財務次官、世界銀行のキム総裁、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事ら約10人と直接話し、短時間ながらも意見を交わした。
            http://www.asahi.com/business/update/0216/TKY201302160070.html

    G20の一連の麻生さんの活躍は、この記事がよくまとまっています。

    tulip ファッションだけじゃない!G20での麻生さんの活躍が頼もしい
                     
    http://matome.naver.jp/odai/2136100969649161101

    ------------------------

    今回、何が嬉しいかって言えば、世界に堂々と日本の方向性を示せたこと。

    tulip 麻生財務相「日本再生は世界に好影響」 G20初日

    【モスクワ=秋山文人】 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は15日(日本時間16日早朝)、初日の討議を終えた。麻生太郎副総理・財務・金融相は終了後に記者団の取材に対し、「新政権の政策を着実に実行して日本経済が再生していくことは世界経済にも良い影響あると確信している」と述べたことを明らかにした。

     日本の積極的な金融政策が通貨安競争を促しているとこれまで各国から指摘が相次いでいたことについて「明らかに多すぎという声が多数だった」とし、通貨安競争を巡る議論の過熱ぶりを指摘する声が出ていたことを明らかにした。日本の政策を説明した際に他国からの意見は特になかったという。

     また初日の会議後にドイツのショイブレ財務相と会談し、安倍政権の政策を説明した。

    --------------------------

    pencil G7財務大臣・中央銀行総裁の声明(和・英)(2013年2月12日) : 財務省

    【仮訳】

     我々、G7の財務大臣・中央銀行総裁は、我々が長年にわたりコミットしている、為替レートは市場において決定されるべきこと、そして為替市場における行動に関して緊密に協議すべきことを再確認する。我々は、我々の財政・金融政策が、国内の手段を用いてそれぞれの国内目的を達成することに向けられてきていること、今後もそうしていくこと、そして我々は為替レートを目標にはしないことを再確認する。我々は、為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済及び金融の安定に対して悪影響を与え得ることに合意している。我々は引き続き、為替市場に関して緊密に協議し、適切に協力する。
        http://www.mof.go.jp/international_policy/convention/g7/cy2013/g7_250212.htm

    ------

    pencil 20か国財務大臣・中央銀行総裁会議声明(仮訳)(2013年2月15-16日 於:ロシア・モスクワ) : 財務省
            
    http://www.mof.go.jp/international_policy/convention/g20/20130216.htm

    G202

    G203

    movie 麻生副総理 G20 『 経済政策 各国から理解 』

    強い日本への第一歩です! デフレ脱却!国土強靭化!

    2013年2月20日 (水)

    今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 2/14(2013)

    予算委員会も始まり、これまでの野党時代と違い麻生閣下は何処かしらとお姿を探さなくても済むよう時代が巡ってまいりました。

    ああ、諦めずに長生きはするものだ。(笑)

    201328

    G20出席直前で慌しいです。

    ----------------

    pencil 麻生財務相「ちょっとアゴで…スルスルと円安・株高」

     「おれたちはまだ何もしていない。ちょっとアゴでするだけで株価は2割強上がり、為替もスルスルと円安になった」。麻生太郎財務相(副総理)は14日の麻生派の会合で、自らのアゴを突き出しながら日本政府による「円安誘導」との指摘を打ち消した。

     「輸出企業はえらい利益が出ている。各国の大臣は『どうしたらできるか聞きたい』というが、勝手に世の中が上がっている」とも強調。15日からモスクワで開かれる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への出席を前に、「日本だけトリックしているように思われるとかなわん」と予防線を張った。 (2013年2月14日20時7分)
           http://www.asahi.com/politics/update/0214/TKY201302140378.html

    ------------------

    まさに景気は気の部分が大きいってことなんでしょうね。

    movie 20130214-麻生太郎(為公会例会)

    今週も動画をありがとうございます。 衆議院議員 松本 純 HP http://www.jun.or.jp/

    pencil「例会挨拶13・02・14」 麻生太郎オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

    【要旨】
    ● おととい、北朝鮮による3度目の核実験が行われた。これは、我が国にとっての脅威にとどまらず、北東アジア地域、また、(先般のミサイル発射を勘案すればその)航続距離から言っても、世界に与える影響は極めて大きい。そして、一連の国連安保理決議違反であることは明白だ。

    ● 既に、政府並びに自由民主党は非難声明を出し、国連安保理でも同様の声明が発表されているが、改めてこの暴挙を断固非難し、北朝鮮が今後、国際社会から突き付けられている諸懸案に対し適切な行動をとるよう、我々としては強く求めていかねばならない。

    ● さて、今年度の補正予算案は、きょう午前中、衆議院予算委員会で採決され、午後1時からの本会議で(可決され)衆議院を通過する見通しとなった。(予算委員会)理事を務められた岩屋先生、また委員としてご活躍いただいた原田先生始め、お世話になった先生方に感謝申し上げる。

    ● いよいよ参議院での審議が始まることになるが、これをきちんと成立させなければ予算は執行されない。補正予算は景気対策に極めて大きな効果を持つものであり、我々としてはきっちり仕上げていかねばならないと思っている。そしてその後、平成25年度予算案の審議が始まることとなる。

    ● 私はあすから、G20財務相・中央銀行総裁会議出席の為モスクワを訪問する。世界は今、日本の経済政策に注目している。日本政府と日銀による共同声明の取りまとめは、世界をアッと言わせた。国際金融の世界からすればそういったものだ。

    ● まだ、具体的な予算案・法律は何も成立していないのに、衆議院解散前と比べ、株価は3割程度も上昇し、円安も進んでいる。輸出企業にとっては、大変な利益が出ることになりつつある。どうしたらこういうことができるのか。これが各国が知りたいところだが、決して、我々が為替に介入しているわけではない。

    ● 一昨日、G7(財務相・中央銀行総裁)で緊急声明を発表した。これは、先の総選挙で皆さんが訴えてこられた安倍政権の政策が、各国から正しく認識された形のものだ。モスクワでは、その経済政策を更にしっかり説明してきたい。

    ● 内外にさまざまな問題があるのは間違いないし、皆さんのご地元でもいろいろ抱えられていると思うが、今回初当選された方々は、先ずは2回目の当選を果たすことを一番に考えなければいけない。当選を積み重ねられる「選挙の強さ」を身に着けることを頭に入れておいてほしい。選挙に強いことは、何にも増して力になるものだ。

    ● この7月には参議院選挙がある。6年前、前回の安倍政権での参院選で自民党は負けた。その時、29あった1人区で6勝23敗だった。今回は2つ1人区が増え31選挙区になった。ここでどれだけ取れるかが最大の問題だ。それを頭に入れきちんとやりさえすれば、7月からは自公で衆参双方で過半数を得て、堂々と船を漕ぎ出すことができる。

    ● その為にも、各参議院候補の選挙を、自分の選挙のように一生懸命やってほしい。それが自分の選挙にも繋がる。普段の仕事をこなしつつも、己の選挙のことはきっちりやっていただくことを期待している。

    【動画書き起こし】

     おととい、北朝鮮によります3度目の核実験が行われております。これは我が国にとっての脅威とか言うものだけではなくて、北東アジアは勿論のこと航続距離からいたしましても、この世界に与える影響は極めて大きく、これは一連の安全保障理事会に対する決議違反であることは明白です。したがって既に政府並びに自由民主党としては非難声明を出すなど国連安保理でも同様の声明というものを発表されておりますが、改めてこの暴挙、というものを断固非難すると共に北朝鮮が今後国際社会から突き付けられてる諸懸案に関して適切な行動を取るようにと我々としては強く求めていかねばならん大事な局面だと思っております。

    何となく北朝鮮に近い人、日本海側の人、これ、いろいろ反応が違うんですよ。現場行ったら分かります。日本ってのは広いなと思いました私も1回目2回目の時に。そういった意味で是非こういったものに関しては今回は航続距離が伸びています。核弾頭として使われた場合は小さくなっているとなればさらにその航続距離が増し、精度が増すということを意味していますから、北東アジアだけの話でなくなりつつあることなんだと思っております。

     さて、今年度の補正予算が今日の午前中、予算委員会において衆議院の予算委員会において通過をしており、今日の午後1時からの本会議で衆議院において通過する見通しとなりました。理事を引き受けていただいております岩屋先生や、また委員をやっていただいた原田先生はじめ、委員会に度々顔を出していただきました先生がたに心から感謝を申し上げます。いよいよ参議院の審議が始まることになるんですが、これをきちんと終えないと予算というものは執行されませんので、必ずこの補正予算というものは、これ、景気対策に極めて大きな効果をもちます。是非その意味で我々としてはキッチリ仕上げて行かねばならんと思っております。

    その後は御存知のように、いわゆる25年度の本予算というものが始まるんだろうと存じます。

     私は明日からG20の蔵相中央銀行総裁国際会議というのに出席する為にモスクワに行くことになるんですが、あの・・・いわゆる世界がいま、経済と言うものが日本に注目しているということだと思っておりますが。やっぱり、あまりそう思って見ておられない方も多かったと思いますが。

    アルジェリアのあの騒ぎの真っ最中に世界中で日本だけがスルスルスルッと中央銀行と話をして、日銀との共同宣言を取り付けた。世界から見たら最もアッと言ったのはアレです。国際金融の話からすると、そういう世界です。是非今回も、いま、何もしてないのに・・・まだ何もしてないんです。(笑)まだ何も出来て無いのに、どうやったら株価が2割も上がって、あの、数字をちょっと覚えとくといいけど、少なくとも解散をしますと言った11月14日の党首討論、前の日の株価8660円だったんだと。通貨は確か、78円か9円。そんなもんだったかと思いますよ。それがアナタ、選挙が終わってちょっとアゴで言うだけで、なんにもしてないのにいきなり株が1万1千何百円ですか、かれこれ2割上がって、2割強上がって、為替も同じく何にもしていないにも拘らず、これもこれまたスルスルと円が安くなって各社みな輸出企業は、えれぇ利益が出ます、ということになりつつあります。

    どうしたらこういうことが出来るのかと、これが各国の大臣の聞きたいことで講演をしてくれって。ふざけたことを言うなよと。(笑)俺達ゃまだ何にもしちゃいない、世の中が勝手に上がっとるんであって、俺達が何も為替に介入したわけでも何でもないと言うことをあの・・・言うんですけど、なかなか理解をされないんで、何か日本だけトリックをしてるように思われてはかなわんので。

    一昨日G7で緊急声明というものを発表しております。これは先の総選挙で皆さんが訴えられた、今の安倍政権の政策が各国から正しく認識された形の声明文になっています。モスクワではその経済性とかさらに詳しく説明していこうと思ってるんですが、あの、内外に色んな課題がありますのは間違いありませんし、皆さんの御地元でも色々考えておられるんだと思いますけれども。

    是非皆さんがた、当選されていま自分の後援会、またこの度選挙をやって色々地元の難しい問題をクリアして、みな当選をされておられる方々、初めての方々おられますけれども、是非皆さんは、確実に2回目通ることをキッチリ頭に入れてそれを一番の対策に置かねばならん。これは最も大事な事。

    一年生にとって一番大事な事は、2回目当選すること。これが一番大事なもんだと思って、2回3回とやっていくと何となくこの辺の様に偉そ~うな面して座れるようなことになるんですが、この人達は皆それなりに4回5回6回と連続当選してきて色々な苦労をしてきた結果、そういったことになってるんであって。是非そういったものを積み重ねられる「選挙の強さ」と言うものを是非頭に入れといてもらえればと思っております。選挙が強いと言うのは物凄く大きな力になります。なんの力にも勝るかも分からん。そう言うもんだと思って是非選挙だけはキチンとやっていただくようにお願いします。

    そしてもう一点、最後になりますが、この7月に参議院の選挙があります。参議院の選挙、考えてみてください。一番の問題は何だったかといえば6年前、安倍内閣の時で選挙をやって負けました。一人区29あったんですが6勝23敗。これがあの時の選挙の結果です。6勝23敗。今回はふたつ一人区が増えますから。31一人区。31区になります。47都道府県。残り17がいわゆる複数県ということになるんだと思うんですが、この複数県は、まあ、常識的には2人出てりゃ一人は取れるはずだから。常識的に言えばね。そして、比例でそこそこ、13.4.5どれぐらい、それぐらい今までの経緯でいえばとれるはずだ。問題はこの一人区。この31選挙区で山口県がひとつ減りますんで。もう補欠選挙が4月にありますんでこれを除いて。残りどのぐらい取れるか、というのが最大の問題なんだ。是非ともその点を頭に入れて北海道は複数区でまだ決まっていない。2人目の候補者が。そういう所もある。名古屋も・・まだ愛知も決まってなかったと思います。そういった決まってないところもあります。そこはキッチリ選んでそして選んだ以上は確実にそいつを選挙でやってください。これで31の選挙区で25自民党がとれたら、取れないはずがないんだから。この流れで取れないはずがない。選挙の公認を取り損なうことさえなければ出来るはずだ。それをやれさえすれば間違いなく7月から自由民主党が衆参で過半数を取って堂々と船を漕ぎ出していけることになろうと思います。

    是非その為には人の選挙を一生懸命やってやるのぐらい自分の選挙(のため)になるものはないと、長いこと選挙やってきてそれだけはそうなんです。自分の選挙ももう少し真面目にやったらどうですかと言われるぐらい人の選挙をやってやるようになると絶対に強いものになりますから。是非それだけは頭に入れて、あの、今から選挙に励んでいただき同時に、この当選したばっかで色々なこれまでのアレがおありだったと思いますけれども、その仕事もキチンとしつつ己の選挙だけはキッチリやっていただけるように心から期待をして御挨拶にかえます。ありがとうございました。

    ------------------------------------------------------

    バレンタインのチョコレート、さすが麻生閣下。モテモテでござるな。

    present 閣僚一のモテ男は、バレンタインチョコ36個の麻生副総理〈週刊朝日〉 - Y!ニュース

     2月14日、衆院本会議で史上2番目の額の補正予算案が賛成多数で可決されたまさにそのころ、議員会館の廊下では、リボンのついた紙袋を両手いっぱいに抱えた議員秘書や、段ボール箱を持ったインターン生らが右往左往していた。

     多忙なセンセイ方も、世の慣わしには従うということか。となると、気になるのはやはりその数。本誌は、閣僚にバレンタインチョコ取材を敢行した。やはり一大関心事なのだろう、男性17閣僚のうち、回答を寄せたのは実に12人。

     その結果、栄えある第1位に輝いたのは麻生太郎副総理だった。事務所に取材趣旨を伝えると、笑いながらチョコを数えてくれた。

    「36個いただいております。ありがたく頂戴し、自宅に持ち帰る予定です。手紙とともにお礼をする予定です」(担当者)

     第2位は30個の同数で、林芳正農水省と茂木敏充経産相の2人。続く第4位は20個で、新藤義孝総務相と谷垣禎一法務相、岸田文雄外務相、菅義偉官房長官の4人だった。   ・・・以下略・・・ (2月19日(火)11時37分配信)
             http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130219-00000003-sasahi-pol

    -------------

    因みに、総理時代のバレンタインの頃。懐かしいなあ。カードを贈ったり。

    楽しいこともあったけど、苦しくて辛いこともありました。この2月には。

    tulip【べらんめぇ日記】麻生首相ぶらさがり取材 2009-02-13(わんちゃん)

    tulip【べらんめぇ日記】麻生首相ぶらさがり取材 2009-02-14(小学校視察)

    tulip【べらんめぇ日記】麻生首相ぶらさがり取材 2009-02-14(音声調整版)

    2013年2月 9日 (土)

    ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/02/05)

    movie 2013/02/05 麻生太郎財務大臣兼金融担当大臣 定例会見
                 
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56398
    @iwakamiyasumiさんから

    20130205_1_2

    pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要
                                                        (平成25年2月5日(火曜日)) : 財務省

                                       http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130205.htm

    【冒頭発言】

     世界税関機構事務総局長選挙が6月に予定されております。政府としては、世界税関機構の現職で事務総局長である御厨邦雄氏の再選を目指して同氏を擁立することといたしました。世界税関機構は、税関分野の唯一の国際機関として国際貿易・経済の発展に多大な貢献をしていただくところです。今後、4月1日の立候補締切りを経て、6月末のワールド・カスタムス・オーガナイゼーション、WCO総会にて選挙が実施される予定にいたしております。

     次に、金融庁業務説明会について。中小企業金融円滑化法は3月末で期限を迎えますが、これまで述べてきました通り、検査・監督のスタンスや不良債権の定義は何ら変わりません。金融機関には、引き続き、貸付条件の変更などや円滑な資金供給、それぞれの借り手企業の実態に応じた最適な解決策の提案・支援に努めるよう促してまいります。他方、こうした対応・方針については、かなりの程度浸透してきているとは思っていますが、規模の小さい事業者を中心に、もう一段の周知徹底が必要であると考えております。このため、2月から3月にかけて、寺田副大臣、島尻政務官、金融庁長官以下の幹部を全県に派遣し、冒頭申し上げた方針を金融機関に再度徹底するとともに、借り手企業関係者に対して、改めて丁寧な説明を行い、円滑化法期限到来後の対応に万全を期したいと考えております。また、この機会に霞ヶ関では分からない現場の声も聴取させていただきたいと思っております。

     次に、「ABL」、アセット・ベースド・レンディング及び「資本性借入金」の積極的活用について。これは1月11日に閣議決定された「緊急経済対策」において、中小企業等への経営改善、資金繰りの支援策として、アセット・ベースド・レンディング、動産・売掛金を担保にした融資、通称「ABL」と言うんですが、この活用促進が盛り込まれております。これは、今までもあったんですよ。これを受けて、金融庁において、本日、「動産担保」や「売掛金担保」について、金融検査マニュアル上、「一般担保」として認められるための条件の明確化などを行うことにしております。また、金融庁としては、以前から中小企業等への経営改善の支援策の1つとして、「資本性借入金」の活用を促進してきたところですが、この「資本性借入金」に関し、税務上、どのような場合に金融機関において「損金処理」が認められるか、についても明確化を行うこととしております。これらを通じて、金融機関における「ABL」及び「資本性借入金」の更なる活用を推進し、中小企業への経営改善、資金繰りの支援を図ってまいりたいと考えております。

            clip 御厨邦雄世界税関機構(WCO)事務総局長を
                  次期WCO事務総局長選挙の候補者として擁立することを決定しました : 財務省
                    
    http://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade/international/wco/ka250205.htm

           clip 中小企業等に対する金融円滑化対策について
                                                   http://www.fsa.go.jp/policy/chusho/enkatu.html

    続きを読む "◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/02/05)" »

    ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/02/01)

    pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要
                                                           (平成25年2月1日(金曜日)) : 財務省

                                http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130201.htm

    【質疑応答】

    問)
     消費税の軽減税率について昨日、国会で与党の議論や調査を踏まえながら政府としても協力していくというお話をされていたと思うのですけれども、こういった作業はいつ頃から着手されて、どういった点について作業していくことになるのか、見通しをお聞かせいただければと思います。

    答)
     確か軽減税率の話は、10%メドという形で与党の合意文書ができたと記憶しますので、10%メドということになりますと与党の税制調査会をスタートさせられる時期と合わせるということになるでしょうし、政府の税制調査会はまだ立ち上がっていませんので、それが出来上がってからの話ぐらいですかね。

    問)
     中期財政フレームの件ですけれども、これまでも大臣、年央にはということをおっしゃっていまして、それは本来ならば参院選できちんと問うべきものだと思うのですけれども、参院選の前に策定の予定か、その後かというのは伺えますでしょうか。

    答)
     間に合いますかね、時間的な、物理的な話ですけれども。どれぐらいでできるでしょう。ちょっと今参院選前か、参院選は7月の何日でしたか。まだ決まっていないの。では分からないですね。

    問)
     まだどちらか決めていないと。

    答)
     決まっていません。

    201321

    2013.2.1 参議院代表質問 より

    -------------------------------------

    pencil 安倍首相「議論見守る」 食料品など軽減税率導入で - MSN産経ニュース

     安倍晋三首相は12日、消費税増税に伴う低所得者対策として食料品などの税率を低く抑える「軽減税率」導入に関し、なお与党内調整が必要との考えを示した。「自民、公明両党が一致したとは承知していない。政府としては議論がどうなるか見守っていきたい」と述べた。

     自公両党は軽減税率導入の時期をめぐって考え方に隔たりがあり、引き続き協議する方針。首相は最終的な決着には至っていないとの認識を強調したものとみられる。視察先の宮城県亘理町で記者団の質問に答えた。(2013.1.12 18:07)
                    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130112/plc13011218110016-n1.htm

    ------

    pencil 「新聞に軽減税率を」自民の新聞販売懇話会 - MSN産経ニュース

     自民党の新聞販売懇話会(会長・丹羽雄哉元厚相)は29日、党本部で会合を開き、消費税の逆進性を緩和するために食料品などへの導入が検討される軽減税率に関し、平成27年に消費税率を10%に引き上げる際に新聞も適用対象とするよう求める方針を確認した。(2013.1.29 23:49)
                   http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130129/stt13012923500015-n1.htm

     いやいや、国民目線で痛みを分かち合っていただかねば、、マスコミさんの書いたものの信憑性に関わりますからw

    ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/31)

    pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣臨時閣議後記者会見の概要
                              (平成25年1月31日(木曜日)) : 財務省

                          http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130131.htm

    【冒頭発言】

     平成24年度の補正予算につきましては、先日概算の決定をしたところですが、その後、予算書の印刷作業を完了しました。したがって、先ほど臨時閣議において決定させていただき国会に提出することにいたします。
     平成24年度補正予算というのは、いわゆる経済再生の道筋を確かなものにできるようにということで、いろいろ緊急なことをやっておりますので、1日も早い成立というものに向けて頑張っていきたいと思っております。

    【質疑応答】

    問)
     通常国会で予算関連では補正予算からの審議になると思うのですけれども、改めて審議に向けての大臣の意気込みをお聞かせください。

    答)
     補正予算については、これは当面の経済の底上げというのを、これは選挙があったから何となくになっていますけれども、これがなければ多分1-3月というのはかなり景気が落ち込んでいただろうという感じがするのは、その前の昨年12月末ぐらいまでは、この1-3月はきついなという感じがみんなあったと思います。その意味ではこの補正予算というのを1日も早く通るというイメージが出てこないという気がしていましたので、通らないと大変なことになるなという気がしていましたから、その意味では大型補正ということを、自由民主党が勝ったときには大型補正だということをずっと言っていましたので、そのとおりにさせていただきました。

     そして事実いろいろな意味で、前倒しで計画する等というのを含めて、最初から地方にも補正予算が組まれるということを言ってありましたし、地方も仕事やら何やら、とにかくすぐ即効性のあるものをということをいろいろ言ってありましたので、そういった意味では早く出来上がるということを念頭に置いて、1-3月加えて予算が出来上がるのが通常と違って5月の連休前に予算ができ上がるかでき上がらないかわからないぐらいのところだと、本予算の話ですよ。したがって通常よりは一月は遅れる。そこはいわゆる本予算がまだ出来上がる前ですから、暫定予算で一月、二月というのをやらなければいけません。その分も考えて補正予算というのを組んでおかないと。4月、5月で予算が厳しいことになりますので、そこらのことを考えて大型に組んだということもあります。1日も早い成立というのが、補正予算についてはそういうことになります。

    続きを読む "◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/31)" »

    ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/28)

    pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣臨時閣議後記者会見の概要
                                  (平成25年1月28日(月曜日)) : 財務省

                      http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130128.htm

    【質疑応答】

    問)
     今日から通常国会が始まりますけれども、臨むに当たって大臣のご所見をお願いします。

    答)
     いよいよ通常国会が始まりますけれども、自由民主党政権にとっては3年3カ月ぶりの政権の復帰なので、そういった意味ではこの3年3カ月の間、極めて停滞していた経済、不況、そういったものからいかに脱却してきちっとした経済の軌道に乗せるか、成長軌道に乗せるかというのが一番大きな課題だと思っていましたので、予算もこの一月、通常3カ月ぐらいかかる予算を一月という形で各省皆正月休み返上で予算編成に取り組んでいただいたものが、一応昨日形として出来上がっておりますので、これを一日も早く実行せしめて、結果として景気が回復していくという実感を国民に持ってもらう、日本が再び元気を取り戻せるというような状況になるというのには、この通常国会のこの予算が、まずは補正から始まりますけれども、これにかかっていると思っていますので、その意味では一番大きな問題はこの1点だと思っていますから懸命に取り組んでいかないかんなと思っていますね。

    問)
     今日の閣議で13年度の実質成長率2.5%とする経済見通しが決定されたと思うんですけれども、この前の緊急経済対策などをもとにしていると思うんですけれども、この前の緊急経済対策の経済効果、60万人の雇用とかGDP押し上げ2%については、エコノミストなどからもやや楽観的過ぎるのではないかという意見が出ていますが、13年度の実質成長率2.5%について大臣がどうお考えになっているかお願いします。

    答)
     24年度の成長率が1%で、それプラスの1.5ということになるんだと思います。少なくとも世界経済の方もいわゆる下振れリスクみたいな懸念が前より薄らいできているいとうこともありますし、また緊急経済対策等々について株価も今日1万900、1,000近く、そういうところまで上がってきていますし、色々な意味で状況としては可能性を高めてきている要素が、外部的な要素もあるので、我々としてのこういった見方を反映したものなんだと、2.5%というのはそういうものだと思っています。まずはこの緊急経済対策を速やかに実施していくというところから始めなきゃいかんので、需要が出てこないと、いわゆる実需が出てこないと、いくら日銀の金融が緩和されても実需がなければ市中に金が出回ることはありませんから、そういった意味では可能性としてはそういう経済成長やら何やらが実施に移されてくると今の2.5%というものは現実のものになってくると思っていますけどね。

    続きを読む "◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/28) " »

    ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/25)

    movie 2013/01/25 麻生太郎財務大臣兼金融担当大臣 定例会見
                
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/55020 @iwakamiyasumiさんから

    2013125

    pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年1月25日(金曜日)) : 財務省
                  http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130125.htm

    clipアメリカ合衆国との租税条約を改正する議定書が署名されました : 財務省
     米国時間1月24日(木)(日本時間1月25日(金))、日本国政府とアメリカ合衆国政府との間で「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約を改正する議定書」の署名がワシントンDCにおいて行われました。
     改正議定書は、2004年に発効した現行条約の一部を改正するものであり、両国間の投資交流を一層促進するため、投資所得(配当及び利子)に対する源泉地国免税の対象を拡大するとともに、租税条約上の税務紛争の解決促進のため、相互協議手続に仲裁制度を導入しています。また、徴収共助の対象を拡大するなど、両国の税務当局間の協力関係が強化されています。

      http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/international/press_release/250125us.htm

    【冒頭発言】

     日米租税条約につきましては、昨年5月、日米の間で一部修正改正について基本合意に達していたところですが、本日、米国時間24日、ワシントンDCにて署名に至りましたので発表いたします。今回の改正は平成16年に行われた全面改正以来9年ぶりの改正ということになるものです。このたびの改正内容は投資所得に対する源泉地国の課税をさらに減免するとともに、両国租税当局間の相互協議手続きにおける仲裁制度の導入のほか、相手国の租税の徴収を相互に支援する徴収共助制度の拡充を図るものです。簡単に言えば、こっちの会社の金を持って向こうでというのを、向こうの国税が共同して作業してくれるということです。これにより日米両国間の投資及び経済交流を一層促進し、また国際的な脱税及び租税回避の防止に資することを期待しております。

    続きを読む "◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/25) " »

    ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/24)

    pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣臨時閣議後記者会見の概要
                             (平成25年1月24日(木曜日)) : 財務省

             http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130124.htm

          clip 来年度税制改正大綱まとまる | ニュース | 自民党の活動 | 自由民主党
                      http://www.jimin.jp/activity/news/119759.html

          clip 平成25年度 税制改正大綱 | 政策トピックス | 政策 | 自由民主党
                      http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/119752.html
                      http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/pdf086_1.pdf

           clip 平成25年度 予算編成大綱 | 政策トピックス | 政策 | 自由民主党
                      
    http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/119765.html
                      http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/pdf086_1.pdf

    【冒頭発言】

     平成25年度の予算編成の基本方針が閣議決定されましたけれども、予算編成作業の指針となる一番大事なものですので、財務省としては、本方針に基づいて平成25年度予算の編成に取り組んでまいるということになります。先程の閣議では、私の方から閣僚に対して予算編成に当たっては、歳出の無駄を最大限削減しつつ、中身を大胆に重点化していく旨お伝えして、各位のご理解とご協力をお願いしたところです。

    続きを読む "◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/01/24)" »

    2013年2月 7日 (木)

    2月7日は『北方領土の日』です。

    日本人が住めない日本があります。 そのひとつが、北方領土。

    2月7日は北方領土の日です。

    Photo

    pencil北方領土問題とは。

    (1) 日本はロシアより早く、北方四島(択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島)の存在を知り、多くの日本人がこの地域に渡航するとともに、徐々にこれらの島々の統治を確立しました。それ以前も、ロシアの勢力がウルップ島より南にまで及んだことは一度もありませんでした。1855年、日本とロシアとの間で全く平和的、友好的な形で調印された日魯通好条約(下田条約)は、当時自然に成立していた択捉島とウルップ島の間の国境をそのまま確認するものでした。それ以降も、北方四島が外国の領土となったことはありません。

    (2)しかし、第二次大戦末期の1945年8月9日、ソ連は、当時まだ有効であった日ソ中立条約に違反して対日参戦し、日本がポツダム宣言を受諾した後の同年8月28日から9月5日までの間に北方四島のすべてを占領しました。当時四島にはソ連人は一人もおらず、日本人は四島全体で約1万7千人が住んでいましたが、ソ連は1946年に四島を一方的に自国領に「編入」し、1949年までにすべての日本人を強制退去させました。それ以降、今日に至るまでソ連、ロシアによる不法占拠が続いています。(詳しくは「北方領土問題の経緯」のページを参照下さい。)

    (3)北方領土問題が存在するため、日露間では、戦後65年以上を経たにもかかわらず、いまだ平和条約が締結されていません。
                     http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo.html

    pencil北方領土問題の経緯(領土問題の発生まで)(外務省) 
                     http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo_keii.html

    tulip 政府広報(北方領土問題) .

    pencil 内閣府・北方対策室 http://www8.cao.go.jp/hoppo/index.html

    bud 北方領土の日」設定の経緯

     北方領土返還要求運動は北方領土に隣接する北海道・根室地域から全国に展開していきましたが、北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、運動の全国的な盛り上がりを図るためには「北方領土の日」を設けるべきである、という声が北海道をはじめ運動を熱心に進めている民間の各団体からあがってきました。また、昭和55年(1980年)11月には、衆・参両院において全会一致で「北方領土の日」の設定を含む、北方領土問題の解決促進に関する決議が行われたのを始め、全国の地方関係団体等においても相次いで同様の決議が行われました。
     このような各方面からの強い要望を受け、政府はさらに広く関係各層の意見を聞いた上で、昭和56年(1981年)1月6日の閣議了解により、2月7日を「北方領土の日」として設定しました。
     1855年2月7日(旧暦では安政元年12月21日)、伊豆の下田において日魯通好条約が調印されました。この条約により日露両国の国境が択捉島とウルップ島の間に平和裏に定められ、北方四島が日本の領土として初めて国際的にも明確になりました。その歴史的な意義と、平和的な外交交渉によって領土の返還を求める北方領土返還要求運動の趣旨から、2月7日が「北方領土の日」として最も適切な日とされたのです。
              http://www8.cao.go.jp/hoppo/henkan/02.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    我が国、日本の領土・領海。一箇所でも欠けるところのないようにしなければなりません。

    B

    国家成立の「3要素」の場合、領土、国民、主権。

    主権国家成立の「4要素」の場合、領土、主権、国民、政府です。

    これらについて、きちんともう一度学ぶべき時ではないでしょうか。

    tulip 第78回自民党大会オープニング映像「日本の国境の現実」写真:山本皓一

    2013年2月 4日 (月)

    ◆麻生太郎 財務大臣 財政演説 2013.2.4 (平成24年度補正予算大要)

     伊吹文明 衆議院議長の京都訛りの「財務大臣、麻生太郎君。」の呼び出しで、麻生太郎 副大臣兼財務・金融大臣が登壇しました!!

     国旗と議長に一礼し、演壇に立ち正面を向き一礼する。この一連の動作に隙は無く重厚ささえ感じさせる。
    ・・・いや、これが本来の国民の代表が集まる議場の一場面なのだ。民主党政権下の、何となく汚染物質を含んだ霧のかかったような閣僚席の映像を思い出しながら、二度とあんなのは見たくない!と心に強く思ったのでした。

    ついに、キター! 待ってたんだ、この日を! 頑張れ、麻生太郎閣下!!shinehappy02

    201324

    new 「三本の矢」を強力実行=円高・デフレ不況脱却へ-財政演説

     麻生太郎副総理兼財務・金融相は4日、総事業費20兆円規模の緊急経済対策の裏付けとなる2012年度補正予算案の提出を受け、衆参両院の本会議で財政演説を行った。財務相は「長引く円高・デフレ不況から脱却し、雇用や所得を拡大させ、強い日本経済を取り戻すことが最重要課題」と指摘。大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「三本の矢」を一体的かつ強力に実行する安倍政権の方針を重ねて示した。(2013/02/04-13:38)  
        http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013020400335

    -------------------

    movie H25/2/4 衆議院本会議・麻生太郎【24年度補正予算案についての財政演説】

    tulip 第183回国会における麻生財務大臣の財政演説 : 財務省

    201324_2

     先に決定されました「日本経済再生に向けた緊急経済対策」を受けて、今般、平成二十四年度補正予算を提出することとなりました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要について御説明いたします。

    (最近の経済情勢と緊急経済対策)

     まず、最近の経済情勢と緊急経済対策について申し述べます。

     長引く円高・デフレ不況から脱却し、雇用や所得を拡大させ、強い日本経済を取り戻すこと、これがこの内閣に課せられた最重要課題であります。
     景気の現状を見ると、昨年後半には、世界経済の減速等も背景に、景気は弱い動きとなり、景気の底割れも懸念されてまいりました。一方、最近では、景気回復への期待を先取りする形で、株価等も回復し始めております。今後とも為替市場の動向について引き続き注視するとともに、こうした改善の兆しを、景気回復に確実につなげ、国民の間に漂う閉塞感を払拭していかなければなりません。

     そのためには、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「三本の矢」を一体的かつ強力に実行していくことが重要です。去る一月十一日に閣議決定いたしました「日本経済再生に向けた緊急経済対策」は、この「三本の矢」による政策対応の第一弾であります。

     本対策におきましては、「復興・防災対策」、「成長による富の創出」、「暮らしの安心・地域活性化」の三分野を重点として、持続的成長に貢献する分野や日本を支える将来性のある分野を中心に、即効性や需要創造効果の高い施策を優先的に実施することといたしております。また、財政支出とともに、税制、政策金融などあらゆる施策を総動員し、規制改革の取組や為替市場の安定に資する施策も盛り込んでおります。

     これらの施策を早期に実行に移し、東日本大震災からの復興を現場の目線に立って加速するとともに、景気の底割れを回避し、民間投資を喚起して持続的な成長につなげていくことが重要です。

     この緊急経済対策に引き続き、デフレ脱却と持続的な経済成長の実現に向け、政府・日本銀行の連携を強化するため、先般、日本銀行との間で「共同声明」をとりまとめました。 
     この「共同声明」において、日本銀行は、二パーセントの物価安定目標を設定し、これをできるだけ早期に実現することを目指すことといたしております。一方、政府としても、日本経済の再生のため、財政運営に対する信認の確保を図りつつ、機動的なマクロ経済政策と競争力・成長力強化の取組を推進することとしております。

     政府としては、いわゆる「十五ヶ月予算」の考え方の下、平成二十四年度補正予算と一体的なものとして平成二十五年度予算を編成するとともに、平成二十五年度税制改正に取り組むなど、日本経済再生に向けた切れ目のない政策対応に、引き続き全力で取り組んでまいります。

    201324_5

    (平成二十四年度補正予算(第一号、特第一号及び機第一号)の大要)

     次に、「日本経済再生に向けた緊急経済対策」等を実施するために今国会に提出を致しました平成二十四年度補正予算の大要について、御説明申し上げます。

     「日本経済再生に向けた緊急経済対策」につきましては、財政融資の追加などを含め、総額で十兆二千八百十五億円の財政支出を行うこととしておりますが、そのための一般会計における歳出として、「事前防災・減災等」に係る経費に二兆二千五億円、「成長による富の創出」に係る経費に二兆六千九百二十四億円、「暮らしの安心・地域活性化」に係る経費に三兆千十七億円を計上しております。そのほか、国際分担金などの、その他の経費として二千三百九十七億円を計上しております。

     これらの歳出を賄うため、歳出面におきましては、既定経費を一兆七千三百二十二億円減額することとしており、歳入面においては、税収で二千六百十億円、税外収入で千四百九十五億円の増収を見込むほか、前年度剰余金を八千七百六億円計上するとともに、五兆二千二百十億円の公債の発行を行うこととしております。

     また、復興予算につきましては、復興財源確保法を踏まえ、東日本大震災復興特別会計への繰入を一兆四千四百九十三億円計上しております。
     その歳出を賄うため、国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律等に基づき国家公務員等の給与削減相当額三千三百二十八億円を減額することとしており、歳入面におきましては、前年度剰余金一兆千百六十五億円を計上しております。

     さらに、基礎年金国庫負担が二分の一に引き上げられることに伴う経費として二兆五千八百四十二億円を追加し、その財源として、年金特例公債を同額発行することとしております。
     これらの結果、平成二十四年度一般会計予算の総額は、歳入歳出ともに当初予算から十兆二千二十七億円増加し、百兆五千三百六十六億円となります。

     また、特別会計予算等についても所要の補正を行うこととし、このうち東日本大震災復興特別会計につきましては、歳出面において、復興関係経費及び復興債の償還費の追加等を行う一方、歳入面では、一般会計からの繰入等を計上するほか、復興債の発行を減額し、歳入歳出ともに一兆千九百五十三億円の増加となっております。

     財政投融資計画につきましては、産業投資四千五十九億円、財政融資四千二十八億円を追加しております。

    (むすび)

     以上、平成二十四年度補正予算の大要について御説明いたしました。
     長引く円高・デフレ不況を脱却し、日本経済再生の道筋を確かなものとするためには、本補正予算の一刻も早い成立が必要であります。

    何とぞ御審議の上、速やかに御賛同いただきますようお願い申し上げます。

      http://www.mof.go.jp/public_relations/statement/fiscal_policy_speech/20130204.htm

    201324_6

    --------------------------

    >東日本大震災からの復興を現場の目線に立って加速するとともに、景気の底割れを回避し、民間投資を喚起して持続的な成長につなげていくことが重要です。

    そうなんです、遅れに遅れてるんですよ。よろしくお願いします。大切な予算です、税金です、日本国民の為にきちんと使われるように望みまーーーす!マスコミは不正が行われていないか、しっかり洗え!(笑)happy01

    book 平成24年度補正予算 : 財務省
         http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2012/hosei250115.htm

    book 平成24年度補正予算(第1号、特第1号及び機第1号)等の説明 : 財務省
         http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2012/sy250131.htm

    book 平成24年度補正予算の概要 : 財務省
       http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2012/sy250115/hosei250115c.pdf

    (画像クリックで拡大します。)

    24_2

    242

    243

    244_2

    ---------------------------------------------

    「議長ーーーーーーーー!!!!」paper

    201324_7

    bud 越智 隆雄 議員 http://ochi-takao.jp/ の息の長い動議により、財務大臣演説に対する質問は5日になりました。(参議院は6日。)

    越智議員、少し慣れたかな。最初に聞いた時、当たり前だけど、こっちも釣られて吐きそうなぐらい緊張が伝わってきました。(笑) これからも頑張ってください。

    --------

     さて、この財務大臣の補正予算大要の説明に対して各党どんな質問を出してきますかね。公共事業は悪という決め付けから来る「バラマキ」「古い自民党」「先祖がえり」「既得権益」「借金がー!」と、テレビの見過ぎかよ!と突っ込みたくなるような質問が出て来ることは間違いないと思います。(ガックリ)w

     予算委員会などの大臣席で麻生閣下の姿を拝見できるのは、ファンとしては嬉しい限りなのですが、意味不明な質問にも答えねばならんのを見るのは、ちと辛いでござる。

    なにはともあれ、安倍第二次内閣の皆さん頑張ってください!!!happy01

    2013年2月 3日 (日)

    【インタビュー】麻生太郎 財務大臣に問う! 2013.2.3【書き起こし】

    今日は早朝から麻生閣下がテレビ出演です。録画なのが残念ですけど。

    節分の朝にNHKって・・・、鬼退治?と思いましたが、残念ながらそういうことでは無いようで、大臣室かどこかかな。

    201323_nhkop

    tv 財務大臣に問う

    チャンネル [総合] 2013年2月3日(日) 午前7:45~午前8:00(15分)

    番組内容 25年度の予算編成にこめた意義や狙いについて、
    責任者である麻生太郎財務大臣に、板垣信幸解説委員が問います。

    http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2013-02-03&ch=21&eid=12062

    出演 :  麻生 太郎 財務大臣shine /  板垣 信幸  NHK解説委員

    ----------

    板垣 解説委員・スタジオ) おはようございます。

    201323_nhk

     政府はこのほど新年度の予算案を提出しました。今日は麻生副総理兼財務大臣のインタビューを交えながら今後の課題を考えます。

    それではインタビューの前に新年度予算の概要を見てみます。

    予算編成は辰年から巳年に変わるタイミングで行われました。

    201323_nhk_2

    これを絵にしますとさながら龍と大蛇がその身を繋いで用意した危険な吊り橋を渡る様な困難さです。  
         (管理人:なんだこの悪意のある絵は。キュートなお2人を不細工に描いたな!)

    しかし、安倍政権のキャッチフレーズは「3本の矢」。

    財政出動・金融緩和・成長戦略、この3つが束になれば強さは万全のはずです。

    ただ肝心の成長戦略が定まらないなど、矢の束は幾分乱れ気味です。

    しかも抱えた荷物は過去最大規模の国家予算案。もし効果が出なければ財政悪化が一段と深刻化します。

    その予算案ですが、一般会計の総額が、92兆6千億円と今年度当初予算に比べ2.5%増加し、当初予算としては過去最大です。

    このうち歳出を見ますと、政策の経費は2.9%の増加となりました。また借金の返済は1.4%増加しました。
    これに対し歳入の方は、税収が1.8%増加。また新たな借金である赤字国債や建設国債の発行は3.1%の減少です。
    そして、年金の国庫負担を維持する為に消費増税を裏付けとした特例国債の発行が2兆6千億円などとなっています。

    201323_nhk_18

    一方、大震災の復興予算は、特別会計に入っていまして、総額4兆4千億円と15.8%増やしています。

    こうして見ますと新年度の実質的な予算規模は非常に大きいといえると思います。

    ただ、無駄を排除した効率的な予算案かと言えば疑問が残ります。

    それでは、麻生副総理のインタビューをお聞きください。

    --------------------

    板垣 解説委員) えー、大臣、予算編成お疲れ様でした。(お互い座ったまま会釈)

     あのー、予算編成の後、率直な感想をお聞きしたいんですけどもいかがでしょうか?

    201323_nhk_3

    麻生 財務大臣) 通常だったら予算編成、3ヶ月。それが安倍内閣が出来てから一月で纏めてますから、その意味じゃあ短期間の間に正月休み返上で各省みなよくやっていただいたもんだと思っていますし、出来上がりとしても、そうですねえ、補正と違って締まった形の予算が出来たなと思ってもすけれども。

    板垣 解説委員) あのー、予算の中身を見ますとね、やはりその公共事業の伸びが目立つ。で、まあちょっと気に入らないかもしれませんですけれども・・・

        (管理人:気に入らないかもじゃなくって、お気に障るかも知れませんが・・・だろうが。)

    麻生 財務大臣) どうぞ。    (管理人:さすが麻生さん。失礼な奴にも寛大だ。)

    板垣 解説委員) 昔の自民党を思い出してしまう、というところがありましてね。

        (管理人:「昔の自民党」キター!いつのことを言ってるのかねw)

    麻生 財務大臣) (うん、うん。はい。小さくと相槌をうちながら)

    板垣 解説委員) その無駄の排除という、或いは本当に効率的な公共事業を組み立て得たのかというところはいかがですか。

    201323_nhk_4

    麻生 財務大臣) この10数年間の間に公共工事は14兆5千億だったものを、4兆6千億まで約10兆円減らしてますからねえ。公共工事=悪というイメージが作られましたから。その意味では笹子トンネルの崩落事故に限らずその他、橋、またトンネル等々メンテナンスがかなりの部分手が抜けてることは間違いない事実だと思いますね。それが人が亡くなって痛ましい事件が起きない限りは補修は出来ないなんて話はおかしな話なんであって。きちんとそういったものに、やるべきものに出来るようにということで、地方できちんとしたメンテナンス等々を間違いなく仕事として大きな、見掛けだけの大きな公共事業って言うのではなくて、小さなものに組めてると思いますね。目が行き届くのは間違い無いと思いますね。

    板垣 解説委員) 社会保障関係費がですね年々増加していっているわけですけれど、高齢者医療の中で、70歳から74歳までのところ、本来、法的にはですね、2割ということを今は1割負担でやってますね。これはどうして、あの・・・改善出来なかったんでしょうか。

    201323_nhk_5

    麻生 財務大臣) これは今回はなかなか出来なかったってことだったと思いますけどね。一挙にはなかなか行かなかったんだと思いますねえ。いずれにしても、人によって随分差があることは確かなんで。結構元気にしている人もいれば、そうじゃない本当に身体の悪い方もいらっしゃいますんで、人によって差があることはハッキリしているとは思いますけれども。しずれにしても、負担をある程度していただかないと、今後ともこの(国民)皆保険とかといった制度を国家として支えきるのはなかなか難しいという時代になりつつあることだけは、もうハッキリしていると思いますんで。時間かけて、こういったことはそういう負担をある程度持っていただく、負担を、あの・・・自分で支払っていただくというという方向で行かざるを得んことになって行くと思っていますけどね。

    板垣 解説委員) あの・・・もうひとつその、若者の雇用の問題がありますね。それから、その、低所得者の方、保護を受けないで頑張っている方。この人達をですね、やっぱり消費税増税に併せてですねその弱者対策ということでやるべきではないかと思うんですが、その辺がもうひとつ踏み込みが無かったような気がするんですが、いかがでしょう。

    201323_nhk_6

    麻生 財務大臣) あの・・・いわゆる、例えば若い人なんかで、いわゆる、手に職付ける、技術向上、そういった意味で習いにどこかに研修を受けるという人に対しては国がその企業に対して、もしくはその個人に対して30万、あの学習指導、学習支援をしますとかいうのも決まりましたし、また、正規に雇っていただけるんだったら、年間これだけ出しますとか企業によって違うんですけども。そういったようなことは今回色々してるんですけども。いずれにしてもやっぱり、政府だけじゃこれなかなか難しいとこですね、板垣さん。

    板垣 解説員) はい。

    麻生 財務大臣) やっぱり企業が内部留保は配当に回すか、設備投資をしてもらうのか、もしくは給料として払ってもらうのかにしてもらわんといかんのに、金利がこれだけ安くて内部留保で溜め込んでんですからね。しかし、企業によっては、円がこれだけ安くなったおかげで、お陰さまで我が社の純利益としては何10億出ますと。この分に関してはこれまで痛い思い我慢してもらった社員に対して、きちんとした形で給与を上げたいということを言い切る上場企業の会社もおられるんであって。あの・・・これ両方でないとなかなか簡単に行かない話であります。

    201323_nhk_7

    板垣 解説委員) 今回、復興予算も大枠を広げましたですね。25兆円ということで。実際はその、人手不足と資材不足の中でなかなか予算の執行が進まないという現実があると思うんですね。これはどういう様に対応していかれますか?

    201323_nhk_8

    麻生財務大臣) あの、支援できるお金は用意してありますよっということを先ず言わないと、打ち切られるんじゃないかという不安感を与えるべきでないと思いましたのが一点。もう一点は、あの、現場に今度、復興庁が福島に一部、一部って言うかメインが福島に次官以下そこに行きますんで福島で直接指示、直接決済が出来るというような形で別枠でその辺の資金を渡しして現場決済が出来るようにしたりして早目の対応が出来るとか、官庁OBとか自衛隊OBとか、そういった人達をそこに動員してどんどん使っていただいて構いませんというようなシステムの変更もしてますんで。あの・・・かなり今までこう時間かかって上に上がってって決済が降りてくるまでに時間がかかった部分が早めに対応できるようになってる、なって来るという感じがしますけどね。

    201323_nhk_11

    板垣 解説委員) 来年4月から消費税の第一回目の率の引き上げがありますね。で、ただ景気動向によっては場合によっては上げられないという可能性もある。えー、麻生大臣は、これは本当は上げられるという風な見通しは持っておられますか?

    201323_nhk_10

    麻生 財務大臣) あの、最初にあの3党合意をした時にも簡単に言えば景気が良くなんなきゃやりませんってことが書いてあるんです。したがって、こういった状況になって今、幸いにして内閣が変わった途端に株が2割以上上がり、円も90円ってことになりましたんで一時期75円まで円高になってましたし。そういった部分であの・・・景気の「気」の部分がかなり上がってきていることは確かだと思いますんで、ちょっと今の段階で出来るようになるかと言われれば、出来るように努力しますとしか言い様が無いですねえ。

    板垣 解説委員) 単純計算で行くと、10%に上げたところで財源は賄い切れないわけですよね。その先の展望っていうのは、その・・・大臣ご自身はどういった風に見てらっしゃいますか。

    麻生 財務大臣) 僕は日本の場合は間違いなく「中福祉中負担」っていうのが国民的合意なんだと思いますねえ。やっぱり「中福祉」とするんであれば、10%以上上がってくるという確率は極めて高いだろうなという感じがしますけどね。

    -----------

    板垣 解説委員・スタジオ)
     ご覧いただいたように麻生副総理は財政規律を守り、消費増税を前に雇用対策なども重視したと言っています。

    こうした対応が、充分かどうか今後、国会などで厳しく問われることになります。

    さて次は、円安やデフレ脱却の時期など経済全体に関わるインタビューです。

    ------------

    201323_nhk_12

    板垣 解説委員) 海外の方では、円安誘導ではないのかという批判も一方であります。これに対して大臣はどうお答えになりますか?

    201323_nhk_13

    麻生 財務大臣) 円安誘導だってことを言ってんのはドイツぐらいですよ、正直言って。しかし、我々に言わせれば少なくとも、嘗てリーマンブラザーズっていうのが起きた2008年、あの時円はいくらだったかといえば105円だったんですよ。105円。それが3割いきなり円高やられて75円。文句言わずに耐えたもん、俺達は。間違いなく。違いますかねぇ。どうして、これみんな言わないんだかしらないけど。あの時我々は耐えたんですよ。2年数ヶ月、いわゆる円高デフレ不況に凄く悩まされましたから。それが今度のデフレ脱却という政策、デフレ不況脱却というのの為に我々は色々と政策を打ち出した。その結果、株が上がり円が安くなったって言うだけの話なんであって、こりゃあ目的じゃあありません。目的はデフレ不況からの脱却と、そう思ってますけどねぇ。

    板垣 解説委員) そういう観点からしますと。今のその円安っていうのはまだ円高の修正のプロセスの中にあるという理解で良いでしょうか。

    201323_nhk_14

    麻生 財務大臣) さあ~っ。こらぁ、為替っていうのは市場ですからねぇ。これはどれがどの辺で落ち着くかってのは、これこっちの都合と、あの、マーケットの都合と海外からの都合と、これみんなありますんで、これくらいが適当だっていうのはこりゃ、都合でしかないんであって。やっぱり市場の声によくきちんと耳を傾けとくしか方法は無い。まあ、それしか言いようが無いね。今のところの段階では。

      (管理人:板垣はん、何を聞いてますねん。円高修正なんたらって安住元財務大臣みたいに、具体的な数字を答えるわけないじゃないですかwww)

    板垣 解説委員) えっとー、もう一点。あの・・・日銀総裁人事をどうするかということが、その金融緩和の部分で大きな柱のひとつになっていますよね。

    201323_nhk_15

    麻生 財務大臣) 少なくとも、何となくそこそこ国際金融ってのはある程度分かって、そういったドメスティックな話じゃなくて国際金融がある程度分かる、まあ、英語もそこそこできる、金融緩和という方向へ今大きくハンドルを切った形になってますから、その政策を維持してもらう。大きな組織ですから組織を動かしたことの無い人、いわゆる学者とかいう組織を動かしたことのない人って言うのは大きな組織の長をいきなりやるのは大変と、僕はそう思いますけどね。

    板垣 解説委員) あの、今年以降の日本経済がどうなっていくのか、最後にその展望をお聞きしたいと思うんですけれども。本当にデフレの克服は可能なのか。経済の再生は可能なのか。その辺いかがでしょうか。

    201323_nhk_16

    麻生 財務大臣) 我々デフレをやったことは1930年この方ないから。デフレ対策をやった経験者は政治家にはいないし、役所にもいないし日銀にもいないんですよ。だからそうなれば経験には学べない。となれば歴史に学ぶ以外に方法はない。となった時にはやっぱり一番直近にこれやった人は高橋是清大蔵大臣だと思いますから、その意味では、その伝を我々は今回、色々工夫しながら我々はそれを対応を模倣しているところですけれども。上手くこれがいけば数年でっていう。

    板垣 解説委員) 数年以内には健全な日本経済に戻せるということですか?

    201323_nhk_17

    麻生 財務大臣) そうだと思いますね。はい。こういったことを政策をキチッと継続してもらえさえすりゃあ必ずそうなると思いますが。

    ----------------------

    板垣 解説委員・スタジオ) 
     えー、お聞きになったように麻生副総理はデフレ経済からは数年で脱却できると強気の発言でした。しかし、財政出動や金融緩和が効果を発揮するためには、民間の力を呼び込む成長戦略と大胆な規制緩和が必要です。

    安倍政権がそうした大事な政策を早急に具体化できるかが今後の大きな課題となります。

    201323_nhked

                --- -- 番 組 終 了 -- ---

    まあ、「大臣」って読んでるだけましかな。
    他のNKHの番組や民放では、○○さん呼びだもの。失礼ですよね。

    質問の内容は途中で突っ込んだのでしまいましたが、まあ無難な質問。しかし、その質問のしかたが公共工事への批判がネガティブにされていたり、景気対策にしても、やたらと「早く結果を出せ」「いつまでに出せるんだ」というような民主党政権ではありえないせっかちさで聞いてますね。

    私がさすがだなと思ったのは、復興予算に関しての質問に対して、
    >支援できるお金は用意してありますよっということを先ず言わないと、打ち切られるんじ
    ゃないかという不安感を与えるべきでないと思いました
    と答えられたことです。やはり被災地の現場の人は不安が一杯なんですよ。そういう気持ちまでしっかり汲んで考えられていることに復興にかける真摯さが感じられます。人員も増やしているそうなので、よろしくお願いします。

    夜とか夕方とか、もっと多くの人が見ている時間帯で放送して欲しかったんですが、とりあえず多少編修はあったと思うけどインタビュー番組を作ったことは褒めてつかわす。(笑)

    ・・・・・・・・・・・

    この番組を受けての報道。 

    new 麻生財務相:「高橋是清を模倣」、デフレ対策-数年以内に経済復活へ

     2月3日(ブルームバーグ):麻生太郎財務相は3日、日本経済の再生に向けたデフレ対策について、1930年台に発生した昭和恐慌の際の高橋是清蔵相の対応策をモデルにしていることを明らかにした。政策が着実に取られれば数年で経済復活が遂げられるとしている。

    午前放映のNHKインタビュー番組で麻生財務相は、日本でデフレ対策の経験者は政治家、役所や日本銀行にいないと述べた。その上で「一番直近は高橋是清大蔵大臣だと思う。我々はいろいろ工夫しながら対応を模倣している」と強調した。数年以内に健全な日本経済に戻せるのかと問われ、政策継続を前提に「必ずそうなると思う」とも語った。

    31年に5度目の蔵相に就いた高橋是清は金輸出再禁止を就任当日に決めて円相場が下落、続いて日銀国債引き受けも決定して財政支出を拡大させた、と日銀金融研究所の資料は記している。32年には日銀が公定歩合を下げ、金融緩和、財政拡大、為替円安のマクロ政策の組み合わせである「高橋財政」で日本経済は世界に先駆け回復したとしている。

    麻生氏はデフレ対策について番組で「経験には学べない、歴史に学ぶ以外に方法はない」と述べた。為替相場は昨年11月中旬、政権交代の可能性や日銀ヘの追加緩和圧力の強まりでドル高基調に転じ、1ドル=80円前後だった相場は1日、92円台まで円が安くなった。日銀は1月22日、物価目標2%を含む追加金融緩和に踏み切った。財政について安倍政権は、2012年度補正予算を13兆円超の大型とする一方で13年度一般会計予算案は92兆6115億円と実質的に7年ぶりに減額した。  ・・・略・・・
         http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHMCNW6KLVR501.html

    普通にきちんと纏まっていると思います。

    ・・・・・・・・・・

    これは先月末の記事ですが、円安誘導が云々に関して。

    moneybag 「欧米の文句はおかしい」 円安誘導批判に麻生財務相「俺たちは言わなかった」 - MSN産経ニュース

     麻生太郎財務相は28日、臨時閣議後の記者会見で、日本政府の経済政策は「円安誘導が目的」との批判が海外から出ていることに対し「ドルやユーロを下げても、俺たちは文句を言わなかった。(円相場が)10円か15円戻したら(欧米が)文句を言うのは筋としておかしい」と反論した。

     最近の円安傾向は「日本はデフレ不況からの脱却が優先順位の一番。円が結果として安くなるのは付随的に起きている話だ」と指摘した。

     また財務相は、2013年度の実質成長率を2・5%とする経済見通しに関して「世界経済は下振れリスクの懸念が前より薄らいでいる。株価も上がっている」と話し、見通しを達成する可能性は高いとの見方を示した。ただ「生活で感じるほどの景気の良さはもう少し先にならないと出てこない」とも指摘した。(2013.1.28 11:32)
         http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130128/fnc13012811370003-n1.htm

    ・・・・・・・・・

    ドイツのメルケル首相あたりが円安懸念だー!って言ってるのはこれが理由なのかな。

    clover ドイツ連銀:日本国債の取引を9月開始、都内にオフィス開設へ

     8月13日(ブルームバーグ):ドイツ連邦銀行(中央銀行)は9月、都内に事務所を開設し、日本国債の取引を始める計画だ。外貨準備運用の一環だという。

    独連銀は13日、「トレーディングオフィスは連銀の外貨準備運用の範囲内で、日本国債の投資オペレーションを実行する」と電子メールで発表。「同オフィスは市場動向のモニタリングと報告も行う」と付け加えた。

    独連銀が保有する外貨準備は全体で約300億ユーロ(約2兆9000億円)。うち約20億ユーロ相当が円に投資されているという。

    原題:Bundesbank Says it Will Invest in Japanese GovernmentSecurities(抜粋)
            http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M8OZHZ6TTDS201.html

    ・・・・・・・・・・・・・

    pencil ドイツの円安誘導批判とデフレ克服について

    とにかく、明日の麻生財務大臣の財政演説が楽しみです。happy01

    2013年2月 2日 (土)

    今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 1/31(2013)

    いよいよ国会が始まりました!閣僚席がしゃきっとしていますねえ。

    総理大臣所信表明演説に対する各党代表質問があったのですが、先ず思ったことは、日本にきちんとした野党が必要だなってことでした。ついこの前まではあったんですけどね。(笑)

    2013131

    31日 みんなの党 渡辺アジェンダ喜美 代表 質問中(笑) 甘利大臣の表情がwww 安倍総理、余裕なのか呆れてるのか分かりませんが微笑が見られます。

    ・・・・・・・・・

    movie 20130131-麻生太郎(為公会例会)

    動画をありがとうございます。 衆議院議員 松本 純 公式HP http://www.jun.or.jp/

    PCの調子が悪かったからとありますが、最近は例会から動画UPまで時間があるので、やはり与党になって相当忙しいことになっているのだなあと思っています。

    ・・・・・・・・・・・

    pencil 「例会挨拶13・01・31」  麻生太郎オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

    【要旨】
    ● いよいよ今週月曜日から、第183通常国会が開始された。(安倍総理の)所信表明に続いて、それぞれ代表質問が行われているところだ。

    ● また、おとといの閣議で来年度予算の概算が決定した。この予算案では、生活扶助基準額や地方公務員給与の引き下げなど無駄を縮減し、中身を見直した結果、民主党(政権)時代に慣行のようになっていた公債発行額が税収を上回る状況を4年ぶりに脱することができた。

    ● 同時に、予算を絞るだけでは、デフレ脱却、不況対策にならないので、そうした観点から民需、雇用を増やす為、麻生内閣を除いて小渕内閣以来減り続けてきた補修・メンテナンスを含めた公共事業予算を、5.3兆円に増やした。

    ● また、防衛費についても、昨今の内外情勢を情勢を鑑み、11年ぶりに増やした。自衛官の実員も287名増員する。この予算編成がメッセージとして、正確に伝わることが大事だと思っている。

    ● 今月11日(金)に決定した緊急経済対策に基づく補正予算案は本日、閣議決定し国会に提出されるが、今“期待値”で株価が上昇しているものを「本物の景気回復」にする為、早期にこの補正予算が成立し実行されていくことが大事だ。

    ● この3年4ヵ月、苦労し努力してきた人たちの思いを、この予算編成に活かしそうした形になったが、有権者から選ばれた国会議員として、294議席という国民の期待にどう応えるかは、これからの国会運営にかかっている。数が増えると割れるというのが人間の習性かもしれないが、きちんとまとまっていかねばならない。よろしくお願いする。

    ◆平成25年度予算政府案 (財務省)
       http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/index.htm

    ・・・・・

    【動画書き起こし】
     いよいよ今週の月曜日から、第183回の通常国会が開始をされて(安倍総理の)所信表明等々それぞれ行われて、いま代表質問が行われているところですが。

    あの、初めてこれから参加される新人の方は、これにつとめて出る、これ、癖をちゃんと付けておかないと、「ああ、あいつも休んでる。じゃあ、俺も休んで良いのかしら。」って段々だんだんなっていくと、言わんとする・・・それ以上、言う必要ないと思いますんで。誰かみたいなことにならないように。

     また、おとといの閣議で御存知のように来年度の予算の概算というものが決定しております。いわゆる概算が決定しております。この予算案で、民主党時代にずっと慣行みたいになっていた色んな無駄の削減、その中には生活保障とか色々ありますけれども、地方公務員の給与も含めて、いろんなものの中身の見直しを行った結果、少なくとも民主党政権以来、ずーっといわゆる公債、借金の額の収入の方が、税金による収入より多い、税収より公債発行額の方が多いという状態が3年続いていたんですが、これだけはなんとしても(避けたい)ということで、おかげ様で税収の方が公債の発行額よりも多いという状態が出来上がることになりました。

     また同時に、これ本予算だけ絞るだけでは、デフレ脱却等々の不況対策になりませんので、その不況の分に関しては、民需やらなにやら色々増やさにゃいかん雇用を増やさねばいかんということになって、いわゆる公共工事というものも、いわゆる、補修とかメンテナンスとか色々なすぐ中央に金が出て行く、今から設計をするとか言うのじゃなくて、すぐに金が出るような形にしたものを増やしておりますんで。公共工事も一番大きいときで小渕内閣14兆6千億だったか5千億だったと思いますが、それが減りに減って過日は4兆6千億、ちょうど10兆円減ってんだと思うんですが。今回ではそれを5兆3千億まで、何年ぶりですかねぇ、小渕内閣以来初めてくらいか。私の時に一回だけプラスになりましたが、一貫して減らし続けていたものを5兆3千億に戻したりしております。

     また、いわゆる防衛、結構話題になっているところですけれども。この防衛費も、お隣の国は20年間、通年22年間に渡ってずーっと年率2ケタ台で防衛費を伸ばしているにもかかわらず当方は全く減らし続けて来たというのが、これまでの歴史ではありますんで。こういう状況ではない。そこで、防衛費が初めてここ11年ぶりにプラスになっております。いわゆる補正予算で初めて正面装備と言うものに補正予算を使ったことがありませんけれども、正面装備に補正予算をつぎ込んで当てております。また額としても、プラスとしては、本来としては人件費が減ってる分だけの800億ぐらいマイナスのはずなんですけれども、それを入れて、それを埋め戻して且つ約400ぐらい増やしておりますんで。明らかに前回に比べてはプラス。この予算を編成されている内容が正確なメッセージとして伝わるというのが大事なとこだと思っております。人間の数も増やしておりまして280人、新規に増えております。

     また、今国会、今月の11日(金)に決定した緊急経済対策に基づきます補正予算案の審議が始まるんですが、これは本日の、本日31日夕刻の閣議決定して正式に国会に提出することになるんですが、いずれにしても今、こういったもの“期待値”で株価が上がり前にも喋りましたが野田内閣が解散をと言う前の日の株価が8600円。それが今、約1万1千円。対ドル交換レートが当時78円、今日90円・91円と言うことになっておりますんで、期待値でものが上昇しているというのは、そんなに悪いことではありませんけれども、これを本物の景気回復だときちんとなる為には、いわゆる一刻も早く押し上げて行く必要があろうと思いますんで、こういった補正予算が早期に成立し実施に移されていくことが大事だと思っております。

     いずれにしてもあの、この内閣がスタートして所信表明が始まったり色々しておるところですけれども、是非この内閣で我々はこの3年4ヵ月、いろいろ努力をし、あちらこちらで苦労された人が一杯いるんですが、是非そういった人たちの思いを、この予算できちっとした形に一応出来上がっておりますので。是非皆さん方、有権者から選ばれた国会議員として、少なくとも国民の期待が自民党に偏ったとか色んな表現があろうと思いますけれども、294議席という、109人いたのが、いきなり新人だけでも119人よ。そらもう119番なんてもんじゃないでしょうから。物凄い数に一挙に増えてる。プラス、もう一回返り咲いた人が他にも約50人、おられるわけなんで。そういった意味で是非みなさん方がこの数をどう(国民の)期待に応えるかというのは、これからの国会の運営にかかっていると思いますので。数が増えると何となく割れてみたりしたがるというのは人間の習性ですから、是非そういった意味ではきちんとまとまっていかにゃいかんところなんで。よろしくお願いを申し上げておきたいと思います。

    ・・・・・・・・・・・・

    ・・・本会議にはきちんと出席しましょうということなんですが、誰のことを言ってるのか大体分かりますねw

    いま、勉強会だ無派閥派のナントカだって報道が出てますが、縦横斜め何でもいいですから、仲間を後ろから撃つようなことや足を引っ張るようなことをしなければ、人間関係作って良いように切磋琢磨していってそれを国政に繁栄していってくだされば、国民としては中でどんな派閥やグループがあろうと構わないんですよ。

    政策論争よりも政局の揉め事が大好きマスコミとしては、自民党も一枚岩じゃないですよー!と宣伝したいだけなんでしょうけど。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    来週は演説と答弁で忙しくて大変です。ばら撒きだー!ギリシャだーって、トンデモ質問が飛び出すんだろうなあ、きっと。

    new 4日に財政演説、衆参両院 - MSN産経ニュース

     衆参両院の議院運営委員会は1日の理事会で、麻生太郎財務相による平成24年度補正予算案についての財政演説を4日の衆参両院本会議でそれぞれ行う日程を決めた。各党代表質問は衆院で5日、参院は6日に実施する。 (2013.2.1 18:16)
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130201/plc13020118170014-n1.htm

     本会議の壇上で演説したり答弁したりしている麻生閣下のお姿を拝見するのは嬉しいのですし、とても丁寧に答弁されているのですが、何しろ相手が・・・以下略。いや、色んな視点から色んな意見があって良いしそれが健全な議論の場なのですけどね。

    201321

    この、何ともいえない表情が・・・w 記者会見の時でもあんまり見た気が無いのですけれど。

    頑張れ、麻生閣下!!heart04happy01

    ・・・・・・・・・・・

     紹介するタイミングを逃してましたが、麻生副大臣兼財務大臣は被災地の視察をしています。やはり、予算をまとめる立場にある方ですから、被災地がいまどうなっているのか復興の為に何が必要なのかを直接声を聞きに行かれたのですね。

    安倍総理も就任後すぐに被災訪問をされていますし、各大臣も被災地に入られています。安倍政権の被災地復興への取り組みの真摯さが伺えます。(いまさら言いたくは無いけど、前が酷かったから。)

    pencil 金融機関に協力要請 麻生財務相、初の被災地入り|河北新報 東北のニュース

     麻生太郎副総理兼財務相は16日、東日本大震災で被災した宮城県石巻、福島県相馬両市を訪れ、仮設住宅などを視察した。被災地入りは就任後初。仙台市内では岩手、宮城、福島3県の金融機関幹部と意見交換し「日本経済再生には被災地復興が不可欠。しっかり支えてほしい」と協力を求めた。

     東北財務局であった意見交換会には銀行、信用金庫など36機関のトップらが出席。麻生氏は二重ローン対策にきめ細かく取り組むよう促した。
     3月末で期限切れとなる中小企業金融円滑化法(返済猶予法)は延長しない意向を重ねて表明。「借り手の立場で最適な解決策を示してほしい。フォローはきちんとしていく」などとした。

     金融機関側はグループ化補助金の拡充などを要望。七十七銀行の氏家照彦頭取は終了後「被災地の実情に丁寧に耳を傾ける姿勢がうかがえた」と話した。
     石巻市蛇田地区では、集団移転事業による災害復興住宅の建設予定地を見学後、近くの蛇田中央団地仮設住宅で被災者と握手し「自民党に票を入れて良かったと思ってもらえるよう取り組みたい」と述べた。
     亀山絋市長は地元の状況を説明。(1)住宅再建を加速させる財政支援の拡大(2)被災企業再建のための補助事業創設や予算確保-などを盛り込んだ要望書を手渡した。
              http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130117t71015.htm

    pencil 除染作業現場など視察 麻生副総理、相馬を訪問 | 県内ニュース | 福島民報

     麻生太郎副総理兼財務・金融相は16日、東日本大震災の被災地視察のため相馬市を訪ねた。
     市が玉野地区で東京農大の支援を得て進める農地の除染作業現場を訪問し、立谷秀清市長から説明を受けた。
     国の災害公営住宅整備事業第一号として、市が馬場野地区に整備した被災高齢者向け共同住宅「相馬井戸端長屋」も視察した。
     麻生氏は「国の予算がどのように利用されているかは最大の関心事」と視察目的に触れた上で、長屋整備など市独自の復興に向けた取り組みを評価。「話題になっている現場を見ることができて参考になった」と述べた。
     麻生氏は相馬家第33代当主・相馬和胤(かずたね)氏の妻雪子さんの兄で相馬市にゆかりがある。平成23年3月の震災直後にも同市を訪問した。( 2013/01/17 11:11)
                     http://www.minpo.jp/news/detail/201301176073

    pencil [福島県相馬市] 麻生太郎副首相兼財務大臣 玉野地区の除染状況・相馬井戸端長屋を視察 

     麻生太郎副首相兼財務大臣は1月16日、相馬市を訪れ、玉野地区の除染状況と相馬井戸端長屋を視察しました。

    麻生副首相の来相は、震災直後の平成23年3月24日に続き2回目です。 (略)
            http://www.city.soma.fukushima.jp/topics_contents.asp?kijino=9301459

    2013年2月 1日 (金)

    【捏造!】デタラメ首相公邸改修費記事で、安倍総理を叩く『女性自身』

    安倍総理がFBに事実とは違う記事が書かれていることを紹介されています。

    「女性自身」は結構昔からある女性週刊誌で、美容院とかで待ち時間の暇つぶし用に置いてくれています。・・・他のファッション誌は紙が良いので重いから、つい週刊誌を取ってしまうのですが今度からやめよう。(笑)

    まあ、芸能人のゴシップを扱う雑誌ですから、柔らかい覗き見的な話題を扱うのは仕方が無いとして、ありえない捏造記事を書いて批判するってどうなんでしょうね。それから、この手の記事に出てくる“自民党関係者”って誰やねん。poutpunch

    安倍総理を直接叩くネタが無いから、代わりに奥様の昭恵さんを出鱈目記事を書いて叩こうって魂胆なら、日本人の賢い奥様達を馬鹿にするのもたいがいにせぇ!ということです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    tulip 安倍晋三 総理大臣のFBより 
                           http://www.facebook.com/home.php#!/abeshinzo?fref=pb

    「女性自身 2月12日号」の記事を読んでびっくりいたしました。
    「安倍昭恵さん~首相公邸台所改装費に税金一千万円」と題された記事。

    記事を要約すると、
    『「2007年の首相辞任は、自分がきっちり夫の健康管理をしてあげられなかったからだ」との後悔の念を強くもっている昭恵が「今度は前回以上に食事の面から夫をサポートしていかなければ」との思いから、首相公邸の台所を1000万円(税金)かけて改装するよう指示している。(自民党関係者からの話)』
    ・・・という内容です。

    今更ではありますが、とんでもない捏造記事です。
    私も昭恵も首相公邸のリフォームはおろか、ハウスクリーニングさえ依頼した事はありません。

    公邸に移るにあたって清掃や空調点検、あるいは壁穴の補修作業が入るというのは通例ですが、本来こちらが依頼し行うというものではありませんし、金額についても1000万円もかかる大げさな工事はもちろんありません。
    編集された方、どうかご訂正をお願いします。

    201321

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    むむむ・・・、一見、心温まる良い話の記事に見せかけて、“税金”で贅沢しとる!って持っていきたい内容のようですね。フーン。

    台所の改修費用で1000万円!アイアン・シェフでもやるんかいな!w pout

    安倍総理と昭恵夫人から直接ハウスクリーニングや改修・改装の指示はされていないようですけど、通常の壁紙換えや床板補修やその他のメンテナンス以外に、変な物を仕掛けられていないかとかの調査はキッチリやっていただきたいです。

    あと、御祓いもお願いしたいです。 

    色んな者が、この3年3ヶ月の間に公邸を出入りしていますから。穢れを祓ってください。

    因みに、首相公邸改修費に関しては、鳩山さんの時にこういう記事が出ていまして、高市早苗議員の質問趣意書にこれに関する回答があります。

    和室を洋室にわざわざ変えたり、洗濯機の良いのを2台買ったんですって。

    我が国日本の総理大臣の公邸ですから、外装内装ともに貧乏臭いのは困ります。経年劣化している分の補修などしっかりしていただきたいし、それにはそれなりの費用をかけていただいて結構なんですけど、流石にこの件では、何でそんなことするの?とか、何で総金額を誤魔化して報告するの?と思いましたね。

    Tumblr_kz4127yhuo1qz6zkso1_500_3

    ・・・・・・・

    house「首相、脱税の次は過少申告!?公邸改装費に偽証公表疑惑

    100311_2

     「平成の脱税王」とまで揶揄された鳩山由紀夫首相に、今度は首相公邸改修費の“偽装公表”疑惑が浮上した。平野博文官房長官が11日午前、鳩山夫妻が首相公邸入居時にかかった費用を9日に公表した際、約280万円の「点検・清掃」費を除外していたことを明らかにしたのだ。歴代首相の費用には「点検・清掃」費も含めて公表しており、「過少申告」していた形だ。

    政府は2月23日の閣議で、公邸入居にかかった改修費と備品購入費は、計474万円とする答弁書を決定。内訳は、内装補修218万円、和室の床改修などで195万円、洗濯乾燥機2台の購入などで61万円だった。いずれも「内閣官房共通費」から支出したとしている。高市早苗衆院議員(自民)の質問主意書への答弁書。

     ところが、実際には、答弁書で公表した額よりも200万円以上も多い、約700万円もかかっていたのだ。

     高市氏がその後に提出した質問主意書への政府答弁書(今月9日に閣議決定)によると、首相交代のたびに公邸内の「点検・清掃」や「内部補修」の費用が行われており、安倍晋三氏222万円、福田康夫氏282万円、麻生太郎氏382万円だった。これに対し、鳩山首相の場合だけは「点検・清掃」費などを除いて公表したというわけだ。

     平野官房長官は意図的に過少申告したとの見方を否定したが、自民党関係者は「歴代首相よりも飛び抜けて多い改修費を隠したいための“偽装”だ。偽装献金といい、鳩山政権の体質を表している」と批判している
         http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/367610/

    ・・・・・・・・・・・・・・

    pencil 衆議院議員 高市早苗氏のコラム HP http://rep.sanae.gr.jp/index.html

     「内閣総理大臣公邸の改修・補修・備品購入に関する質問主意書」と、内閣総理からの答弁書 (2010年3月10日の記事)
           http://rep.sanae.gr.jp/boukoku_details29.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・

    内閣総理大臣公邸の風呂場改修工事等に関する質問主意書
    http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a174113.htm

    衆議院議員高市早苗君提出内閣総理大臣公邸の風呂場改修工事等に関する質問に対する答弁書
    http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b174113.htm

    内閣総理大臣公邸の改修・補修・備品購入に関する質問主意書
    http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a174182.htm

    衆議院議員高市早苗君提出内閣総理大臣公邸の改修・補修・備品購入に関する質問に対する答弁書
    http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b174182.htm

    【政府情報 官邸発】麻生太郎副総理、政府広報ラジオに出演!(1/21・22)

    『 内閣府大臣官房政府広報室 』っていう部署が頑張っているサイト・・・

    政広報オンライン http://www.gov-online.go.jp/

    ここに各省庁へのリンクや、総理大臣や閣僚や政府、省庁の活動を纏めてくれています。

    インターネットテレビでは総理大臣会見や他の会議の動画をUPしています。
    なんと!テレビだけでなく、ラジオもあったんです。

    pocketbell 政策情報 官邸発 (政府広報ラジオ番組)

    毎週、各テーマごとに国務大臣等政府関係者が出演し、皆様の関心や疑問に答え、東日本大震災の復興に向けた取組をはじめ政府の主要政策について、お伝えする番組です。

    聞き手:下村健一(広報アドバイザー)  アシスタント:水野真裕美(TBSアナウンサー)

    pencil  放送局・放送時間  http://www.gov-online.go.jp/pr/media/radio/pjoho/time.html

     聞き逃してもバックナンバーに音声ファイルと文字起こしもしてあります。happy01

    clip バックナンバー http://www.gov-online.go.jp/pr/media/radio/pjoho/index.html#20130121

    900taro_2

    fuji 麻生太郎 内閣副総理大臣 平成25年1月21日・22日放送(文字で見る)
          http://www.gov-online.go.jp/pr/media/radio/pjoho/text/text20130121.html

    麻生副大臣の発言部分を一部抜粋)

    《 機動的な財政政策について 》 公共工事で説明。

    麻生副総理

    例えば、内部留保。「会社の中にとってあるお金を使って、新たに設備投資をしてくれたら、税金は一括償却、認めてあげます。今やってくれれば」とか、「貯めているお金で(従業員の)給料を上げてくれるようなことをした企業には(税金を)優遇します」とか、やることはいくつもありますよ。そういった発想。確かに工事費が出ないと、小渕内閣の時に14兆5千億円ぐらいあった公共工事が、今、4兆6千億円くらいしかないと思います。その結果、各工事の絶対量が減っていますから、笹子トンネルみたいにメンテナンスの手が抜けたんですよ。だって、人がいないんだもの。お金がないから、どうしたって手が回らないんですよ。メンテナンスがよほどちゃんとしてなかったら、落ちますよ。
    俺、(国会議員になる前は)セメント屋だったから、そんなことばっかりやってたんだから、よくわかるよ。だから、そこのところをキチッと補修する、メンテナンスする。そういったところは、日本中、橋だけだって、67万8千橋あるんですよ。市町村県道っていうものは、国も入れて。

    麻生副総理

    全然違うと思うね。少なくともメンテナンスや補修等は、大型の大手ゼネコンの仕事じゃないですよ。間違いなく、地方の建設業者の仕事、土木業者の仕事ということになっていくんだと、私はそう思います。

    麻生副総理

    やっぱり予算(案)が出てきてみたら、「ちゃんと言っていたようなことはやってるじゃないか」、「予算がきっちり通って、施工されているじゃないか」ということを前倒しで、ドンドン出すことにしてますから。そういったようなものが出てくると、普段の生活で、地方で、「問題になった橋が直ってるじゃない」や、「崩落しそうもなくなったわね」等―――これ、通っている人は毎日通ってるから、そっちの方がよっぽど詳しいんですよ。

    抜粋ここまで)

      「俺、そんな事ばっかりやってたんだから」 番組HPより
          http://www.tbs.co.jp/radio/kantei/column/20130121.html (音声への誘導ボタンあり)

    >俺、(国会議員になる前は)セメント屋だったから、そんなことばっかりやってたんだから、よくわかるよ。

    昔に作ったインフラが老朽化してきてメンテナンスや作り代えの時期に来ていること、それが経済対策にもなると公共工事の重要性は以前から発言されていたが、総理の時は利益誘導が~とかの叩きの材料になるからあまり大きく言えなかったってのを聞いたような。何でもリケンガーと、自分以外のところに利益が行く話になると叩く馬鹿な真似は、マスコミ筆頭に止めて冷静に考えて欲しいものですね。

    必要なところに政府がお金を出して、それがきちんと国民に回るようにすることが大事。

    ------

    政権交代後のこの番組ゲストのトップバッターは当然、安倍総理です。

    こちらも併せて・・・というか、先にこちらを聞かれてからの方がいいかな。

    clover 安倍晋三 内閣総理大臣 http://www.tbs.co.jp/radio/kantei/column/20130114.html

      笑顔と美声と簡潔さ。持ち味色々、総理も色々 番組HPより
            http://www.gov-online.go.jp/pr/media/radio/pjoho/text/text20130114.html

    この後も安倍第二次内閣の閣僚が出演されるようですね。 乞う御期待!

    « 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »