★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 【捏造!】デタラメ首相公邸改修費記事で、安倍総理を叩く『女性自身』 | トップページ | 【インタビュー】麻生太郎 財務大臣に問う! 2013.2.3【書き起こし】 »

2013年2月 2日 (土)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 1/31(2013)

いよいよ国会が始まりました!閣僚席がしゃきっとしていますねえ。

総理大臣所信表明演説に対する各党代表質問があったのですが、先ず思ったことは、日本にきちんとした野党が必要だなってことでした。ついこの前まではあったんですけどね。(笑)

2013131

31日 みんなの党 渡辺アジェンダ喜美 代表 質問中(笑) 甘利大臣の表情がwww 安倍総理、余裕なのか呆れてるのか分かりませんが微笑が見られます。

・・・・・・・・・

movie 20130131-麻生太郎(為公会例会)

動画をありがとうございます。 衆議院議員 松本 純 公式HP http://www.jun.or.jp/

PCの調子が悪かったからとありますが、最近は例会から動画UPまで時間があるので、やはり与党になって相当忙しいことになっているのだなあと思っています。

・・・・・・・・・・・

pencil 「例会挨拶13・01・31」  麻生太郎オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

【要旨】
● いよいよ今週月曜日から、第183通常国会が開始された。(安倍総理の)所信表明に続いて、それぞれ代表質問が行われているところだ。

● また、おとといの閣議で来年度予算の概算が決定した。この予算案では、生活扶助基準額や地方公務員給与の引き下げなど無駄を縮減し、中身を見直した結果、民主党(政権)時代に慣行のようになっていた公債発行額が税収を上回る状況を4年ぶりに脱することができた。

● 同時に、予算を絞るだけでは、デフレ脱却、不況対策にならないので、そうした観点から民需、雇用を増やす為、麻生内閣を除いて小渕内閣以来減り続けてきた補修・メンテナンスを含めた公共事業予算を、5.3兆円に増やした。

● また、防衛費についても、昨今の内外情勢を情勢を鑑み、11年ぶりに増やした。自衛官の実員も287名増員する。この予算編成がメッセージとして、正確に伝わることが大事だと思っている。

● 今月11日(金)に決定した緊急経済対策に基づく補正予算案は本日、閣議決定し国会に提出されるが、今“期待値”で株価が上昇しているものを「本物の景気回復」にする為、早期にこの補正予算が成立し実行されていくことが大事だ。

● この3年4ヵ月、苦労し努力してきた人たちの思いを、この予算編成に活かしそうした形になったが、有権者から選ばれた国会議員として、294議席という国民の期待にどう応えるかは、これからの国会運営にかかっている。数が増えると割れるというのが人間の習性かもしれないが、きちんとまとまっていかねばならない。よろしくお願いする。

◆平成25年度予算政府案 (財務省)
   http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/index.htm

・・・・・

【動画書き起こし】
 いよいよ今週の月曜日から、第183回の通常国会が開始をされて(安倍総理の)所信表明等々それぞれ行われて、いま代表質問が行われているところですが。

あの、初めてこれから参加される新人の方は、これにつとめて出る、これ、癖をちゃんと付けておかないと、「ああ、あいつも休んでる。じゃあ、俺も休んで良いのかしら。」って段々だんだんなっていくと、言わんとする・・・それ以上、言う必要ないと思いますんで。誰かみたいなことにならないように。

 また、おとといの閣議で御存知のように来年度の予算の概算というものが決定しております。いわゆる概算が決定しております。この予算案で、民主党時代にずっと慣行みたいになっていた色んな無駄の削減、その中には生活保障とか色々ありますけれども、地方公務員の給与も含めて、いろんなものの中身の見直しを行った結果、少なくとも民主党政権以来、ずーっといわゆる公債、借金の額の収入の方が、税金による収入より多い、税収より公債発行額の方が多いという状態が3年続いていたんですが、これだけはなんとしても(避けたい)ということで、おかげ様で税収の方が公債の発行額よりも多いという状態が出来上がることになりました。

 また同時に、これ本予算だけ絞るだけでは、デフレ脱却等々の不況対策になりませんので、その不況の分に関しては、民需やらなにやら色々増やさにゃいかん雇用を増やさねばいかんということになって、いわゆる公共工事というものも、いわゆる、補修とかメンテナンスとか色々なすぐ中央に金が出て行く、今から設計をするとか言うのじゃなくて、すぐに金が出るような形にしたものを増やしておりますんで。公共工事も一番大きいときで小渕内閣14兆6千億だったか5千億だったと思いますが、それが減りに減って過日は4兆6千億、ちょうど10兆円減ってんだと思うんですが。今回ではそれを5兆3千億まで、何年ぶりですかねぇ、小渕内閣以来初めてくらいか。私の時に一回だけプラスになりましたが、一貫して減らし続けていたものを5兆3千億に戻したりしております。

 また、いわゆる防衛、結構話題になっているところですけれども。この防衛費も、お隣の国は20年間、通年22年間に渡ってずーっと年率2ケタ台で防衛費を伸ばしているにもかかわらず当方は全く減らし続けて来たというのが、これまでの歴史ではありますんで。こういう状況ではない。そこで、防衛費が初めてここ11年ぶりにプラスになっております。いわゆる補正予算で初めて正面装備と言うものに補正予算を使ったことがありませんけれども、正面装備に補正予算をつぎ込んで当てております。また額としても、プラスとしては、本来としては人件費が減ってる分だけの800億ぐらいマイナスのはずなんですけれども、それを入れて、それを埋め戻して且つ約400ぐらい増やしておりますんで。明らかに前回に比べてはプラス。この予算を編成されている内容が正確なメッセージとして伝わるというのが大事なとこだと思っております。人間の数も増やしておりまして280人、新規に増えております。

 また、今国会、今月の11日(金)に決定した緊急経済対策に基づきます補正予算案の審議が始まるんですが、これは本日の、本日31日夕刻の閣議決定して正式に国会に提出することになるんですが、いずれにしても今、こういったもの“期待値”で株価が上がり前にも喋りましたが野田内閣が解散をと言う前の日の株価が8600円。それが今、約1万1千円。対ドル交換レートが当時78円、今日90円・91円と言うことになっておりますんで、期待値でものが上昇しているというのは、そんなに悪いことではありませんけれども、これを本物の景気回復だときちんとなる為には、いわゆる一刻も早く押し上げて行く必要があろうと思いますんで、こういった補正予算が早期に成立し実施に移されていくことが大事だと思っております。

 いずれにしてもあの、この内閣がスタートして所信表明が始まったり色々しておるところですけれども、是非この内閣で我々はこの3年4ヵ月、いろいろ努力をし、あちらこちらで苦労された人が一杯いるんですが、是非そういった人たちの思いを、この予算できちっとした形に一応出来上がっておりますので。是非皆さん方、有権者から選ばれた国会議員として、少なくとも国民の期待が自民党に偏ったとか色んな表現があろうと思いますけれども、294議席という、109人いたのが、いきなり新人だけでも119人よ。そらもう119番なんてもんじゃないでしょうから。物凄い数に一挙に増えてる。プラス、もう一回返り咲いた人が他にも約50人、おられるわけなんで。そういった意味で是非みなさん方がこの数をどう(国民の)期待に応えるかというのは、これからの国会の運営にかかっていると思いますので。数が増えると何となく割れてみたりしたがるというのは人間の習性ですから、是非そういった意味ではきちんとまとまっていかにゃいかんところなんで。よろしくお願いを申し上げておきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

・・・本会議にはきちんと出席しましょうということなんですが、誰のことを言ってるのか大体分かりますねw

いま、勉強会だ無派閥派のナントカだって報道が出てますが、縦横斜め何でもいいですから、仲間を後ろから撃つようなことや足を引っ張るようなことをしなければ、人間関係作って良いように切磋琢磨していってそれを国政に繁栄していってくだされば、国民としては中でどんな派閥やグループがあろうと構わないんですよ。

政策論争よりも政局の揉め事が大好きマスコミとしては、自民党も一枚岩じゃないですよー!と宣伝したいだけなんでしょうけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来週は演説と答弁で忙しくて大変です。ばら撒きだー!ギリシャだーって、トンデモ質問が飛び出すんだろうなあ、きっと。

new 4日に財政演説、衆参両院 - MSN産経ニュース

 衆参両院の議院運営委員会は1日の理事会で、麻生太郎財務相による平成24年度補正予算案についての財政演説を4日の衆参両院本会議でそれぞれ行う日程を決めた。各党代表質問は衆院で5日、参院は6日に実施する。 (2013.2.1 18:16)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130201/plc13020118170014-n1.htm

 本会議の壇上で演説したり答弁したりしている麻生閣下のお姿を拝見するのは嬉しいのですし、とても丁寧に答弁されているのですが、何しろ相手が・・・以下略。いや、色んな視点から色んな意見があって良いしそれが健全な議論の場なのですけどね。

201321

この、何ともいえない表情が・・・w 記者会見の時でもあんまり見た気が無いのですけれど。

頑張れ、麻生閣下!!heart04happy01

・・・・・・・・・・・

 紹介するタイミングを逃してましたが、麻生副大臣兼財務大臣は被災地の視察をしています。やはり、予算をまとめる立場にある方ですから、被災地がいまどうなっているのか復興の為に何が必要なのかを直接声を聞きに行かれたのですね。

安倍総理も就任後すぐに被災訪問をされていますし、各大臣も被災地に入られています。安倍政権の被災地復興への取り組みの真摯さが伺えます。(いまさら言いたくは無いけど、前が酷かったから。)

pencil 金融機関に協力要請 麻生財務相、初の被災地入り|河北新報 東北のニュース

 麻生太郎副総理兼財務相は16日、東日本大震災で被災した宮城県石巻、福島県相馬両市を訪れ、仮設住宅などを視察した。被災地入りは就任後初。仙台市内では岩手、宮城、福島3県の金融機関幹部と意見交換し「日本経済再生には被災地復興が不可欠。しっかり支えてほしい」と協力を求めた。

 東北財務局であった意見交換会には銀行、信用金庫など36機関のトップらが出席。麻生氏は二重ローン対策にきめ細かく取り組むよう促した。
 3月末で期限切れとなる中小企業金融円滑化法(返済猶予法)は延長しない意向を重ねて表明。「借り手の立場で最適な解決策を示してほしい。フォローはきちんとしていく」などとした。

 金融機関側はグループ化補助金の拡充などを要望。七十七銀行の氏家照彦頭取は終了後「被災地の実情に丁寧に耳を傾ける姿勢がうかがえた」と話した。
 石巻市蛇田地区では、集団移転事業による災害復興住宅の建設予定地を見学後、近くの蛇田中央団地仮設住宅で被災者と握手し「自民党に票を入れて良かったと思ってもらえるよう取り組みたい」と述べた。
 亀山絋市長は地元の状況を説明。(1)住宅再建を加速させる財政支援の拡大(2)被災企業再建のための補助事業創設や予算確保-などを盛り込んだ要望書を手渡した。
          http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130117t71015.htm

pencil 除染作業現場など視察 麻生副総理、相馬を訪問 | 県内ニュース | 福島民報

 麻生太郎副総理兼財務・金融相は16日、東日本大震災の被災地視察のため相馬市を訪ねた。
 市が玉野地区で東京農大の支援を得て進める農地の除染作業現場を訪問し、立谷秀清市長から説明を受けた。
 国の災害公営住宅整備事業第一号として、市が馬場野地区に整備した被災高齢者向け共同住宅「相馬井戸端長屋」も視察した。
 麻生氏は「国の予算がどのように利用されているかは最大の関心事」と視察目的に触れた上で、長屋整備など市独自の復興に向けた取り組みを評価。「話題になっている現場を見ることができて参考になった」と述べた。
 麻生氏は相馬家第33代当主・相馬和胤(かずたね)氏の妻雪子さんの兄で相馬市にゆかりがある。平成23年3月の震災直後にも同市を訪問した。( 2013/01/17 11:11)
                 http://www.minpo.jp/news/detail/201301176073

pencil [福島県相馬市] 麻生太郎副首相兼財務大臣 玉野地区の除染状況・相馬井戸端長屋を視察 

 麻生太郎副首相兼財務大臣は1月16日、相馬市を訪れ、玉野地区の除染状況と相馬井戸端長屋を視察しました。

麻生副首相の来相は、震災直後の平成23年3月24日に続き2回目です。 (略)
        http://www.city.soma.fukushima.jp/topics_contents.asp?kijino=9301459

« 【捏造!】デタラメ首相公邸改修費記事で、安倍総理を叩く『女性自身』 | トップページ | 【インタビュー】麻生太郎 財務大臣に問う! 2013.2.3【書き起こし】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

麻生副総理兼財務・金融大臣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/56669051

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 1/31(2013):

« 【捏造!】デタラメ首相公邸改修費記事で、安倍総理を叩く『女性自身』 | トップページ | 【インタビュー】麻生太郎 財務大臣に問う! 2013.2.3【書き起こし】 »