★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/02/05) | トップページ | G20の麻生太郎閣下 やっぱり大臣はカッコ良くて強くなくっちゃ! »

2013年2月20日 (水)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 2/14(2013)

予算委員会も始まり、これまでの野党時代と違い麻生閣下は何処かしらとお姿を探さなくても済むよう時代が巡ってまいりました。

ああ、諦めずに長生きはするものだ。(笑)

201328

G20出席直前で慌しいです。

----------------

pencil 麻生財務相「ちょっとアゴで…スルスルと円安・株高」

 「おれたちはまだ何もしていない。ちょっとアゴでするだけで株価は2割強上がり、為替もスルスルと円安になった」。麻生太郎財務相(副総理)は14日の麻生派の会合で、自らのアゴを突き出しながら日本政府による「円安誘導」との指摘を打ち消した。

 「輸出企業はえらい利益が出ている。各国の大臣は『どうしたらできるか聞きたい』というが、勝手に世の中が上がっている」とも強調。15日からモスクワで開かれる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への出席を前に、「日本だけトリックしているように思われるとかなわん」と予防線を張った。 (2013年2月14日20時7分)
       http://www.asahi.com/politics/update/0214/TKY201302140378.html

------------------

まさに景気は気の部分が大きいってことなんでしょうね。

movie 20130214-麻生太郎(為公会例会)

今週も動画をありがとうございます。 衆議院議員 松本 純 HP http://www.jun.or.jp/

pencil「例会挨拶13・02・14」 麻生太郎オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

【要旨】
● おととい、北朝鮮による3度目の核実験が行われた。これは、我が国にとっての脅威にとどまらず、北東アジア地域、また、(先般のミサイル発射を勘案すればその)航続距離から言っても、世界に与える影響は極めて大きい。そして、一連の国連安保理決議違反であることは明白だ。

● 既に、政府並びに自由民主党は非難声明を出し、国連安保理でも同様の声明が発表されているが、改めてこの暴挙を断固非難し、北朝鮮が今後、国際社会から突き付けられている諸懸案に対し適切な行動をとるよう、我々としては強く求めていかねばならない。

● さて、今年度の補正予算案は、きょう午前中、衆議院予算委員会で採決され、午後1時からの本会議で(可決され)衆議院を通過する見通しとなった。(予算委員会)理事を務められた岩屋先生、また委員としてご活躍いただいた原田先生始め、お世話になった先生方に感謝申し上げる。

● いよいよ参議院での審議が始まることになるが、これをきちんと成立させなければ予算は執行されない。補正予算は景気対策に極めて大きな効果を持つものであり、我々としてはきっちり仕上げていかねばならないと思っている。そしてその後、平成25年度予算案の審議が始まることとなる。

● 私はあすから、G20財務相・中央銀行総裁会議出席の為モスクワを訪問する。世界は今、日本の経済政策に注目している。日本政府と日銀による共同声明の取りまとめは、世界をアッと言わせた。国際金融の世界からすればそういったものだ。

● まだ、具体的な予算案・法律は何も成立していないのに、衆議院解散前と比べ、株価は3割程度も上昇し、円安も進んでいる。輸出企業にとっては、大変な利益が出ることになりつつある。どうしたらこういうことができるのか。これが各国が知りたいところだが、決して、我々が為替に介入しているわけではない。

● 一昨日、G7(財務相・中央銀行総裁)で緊急声明を発表した。これは、先の総選挙で皆さんが訴えてこられた安倍政権の政策が、各国から正しく認識された形のものだ。モスクワでは、その経済政策を更にしっかり説明してきたい。

● 内外にさまざまな問題があるのは間違いないし、皆さんのご地元でもいろいろ抱えられていると思うが、今回初当選された方々は、先ずは2回目の当選を果たすことを一番に考えなければいけない。当選を積み重ねられる「選挙の強さ」を身に着けることを頭に入れておいてほしい。選挙に強いことは、何にも増して力になるものだ。

● この7月には参議院選挙がある。6年前、前回の安倍政権での参院選で自民党は負けた。その時、29あった1人区で6勝23敗だった。今回は2つ1人区が増え31選挙区になった。ここでどれだけ取れるかが最大の問題だ。それを頭に入れきちんとやりさえすれば、7月からは自公で衆参双方で過半数を得て、堂々と船を漕ぎ出すことができる。

● その為にも、各参議院候補の選挙を、自分の選挙のように一生懸命やってほしい。それが自分の選挙にも繋がる。普段の仕事をこなしつつも、己の選挙のことはきっちりやっていただくことを期待している。

【動画書き起こし】

 おととい、北朝鮮によります3度目の核実験が行われております。これは我が国にとっての脅威とか言うものだけではなくて、北東アジアは勿論のこと航続距離からいたしましても、この世界に与える影響は極めて大きく、これは一連の安全保障理事会に対する決議違反であることは明白です。したがって既に政府並びに自由民主党としては非難声明を出すなど国連安保理でも同様の声明というものを発表されておりますが、改めてこの暴挙、というものを断固非難すると共に北朝鮮が今後国際社会から突き付けられてる諸懸案に関して適切な行動を取るようにと我々としては強く求めていかねばならん大事な局面だと思っております。

何となく北朝鮮に近い人、日本海側の人、これ、いろいろ反応が違うんですよ。現場行ったら分かります。日本ってのは広いなと思いました私も1回目2回目の時に。そういった意味で是非こういったものに関しては今回は航続距離が伸びています。核弾頭として使われた場合は小さくなっているとなればさらにその航続距離が増し、精度が増すということを意味していますから、北東アジアだけの話でなくなりつつあることなんだと思っております。

 さて、今年度の補正予算が今日の午前中、予算委員会において衆議院の予算委員会において通過をしており、今日の午後1時からの本会議で衆議院において通過する見通しとなりました。理事を引き受けていただいております岩屋先生や、また委員をやっていただいた原田先生はじめ、委員会に度々顔を出していただきました先生がたに心から感謝を申し上げます。いよいよ参議院の審議が始まることになるんですが、これをきちんと終えないと予算というものは執行されませんので、必ずこの補正予算というものは、これ、景気対策に極めて大きな効果をもちます。是非その意味で我々としてはキッチリ仕上げて行かねばならんと思っております。

その後は御存知のように、いわゆる25年度の本予算というものが始まるんだろうと存じます。

 私は明日からG20の蔵相中央銀行総裁国際会議というのに出席する為にモスクワに行くことになるんですが、あの・・・いわゆる世界がいま、経済と言うものが日本に注目しているということだと思っておりますが。やっぱり、あまりそう思って見ておられない方も多かったと思いますが。

アルジェリアのあの騒ぎの真っ最中に世界中で日本だけがスルスルスルッと中央銀行と話をして、日銀との共同宣言を取り付けた。世界から見たら最もアッと言ったのはアレです。国際金融の話からすると、そういう世界です。是非今回も、いま、何もしてないのに・・・まだ何もしてないんです。(笑)まだ何も出来て無いのに、どうやったら株価が2割も上がって、あの、数字をちょっと覚えとくといいけど、少なくとも解散をしますと言った11月14日の党首討論、前の日の株価8660円だったんだと。通貨は確か、78円か9円。そんなもんだったかと思いますよ。それがアナタ、選挙が終わってちょっとアゴで言うだけで、なんにもしてないのにいきなり株が1万1千何百円ですか、かれこれ2割上がって、2割強上がって、為替も同じく何にもしていないにも拘らず、これもこれまたスルスルと円が安くなって各社みな輸出企業は、えれぇ利益が出ます、ということになりつつあります。

どうしたらこういうことが出来るのかと、これが各国の大臣の聞きたいことで講演をしてくれって。ふざけたことを言うなよと。(笑)俺達ゃまだ何にもしちゃいない、世の中が勝手に上がっとるんであって、俺達が何も為替に介入したわけでも何でもないと言うことをあの・・・言うんですけど、なかなか理解をされないんで、何か日本だけトリックをしてるように思われてはかなわんので。

一昨日G7で緊急声明というものを発表しております。これは先の総選挙で皆さんが訴えられた、今の安倍政権の政策が各国から正しく認識された形の声明文になっています。モスクワではその経済性とかさらに詳しく説明していこうと思ってるんですが、あの、内外に色んな課題がありますのは間違いありませんし、皆さんの御地元でも色々考えておられるんだと思いますけれども。

是非皆さんがた、当選されていま自分の後援会、またこの度選挙をやって色々地元の難しい問題をクリアして、みな当選をされておられる方々、初めての方々おられますけれども、是非皆さんは、確実に2回目通ることをキッチリ頭に入れてそれを一番の対策に置かねばならん。これは最も大事な事。

一年生にとって一番大事な事は、2回目当選すること。これが一番大事なもんだと思って、2回3回とやっていくと何となくこの辺の様に偉そ~うな面して座れるようなことになるんですが、この人達は皆それなりに4回5回6回と連続当選してきて色々な苦労をしてきた結果、そういったことになってるんであって。是非そういったものを積み重ねられる「選挙の強さ」と言うものを是非頭に入れといてもらえればと思っております。選挙が強いと言うのは物凄く大きな力になります。なんの力にも勝るかも分からん。そう言うもんだと思って是非選挙だけはキチンとやっていただくようにお願いします。

そしてもう一点、最後になりますが、この7月に参議院の選挙があります。参議院の選挙、考えてみてください。一番の問題は何だったかといえば6年前、安倍内閣の時で選挙をやって負けました。一人区29あったんですが6勝23敗。これがあの時の選挙の結果です。6勝23敗。今回はふたつ一人区が増えますから。31一人区。31区になります。47都道府県。残り17がいわゆる複数県ということになるんだと思うんですが、この複数県は、まあ、常識的には2人出てりゃ一人は取れるはずだから。常識的に言えばね。そして、比例でそこそこ、13.4.5どれぐらい、それぐらい今までの経緯でいえばとれるはずだ。問題はこの一人区。この31選挙区で山口県がひとつ減りますんで。もう補欠選挙が4月にありますんでこれを除いて。残りどのぐらい取れるか、というのが最大の問題なんだ。是非ともその点を頭に入れて北海道は複数区でまだ決まっていない。2人目の候補者が。そういう所もある。名古屋も・・まだ愛知も決まってなかったと思います。そういった決まってないところもあります。そこはキッチリ選んでそして選んだ以上は確実にそいつを選挙でやってください。これで31の選挙区で25自民党がとれたら、取れないはずがないんだから。この流れで取れないはずがない。選挙の公認を取り損なうことさえなければ出来るはずだ。それをやれさえすれば間違いなく7月から自由民主党が衆参で過半数を取って堂々と船を漕ぎ出していけることになろうと思います。

是非その為には人の選挙を一生懸命やってやるのぐらい自分の選挙(のため)になるものはないと、長いこと選挙やってきてそれだけはそうなんです。自分の選挙ももう少し真面目にやったらどうですかと言われるぐらい人の選挙をやってやるようになると絶対に強いものになりますから。是非それだけは頭に入れて、あの、今から選挙に励んでいただき同時に、この当選したばっかで色々なこれまでのアレがおありだったと思いますけれども、その仕事もキチンとしつつ己の選挙だけはキッチリやっていただけるように心から期待をして御挨拶にかえます。ありがとうございました。

------------------------------------------------------

バレンタインのチョコレート、さすが麻生閣下。モテモテでござるな。

present 閣僚一のモテ男は、バレンタインチョコ36個の麻生副総理〈週刊朝日〉 - Y!ニュース

 2月14日、衆院本会議で史上2番目の額の補正予算案が賛成多数で可決されたまさにそのころ、議員会館の廊下では、リボンのついた紙袋を両手いっぱいに抱えた議員秘書や、段ボール箱を持ったインターン生らが右往左往していた。

 多忙なセンセイ方も、世の慣わしには従うということか。となると、気になるのはやはりその数。本誌は、閣僚にバレンタインチョコ取材を敢行した。やはり一大関心事なのだろう、男性17閣僚のうち、回答を寄せたのは実に12人。

 その結果、栄えある第1位に輝いたのは麻生太郎副総理だった。事務所に取材趣旨を伝えると、笑いながらチョコを数えてくれた。

「36個いただいております。ありがたく頂戴し、自宅に持ち帰る予定です。手紙とともにお礼をする予定です」(担当者)

 第2位は30個の同数で、林芳正農水省と茂木敏充経産相の2人。続く第4位は20個で、新藤義孝総務相と谷垣禎一法務相、岸田文雄外務相、菅義偉官房長官の4人だった。   ・・・以下略・・・ (2月19日(火)11時37分配信)
         http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130219-00000003-sasahi-pol

-------------

因みに、総理時代のバレンタインの頃。懐かしいなあ。カードを贈ったり。

楽しいこともあったけど、苦しくて辛いこともありました。この2月には。

tulip【べらんめぇ日記】麻生首相ぶらさがり取材 2009-02-13(わんちゃん)

tulip【べらんめぇ日記】麻生首相ぶらさがり取材 2009-02-14(小学校視察)

tulip【べらんめぇ日記】麻生首相ぶらさがり取材 2009-02-14(音声調整版)

« ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/02/05) | トップページ | G20の麻生太郎閣下 やっぱり大臣はカッコ良くて強くなくっちゃ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

麻生副総理兼財務・金融大臣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/56800567

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 2/14(2013):

« ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要 (2013/02/05) | トップページ | G20の麻生太郎閣下 やっぱり大臣はカッコ良くて強くなくっちゃ! »