★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月に作成された記事

2013年4月24日 (水)

【I AM BACK, too.】麻生太郎副総理兼財務大臣が米CSISで講演

麻生太郎財務大臣が米・CSISで「アベノミクス」について講演をしました。

うーん、やっぱり外国での麻生さんは普段のカッコ良さと明るさが、倍増するなあ。

寄ってらっしゃい聞いてらっしゃい、見てらっしゃい、麻生閣下のお話だよ~! 

cherryblossom 麻生財務相「私も戻ってきました」 講演で復権強調 

 「私も戻ってきました(アイ・アム・バック・ツー)」。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため米国を訪問中の麻生太郎財務相は19日、ワシントン市内で講演し、2月に訪米した安倍晋三首相の「ジャパン・イズ・バック」と題した講演になぞらえる形で自らの「復権」をアピールした。

 財務相は「日本の政治は『回転ドア』のようだというときは、安倍首相や私のことを指す」と1年で首相を辞任した安倍首相と自らを持ち出して笑いを誘った。一方で「2人の元首相を見れば日本ではカムバックのチャンスがあることは明らかだ」とも語り「ポスト安倍」への意欲をにじませたと受け取れる発言に会場が沸いた。

 安倍政権の経済運営についても「アベノミクスの『3本の矢』と呼ぶが、私はクレー射撃の選手として五輪日本代表も務めたので、矢ではなく『バズーカ砲』と呼んでいる」と語った。(ワシントン=中山真)
           http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2001C_Q3A420C1PE8000/

>「ポスト安倍」への意欲をにじませたと受け取れる発言に会場が沸いた。

  ↑ 余計な妄想を挟みこむのだけは忘れない日経新聞w  そして肝心な中身のことは書かないのであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013420csis_4

apple  Center for Strategic & International Studies (CSIS) http://csis.org/

pencil Statesmen's Forum: His Excellency Taro Aso, Deputy Prime Minister and Finance Minister of Japan (麻生太郎財務大臣の講演関係の項)
 http://csis.org/event/statesmens-forum-his-excellency-taro-aso-finance-minister-japan

ここに動画とテキストがUPされていましたので、転載します。

この通りに喋っているわけでは無いでしょうけど(アドリブやつっかえたりなどで)、英語がからきしな私にはありがたいです。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

movie Statesmen's Forum: His Excellency Taro Aso, Finance Minister of Japan .

pencil アベノミクスとは何か
        ~日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題~

             麻生太郎 副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣
                 平成25 年4 月19 日/米ワシントンDC、CSIS

     What is Abenomics?
          Current and Future Steps of Japanese Economic Revival
              By Taro Aso,
               Deputy Prime Minister of Japan
               Minister of Finance, and Minister of State for Financial Services

    (英 語)  http://csis.org/files/attachments/130419_Aso_testimony_0.pdf
  (日本語)  http://csis.org/files/attachments/130419_Aso_testimony_Jp.pdf

Thank you, Dr. Hamre, thank you Dr.Green, and thank you all for coming to join me.
I am Taro Aso and I will say this. I AM BACK, too.

ハムレさん、グリーンさん、そしてご来場のみなさまに感謝申し上げます。
麻生太郎です。私も戻ってきました。

When you say that each Japanese Prime Minister spends only a year in office, you are talking about me. When you say that in Japan, politics is like a revolving door, you are talking about Shinzo Abe and me. Thank you very much.

みなさん言われるのは、日本では、首相はいても1年だと。それは私のことですよね。日本の政治は「回転ドア」のようだというときは、安倍総理と私のことを指していますね。いやはやどうも。

But, you can see something not so bad, here. You are now looking at an administration that has two former Prime Ministers, and three former party presidents.
You must envy us, because you can't do anything like that under your presidential system…., right?

しかし、これにはいい面もなくもないのです。現政権には、元首相が2人、元党総裁が3人います。ここは、うらやましがってもらわねばならんところでありまして、みなさんの大統領制では、これはできない相談でしょう?

Alliance Economics

Now, I will start off by touching upon our alliance.

同盟国の経済学

さて、私たちの同盟のことから、話を始めましょう。

My view is, that something is wrong when you say that the U.S. is always on the giving end and Japan, always on the receiving end about the provision of security under our alliance.
The Japanese must stand tall as an equal and responsible ally to the U.S. The Japanese
must work hard as a guardian of international common goods, peace, prosperity and democracy.

我々の同盟関係における安全保障について、米国がいつも与える側であり、日本はいつも受け取る側である、という見方は何かがおかしい、私はそう思います。日本は、米国にとって、対等で責任ある同盟国として堂々とした態度をとらねばなりません。日本は国際的な公共財、平和、繁栄、そして民主主義の守護者として、しっかりと働かねばなりません。

In fact, that was my grandfather's aspiration. When Shigeru Yoshida signed the U.S.-Japan Security Treaty on September 8, 1951 in San Francisco, he hoped, that one day, Japan could work with the U.S. as an equal partner to sustain the liberal international order. 62years later, that aspiration still holds.

これは実際、私の祖父の望みでした。1951 年9月8 日、サンフランシスコにて吉田茂が日米安全保障条約に署名した時、彼は、日本がいつか、自由な国際社会の秩序を支えるために、米国と対等なパートナーとして共に働けることを望んでいました。62 年経った今も、その思いは生きています。

It is my belief that Japan has its noble responsibility to enhance peace, happiness and democracy in the world.

日本は、世界の平和と幸福と民主主義を増進していくという、崇高な責務を負っている、そう私は信じております。

That's why, ladies and gentlemen, Japan must regain its economic power. That's why, we are working hard to turn around our economy, pushing what you call "Abenomics." Make no mistake. We are pushing Abenomics not only for the sake of economic growth. We are doing that precisely to make Japan your reliable ally and a responsible guardian of peace, prosperity and democracy.

だからこそ、みなさん、日本は経済力を取り戻さねばならん。だからこそ、私たちは“アベノミクス”を推進し、経済を好転させるために身を粉にしているのです。誤解しないでください。私たちは、経済成長のためだけにアベノミクスを進めているのではありません。日本がみなさんの信頼に足る同盟国となり、平和と繁栄と民主主義の守護者となるためにこそ、アベノミクスを進めているのです。

Why TPP?

That also applies to the TPP. In March, we said that we would be joining the TPP
negotiations. Last week, Tokyo and Washington reached an agreement about some of the issues we needed to solve in advance. Now, I am very much glad that we are on the right track to enter the negotiations.

なぜTPPなのか?

これはTPP についても言えることです。3 月に日本は、TPP 交渉への参加を宣言し、先週、日米事前協議が合意に達しました。このように、交渉開始に向け、正しい方向に進んでいることを大変うれしく思います。

Yes, the TPP is about economic integration. But it is also, much more than that. Remember that Japan is still the second biggest democratic economy in the world.
If bound together under the TPP, the Americans and the Japanese can make the world a much better place. The US and Japan bound together by the TPP can emerge as a mega stabilizer across the Pacific. Think about our combined size. It is really mega.

確かに、TPP は経済統合の話です。しかし、TPP の意味は、それよりはるかに大きなものです。日本は民主主義の経済としては、今でも世界第2位の大国です。もし日本と米国がTPPによって結び付けられることになれば、両国は、世界をもっと良くすることができます。両国は、太平洋地域における巨大な安定化勢力(megastabilizer)たり得ます。考えてみてください。両国を合わせたサイズは、まさに巨大(mega)です。

Once again, for that purpose as well, Japan must be stronger.

この目的のためには、繰り返して言いますが、日本は強くあらねばなりません。

  ------------------------------------------------------------------

The US and Japan bound together by the TPP can emerge as a mega stabilizer across the Pacific.

TPPで結びつけられた日米両国は、太平洋地域における巨大な安定化勢力たり得る。

2013420csis_5

  ------------------------------------------------------------------

Abenomics: Three Bazookas

Now, I will spend the next couple of minutes to tell you about Abenomics.

アベノミクス~3つのバズーカ

さて、次は、少々時間をいただきまして、アベノミクスの話をしたいと思います。

The logic is plain, simple, and straightforward. First, the Bank of Japan eases money. Second, the governmentcomes in, with fiscal policies, stimulating real demand. And third, the government introduces a growth package, including TPP, massive deregulations, and other growth plans, putting the growth on a sustainable orbit.

そのロジックは平易で、シンプルで、わかりやすいものです。最初に、日銀が金融緩和をする。2番目に、政府が財政政策で実需を生み出す。3番目に、TPPや大胆な規制改革などを含む成長戦略で、成長を持続的な軌道に乗せます。

That is it. That is what you call Abenomics and its three arrows. Oh, by the way, Shinzo Abe was an archery player in his college days. To call Abenomics a combination of three
arrows fits him most nicely. I was not an archery player.
I was a skeet shooter and represented Japan for the 1976 Olympics in Montreal. So instead of arrows, I call them bazookas.

それだけです。そしてこれをアベノミクス、「3本の矢」と呼びます。ところで、安倍晋三首相は、大学時代にアーチェリーの選手だったそうです。このため、アベノミクスを、三本の矢の組み合わせと言うのは、彼にぴったりなわけです。私はアーチェリーの選手ではありません。私はクレー射撃の選手で、1976 年のモントリオールオリンピックで日本代表を務めました。ですので、私は矢ではなく、バズーカ砲だと呼んでいます。

2013420csis_3_2

Yen and Deflation

Anyhow, the yen has become cheaper as a result, but only as a by-product. To say that cheap yen is our goal would grossly miss the point.

円とデフレーション

なお、結果的に円安となりましたが、これは副産物にすぎません。円安が私たちの目的だと言うのは、甚だしく的外れです。

The "big-D," deflation, is too much difficult and too much persistent to get rid of, we have to use every possible means. At the end of the day, a shrinking Japan could do only harm to the world.
Only a growing Japan could do good for the people in Japan, for the people in
America, and for the people in the world. That is what we are aiming to bring about.

デフレーションなるものは、あまりにしつこく、あまりに脱却するのが困難で、私たちは、ありとあらゆる手段を用いなくてはなりません。つまるところ、縮小していく日本というものは、世界にとって害でしかありません。
日本が成長し続けることこそ、日本の人々、米国の人々、地域の人々、そして世界の人々にとって、良いことなのです。これこそ、私たちが目指していることです。

If you are still in doubt about what I say, it is probably because you have never gone through deflation. Let me tell you a bit about what it is like.

もし、私の申し上げていることを疑わしいとお思いなら、それは、あなたがデフレーションを経験したことが無いからです。それがどんなものか、少しお話しましょう。

It all started when the asset price bubble collapsed in the early 1990s. Stock price index at the end of 1989 was about 39,000. It fell down to as low as 7,000.
The land price in major cities hit its peak in 1991. It became lower by 87%.

全ては1990 年代初頭に資産バブルが崩壊したときにはじまりました。株価は1989 年末の
39000 円から、7000 円まで下がりました。主要都市の地価は、1991 年のピークから87%も下がりました。

As a result, many banks had negative equity. Many companies also had negative equity. Banks were interested only in reducing their balance sheet. Companies were interested only in paying back their debt.

結果として、多くの銀行や企業の資本が毀損しました。銀行は自分たちの不良債権の圧縮にしか関心が無く、企業は負債の返済しか考えていませんでした。

Rather than investing in new ideas or products for future growth, they chose to minimize the cost, cutting wages. Unions wanted no lay-offs, so they chose to accept the pay cut.

日本企業は、将来の成長につながる新たなアイディアや製品に投資するよりも、賃金カットでコストをぎりぎりまで引き下げることを選びました。労働組合側も雇用を守るために、賃金カットを受け入れました。

Gradually, money gained value relative to goods. Growth slowed, because no one,
except for the government, was willing to invest. A vicious circle took root.
Deflation, hence, became persistent.

お金の価値は、モノに対して相対的に徐々に上がりました。政府以外のほとんど誰もが投資したがらぬということで、成長は減速しました。こうして根深い悪循環となり、デフレーションはしつこいものとなりました。

I must tell you, deflation is like a slowmotion death, by losing temperature.
In its early stage, it does not feel so painful. Your wage may not grow. But the CPI is also flat. So your purchasing power does not decline that much.

デフレーションは徐々に体温を失っていく、スロー・モーションの死のようなものと言わねばなりません。
初期の段階では、痛みは感じません。賃金は上がらなくとも、消費者物価も上がらないため、購買力は大して落ちないのです。

It is already too late, when you have finally become aware, that you are a hostage, and that you cannot escape the vicious cycle.

自分たちが悪いサイクルから逃れられなくなっていると気付いた時には、もう手遅れです。

Because it is a slow process, deflation could ring no alarm bell, unlike inflation. That's why, deflation is much more harmful.

デフレーションはゆっくりと進むため、インフレーションのような警告のベルは鳴りません。だからこそ、デフレーションはインフレーションよりはるかに有害なのです。

So, what ought to be done? Why was "Abenomics" necessary?

では、何をすべきなのでしょうか?なぜアベノミクスが必要なのでしょうか。

What matters: Perception

Before the December general election, we thought that the most important thing would be to get rid of "deflation mindset" of the Japanese, at the outset of Abenomics.

まず重要なのは人々のマインド

12 月の総選挙前、我々はアベノミクスの最初の段階では、日本人のデフレマインドを払拭することが最も重要だと考えました。

We thought that the economic landscape should be redrawn dramatically so that people can get willing to take risks. It was at that time the idea of three arrows, or three bazookas, shot in one fell swoop, occurred to us.

リスクテイクの精神を呼び覚ますには、経済の絵姿を劇的に描き直さねばならぬと考えました。我々が、「3 本の矢」あるいは「3 発のバズーカ」を同時に撃ち込むというアイディアが生まれたのはこのときです。

We made it our campaign platform and pushed it hard during the campaign. And the result was we won a land-slide victory. At long last, voters gave us mandate, political capital, strong enough to do bold things that were long-time coming.

我々は、この考えを訴えて選挙を戦い、地滑り的勝利を得ました。有権者は長く待望されてきた大胆で迅速な行動を実行するのに必要な政治力を我々に与えてくれたのです。

We had done nothing then, other than just voicing our policy package and our will to do it. Interestingly, the market started to respond. Tokyo stock index started to rise. It speaks volumes about how important it is to change people's perceptions, outlook, and mind-set.

我々は当時、政策パッケージとそれを実行する意思を表明したのみです。にもかかわらず、興味深いことに、市場が反応し始めました。東京市場の株価は上昇を始めました。このことは、人々の認識、見通し、マインドを変えることがいかに重要かを物語っています。

   ----------------------------------------------------

It speaks volumes about how important it is to change people's perceptions, outlook, and mind‐set.

まずは、人々のマインドを変えることが重要。

2013420csis_6

   ----------------------------------------------------

"Takahashinomics"

It is true that Japan is the only country that has gone through deflation. That is about the post-war history. If you see prewar examples, I must mention that Japan is among the few countries that have succeeded in containing deflation.

タカハシノミクス

確かに、日本は長きにわたるデフレーションを経験した唯一の国ですが、それはあくまで戦後の歴史について言った場合です。戦前まで振り返ってみて言わねばならんことは、日本は、デフレーションからの脱却をやってのけた数少ない国のひとつであったという事実です。

John Maynard Keynes published his "General Theory" in 1936. Prior to that, there was someone in Japan who did Keynsian policy in the early 1930s. His name is Korekiyo Takahashi, who was six times Finance Minister and one time Prime Minister in the early 20th Century.

ジョン・メイナード・ケインズが『一般理論』を出版したのは1936 年です。しかしそれ以前の
1930 年代初頭に、日本でケインズ経済学的な政策を行った人物がいます。それが高橋是清です。彼は20 世紀初頭に財務大臣を6 度、総理を1度務めました。

Takahashi saved Japan by doing exactly what we are doing now. His bold monetary easing and fiscal spending stopped the deflationary spiral. Like us today, he also did it big and fast, or "SHOCK AND AWE." So much so, FDR would say later, that Takahashi had
given him inspiration. It encourages me to think that among our predecessors
there was someone who made it. We wish to follow his footsteps.

彼は、まさに、いま私たちがしていることをやって日本を救いました。大胆な金融緩和と財政出動がデフレーションのスパイラルを止めました。今日の私たちのように、彼も大胆かつ迅速に行いました。まさに、「衝撃と畏怖(shock and awe)」の政策でありました。ルーズベルトは、高橋からインスピレーションを受けたと言ったと言われますが、それほどのものであったのです。我々の先輩にデフレーションからの脱却に成功した人物がいると思うと、勇気づけられます。我々も、彼の後に続きたい、そう思います。

"Joint Statement" and "Kurodanomics"

Now, back to the real genesis of Abenomics. It started when Mr Masaaki Shirakawa, then head of the BOJ, and I issued a Joint Statement, for the first time in Japan's monetary history, January this year.

共同声明とクロダノミクス

さて、アベノミクスの起こりに話を戻しましょう。アベノミクスは、今年1 月、当時の白川方明日銀総裁と私が、日本の金融政策史上初めて、「共同声明」を発表したときから始まります。

In that Joint Statement, the BOJ essentially introduced the inflation target of 2%. We call it "price stability target." On our part, the government pledged to run the kind of macroeconomic and fiscal policies that are flexible and responsive.

It was also written that the government should encourage competition, enhance Japan's growth potentials, and establish sustainable fiscal structure.

この共同声明において、日本銀行は、2%のインフレ・ターゲットを導入しました。我々はこれを「物価安定目標」と呼んでいます。政府は、機動的なマクロ経済財政運営、競争と成長力の強化、持続可能な財政構造の確立に取り組むとしています。

What we did thereafter or what we will do from now on is all based on this Joint Statement.

我々がその後行ったこと、今後行うことは、すべてこの共同声明に基づいているのです。

Anyhow the first bazooka is bold monetary policy.

とにかく、最初のバズーカは大胆な金融政策です。

I will not say more about it. You may just want to open your newspaper. They are now telling a lot about, well, Kurodanomics.
Haruhiko Kuroda, the new governor of the BOJ, really did it big and fast, or SHOCK AND AWE.

これについてはこれ以上語りません。新聞を開けば十分でしょう。そこには、クロダノミクスについて多くのことが書かれています。
日銀の黒田東彦新総裁は、実に大規模で迅速に、まさに「衝撃と畏怖(shock and awe)」を実行しました。

We are all glad, first of all, he showed guts. Second of all, he is a good communicator. And third, he is well connected with, and respected by, the members of the central banking community.

まず彼が胆力を見せてくれたこと、次に、彼のコミュニケーション力が優れていること、そして、世界の中央銀行のコミュニティとつながりを持っており、彼らから尊敬されていることを歓迎したいと思います。

Fiscal Policies

Now, let me go on to tell you more about the second bazooka. That is the fiscal policy I am looking after.

財政政策

さて、第2 のバズーカについて、詳しくお話しします。それは、私が所管している財政政策です。

Please note, at this point, that we are not making a big government. American
conservatism does not apply to the Japanese situation. Here in the U.S., conservatism is about small government and tax reduction. The situation in Japan is more complex. When the private sector cannot spend and only save under deflation, the government must be "the spender of last resort."

この点についてご注意頂きたいのですが、私たちは大きな政府を目指しているのではありません。米国の保守主義を、そのまま日本に当てはめて考えることはできません。ここ米国では、保守主義は小さな政府と減税を目指します。日本では、状況はより複雑です。デフレ下で、民間セクターが支出できず、貯蓄するしかないとき、政府が「最後の払い手(spender)」とならざるを得ません。

Thinking that way, we put forth a largescale supplementary budget for the fiscal year 2012.

私たちはこうした考えで大規模な24 年度補正予算の編成に取り組みました。

Public works are also important. Not only important, they are vital.

公共事業もまた重要です。単に重要なだけでなく、文字通り、命に関わります。

Unless we spend more, and do it now, on the bridges, roads and tunnels that are all, more than 50 years old, at any given time, they may fall apart. I know in the States you have exactly the same problem.

もし、築50 年以上の老朽化した橋、道路やトンネルを、今、補修しなければ、いつそれらが崩落しないとも限りません。アメリカにおいても全く同じ問題があるでしょう?

  --------------------------------------------------------

Unless we spend more, and do it now, on the bridges, roads and tunnels that are all, more than 50 years old, at any given time, they may fall apart. I know in the States you have exactly the same problem.

アメリカも経験したように、老朽化した橋、道路やトンネルを、今、補修しなければ、いつそれらが崩落しないとも限らない。

2013421021_g20csis

  --------------------------------------------------------

続きを読む "【I AM BACK, too.】麻生太郎副総理兼財務大臣が米CSISで講演" »

2013年4月22日 (月)

【春季例大祭】麻生太郎副総理大臣、靖国神社参拝。

麻生太郎副総理が春の例大祭中の靖国神社を参拝しました。

米・ワシントンD.C.で開催されたG20(20か国財務大臣・中央銀行総裁会議)に出席する為に18日の昼に出発して、会議や講演をこなした後に、21日の夜に帰国してすぐに参拝とハードスケジュールですね。22日の午前9時からの参議院予算委員会に出席しなければならないので、それに間に合わせるとなると、このタイミングでの参拝になるのでしょう。

麻生さん、お帰りなさい。お疲れ様です。

外国との戦い真最中の麻生さんの参拝は、英霊の皆様も喜んでくださっていることでしょう。

2013421

本当に美しい「一礼」ですね。 麻生さんの佇まいは、いつも凛とした美しさがあります。

で、あの御日様のように底抜けに明るいガハハ笑顔とのギャップがこれまた良いんですけどネw heart04happy01

cherryblossom 麻生氏ら2閣僚、靖国参拝=安倍首相は真榊奉納(時事通信)

 麻生太郎副総理と古屋圭司国家公安委員長は21日、東京・九段北の靖国神社をそれぞれ参拝した。同日始まった春季例大祭に合わせたもので、昨年12月の第2次安倍内閣発足以降、靖国参拝が確認された閣僚は、20日の新藤義孝総務相と合わせて計3人となった。一方、安倍晋三首相は祭具の真榊(まさかき)を同神社に奉納した。中国や韓国の反発も予想される。

 麻生氏は、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のための訪米から帰国後、午後7時半ごろに同神社に到着。拝殿前で一礼しただけで同神社を後にした。

 古屋氏は午前10時すぎに本殿に上がって参拝。この後、記者団に「国務大臣古屋圭司として参拝した」と説明し、玉ぐし料はポケットマネーから払ったことを明らかにした。「国のために命をささげた英霊に哀悼の誠をささげるのは、国会議員という立場からして当然だ」と強調した。
 加藤勝信官房副長官も21日午前に参拝した。
 同神社によると、首相が納めた真榊は「内閣総理大臣」の肩書で、21日朝から神前に供えられている。首相は第1次内閣時も春季例大祭で真榊を奉納し、参拝を見送っている。

 春季例大祭は23日まで。関係者によると、これに合わせた参拝の有無を菅義偉官房長官らが各閣僚に事前に確認したところ、古屋、新藤の2閣僚が参拝の意向を示した。菅長官は「自身の判断に任せる」と応じたという。 (4月21日(日)19時37分)
                http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130421-00000092-jij-pol

◆ 麻生副総理ら閣僚3人 靖国神社に参拝 NHKニュース (動画あり)
            http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130421/k10014077091000.html

◆ 古屋国家公安委員長と麻生副総理が靖国参拝 | 日テレNEWS24 (動画あり)
                 http://www.news24.jp/articles/2013/04/22/04227226.html

>拝殿前で一礼しただけで

靖国参拝を靖国問題などと外交問題を作り出すようなマスゴミに、この一礼に込めた想いなど推し量れないと思う。 (ちなみに、昇殿参拝の時間は終わっています。)

>中国や韓国の反発も予想される。

問題にしたいのは中国と韓国の手下になった新聞やテレビなどのマスコミ。「予想される」は、「支那様、韓国様、我が同志の諸君、靖国神社に参拝しよりましたぜ!けしからんですなあ~。問題にしてください!」と反発させたい問題にしたい心の表れでしょ?w

何処の国のマスコミなんでしょうね。日本の国益を損なうようなマスコミは要らないんですけど。

----------------------------------------------------

麻生さんの靖国神社に関する考えは以下の論文に書いてあります。

総理大臣在任中、靖国参拝するかどうかを話題にされるのを嫌ったのは何も外交問題だけの話ではないのです。

cherryblossom 靖国に弥栄(いやさか)あれ  (2006年8月8日)  http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/060808.html より抜粋。

 靖国神社が、やかましい議論の対象になったり、いわんや政治的取引材料になった りすることは、絶対にあってはならないことです。靖国は、戦いに命を投げ出した尊い御霊とご遺族にとって、とこしえの安息の場所です。厳(おごそ)かで静かな、安らぎの杜(もり)です。そのような場所で、靖国はあらねばなりません。  
 いかにすれば靖国を慰霊と安息の場とし、静謐(せいひつ)な祈りの場所として、保っていくことができるか。言い換えれば、時の政治から、無限に遠ざけておくことができるか――。
 

この論文で政治的な騒動がなく静かな環境で、天皇陛下が御親拝していただけるようにすること、中韓を含む各国要人も参拝できるようにしていくことを考えています。例えば、米国のアーリントン墓地のように。

参拝のニュースが流れた時、保守的な人達は一応に喜びました。私もです。それは当然でしょう。しかし、予想通り「8月15日の終戦の日に靖国参拝を!」という人が現れました。ちなみに8月15日は、神社的には普通の日なんです。慰霊のためなら、春と秋の例大祭か、7月の「みたままつり」に参拝される方が良いです。(閣僚もこのいずれかに参拝すれば良い。)

だけど、8月15日の終戦の日に靖国参拝をすることを政治利用され、日中韓限定の外交問題にされてしまいました。この日になると、思想的に右や左の人達が集まってきて靖国神社周辺は喧しいこと。左翼も右翼も祈りの場である靖国神社をイデオロギーや政争の具にするな。正直言って、迷惑していると思います。

保守思想の人達も一部の人だと思うけれど、靖国参拝を政治家の踏み絵にしないでいただきたい。2009年の総選挙の時に当時の麻生総理大臣に終戦の日に靖国参拝をするように迫った人達がいた。参拝すれば選挙に勝つからと。現実問題、このことばかりに拘っている有権者は少ない、とうか、投票の判断材料にすること事態が愚かしいと思った。このように、麻生総理のような日本の国を守ろうとする政治家を後ろから撃って、民主党政権みたいなものが誕生するアシストをするような馬鹿なことは繰り返してはならないと思う。

靖国神社参拝が普通のこと過ぎて、ニュースにならない日がくること、静かに天皇陛下が御親拝なされる日が来ることを希望します。

----------------------------------------------------

・・・ 公明党は支持母体が創価学会という宗教団体だからかも知れないけれど、日本の国の政党ならば黙っていて欲しい。政局や外交問題にわざわざしないでいただきたい。こういう発言をすることが問題があると言っているようなものだと思うので。記者に聞かれたら、「そう、それが何か?」で良いんですよ。

apple 山口・公明代表、閣僚の靖国参拝で「外交的影響は避けられない」

 公明党の山口那津男代表は21日、さいたま市内で記者会見し、新藤義孝総務相や古屋圭司国家公安委員長の靖国神社参拝について「どういう説明をしたとしても、外交的な影響が出てくるのは避けられない」と中国や韓国などの反発を念頭に懸念を示した。

 山口氏は「関係改善を損なうことがないような配慮は政治として重要な判断要素だ」とも指摘。安倍晋三首相の靖国参拝についても「外交的な摩擦に発展しないように配慮をめぐらせるべきだ」と述べた。(2013.4.21 20:45)
        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130421/stt13042120460004-n1.htm

・・・ そして、お約束キターーーーーー!

bomb 韓国外相、訪日中止 首相の靖国奉納に抗議か「生産的議論難しい」

 韓国外務省当局者は22日、今月末の開催で日本と調整していた尹炳世外相の訪日と、岸田文雄外相との会談を中止したと明らかにした。

 聯合ニュースは、安倍晋三首相が靖国神社に供物を奉納するなどしたことに対する抗議と報じた。同ニュースによると、外務省当局者は「このような雰囲気の中で会談しても生産的な議論は難しい」と述べた。

 尹氏の訪日は、当初4月末にも見込まれた日中韓3カ国外相会談の開催の見通しが立たないことから計画されていた。歴史問題を理由にした今回の会談中止で、日韓関係は当面、冷却局面が続くことが確実になった。(共同)(2013.4.22 10:25
        http://sankei.jp.msn.com/world/news/130422/kor13042210260001-n1.htm

いや、別に無理に来ていただかなくても構わないんですけどね。正直、来るなと言いたいぐらい。

実際、来日してもどうせ経済援助か円安批判と歴史認識が何とかかんとかって、強請りたかりにくるに決まってるんだから。
(もしかしたら、こう出ることを見越しての副総理兼財務大臣の靖国参拝かしら。。。なんてねw)

来ないと言うことは余裕があるんですから、放って置いたら良いんですよwww

そもそも、日本のことなんだし。

中国も、わーわー言ってきていますね。 放 っ て お き ま し ょ う 。

bomb 日本は歴史を直視すべき=安倍首相の靖国供物奉納で中国外務省 | Reuters

[北京 22日 ロイター] 中国外務省の華春瑩報道官は22日、定例の記者会見で、安倍晋三首相が靖国神社に供え物を奉納したことを受け、日本が歴史を直視し、戦時中の侵略行為による犠牲者の感情を重んじるべきだとの見解を示した。
              
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93L04L20130422

bomb 高村副総裁の訪中中止=靖国問題も影響―5月初旬に友好議連で予定(時事通信) - Y!ニュース

【北京時事】自民党の高村正彦副総裁が率いて5月1~3日の日程で調整していた日中友好議員連盟(会長・高村氏)の中国訪問が中止となったことが分かった。複数の日中関係筋が22日明らかにした。
 沖縄県・尖閣諸島をめぐる摩擦に加え、安倍晋三首相が祭具の真榊(まさかき)を靖国神社に奉納したことや、麻生太郎副総理や古屋圭司国家公安委員長ら安倍内閣の閣僚が参拝したことも影響しているとみられる。(抜粋)
                 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000075-jij-int

・・・韓国も中国もいつまでこんな幼稚なことを繰り返しているんですかね。歴史問題を直視しろって言うけど、中韓の言う歴史って自分達の都合の良いように書いたものでしょう。なんで日本人がそれを見ないといけないんだ?

◆ 靖国問題 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%95%8F%E9%A1%8C

--------------------------------------------

靖国神社といえば、桜の開花宣言の標準木があります。

私は桜の季節に靖国神社を参拝したことはありませんが、境内にある能楽堂で薪能とか奉納イベントが色々あるそうです。

cherryblossom 靖国神社 http://www.yasukuni.or.jp/

お参りした後は、遊就館で貴重な資料や遺品を見たり、売店でお土産を買ったり、食堂で「海軍カレー」を食べるのも良いですよ!

0609_2

2013年4月20日 (土)

「K.Yは誰だ?」と君が聞いたから・・・

「K.Yは誰だ?」と 君が聞いたから 4月20日は サンゴ記念日

日本は外国に比べて新聞やテレビへの信頼度は高いと言われています。

その日本人の人の良さに付け込んで、昔も今も嘘と捏造とプロパガンダが盛りだくさんだったことに新聞社が身体をはって自爆して国民に気付かせてくれた事件。

だから忘れちゃいけないんです。 

忘れてると、2009年の総選挙の時みたいに、高い勉強代という名の犠牲を払わなくてはならなくなるんです。

◆朝日珊瑚事件を語り継ぐサイト http://www.geocities.jp/ky_asahisango/

朝日新聞珊瑚記事捏造事件 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%8F%8A%E7%91%9A%E8%A8%98%E4%BA%8B%E6%8D%8F%E9%80%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6

朝日新聞珊瑚記事捏造事件(あさひしんぶんさんごきじねつぞうじけん)とは、1989年(平成元年)に沖縄県西表島において、朝日新聞社のカメラマンが珊瑚に傷をつけ、その写真をもとに新聞記事を捏造した虚報事件である。

movie 【KY】朝日珊瑚事件【捏造】

・・・・・

tv 【初音ミク】さよならぼくたちのてれびきょく【オリジナル】 [HD1080p]

ああ、私にも新聞やテレビはワザと嘘をついたりしないと思っていた、そんな、花畑なときがありました・・・。

2013年4月13日 (土)

震度6弱!阪神大震災以来の大きな地震

今日は早朝の地震で始まりました。

danger【淡路島震度6弱】5府県で23人けが、津波なし 40メートル地割れ 液状化も 阪神大震災以来の揺れ - MSN産経ニュース

 兵庫県の淡路島で震度6弱を記録する地震で、警察庁によると、5府県で計23人が重軽傷を負った。気象庁によると、震源地は淡路島付近で震源の深さは約15キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・3と推定、津波はなかった。原発に被害はなかった。関西の震度6以上の地震は阪神大震災以降初。

 淡路島では、兵庫県洲本市の小学校でグラウンドに約40メートルにわたり地割れが発生。屋根瓦が壊れる被害が数件あり、水道管が破裂した。沿岸部では液状化現象とみられる被害が出た。香川県の小豆島でも中学校体育館の天井から石こうボードが落ちた。

 気象庁は「今後1週間は最大震度5弱程度の余震に警戒してほしい」と呼び掛けた。負傷者は1~95歳の男女で、うち7人が重傷。内訳は兵庫県14人、大阪府5人、徳島県2人、福井、岡山の両県で各1人。
                 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130413/dst13041313430021-n1.htm

-----------------

午前5時33分  震源 淡路島付近  M 6.0

▽震度6弱 兵庫県淡路市

▽震度5強 兵庫県南あわじ市

▽震度5弱 兵庫県洲本市 大阪府岬町 徳島県鳴門市 香川県東かがわ市 同県小豆島町

 ▽震度4 (兵庫県)神戸市 豊岡市 尼崎市 明石市 芦屋市 加古川市 三木市 高砂市 三田市 加東市 稲美町 播磨町 姫路市 赤穂市 たつの市 上郡町(大阪府)大阪市 堺市 岸和田市 泉大津市 泉佐野市 富田林市 河内長野市 和泉市 高石市 泉南市 大阪狭山市 阪南市 忠岡町 田尻町 河南町 千早赤阪村(京都府)福知山市 南丹市 (奈良県)大和高田市 広陵町(和歌山県)和歌山市 海南市 有田市 湯浅町 広川町 日高町 印南町 みなべ町 日高川町 田辺市(徳島県)徳島市 小松島市 阿南市 阿波市 松茂町 北島町 藍住町 板野町 牟岐町(香川県)高松市 さぬき市 土庄町 綾川町(岡山県)岡山市 真庭市 倉敷市 瀬戸内市 里庄町

-------------------

早朝の地震なので、どうしても咄嗟に18年前の阪神淡路大震災のことを思い出してしまいます。

当時と違うのは、周囲が明るくなっていることで慌てずに済んだところでしょうか。

そして、政府や兵庫県や神戸市淡路市などの動きが早かったこと。幸い死人が出るような被害は出ていないようですが。建物倒壊や液状化、インフラの被害もあるようです。調査が進むと色々と出てくるかもしれませんが。速やかに対策されることを願います。

初めて聞く地震警報の携帯アラームが鳴っていました。その音で起きるというより、寝ていて何となく地なりのような音がしてので飛び起きたら揺れが来たって感じは18年前と同じです。幸い当時よりも私の住んでいるところは揺れが酷くなかったですけど。長く揺れたのでやはり少し焦りましたね。

震度1~2の余震が10回以上発生しているので、注意が必要です。

東日本大震災で被災されて関西近辺に非難して来られた方もいらっしゃるだろうし、勿論、18年前に今日と13分違いの時刻に発生した地震で被害にあった人達も、その時の記憶が蘇って動揺しておられるのではないでしょうか。

20130411
  (ベランダの鉢植えの勿忘草。)

南海トラフ地震と関連付けていいものかどうか分かりませんが、国土強靭化に真剣に取り組まなくてはなりません。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »