★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月に作成された記事

2013年5月26日 (日)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 5/16(2013)

15日の夜遅くにやっと本予算が成立しました。参議院は野党の反対により否決となりましたが、衆議院で優位により成立と・・・。まずはお疲れ様でした。

後は予算の速やかな執行を願います。

tulip 13年度予算が成立 一般会計92.6兆円

 2013年度予算が15日夜、成立した。一般会計総額は約92兆6千億円で、2月に成立した12年度補正予算と合わせた規模は100兆円超。景気対策として約5兆2千億円の公共事業費を計上、道路や橋など老朽インフラの補修に重点配分した。安倍晋三政権は6月に成長戦略を打ち出し、景気底上げに全力を挙げる。

 13年度予算は、参院では民主党など野党の反対多数で否決された。すでに可決していた衆院と議決が異なるため両院協議会を開いたが、協議は調わず、憲法の衆院優越規定に基づいて成立した。

 昨年の衆院解散・総選挙のあおりで予算編成がずれ込み、政府は4月1日から5月20日まで50日間の暫定予算を組んで対応した。5月の大型連休後の当初予算成立は1996年以来17年ぶり。

 13年度予算は税収43.1兆円に対し、新規国債発行額が42.9兆円。借金が税収を上回る状況を4年ぶりに解消する。(2013/5/15 22:48 )
                        http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1502R_V10C13A5MM8000/

-----------------------------------

new 【GDP急伸】麻生副総理、景気の波「地方までいってない」 - MSN産経ニュース

 麻生太郎副総理兼財務相は16日の派閥の例会で、参院選に関して「衆院で通った法案が参院でも通るという政治の安定性、経済政策の持続性を確実にすることで地方の中小企業などが設備投資をするようになる」と述べ、経済再生に向け公明党と参院で過半数を奪取する必要を訴えた。

 麻生氏は、株価が1万5千円台を回復した他、1~3月期の実質国内総生産(GDP)が高水準となった情勢を受けて、「この流れを加速していかなくてはいけない」と指摘。その上で「(景気回復の影響が)地方までいっていない」と強調し、地方の景気回復につなげるためにも参院選での必勝を呼びかけた。
                 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130516/plc13051614040017-n1.htm

------------

movie 20130516-麻生太郎(為公会例会)

松本先生、いつも動画をUPしてくださりありがとうございます。 
                         松本 純 公式HP http://www.jun.or.jp/

後半部分にノイズが入っているのが残念です。どうしたのかな・・・。

--------------

pencil 「例会挨拶13・05・16」 麻生太郎 オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/
【要旨】
● ご存知のように、昨日、平成25年度予算が成立した。夜遅くまでかかったが、いろいろとお世話になり感謝申し上げる。

● これで、いわゆる「3本の矢」の2本目である財政までは、実行に移せるところにきた。今、
一部で景気のいい話があるが、まだ皆さんの地元など地方にまでは確実に届いていない。(昨年度の)補正予算が先に成立しているが、それが現実に回り始めたのが今月の初めくらいの感じで、さらに広まっていく為にはあと1~2カ月の時間がかかる。

● その間、地方で景気についてどう感じてもらえるかということは、参議院選挙に影響してくる。従って1日も早く、この(今年度)予算が執行できるようにしていかねばならない。

● 幸いにして、きょう発表された1-3月期のGDP速報値は、年率換算実質で3.5%、名目で1.5%増となった。株価はきのう15,000円代を回復。この流れを更に加速していかねばならない。そうしないと、景気のいいのは大都会、就中、東京だけということになりかねない。

● 今回の参院選に立候補される方がここにお見えだが、この参院選で自由民主党が公明党と共に過半数(の議席)を得れば、「これで衆院で通った法案が参院でも確実に通る」となり、政治の安定性、経済政策の持続性が目に見えてくる。それで初めて、地方の中小企業経営者にも投資意欲が出てくるはずだ。

● 衆議院の各先生方も参議院の自民党候補者に、必ず力を貸す、自分の選挙だと思ってやっていただくことを心からお願いする。

● 参議院では「0増5減」の法律が残っているが、これは憲法違反と言われているものであり、確実にやってもらわねばならない。既に参議院に送付されて3週間も経っている。ここはきちんとやってもらわねばならない。

● まだ、マイナンバー法案やハーグ条約関連法など残っているものがあるが、いずれにしても、経済再生を果たし、「自民党政権になったら公約通り経済が良くなった」という実感が浸透すれば、自民党の政権基盤を安定したものにし、それが結果として、日本の国益に繋がると確信している。

------------------

よく安倍政権叩きをしている人が、アベノミクスでは一部の金持ちの人が儲かっているだけで、地方の庶民まで届いていないとか、まるで自分が地方住民の代弁者みたいなつもりでいるようだけど、やっと予算が通ったところですから。

効果波及が全体に行き渡るまでに時差があること、その時差をできるだけ短くするために努力しているんですよね。

麻生閣下はその辺はきちんと分かっていらっしゃる。

総理以下他の大臣もそうだけど、決して浮かれていませんから。、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)

◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要(平成25年4月)

pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年4月2日(火曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130402.htm

pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年4月5日(金曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130405.htm

pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年4月9日(火曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130409.htm

問) マーケットの関係ですけれども、今朝1ドル99円台半ばということで日銀の新たな金融緩和策を背景に円安が急ピッチで進んでいます。現在の市場について、大臣の御所見をお聞かせください。併せてこれもマーケットに関係するんですけれども、昨日、韓国の副首相兼企画財政相が、外国メディアに対して日銀の金融緩和策について、韓国をはじめアジアの国々に影響を与えていると指摘して、その上で一国の経済政策が他国に及ぼす影響については、共に議論する必要があるというふうに述べています。この件についても御所見をお聞かせください。 

答) 最初の質問に関しては、答えることはありません。いつものとおりで、為替の話等々に関しては、私の方から発言することはありません。韓国の話については、これは韓国の言われた背景というか、言われた状況がよく分かりませんのでうかつなことは言えませんが、少なくとも日銀の政策等々、日本の政策というものはデフレ不況からの脱却のためにやっているんだということはモスクワで説明をし、そのモスクワのG20でも話が既に討議をされた上での話なのであって、いろいろな話が出ますけれども、私共としてはその時に理解は得られたと思っています。少なくともリーマンブラザーズの話の前は1ドル108円ぐらいだったと思うんですね、あの時。あの頃は貿易収支、経常収支共に日本は大黒字ですから。しかし今は赤字という状況を考えて、我々としては今の情勢というものは行き過ぎた円高というものが是正されつつある過程なので、その結果として我々としてはいわゆる円安になっているというのは、その結果論であって付随して起きた話なのであって、目的はデフレ不況からの脱却、これが我々の主眼です。

問) イギリスのサッチャー元首相が87歳で亡くなられました。同時代の政治家として受け止めを教えてください。

答) ロバート・ウォルポール、ウィンストン・チャーチル、マーガレット・サッチャー、この3人はやっぱりイギリスの政治家の中で今後とも特筆される政治家なんじゃないかなと思います。あの人の印象に残っているのは、やはり野党の時に保守党の党首として発言した内容が非常に印象が強いですけれども、あの頃はイギリス病とかという言葉がはやっているぐらいイギリスが具合の悪かった時であって、彼女が保守党の党首として圧勝して出てくるんですが、「隷従への道」という本を、多分愛読書だと思ったな、ロード・トゥ・ セルフダムという本ですけれども、あの本の中の引用がやたら多かった人だという印象で、金持ちを全部つぶして誰が貧乏人を救うのかとか、すごくはっきりしたことを言う人だなというのが印象。辞めた時の感想として今のお気持ちはどうですかと聞かれて、私の気持ちは関係ない、私の考えを聞くのが新聞記者じゃないのかと言うんですよ。日本の新聞にも同じことを言わなければいけないなと思っていましたけれども、全然進歩がありませんね。サッチャーといえばその2つを特に思い出しますね。 (一部抜粋)

pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年4月12日(金曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130412.htm

問) TPPの米国との事前協議ですけれども、アメリカ側からかんぽ生命の業務拡大、特にがん保険の認可をしないようにと要望があるようですけれども、大臣のお考えをお聞かせください。

答) これは、アメリカとの間において、今、引き続き協議中ですけれども、かんぽ生命による新しいとか変更されたがん保険・単品医療保険の申請などについては、これは郵政民営化法とか、また保険業法の枠組みの中で、今、保険会社との適切な競争関係とか業務の遂行態勢を今審査することになっている。もうご存じの通りです。従って、この適正な競争関係については、日本の中において、日本郵政による、かんぽ生命の株式の保有割合を含めて競争関係に影響を及ぼし得る、日本の民間会社の話ですよ、全ての事情を十分に考えておかないといけないということだと思います。従って、政府としては、今後、新たながん保険とか単品医療保険商品の認可の申請が仮にあったとしても、これらについての適正な競争関係というものが確立されていますとか、また、かんぽ生命の業務の適切な遂行態勢が確保されたということが、こちらとして判断が出来るまでは、少なくともその認可を行う考えはありません。そのためには、しばらくかかりますよ、数年間はかかるね、やっぱり。 (一部抜粋)

pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年4月16日(火曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130416.htm

問) 円安が1ドル100円手前まで進んでおりまして、こういう中で12日にアメリカの為替報告で、日本の金融政策について通貨切り下げ目的でその内容を注視するというような指摘もされています。18日からはG20がありまして、日本の金融政策と円安がまた1つの焦点となる可能性もありますが、このことについて御所見をお願いいたします。

答) 為替について発言をすることはありませんから。

問) G20に向かってはどういうことを。

答) G20において討議される内容は過日モスクワで行われたG20と同じで、基本的には日本の一連の政策、日銀の金融を含めて日本の政策というものは、長きにわたるデフレ不況からの脱却、これを目的としたものであって、それに伴って発生しているいろいろな話については、目的とは違うという点を重ねて主張していくということだと思います。(一部抜粋)

pencil 麻生大臣、黒田総裁共同記者会見の概要(平成25年4月19日(金曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130419.htm

20130419_2_2

pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年4月23日(火曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130423.htm

問) 靖国神社の春の例大祭に合わせた大臣の参拝について伺います。大臣はこれまで閣僚時代には参拝され、総理時代には見送られていたようですが、今回参拝された理由やお考えをお聞かせください。併せて大臣の参拝に対して韓国、中国が反発していて、韓国が外務大臣の訪日を見送るとしております。5月には大臣は日中韓の財務大臣・中央銀行総裁会議も予定されておりますが、こういう外交に与える影響をどういうふうに見ていらっしゃるのかもお聞かせください。

答) 靖国については昭和28年4月28日、それが初めて行った1回目だね。それからよく行っていたんですね。それから代議士になってから行かなかった時はないんじゃないかな。総理大臣の時は何とかで、真榊か何かでだったと思います。大体毎年2~3回伺っていると思っていて、今さら言われるような話じゃありません。海外で反応が出ている、それは向こうの反応であって、特にそれによって外交に影響が出るということはあまりないと思います。(一部抜粋)

2013421

pencil 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成25年4月26日(金曜日)) : 財務省 http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20130426.htm

【冒頭発言】
 5月3日から5日に開催されるアジア開発銀行年次総会等の一連の会合に出席するため、5月2日からインドのニューデリーやデリーを訪問することになります。
 今回のデリーの会合にはスリランカのラージャパクサ大統領兼財務・計画大臣が出席されないということでデリーの会合に先立ち、5月1日からスリランカを訪問し、先月ラージャパクサ大統領が日スリランカ60周年で訪日された際のフォローアップとして意見交換を行う予定です。日本政府としては、引き続きタミル・タイガーとの紛争終了後のスリランカにおける平和の定着の推進に寄与してまいりたいと考えております。
 日本銀行券の識別性向上に関する取組みの実施ということで、安倍内閣の基本方針において難病や障害、社会的に弱い立場にある人達が、社会で活躍出来る環境を整備するとされております。これを受けて財務省では、日本銀行、国立印刷局とともに、日本銀行券が目の不自由な方にとってより使いやすくなるように枠組みを検討してまいりたいと思いますので、その内容を発表することになります。具体的には、早期実施を目指して着手するのは現在の五千円券の改良、携帯電話に搭載可能な識別機能の開発・提供、券種の識別機器の開発・情報提供という3つの具体的な取組みと将来に向けての取組みです。これらの取組みの方針については、新たな障害者基本計画に盛り込みたいと考えております。

問) 消費税転嫁法案についてお伺いします。還元セールの禁止など小売りの店頭表示についての議論が今国会でされていますが、民間の自由な競争を阻害するなどの指摘もあります。それら線引きについて大臣はどのようにお考えでしょうか。

答) この規定はもともとは納入業者に対する買いたたきとか、また小売業者の転嫁が困難になることを防止しなくちゃいかんという観点から業者が消費税に関連するような形で安売りの宣伝を行うということを禁止するものです。あくまでも表示の仕方についての規定であって、業者の企業努力による価格設定自体というものを制限するわけではありませんで、具体的に言うと消費税との関連がはっきりしない、単なる春の生活応援セールとかそういった表示とか、また消費税の引上げ幅と一致するだけの3%値下げといった表示が行われるだけで禁止することは法律の解釈として無理があります。そのような規制を行うとするものではないということだと承知しています。また法案によって禁止される表示に該当するかどうかは、これは行政側が立証責任を負うものですから、そういった意味では消費税や税などの表現を使わない場合には宣伝や広告全体の状況から、誰の目から見ても消費税を意味することが明らかであるような場合でなければ禁止される表示にはならないというものだと認識をしています。いずれにしても、具体的にはどのような宣伝などが禁止されるかについては、今後事業者からのヒアリングなども含めて消費者庁が定めるガイドライン等において明らかにされるものだと理解をしています。(一部抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 4/11(2013)

昨年末に政権奪還してから、会長の麻生閣下が委員会出席や外交等々のために例会を欠席気味だったり、出席でも、いつも動画をUPされている松本純先生が欠席だったりと、野党の時とは比べ物にならないほど皆さん超多忙。

それでも、深夜や早朝に動画をUPしてくださる松本純先生に感謝感謝です。

この日はお誕生日だったらしいのですが、残念ながら例会には欠席されていたようです。

-------------------------------------

pencil「例会挨拶13・04・11」 麻生太郎 オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/

【要旨】
● 北朝鮮を巡る動きで、朝鮮半島、日本海・太平洋地域の緊張が高まっている。こうした動きは、キム・ジョンウン体制になってからエスカレートしており、また、昔と違って中国のコントロールが利かないような状況になりつつある感じがする。

● 正直申し上げて、どれくらい(軍事)技術が進んでるのか正確に見えないので、いつ何があるか分からないという気でいないと、「いつもの脅しだ」と思っているとそうでない可能性もある。とにかく、そうした者が隣にいるという前提で、我々は常に考えて行動し、緊張感を持っておかねばならない。

● (本年度)予算(案審議)の方は、多分来週、衆議院を通過することになるのだと思うが、その後、参議院での審議に移ることとなる。

● 私は来週、G20財務相・中央銀行総裁会議出席の為、ワシントンを訪問する。

● ご存知のように、予算案は衆議院通過後、1カ月以内に成立するというルールになっている。今回の場合、その間に連休が入る。審議時間は限られるという前提で、参議院での審議に臨まなければならない。

● いずれにしても、予算を成立させ、これが景気に(良い)影響を与えるようになって初めて「三本の矢」の3本目(経済成長)が効果を挙げてくることになる。どうしても、予算案を1日も早く成立させ、デフレ不況対策にきちんと充てたい。

● 黒田総裁(率いる日銀)の政策と政府の政策が両々相まって、デフレ不況からの脱却に資したいと思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

camera 2013年4月18日~20日 20か国財務大臣・中央銀行総裁会議、IMFC等(於米国・ワシントンD.C.) : 財務省 http://www.mof.go.jp/gallery/20130419.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)

2013年5月14日 (火)

中山恭子議員、平和維持と日本人の誇りの為に国際情報組織の必要を訴える。

13日の参議院予算委員会で日本維新の会の中山恭子議員より、この日はエネルギー等についての集中審議の日ではありましたが、下記の著しく偏った報告が米国でされた事により、緊急に総理の歴史認識についての質問がありました。

これはとても有意義で建設的な質疑なので、見逃した方は動画を必見です!

◆米議会報告書:「安倍首相は強硬なナショナリスト」と懸念

【ワシントン西田進一郎】米議会調査局が今月1日付でまとめた日米関係の報告書の中で、安倍晋三首相について「強硬なナショナリストとして知られる」と記述し、首相や政権の歴史認識問題を巡る言動について「地域の関係を壊し、米国の利益を損なうおそれがあるとの懸念を生んだ」と指摘していたことが8日、分かった。また、首相の歴史認識問題や靖国神社参拝などへの取り組みは「米国や近隣諸国から注視されるだろう」と記した。

 報告書は、安倍内閣の閣僚らによる靖国神社参拝に対し、中国や韓国が反発していると紹介。首相について「日米同盟の強力な支援者として知られる」とする一方、「米国の利益を損なう可能性がある地域的な緊張を起こすことなく外交政策のかじ取りをうまくできるかという問題に直面している」とした。

 具体的には、首相の言動について「帝国主義に基づく侵略や他のアジア諸国の犠牲を否定する歴史の修正主義を信奉していることをほのめかしている」と分析。旧日本軍の慰安婦問題への関与を認めて公式に謝罪した1993年の河野洋平官房長官(当時)の「談話」見直しの動きについて「日本と韓国、さらに他の(アジアの)国々との関係を悪化させるだろう」と指摘した。

 報告書は、議会調査局が議員の活動を支援するためにまとめる参考資料。
      〔毎日新聞 2013年05月09日 11時36分(最終更新 05月09日 13時12分)〕
              http://mainichi.jp/select/news/20130509k0000e030185000c.html

-----------------

cherryblossom 偏った米議会報告書への対応と日本人捕虜の誇り:中山恭子議員

韓国のロビー活動が活発な米国の米議会調査局の報告なので、何らかの偏向もあるのだろうとは思うけれど、これがあちこちに発表されるとそのまま信じて、安倍総理がそう言う人物であるという、日本は危険な方向に向かっていると印象付けられてしまうのが危ぶまれます。

日本政府としては、これは米国の公式見解ではないが、日本の考え方が正しく理解されていないことは残念。きちんと伝わり理解されるように積極的な情報収集や発信に努力したいと言うことでした。

中山恭子議員は、国際社会の中においては、日本流が通用しないことがあると指摘します。

日本人にありがちな、ことを荒立てるより真面目にコツコツやっていれば、いつか相手が分かってくれる・・・これでは駄目で、相手が間違っていることはきちんとすぐに指摘ないと認めたことになると。

中山恭子議員
 「国際関係において、相手の間違った発言に対し、それを指摘しなかった場合、それを黙認した、ないしは賛成したということになります。誤解があったと思われたならば、直ちにその賛成したその旨を相手に伝え、具体的に説明し説得し、訂正してもらう必要があります。
 意志の表わし方伝え方について国際社会において日本社会とは全く違うことを認識し、国際社会の中には、郷に行っては郷に従えで、相手の間違いを直ちに指摘するという対応をしないと、日本に対する理解は得られず、誤解が誤解を生むことになります。小さなことだからと考えずにひとつずつ丁寧に対応しておく必要があります。

 拉致問題の時にも米国の報道に対してそのつど何度も何度も反論をしてきております。さらにこの報告書そのものの影響力の大きさは、そう大きなものではないかも知れませんが、この報告書から色々なことが見えてきます。

ひとつは米議会にこのような診断をさせた要因を考えますと、米国における広報活動、日本を知ってもらう為の努力が極めて弱いということを意味していると言えます。対外広報活動を積極的に行えるよう、対策を取る必要が、至急対策をとる必要があると考えますが如何お考えでしょうか。」

-----------------

国際情報組織の必要性も指摘していました。ご本人の経験に基づく提言なので非常に現実的に訴えるものです。

中山恭子議員:この報告書での日本の非難のあり方がアジアの問題と言いながら、日本とアメリカとの問題にすり返えようとする動きがあることを示唆しております。これは非常に危険な動きだと考えておりまして、このような誤った報告が出る前に、実は日本としては、その報告を示唆をする・・・診断をする担当者に対して、日本の動きを日本の考え方をしっかりと伝えて事前に処理をしていく必要がある、そう言う能力を持つ必要があると考えております。

日本では戦後、情報というと悪と考える風潮が蔓延して来ました。拉致問題に取り組んでいて、国際情報組織を持たずに各国と渡りあうということは非常に苦しいことでございました。日本版NSCの設置に向けて有識者懇談会での議論が進んでいると聞いてはおりますが、武力に訴えずに平和を維持していくためにも情報は必須です。是非、有効な組織を立ち挙げていただきたいと考えております。」

--------------------

国際社会において自国に有利なように、国益のために情報を操作したり、プロパガンダを(特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った宣伝行為)を流したりするのは常識なので、日本も是非、政府広報活動やロビー活動をもっと活発にやって欲しいです。所謂・従軍慰安婦問題や南京大虐殺などは、中韓の米国党へのロビー活動と国内のメディアが掌握されているから、なかったことがあったことのようにされてしまっている典型的な例ですね。

向こうは日本を貶めるために何年も時間と資金を費やしてここまで活動して来たのだから、それを跳ね返すのにはかなりの労力が必要とされるけれども、間違ったことは認めるわけには行かないし、日本の過去現在と未来に対し、汚名を着せられたままでは駄目でしょう。

ただ困ったことに、戦後教育の弊害というべきか、日本人が日本のことをよく知らなかったりします。教えて、伝えてこなかったんですね。

最近「国際人」とはなんぞやとか、国際化・国際人となる為に早期から英語教育を・・・という話が出て来ているけれど、自国の神話や歴史を国土を文化、その他諸々を知らないで、新の国際人と言えるのかなあ・・・ってことですね。

-------------------------

中山恭子議員:「あらゆる時に日本の考えていること日本の政策をですね丁寧にすべての世界の方々に理解してもらうっていうのは、これは、日本が平和を維持していくうえに、まあ、これは人との関係でもそうですが、知ってもらう理解してもらうっていうのが非常に重要なポイントと考えておりますので、リーダーシップを発揮していただきたいと思います。」

-------------------------

中山議員が3年間交流に携っていたウズベキスタンの話題がでました。

親日国であるウズベキスタンは、日本人だというだけで尊敬されるほどで、その元にあるのは何かというと、日本の文化だそうです。

敗戦後ソ連の捕虜となった日本人がシベリアから中央アジアに移送され、重労働に従事させられながらも道路やダムなどのインフラや劇場を建設し、それが今も残って使われているという現状が紹介されました。その時の日本人の真面目に誠実に陰日向なく働いて良い物を残したことに現地の人々の感銘を呼んだと、混成部隊であるにも拘らず当時の日本の若者がそれだけの文化を備えていたと考えられると。

ここから、(ウズベキスタンでは、Taro Asoと呼ばれて大変尊敬されているという)麻生副大臣に中央アジアの国々での日本人の動きについて質問がありました。

【麻生副総理の発言】

 カリモフという大統領がおられるんですが、1997年だったと思いますが日本の閣僚として初めてウズベキスタンという国に行きました。大統領と接見があって、我々同友会から数十人同行されたと記憶します。

(カリモフ大統領)「子供の時、毎週末、日本人捕虜収容所に連れて行かれた。」

 ご存知かと思いますが、45年から46年にかけてシベリアからウズベキスタンに2万5千人捕虜が移送されております。そのことを言っておられるんだと思いますが、その捕虜収容所に連れて行かれた。

「母親が私に言った台詞は毎週末同じだった。
“せがれ、ご覧。あの日本人の兵隊さんを。ロシアの兵隊が見ていなくても働く。人が見なくても働く。お前も大きくなったら必ず人が見なくても働くような人間になれ。”
おかげで母親の言いつけを守って今日俺は大統領になれた。」

なかなか一緒に行った人は私よりもっと御年配の方が多かったもんですから非常に感激をしておられましたけれども。あの、これは徹底してこの人が大統領でおられた為に、色々なところでこの点は徹底されていて、今言われたのはナヴォイ劇場の話だと思いますが。このナヴォイ劇場はその捕虜が建てたものですけども、これは、ウズベキスタンの大地震があった時に、この劇場だけが倒壊しないで残った。

従って、そこには『日本人捕虜』でなく『日本国民』と書き直されて・・・我々が捕虜にした覚えはないから『日本国民によって建ててもらった』ということが書いてあるんで。これあの、ウズベキスタンという中央アジアの国の中において大勢力ですけれども、この国において日本人が非常に定着し、日本の文化というものが広まっていった元の元は、そういった2万5千人にのぼる捕虜収容所に入れられた方々の、ひとりひとりの御努力の結果、今日の日本関係、日本-ウズベキスタン関係の基礎はそこにあると私もうかがった時そう思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この答弁に出てきたナヴォイ劇場が建設された話が感動的な動画になっています。

cherryblossom リメイク版国旗の重み~ウズベキスタンのナヴォイ劇場~

日本人こそ、このような日本人の素晴らしいところ、外国の人から尊敬されている部分を知ることはとても大切なんだと思いました。

日本を貶めたい国や勢力は、とにかく日本は小さな島国で何やっても駄目だし、世界から嫌われていて孤立しているんだからと日本人に向けて宣伝し続けていますから。

いつまでも騙されていないで、世界に尊敬される日本、誇らしい日本を知り取り戻して行くために国際情報組織の活動と教育の再生に期待をしたいです。

勿論、一般レベルでも、とてつもない日本を見つけたり聞いたりしたら、しっかり拡散して行くことも忘れてはいけません!

2013年5月 4日 (土)

お洒落雑誌に麻生太郎副総理の特集が!!

それは、芸能界一の政治ウォッチャーのタレント、春香クリスティーンさんのブログ記事から始まった。

tulip オシャレ雑誌に、麻生太郎さん!! http://ameblo.jp/haruka-christine/entry-11521192495.html

な、なんだってー!! というわけで、『GINZA』というファッション雑誌を買いに近所の書店に走ったのでありました。ありがとう、春香さん!!!

201351_ginza

中を改め、しっかり記事が載っていることを確認し、レジへ・・・。

Photo_2

見開きで“GINZAファッション調査隊”という麻生さんのファッションが特集されているではないかーーー! 
   (発売中です。残りは書店でw)

同じ様に書店に走った同志がいたらしく、早々に売り切れた書店があったようです。
太郎・・・恐ろしい子! タロノミクスかw

麻生さんはオーダーメイドが多いので、特定のブランドの名前は出ていませんでしたが(帽子ぐらいかな。多分そうだろうということです。)、いつもここで仕立てている『テーラー森脇』さんのインタビューが載っていました。麻生さんが大学に入った頃にお母様の和子さんに連れられてからの付き合いなんだそうです。心温まる内容ですよ。

外遊の時や国内での行事の時の写真から、ここがスーツや靴の拘りポイント・お洒落ポイントと解説が短いながら、うーん、なるほどという内容でした。

さて、麻生さんのファッションの最近の話題はやはり帽子ですね!帽子ひとつでこれだけ話題になる人も珍しいかもしれませんが。それだけ注目されているということでしょう。(ファンからもアンチからもw)

以下、信者乙な内容に突入しますw

13608911760565001

G20参加の為にモスクワへ出発する時。画面にクギ付けになった人は多いのではw

なぜ今帽子なのか・・・、その謎が解き明かされる日がきました!!

movie 「21世紀における我が国の国家像」 2013.04.24 麻生太郎 × 武見敬三

親しい間柄だから出来る、対談が始まってからすぐの無慈悲な質問・・・w

武見氏:最近はもうすっかりトレードマークになったお帽子も被っておられたと思いますけれども、このお帽子、えー確かこれですね、(スクリーンにG20に向かう時の画像)あの・・・これやっぱり冬だからしておられるのですか、それとも少し寒くなってきたから、お頭の方が・・・(笑)

麻生氏:(少し苦笑い?)昔、子供の時に、親父が煙草、爺さんが葉巻吸ってましたんで、いつの日か・・・と思って、ああいうものを子供心に吸いたいと思って(吸い比べるような動作)、小学生でも吸ってみたら葉巻の方が煙草よりはるかに上手いなってのは子供でも分かりましたから。(場内・笑)
ああ、こりゃ葉巻の方がうめぇと思って、40(歳)になったら葉巻、50になったら帽子、60になったらステッキと、だいたい15~6の時にそう思ってたんですけど、今どきステッキ付いて歩いてると、「あっ、足、どうかされたんですか?」って言われちゃうんで、ステッキはちょっとずらして。それで、葉巻は40で、予定通り40で始めましたけれども、帽子の方はちょっと20年ずらして70になったら被ろうと思ってましたんで、もう何年も被ってますんで。
たまたま、こん時ゃ、ロシアに行く時だったと思いますんで、マイナス15度とかいうのはとてもじゃないし、まあ、金融マフィアのところに行くなら丁度いいかなと思って、それで被ってみました。はい。

武見氏:いやはは。(豪快に笑う) あの、すっかりなんかこういう最近流行語で言えば、キャラが出来ちゃったっていう風なこともありますけど。(笑)

D0244389_1728299

↑ お爺様の吉田茂総理のスタイル。葉巻・帽子・ステッキ。shine
 太郎少年が、カッコいいなと思った大人の目標ですね。heart04happy01

201351

5月1日にインドに向かう時の空港での映像。帽子の色が爽やかVerになってますよ。

2006年ASEANでのかくし芸(映画「カサブランカ」のハンフリー・ボガード)の時に被った帽子と同じものかな? ↓ ASEANの会議に行くし。 このトレンチコート姿も素敵w

732259774_2

しかし、麻生さんがカッコ良いのはソフト帽だけではない!!

Politics_0430_008

赤いヘルメットも可愛く決める!(もっとカッコいいヘルメット写真もあったはずだけど作業が進まないのでw)

E0165379_21502584

総理時代の官邸近辺のウォーキング姿。キャップ姿もなかなか良いぞ。
物凄い速さで歩いていたそうですw 

2012821_express

去年、CSの釣り専門チャンネルの番組に出たとき。
ピンクのポロシャツ。ハンチング(?)帽子が可愛いなあw

下のクールビズの時に着ているシャツも薄いピンク系。
ちょっと砕けた場では丁度良いですね。似合ってて可愛らしいです。
ピンクは女の子の色だと思わないで、こういう淡い色は挑戦しても良いのではないかな。

Img741c8329zikdzj

これぞ日本男児!褌姿もきりりと決まる!足が長ーい!

0807152

総理時代に千葉県の水耕野菜工場の見学。さすがだ、お腹が出ていないw (裏山w)
フル装備でとっさに誰だかわからないけれど、声を聞いたらすぐ分かる。(誰でもかw)

20090509

でもやっぱり、麻生さんは、モーニング姿が一番カッコいいし凛としていて美しい!!

Japanairselfdefenseforcereviewcerem

もう、麻生閣下としかいいようがないぐらい、閣下過ぎる。(興奮して日本語がさらに怪しくw)

国会に外遊に新人の応援にと、毎日バリバリ日本の為にお仕事している様子が伝わってくるのは嬉しいです。麻生さん頑張って!!!

2013年5月 3日 (金)

憲法記念日に思うこと。

Flag156o

本日は憲法記念日。

全国で、改憲派・護憲派それぞれの集会が催されているようです。

現行憲法に関して、占領時に米国から押し付けられた憲法だから無効だという声がある。だから、憲法改正というのは間違っていて、新憲法制定とするべきという意見と、認められないから帝国憲法に戻すべき等々、憲法を変える側にしても色んな意見があるようです。

護憲派の人々は、日本国内から米軍は出ていけと言うわりには、米国が絡んでいる憲法の憲法9条を大切に奉っている。そして自分達の身を守ることについては考えない不思議があります。

私は、全部が全部、米国に押し付けられた憲法とは言わないけど、日本に主権が戻っていない時に制定された憲法はやはり不自然とも思う。しかし、否定はしないし出来ない。現行憲法を基にして決められたこともあるので、破棄と言うのは少し乱暴なように思う。だから、こういう過去の流れを踏まえて、日本人の手で作った憲法を新憲法として議論を重ねて制定すればいいと思います。

憲法とは、国柄をあらわすもの。

憲法が一部の人間のおもちゃになってはいけないし、憲法に縛られて日本人の生命と財産の安全・安心が脅かされるようなことになってはいけません。

憲法改正を党是にしている自由民主党が昨年、憲法草案を提出しています。

現行憲法と草案が対比できるようになっていますので、Q&Aと共に読んでみるのも良いでしょう。最終的に憲法改正するかどうかは国民が決めるのですから、そんなの知らなかったわ~では、今と後世の日本人へ対して無責任というものでしょう。

        -----------------------------------------------

pencil 憲法記念日にあたって(党声明) | 党声明・談話 | 自民党の活動 | 自由民主党
           http://www.jimin.jp/activity/discourse/120913.html

本日、憲法記念日を迎えました。
現行憲法の下で、国民主権、平和主義、基本的人権が普遍的価値として定着する一方、新しい価値観の反映、緊迫する国際情勢、大災害などの緊急事態への対応といった課題が生じており、国民の間でも時代に即した憲法改正を希求する機運が高まってきております。憲法を一言足りとも変えさせないという形式的護憲を掲げる勢力は、もはや国民の支持を得られなくなっています。いまや「改憲か護憲か」という議論ではなく、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重の三大原則を堅持した上で、どのように改正するかという段階に入ってきたと考えます。
我々自由民主党は、立党以来一貫して自主憲法の制定を党是としてまいりました。自国の憲法について議論することは、進歩を目指す保守政党として当然の責務です。我々は、昨年、他の政党に先駆けて「日本国憲法改正草案」をとりまとめ、発表致しました。昨年の衆議院総選挙では、わが党の憲法草案をめぐる憲法改正論が争点の一つとなりましたが、本夏の参議院選挙においても、わが党の主張を真摯に訴え、国民の皆様と共に議論を進めてまいります。引き続き国民の皆様のご理解をお願い申し上げます。 (全文転載)

pencil 「憲法改正草案」を発表 | コラム | 自民党の活動 | 自由民主党
          http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html

   clip 日本国憲法改正草案(全文)PDF形式(767.9KB)
          http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

   clip 日本国憲法改正草案 Q&APDFファイル(4932KB)
          http://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf

       -------------------------------------------------

護憲派の方にお願いしたいのは、デマをヒステリックに垂れ流すのは止めていただきたいと言うこと。護憲派の政党の党首で弁護士資格を持つ人物が、TVや国会で声を張り上げている様はみっともないとしか言い様がないです。

「自民党は憲法を改正することで、徴兵制を復活させたり、憲法9条を破棄して“日本を争の出来る国にする”」と、今にも自衛隊が国防軍に名称を変えたら他国に攻めに行くような嘘を平気で垂れ流すのは恥ずかしくないんだろうか。 徴兵制なんて非効率で組織の質が低下するようなことをしてる暇はないんですよ。少し考えればわかることです。

現行憲法の良いと思われることは、新憲法に盛り込めばいい。
時代に合わせて憲法も保守メンテナンスが必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

moon3 一票の格差は人口比で平等にされてしまっていいのか???  [ブログ「月夜のぴよこ と空耳うさぎさんたち」より 転載] chick 
        http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2013/05/post-e5b4.html

一票の格差、人口比に対してだけが平等か?

憲法14条法の下の平等は

すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

これで別に平等の定義が一票の格差の平等という基準を決めているわけではない。たとえば、東京では人口が多いので表面積で考えると狭い範囲にたくさんの議員がいる。これが北海道になると意見をきいてもらうために有権者は遠い距離を移動しなければならない。人口比で平等を追究すれば、国土の表面積では不平等になる。過疎地の人の意見は無視され、広い国土をもつ北海道はないがしろにされる。

一票の格差ばかりが問題にされるのは左翼がそればかり訴訟するからだよね。北海道や地方の人たちは自分たちの意見が不当に扱われる不平等について訴訟するべき。

憲法改正案が出て来ているようだけど、投票の平等が人口比による地方への不平等な規定にされてしまうことをちゃんとかんがえたほうがいい。人口比になれば都会だけのために国政が動く。地方はないがしろにされ、国境付近は危険になる。それも不平等なんだよ。

選挙の平等の基準を人口比にされてしまうこと。

地方はそれでいいの??? 日本のことを考えれば人口だけが基準値ではないことをきちんと声にだすべきです。 (転載 終わり)

----------------------------------------------------------

憲法が一部の左翼弁護士のおもちゃにされてしまっている件。

一票の格差なんて大部分の日本人は気にしていないと思う。気にしていたら投票率は限りなく100%に近くなるからです。

彼らの主張するような一票の格差をなくそうとすれば、支那がやっているような強制移住で調整するしかありませんよ。(あちらは選挙ないけどw)日本は自由で民主主義の国ですよね。

少数の意見を大切にしろー、とかいわゆる弱者目線でなんたらかんたらと人権を主張する人々が、地方・過疎地域の人間の言うことなんか知るか死ね!と言っているような自分達のご都合主義の行いであります。

これに定数削減もやるって言うんですから国民は本当にいいのか?って思います。消費税増税と、公務員の給料削減と議員定数削減となんでセットで考えるんだろう。そういう風に誘導しているマスコミも乗せられている国民も議員もおかしいです。

選挙制度なんて、これが絶対に正しくて何処からも文句の出ない方法なんて存在しないんだから。

一部のTV番組の司会者や解説者ごときが、議員は自分達がクビになるのが嫌だから、選挙制度や定数削減が出来ない。だから、第三者委員会を作ってそこで決めるしかない・・・と。アホと寝言もたいがいにせえと言いたいですね。決めるメンバーの選出は?選挙も受けていない人間になんでそんな権限を与えることが出来るんだ?国会議員は自分達が選んだ代表なのに信用しないんですかね。民主主義の崩壊ですね。

とにかく、特にTVの出演者の言っていることや新聞にかいてあることを、丸々信用してはいけないことがある・・・ということを頭の角においておいて、ネットにも嘘や落とし穴があること、「拡散希望」という言葉に簡単に釣られない等々、気を付けましょう。自戒を込めて。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »