★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要(平成25年4月) | トップページ | 感動をもう一度! »

2013年5月26日 (日)

今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 5/16(2013)

15日の夜遅くにやっと本予算が成立しました。参議院は野党の反対により否決となりましたが、衆議院で優位により成立と・・・。まずはお疲れ様でした。

後は予算の速やかな執行を願います。

tulip 13年度予算が成立 一般会計92.6兆円

 2013年度予算が15日夜、成立した。一般会計総額は約92兆6千億円で、2月に成立した12年度補正予算と合わせた規模は100兆円超。景気対策として約5兆2千億円の公共事業費を計上、道路や橋など老朽インフラの補修に重点配分した。安倍晋三政権は6月に成長戦略を打ち出し、景気底上げに全力を挙げる。

 13年度予算は、参院では民主党など野党の反対多数で否決された。すでに可決していた衆院と議決が異なるため両院協議会を開いたが、協議は調わず、憲法の衆院優越規定に基づいて成立した。

 昨年の衆院解散・総選挙のあおりで予算編成がずれ込み、政府は4月1日から5月20日まで50日間の暫定予算を組んで対応した。5月の大型連休後の当初予算成立は1996年以来17年ぶり。

 13年度予算は税収43.1兆円に対し、新規国債発行額が42.9兆円。借金が税収を上回る状況を4年ぶりに解消する。(2013/5/15 22:48 )
                        http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1502R_V10C13A5MM8000/

-----------------------------------

new 【GDP急伸】麻生副総理、景気の波「地方までいってない」 - MSN産経ニュース

 麻生太郎副総理兼財務相は16日の派閥の例会で、参院選に関して「衆院で通った法案が参院でも通るという政治の安定性、経済政策の持続性を確実にすることで地方の中小企業などが設備投資をするようになる」と述べ、経済再生に向け公明党と参院で過半数を奪取する必要を訴えた。

 麻生氏は、株価が1万5千円台を回復した他、1~3月期の実質国内総生産(GDP)が高水準となった情勢を受けて、「この流れを加速していかなくてはいけない」と指摘。その上で「(景気回復の影響が)地方までいっていない」と強調し、地方の景気回復につなげるためにも参院選での必勝を呼びかけた。
                 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130516/plc13051614040017-n1.htm

------------

movie 20130516-麻生太郎(為公会例会)

松本先生、いつも動画をUPしてくださりありがとうございます。 
                         松本 純 公式HP http://www.jun.or.jp/

後半部分にノイズが入っているのが残念です。どうしたのかな・・・。

--------------

pencil 「例会挨拶13・05・16」 麻生太郎 オフィシャルサイト http://www.aso-taro.jp/
【要旨】
● ご存知のように、昨日、平成25年度予算が成立した。夜遅くまでかかったが、いろいろとお世話になり感謝申し上げる。

● これで、いわゆる「3本の矢」の2本目である財政までは、実行に移せるところにきた。今、
一部で景気のいい話があるが、まだ皆さんの地元など地方にまでは確実に届いていない。(昨年度の)補正予算が先に成立しているが、それが現実に回り始めたのが今月の初めくらいの感じで、さらに広まっていく為にはあと1~2カ月の時間がかかる。

● その間、地方で景気についてどう感じてもらえるかということは、参議院選挙に影響してくる。従って1日も早く、この(今年度)予算が執行できるようにしていかねばならない。

● 幸いにして、きょう発表された1-3月期のGDP速報値は、年率換算実質で3.5%、名目で1.5%増となった。株価はきのう15,000円代を回復。この流れを更に加速していかねばならない。そうしないと、景気のいいのは大都会、就中、東京だけということになりかねない。

● 今回の参院選に立候補される方がここにお見えだが、この参院選で自由民主党が公明党と共に過半数(の議席)を得れば、「これで衆院で通った法案が参院でも確実に通る」となり、政治の安定性、経済政策の持続性が目に見えてくる。それで初めて、地方の中小企業経営者にも投資意欲が出てくるはずだ。

● 衆議院の各先生方も参議院の自民党候補者に、必ず力を貸す、自分の選挙だと思ってやっていただくことを心からお願いする。

● 参議院では「0増5減」の法律が残っているが、これは憲法違反と言われているものであり、確実にやってもらわねばならない。既に参議院に送付されて3週間も経っている。ここはきちんとやってもらわねばならない。

● まだ、マイナンバー法案やハーグ条約関連法など残っているものがあるが、いずれにしても、経済再生を果たし、「自民党政権になったら公約通り経済が良くなった」という実感が浸透すれば、自民党の政権基盤を安定したものにし、それが結果として、日本の国益に繋がると確信している。

------------------

よく安倍政権叩きをしている人が、アベノミクスでは一部の金持ちの人が儲かっているだけで、地方の庶民まで届いていないとか、まるで自分が地方住民の代弁者みたいなつもりでいるようだけど、やっと予算が通ったところですから。

効果波及が全体に行き渡るまでに時差があること、その時差をできるだけ短くするために努力しているんですよね。

麻生閣下はその辺はきちんと分かっていらっしゃる。

総理以下他の大臣もそうだけど、決して浮かれていませんから。、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVや新聞で報じられているだけが総てじゃない!生活直結の議論は国会で行われている! 
国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (画質が向上しています!)

« ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要(平成25年4月) | トップページ | 感動をもう一度! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

麻生副総理兼財務・金融大臣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182810/57463696

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の俺達の麻生太郎☆為公会例会 5/16(2013):

« ◆麻生太郎 副総理兼財務大臣兼金融担当大臣 会見概要(平成25年4月) | トップページ | 感動をもう一度! »