★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ

2015年1月に作成された記事

2015年1月 3日 (土)

あれから1年たちました。

 今日で、歌手で司会者の やしきたかじん氏が亡くなられて1年となります。

 年末の紅白歌合戦では天童よしみさんが「やっぱすきやねん」を目に涙をいっぱい溜めながらも見事に歌いきってくれてて、歌の上手さとともにその様子に貰い泣きしつつ、コッソリ後ろに映ってもええんやで、たかじん・・・と思ったり。

 関西ローカル局では追悼特別番組があり、出演者が思い出話をしたり、お宝映像も放送されていました。冠番組で癌の治療の為に長らく休んでいていなかった時はそうは思わなかったのに、いざ亡くなって、もう過去映像でしか登場することが無いと思うと寂しいもんですね。

だけど、もう1年が過ぎたんだから番組から「たかじん」の冠は外して欲しい。遺言がどうであれ、生前の故人のキャラにあわないし、ファンでもそうでない人達でも変だと思っている人は多いから。

 それにしても、たかじん氏のキャラだから波乱万丈人生なのは分かるけど、ファンとしては「これはアカンやろ、たかじん。」っという最期やったなと寂しいし、その後の展開を見ると、「なんでやねん、たかじん。」と悔しささえ覚えます。

 某ベストセラー作家とS夫人による「殉愛」(創作入りのノンフィクション本w)の出版からTBS「金スマ」から始まる、故人ネタで荒稼ぎの魂胆がまる見えのやり方にウンザリしているんですよ。美談もボロが出てるし。色々怪しげな話も聞こえてくる。スラップ訴訟の話も出ている。人は銭の話となるとここまでえげつなくなれるんやとも思う。

いちファンとしては、明らかにされるべきものが明らかにされて、たかじん氏と、たかじん氏と親しかった人や大事にしてた人やファンが心穏やかに故人を偲ぶことができるようになることです。

Sn3s0948

メモリアルなんたらといって色々発売されると思うけど、例の騒動がハッキリ決着しないうちは買う気にもなれない。まあ、だいたい持ってるしw

2015年1月 1日 (木)

(`・ω・´)/[ ● ] 2015年、始まりました!

Cimg0433_2

新しい年が皆様にとって佳き年でありますよう
心よりお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。
 

     平成27年元旦


 昨年度中は殆ど更新していませんでしたが、観劇したり美術館などに行ったりゴソゴソ動いてはいました。(笑) 拙ブログにお立ち寄りくださった皆様、放置状態ですみませんでした、そして、ありがとうございます。

これまで通り期待されるような大したことは書きませんが、気が向いたら何か書こうと思っています。

« 2014年9月 | トップページ