★ お願い ★

  • ブログ記事の転載・引用は御自由に。 その際は、こちらのリンクを貼ってくだいますようお願いします。 書き起こし記事などは後で追加・誤字訂正をすることがあります。
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

        

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生太郎オフィシャルサイト
無料ブログはココログ

カテゴリー「国 防・軍 事」の記事

2013年12月10日 (火)

「憲法改正」についての討論会に行ってきました。

12月7日神戸市で行われた兵庫弁護士会 http://www.hyogoben.or.jp/ 主催の

兵庫県弁護士会憲法市民集会 徹底討論!「憲法改正」 に行ってきました。

999632_554307754651087_1341274192_n

パネリストに、

改憲の立場から、やまだ賢司 氏(衆議院議員) http://www.yamada-kenji.com/

護憲の立場から、伊藤 真 氏(弁護士) http://www.itomakoto.com/  の両氏が登壇れました。

伊藤弁護士は、選挙区による「一票の格差」をなくす、一人一票実現国民会議の発起人の一人として、議員定数不均衡問題に取り組んでいます。

※私は憲法は改正した方が良いと思ってる側なので、護憲の立場の方へは不快な記述があるかもしれませんが、あくまでも私個人の感想と考えですので、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普段、いわゆる改憲派と護憲派は意見の折り合うところが難しく何となく敵対中w。そこを、このままでは良くないのではないかと、改憲が党是の自民党国会議員として意見を聞く必要があるのではないかと、この討論会に参加された、やまだ賢司代議士は立派だと思うし、アウェーである集会で善戦され内容の濃いよい議論がなされ、それぞれの問題点を発見・確認できたと思います。

ガチの護憲派の人達が改憲の意見に納得しなかったとしても、やまだ賢司代議士のなぜ改憲なのか、戦争がしたいわけではない日本国民と生命と財産を守り拉致された人達を取り戻したいんだ!という思いは人として理解していただきたいと願います。

平和に対するアプローチの仕方の考え方や立場の違いから、なかなか話がかみ合わないと再認識。(笑)特に防衛関係では、軍靴の音アレルギーが酷く、具体的な代替案もなく実際の現場も正しく理解する気のない人も多いようです。とりあえず、改憲派は戦争大好き人殺し大好き人間みたいなレッテル貼りは止めていただきたいものだ。

残念なことに司会者の仕切りが上手くなく、やまだ代議士が発言してから伊藤弁護士が話術を巧みに否定して次にいくという形になっていました。少し やまだ代議士が突っ込んだ質問をして白熱してくると、司会が発言を遮ったり引き取ったりしているところがアウェーの洗礼なのかなと。(笑)そのあたりは、やまだ代議士の天然成分による指摘で笑いが起こり場が和んでましたし、代議士の基本的に憲法改正を心配して反対しているという人達の話を伺いに来たという姿勢を崩さなかったので、平和・九条関係の話では一斉に野次られていましたが、常識の範囲内で討論が出来たと思います。(永田町の酷いのを見てるからそう思うのか?w 改憲派の人からも大きな野次があったのは良くないと思いました。)

討論は勝ち負け目的じゃないけど、それでも終盤では伊藤弁護士が護憲の思想を喋り続け、それを賛同者が場内を盛り上げていき護憲派の正当性を、なんとなく改憲派・なんとなく護憲派の参加者にむけてアピールしたという形にしていっていました。これが、自民党憲法改正草案に深く関わった国会議員や闘論タイプの人であれば、うむを言わさず糾弾・晒しあげみたいな形に持って行かれるんだろうなあ、いわゆる左側の人はこういう手を使うのかあ~と。

護憲の立場の先頭を行くような方であるので、改憲派が言いそうなことを把握し傾向と対策をきっちり練って反論材料になるような書物などを準備しておられるので、改憲派の人達もそのやり方を学んで、ある程度の現状認識と理解してもらえるように持って行かなくてはなあと勉強になることも多かったかも。

私は、現行憲法の綺麗な言葉で書かれた個人絶対主義と統治機関の規制が行き過ぎて、地球市民的になり、かえって国や国民を縛っているんじゃないかと思う。法は法としてあり、「教育勅語」「五箇条の御誓文」があったのは昔はよく出来てるなと思いました。こんなこと書くとまた「戦前の暗黒時代の回帰がー!」とか言い出す人がいるんだろうねwww

poutそれにしても不快だったのは、「政治家は選挙に通りたいから“戦争はしません”というんだ。」と伊藤弁護士が何度も言ったこと。それに会場の護憲派が拍手喝采だったこと。国と政治家は敵対勢力である立場なんですね。政治家は選挙で選んだ私達の代表であるのだけどね。権力を掴むと人間は変わるんだというなら、三権分立の立法・行政と、もうひとつの司法も権力なわけで、メディアも権力なわけで、これはどうなのよと思う今日この頃です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パネルディスカッションの前に両氏それぞれの基本的な考えの発表がありました。

Cimg0226_2_2

●やまだ賢司 代議士の発言  (かなりざっくり書き起こし 漏れあり注意)

国会議員になろうとした切っ掛けは尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件。外交と防衛に関してはひとつ間違えると取り返しがつかないことになるこうした思いで政治家は何をやってるんだと自民党のHPを見たら公募の案内があって、文句言ってるぐらいなら自分がなったらいいと応募して昨年の総選挙で議員にならせていただきました。

民間の常識を国会議事堂に。民間で当たり前だと思っていることを政治の場に反映させていきたい。

本日はこういった機会を与えていただき、ありがとうございます。お集まりいただいた皆さんな感謝申し上げます。来た瞬間からアウェーじゃないかと分かるところに来る自民党議員がいるのが珍しいと言われるが、大事なことでありがたい機会です。

改憲派の人と護憲派の人で物凄い誤解があると思っています。改憲派の人から護憲派の人見ると憲法に指一本触れてはいけないだとか、護憲派の人から改憲派の人を見ると改憲して戦争するんじゃないかと、極端な先入観があってお互いの意見を交わす場があまりなかった。

自分は改憲派の中では甘い!という声もある、極端な人は現行憲法は無効で破棄だという人もいます。自分は現実的なところでやっています。われわれ自民党は憲法を変えたいけど戦争をしたい人は一人もいません。我々も平和を願っていて弱い立場の人の人権も守らないといけない。助けてあげなくてはいけない。その思いは同じです。

抽象論で議論していても仕方がないので、実際に日本国憲法が出来て皆さんお感じのように平和な世の中がずっと続いていたのは実感していると思います。それは、ここにいらっしゃる皆様方は、平和だと思っているけれども、昭和20年8月15日、日本がポツダム宣言を受け入れて本当に平和が天から降って来たんでしょうか。ご存知の方はご存知かと思いますが、武装解除をした後に北海道の占守島を8月18日にソ連が攻めてきたんですね。民間人を守るために武装解除をしていた戦車部隊がまた砲身を付けて武装して戦ったんです。そのおかげで、その北海道の占守島の民間人の人は助かったんです。そういった戦闘行為がとられてことがあったんです。

武装解除をして、私達が武器を持ちませんと言えば本当に平和が訪れるのなら、そりゃそれでいいと思います。日本国憲法に書いてあることは本当にいいことが書いてある。そう書いてあって、その社会が実現できればこんなに良いことはないんです。

しかし今、占守島のことを例に申しあげましたけれども、昭和20年のずいぶん昔の話じゃないかとおっしゃるかもしれませんが、だけどサンフランシスコ講和条約を発効されたその時に韓国の竹島の処に一方的に李承晩ラインという線を引いて漁師さんが殺害されているんです。そして、拿捕された方がいらっしゃるんです。その時日本は、武力を放棄し武装解除していたのでなすすべがなかった。

それも昔の話だといわれるかもしれませんが、じゃあ、今現在続いている人権侵害、北朝鮮による拉致の問題というのがあるんですね。日本国において何の罪もなく平穏に暮らしていた方が、ある日突然連れ去られ、連れ去られたことを知っているのに助けられない。当時、色んな不審船が北朝鮮から来ていたといいます。海上保安庁の皆さん方見ていたと言います。だけど、攻撃すると世論がどうなる。戦争の引き金を引いたと言われるだろうそういった形で無防備な状態の中、日本は国民が連れ去られても文句が言えない国だということでどんどん連れさらわれた。昔の話でなくて今も続いているんですよ。

国会議員になりまして、この拉致、北朝鮮の拉致の問題は自分に照らして国会議員は今まで何をやっとったんだと。自分達の先人が監禁ですよね、拉致誘拐されて監禁された状態でしかも北朝鮮にいるのが分かっているのにどうして助けてあげられないんだということで国会議員になってさっそく拉致の問題に取り組んでいます。で、自衛隊というのがあるんだから行って自国民を助けてあげたらいいじゃないかと、そのための法律を作ったらいいという話をしたんです。この話も極端なことを言われる方は、そんなものは法律なんかいらん、自国民を救出するなら超法規的措置で行けとおっしゃる方もいる。それも一理ある。ただ、まがいなりにも日本は法治国家です。法律を作り憲法に基づいてそういった国の組織をコントロールしないといけない。そのためにじゃあ、法律を作ろうとしたときに憲法の9条がある。でも9条の中にどこにも自衛隊の自の字も書いてない。自衛権の自も書いてない。国民を救出してはいけないなど一言も書いてない。だけどやっぱり日本は揉め事を起こしたらいけないねという自粛的な中で自制に。 

憲法の13条に国民の権利自由とは国政の上で最大の尊重を要すると書いてある。明文の規定に国民の権利自由を守れって書いてある。あるいは18条に奴隷的拘束からの自由、何人もこれを受けないと書いてある。それは日本国政府に向けて言ってるんだとおっしゃるかもしれませんが、でも日本国政府は奴隷的拘束をしちゃいけないと書いてないんですね。拉致被害者は今も自由を奪われて拘束された状態にいる。そうした憲法の明文の規定に反しているにもかかわらず、そういった本当に弱い立場の人を救えない、これが皆さん本当に平和憲法だと思いますか?私は、改憲しろという話で今司会の方も言われましたね、変えちゃいけない3大原則は勿論そうですよ。平和主義、平和を守らないといけない、だけど、考えている平和のイメージが若干皆さんと違うのかなと。何もね、戦争やって爆弾落としたいと言うわけじゃないんです。いま本当に自分の同胞、弱い立場にある囚われている人達を何で救うことが出来ないのか。そんなことをやっぱり考えるんです。

皆さんイメージがどんどん膨らんねですね、そういう理由で、邦人救出ということで軍隊送って戦争起こしたいとおっしゃる方多いと思います。今の現代において、軍隊を送って領土を奪うっていう戦争なんて出来ないんです。日本国憲法になんて書いてようと国際社会でそんなことできない。やろうとしている国が近くにありますけれどもね。

平和主義、平和を守るために憲法の通りで日本国民、皆さんの命を守れるんだったら、こんないいことはないんです。だけど、実際に北朝鮮はミサイルを撃ってくる。尖閣諸島は私も先日ちょっと行ってきましたけれども、尖閣諸島の自分達の海の周りを堂々とですね中国の船が入ってくる。海上保安庁の方々は、見て「出て行ってくださーい。」って言うだけなんですね。さらに護衛艦にレーダー照射というのがありましたね。実際に撃ってないからいいじゃないかと、おっしゃるかもしれないけど、今の性能だと狙ってレーダー照射して釦を押したらもう撃沈が出来てしまうんです。ここが、今の法律では撃沈されるまで撃ち返しちゃいけない。本当はそんなことないですけど、正当防衛の範囲でしか守ることが出来ないと言ったら、昔は撃って来たなと言ってる暇があるけど、今は一発撃たれたら撃沈なんです。自衛官、海上保安庁の職員の方々も私達日本国民なんですね。自衛官の人が一人死なないと反撃が出来ないなんて、そんなことはない。日本国憲法のどこにもそんなことは書いてない。今の憲法解釈でも自衛権というのがあります。だけど、人によってはそんなこと言って無制限に武力を行使するんだろうと言う方いらっしゃる。だからこそ、明確に自衛権を書き自衛隊はこうしなさい、誰がコントロールするかを書いて憲法の枠でその中でやるべきだと。一切触れちゃいけない、自衛隊の自なんか見たくないって言ってて、それでいざ何か起こったらどうするんだと。

よく近隣諸国がって話があります。確かに自衛隊が日本国が防衛力を強化すると文句を言ってくる国があります。言うまでもなく中国・韓国・北朝鮮。それをもって皆さんは、アジアの国々は日本国が右傾化しているとお思いになるかもしおれません。しかし、インド、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、多くのアジアの国々は日本に防衛力を高めてくれ、日本国が軍事的レベルで覇権を争っている、今そんなことアジアの国は思っていないんです。三国を除いて。むしろ、中国が覇権的膨張主義、この脅威にさらされているんです。68年前の日本のとった戦闘行為ということで、あんなこと起こしちゃいけないって、誰も起きない。そんなことよりも今まさに迫っている危機、そこから国民の命を守るこういったことに真剣に向き合っていく必要がある。

日本の護衛艦に「いせ」という船がある。ちょっと見たら空母みたいな形でヘリコプターが搭載できる。こんなもの持ってどうするんだとおっしゃるかもしれない。この船は今、フィリピンの台風災害に派遣されています。「おおすみ」という輸送艦行ってます。こういったことが、どれだけアジアの国に感謝されているか。心強く思っているか。皆さん方に言うまでもなく東日本大震災の時、あれだけ自衛隊の方々は活躍された。本当に我が身を振り返らずに人命救助、そして復興に働いた。

このことに目を背けて、紙に書いた抽象論の平和だけを唱えていても仕方がない。もちろん、危険だとお感じになる方もいらっしゃると思う。だからこそきちんと議論して憲法に書いて自衛隊法をきちんと書いて、これはやってもいい、これは駄目だということをやっていく。これが必要なんじゃないかと。私はこのように思っているんですね。

今回、本当に良い機会だなと思ったのは、私が改憲派のばっかりの中でこういう話をしたら、「そうだー!!」とかいう話になって「まだまだ甘いー!!」で終わっちゃうんですね。それじゃあ駄目なんで、反対に護憲派の人も同じだと思うんです。「あいつは怪しからんー!!」って言ってたって何も進まない。私はね、両方とも極端な方はいると思うんです。絶対に考え方を変えない、変えないんだという。これはこれで立派な考えだと思うんですね。そういう方は別として、なんとなく真ん中に来て、危ないよねーとか、戦争なんかしたくないよねって言ってらっしゃる方の中でですね、ぜひ議論をさせていただいて憲法を変えるとどこが問題なのか、あるいは、今の憲法のままではどういう問題があるのか、その為にどうしたらいいのか、そういうことを大いに議論していただいてね。で、いいです、その結果ですね、これ一字一句変えなくたってこうやって国民の命を守れるじゃないかって、そしたらそれで良いんです。それがハッキリとすれば。

そんなことすら今まではタブーになってて、恐ろしい話ですけども、戦後ずーっと昭和21年憲法が出来てから一切話してない。何も困ってないからなのか、さっき言ったように、占守島は憲法前だが、竹島は奪われ、そして漁民が殺され、拉致被害者は拉致され未だに取り返すことが出来ない、こんなんでいいのかという。本当に何が必要なのかと議論していく必要がある。そして、護憲派の人達によってもですね新しい人権、こういった人権が出て来ているんだから取り入れようよって、こういった議論もあって良いと思う。指一本触れちゃいけないってことじゃくて、それが良いことであるなら変えていく。ここで同じような各法の話ばっかりしていくと思いますが、憲法、憲法って誰のためのものか、国民の皆さんのもの、私もそう思ってます、改憲派も同じように思っているんですよ。

それが、なんでしょうかね、憲法護憲派の人・・・と一括りにしちゃいけないんでしょうけど、国家権力と国民とは対決する構造だと、対決する局面もあるんだと思うんですけど、国ってなに?って言うと、私達の共同体なんですね。国民が私達が住んでいるこの国、この皆さん方の知り合い家族、そして仲間、同胞、これが作っている共同体を守っていこうぜ・・・そのためのルールってどういう風に作っていこう、これが政治なんですね。みんなで作っていく、こうやったらよくなる、こうやって助けてやりよってルールを作っていく。その中でも、やっぱりこの原則は守っていこうじゃないかっていう、これが憲法のはずなんですね。

なんか、国という悪い存在があって、我々は必ずその国から圧力を受けて虐げられるから、戦わないと!って、そんな話じゃないんだと思うんですね。また伊藤先生から違うよというご意見を後から皆さん聞くと思いますけれども(笑)ヨーロッパでは確かにそうだったかもしれません、専制君主がいてね、国民はこうだったと。でもね、私達の国ってそんな国だったでしょうか。そして、憲法の個別の条文でも奴隷的拘束って言ってるけど、日本に奴隷なんてあったでしょうか。そんなことを含めて憲法の各条文もそうですけど、この憲法、出来た時って自分達がこうやって変えようって書いた憲法でしょうか。中身が全く同じでも構わないんです。私達日本国民が私達自身の日本語で書いた憲法、それであるならばその通りだと。だからこそ同じ内容でもいい、もう一度、日本人が日本語で私達の国はこうあるべきだというのを書くことは何も悪いことではないんだと、そのように思っています。

憲法の無効論を私は取らないって言っている理由はですね。当時やっぱり、占領下において国の基本を変えられて、占領下でその国の法律を変えちゃいけないじゃないかって国際的ルールにもおかしなことに。そうはいっても日本は少なくともですねサンフランシスコ講和条約が発効した時に占領が解かれた時に、もう戦争が終わったんだから我々の憲法は我々が作るぞって言えばよかったんですね。ただ、そういう、最近急に降ってわいたように自民党が憲法の改正をしだしたというように思われる方もいらっしゃいますけども、もともと自民党の結党の原点というのは自主憲法制定なんですね。私に言わせれば今まで何してたんやという話なんで。むしろ遅きに失したと思います。

今回こういうもの(自民党憲法改正草案)を作らせてをいただいて趣旨をご説明させていただきますけども、自民党は憲法はこれだって言って国会に法案を提出すると、そういうものじゃない。ただ抽象的に9条は変えた方が良いねだとか、新しい人権入れた方が良いねっていったような議論が出来ない。うわあ~っと上辺の議論で。これによって議論が出来る。

先ほどご紹介いただいたようにこの草案を作った時に議員になっていませんけど、内容は理解したうえで発言していきます。ただこの文言の中でこの文言はちょっと行き過ぎているんじゃないかというご意見があれば、これまた聞かせていただいて、我々なにもこれを通常国会に来年出しますとは言ってないんですね。こういうものを踏まえて与えていただいたこういった場で皆さんの賛成派も反対派も声を聞かせていただいて、なるほどと思ったことなら、「集会に行ってきましたけれども、皆さんこうおっしゃってましたよ。説得力もありますよ。」となれば変えて行けばいい。変えて行ったうえで、次に国会に出すなり与野党協議なりをやっていくなり、そういったもんだと思うんですね。

略)

賛成派、反対派色々あると思うんですよね、まさにそうした色んな議論を戦わせて・・・戦うというのも、打ち負かしに来ているわけではないですが、ご意見を聞かせていただいて取り入れていくと、本当に良いことだと思っています。

-----------

●伊藤弁護士の発言
この動画とほぼ同内容で、原発のことは省き、自民党憲法改正草案への批判をマイルドにした感じです。(他ではもっと反自民党色が濃いですw)

●伊藤塾塾長 伊藤真弁護士が日本国憲法と自民党憲法とを比較解説

--------------------

パネルディスカッションの資料は、「自民党の日本国憲法改正草案Q&A」です。

     PDF https://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf

◆論点 (現地で配布された論点表より抜粋)

□ 憲法のあり方

1.立憲主義について
2.憲法改正発議要件を緩和する意味

□ 9条改憲について

1.平和主義について
2.9条改憲の内容
3.国防軍を新設することと人権保障への影響

神戸新聞紙面より・・・
 山田氏は平和主義の考え方は変えず、自衛隊と組織は同じ。とした上で「軍事力を放棄し中国など近隣諸国の脅威から国民の命を守れるのか」と強調した。
 伊藤弁護士は、交戦権を認めないことを記した憲法9条2項の条文が草案では削除されていることを指摘。「非武装中立か専守防衛か、というこれまでの議論を超えた軍事行動が可能になり、国のあり方を根本から変える」と批判した。

□ 人権保障規定

1.草案の人権保障に対する考え方について
2.現行憲法13条の変更の意味、人権保障上の影響
3.各条項について
   (1)表現の自由 草案21条2項を新設
   (2)信教の自由 草案20条3項の修正。政教分離規定の例外を明文化
   (3)家族の基本原則草案24条の修正。1項で家族の尊重、相互の助け合い規定が新設。
   (4)新しい人権について

□ 緊急事態規定の新設  (←時間切れ)

・・・・・・

Cimg0242_2
      (写真が遠くてすみませんw)

<参加者からの質問>

Q:国防軍を作るとなるといづれは徴兵制が念頭に置かれているのではないか?

やまだ代議士:明確に否定します。

草案18条の、何人もその意に反すると否にかかわらず、社会的又は経済的関係において身体を拘束されない。何人も犯罪による処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。現行憲法18条の奴隷制度は日本にはないということ。

徴兵制によって軍を作てもワークしない。近代戦においては高度で専門的な戦闘装置を使うので徴兵された兵による白兵戦は現実的でない。

改憲派の国会議員の誰も戦争したいとは思っていないし、現場の自衛官の誰もそう思っていない。

伊藤弁護士:現行憲法の下では戦争が出来ない仕組みになっているし、徴兵も出来ない。自民党憲法改正草案だと、草案13条の公益および公の秩序に反してはいけないは、公益=国防・安全保障という解釈で、18条の個人の自由が制限される、この法律の範囲内でしか人権はないと明確に書いてあるので、国会の強行採決で徴兵制は実現可能だ。国を守る資源を守るそういうので、国防というのに国民は協力しなさいという風に言っていると解釈できる。(略)

戦争って言っても戦争するのは兵士だけじゃない。何よりも徴兵制を設けることによって国防意識、愛国心を植え付ける。それが最大の目的かなと。徴兵制は十分にありうることだと考えます。大学が9月入学になって高校卒業してからどうするの~?って、サマーキャンプで訓練することもできる。平時から国民に国防意識を持ってもらい安全保障に対する意識を高めてもらう、その為の徴兵制って言うのはいくらでもこの草案では可能になる。

(反論を遮り)いまの政治家の皆さんは「戦争なんかしませんよ」って必ず言いますよ、あったりまえですよ。徴兵制なんかやりますと言ったら、支持されるわけがない。

(↑ どうですかお客さーん、支持者拍手~のノリw )

・・・・・・

この自民党は自衛隊を国防軍にして徴兵制を復活させて、戦争をする気だ。子供達を戦場に送るのを止めさせろ~!とか、騒いでいたのはこの辺が発信源か。これ、凄く迷惑。何度も自民党は否定してるのに。草案だから書き換えることもあるでしょうが。去年の今頃もツイッターをはじめ各SNSで脱原発と徴兵制が~!が一緒にぐるぐる回ってました。で、選挙の結果はどうなったかですよね。もちろん、改憲のワンイシューでの選挙ではありませんけど。

-------------------

かなり長い討論会だったのですが、突込みポイントを参加られていた知人があげていたので、それに加筆して私もUP(笑)

・自民党憲法改正草案の目的は軍事的経済的に「強い国」づくり=戦前回帰・富国強兵
  (↑ 経済・軍事に弱い国だと国民を守れません。それと戦前回帰は関係なく印象操作ですね。外交も、軍事力の裏付けがあっての部分もあります。)
  

・「ドイツの憲法は占領国から押し付けられた憲法だ」という議論はドイツにはない
     (↑ が、ドイツの憲法は58回も改正されている)

・尖閣問題は中国との間で棚上げしようということになっていたのに、それに火をつけたのは日本ではないか!!石原慎太郎さんが尖閣を国有化しようと言ったからではないか!!
  (↑ 信者と思われる人達から拍手が沸き起こったが・・・まず、尖閣を国有化しようと言ったのは当時の野田総理であって石原都知事ではない。また、漁船体当たり事件はなかったことになっているのか?)

・自衛隊の災害派遣活動が国際貢献というが、それなら別に軍隊じゃなく、救難専門の組織を作ればいいじゃないか。
  (↑ 海賊退治に海保の船や飛行機は使えないんですけど。)

・国防意識、愛国心を植え付ける
  (↑ 国防意識や愛国心を持つことに何の問題があるんでしょう。防災意識とともに学校なりで高めて欲しいです。)

国防軍になったからと言って、予算と人員がどーんと増やせるはずもなく、徴兵の訓練をする余裕がないんですけど。

法とは何か、現行憲法とはどういったものかなど、なるほどと思うところもありましたし、思想信条は立派だと思ったけれど、やっぱり責任の無いところにおられる方のお話だなあと思いました。

自分の生まれ暮らす国の政府と自分が選んだ議員は信用できないと敵対するのに、平和を愛する諸国民(特定アジア含む)を信用できる共有できるというのが理解できません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビデオカメラが回っていたので弁護士会なりどこかで動画がUPされることを期待します。

やっぱり、実際に自分で双方の話を聞くのが一番だし、言外から伝わってくるモノもあると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

疲れたよ、パトラッシュ。

さて・・・っと、「進撃の巨人」のコミックス最新刊とDVDを見ますわ。

2013年11月 1日 (金)

11月1日は「自衛隊記念日」そして「犬の日」

今日、11月1日は「自衛隊記念日」です。

「自衛隊記念日」は、昭和41年に当時の防衛庁(現在の防衛省)が、防衛庁及び自衛隊の創立に基づいて制定した記念日で、その法的根拠となる防衛庁設置法と自衛隊法が施行されたのは昭和29年7月1日なのですが、台風などの自然災害に伴う自衛隊の出動が予想される夏から秋にかけての時期に記念行事や式典を行うのは都合が悪いとされ、その時期を避けて11月1日が記念日に定められました。

airplane自衛隊記念日にあたって-平成25年11月1日

そして、今日はdog「犬の日」dogでもあります。

「犬の日」というのは、一般社団法人ペットフード協会などが昭和62年に制定した記念日で、犬の鳴き声である「ワン(1)ワン(1)ワン(1)」に因んで11月1日と決められました。

自衛隊にも犬の隊員(警備犬)がいて警備や広報、災害救助に活躍しています。

dog【警備犬への御褒美】
2013111 本日、11月1日は自衛隊記念日という重要な日ですが、実は、民間団体が定めた「犬の日」でもあります。そこで、今回、この「犬の日」に合せて、航空自衛隊入間基地の警備犬に対して「防衛大臣褒賞状」の授与式が行われました。

 防衛省と「犬の日」に何の関係が?と思った方、実は、海上自衛隊と航空自衛隊には「国を守る犬」がいます。「警備犬」と呼ばれ、基地の警備業務を主な任務としています。(※今年度より、航空自衛隊では「歩哨犬」から「警備犬」という名称に変更されました。)全国に約300頭おり、自衛隊の警備犬は老いて現役を引退しても、「家族」の一員として基地で余生を過ごし、生涯を終えるまで隊員が一緒に見守ることとしております。(後略)     https://www.facebook.com/media/set/?set=a.616970248365393.1073741896.383046131757807&type=3

dog 「犬の日」 自衛隊の基地警備犬に対し日頃の任務への「ご褒美」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00257048.html  #FNN
 11月1日は、「ワンワンワン」にちなんで、「犬の日」とされている。
自衛隊では、基地警備犬に対し日頃の任務への「ご褒美」が贈られた。
埼玉県にある航空自衛隊入間基地では、警備犬23匹に、小野寺防衛相からの褒賞状と副賞のドッグフードが贈られた。
海上・航空自衛隊の全国の基地には、およそ300匹の警備犬が配置されていて、夜間の基地内の警戒などにあたっている。
警備犬は、戦車や戦闘機と同じ「装備品」という扱いだが、部隊内では、敬愛の念から「犬の階級は2曹」といった冗談も語られているという。

---------

東日本大震災でも自衛隊から救助犬(救助犬の訓練を受けた警備犬)が2頭(金剛丸・妙見丸)派遣されています。

dog 「忠犬ここに眠る―救助犬金剛丸の殉職」             
            http://www.jpsn.org/essay/captain/280/

(抜粋) 連日猛暑が続いたこの年の8月9日、出動直後から闘病中の金剛丸は遂に4歳4カ月という若さで亡くなった。詳細な死因は知らないが、あの厳しい環境での捜索活動の影響は否定できない。同じ現場で元気に活動したRDTAのランディ号も帰投後体調を崩し急逝している。

dog 出動する2頭の警備犬「72時間が勝負だ!頼んだぞ…」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110531/dms1105311459012-n1.htm

(抜粋) 正式な名称は「警備犬」。文字通り、普段は呉にある貯油所を守っている。20頭ほどのうち「金剛丸」と「妙見丸」は、杉本正彦海上幕僚長が呉総監時代に命名した。その後、2頭は厳しい訓練や試験を次々にクリアし、国際救助犬の資格を取得。今回の災害派遣に出動することになったのだ。

dog 間一髪で老夫婦救出 2頭の犬の足は血だらけに
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110601/dms1106011510016-n1.htm

(抜粋) 何の因果か、リタイア直前に配置となったリーダーは、老夫婦を救出し終え、ドロドロになった2頭の犬を見た。釘やガラスを踏んで足は血だらけになっている。2頭も、心配そうにリーダーを見つめていた。精いっぱいに成果を出そうとしている姿は、まるで自衛官そのものだった。

-----------------------------------------------------------------

先日の伊豆大島での台風被害の際には警視庁の警備犬が派遣されていました。

★特殊救助隊を伊豆大島に派遣 警視庁
  http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131016/dst13101611500025-n1.htm

民間にも災害救助犬の訓練をしている団体があり、ボランティアで出動しているそうです。

一般家庭の飼い犬や愛護センターから譲渡された犬を訓練しているのですが、訓練する場所探しに難儀されているそうです。同じところばっかり、より色んな場所で訓練できた方がいざという時に役立ちますものね。でも、例えば、街中の建物の使用許可をとろうとすると、糞尿の始末や、訓練時に犬が救難者を発見して吠える声に対する苦情が近隣住民から来たり、または、来るんじゃないかと心配し過ぎて許可が下りないってこともあるらしい。

災害の多い日本に住んでいる限り、犬に捜されるのは明日は我が身と思って、訓練に理解を示したいですね。

自衛隊や警察にも災害救助の訓練を受けた警備犬の頭数は増えるのだろうけど、やはり予算と人員の関係で沢山増やすわけにもいかないだろうし、大規模災害の時は当然足らなくなるでしょう。自衛隊や警察・消防、自治体と民間団体が上手く連携が取れるようになって、救える命がひとつでも増えるといいなと思います。

2013年5月 3日 (金)

憲法記念日に思うこと。

Flag156o

本日は憲法記念日。

全国で、改憲派・護憲派それぞれの集会が催されているようです。

現行憲法に関して、占領時に米国から押し付けられた憲法だから無効だという声がある。だから、憲法改正というのは間違っていて、新憲法制定とするべきという意見と、認められないから帝国憲法に戻すべき等々、憲法を変える側にしても色んな意見があるようです。

護憲派の人々は、日本国内から米軍は出ていけと言うわりには、米国が絡んでいる憲法の憲法9条を大切に奉っている。そして自分達の身を守ることについては考えない不思議があります。

私は、全部が全部、米国に押し付けられた憲法とは言わないけど、日本に主権が戻っていない時に制定された憲法はやはり不自然とも思う。しかし、否定はしないし出来ない。現行憲法を基にして決められたこともあるので、破棄と言うのは少し乱暴なように思う。だから、こういう過去の流れを踏まえて、日本人の手で作った憲法を新憲法として議論を重ねて制定すればいいと思います。

憲法とは、国柄をあらわすもの。

憲法が一部の人間のおもちゃになってはいけないし、憲法に縛られて日本人の生命と財産の安全・安心が脅かされるようなことになってはいけません。

憲法改正を党是にしている自由民主党が昨年、憲法草案を提出しています。

現行憲法と草案が対比できるようになっていますので、Q&Aと共に読んでみるのも良いでしょう。最終的に憲法改正するかどうかは国民が決めるのですから、そんなの知らなかったわ~では、今と後世の日本人へ対して無責任というものでしょう。

        -----------------------------------------------

pencil 憲法記念日にあたって(党声明) | 党声明・談話 | 自民党の活動 | 自由民主党
           http://www.jimin.jp/activity/discourse/120913.html

本日、憲法記念日を迎えました。
現行憲法の下で、国民主権、平和主義、基本的人権が普遍的価値として定着する一方、新しい価値観の反映、緊迫する国際情勢、大災害などの緊急事態への対応といった課題が生じており、国民の間でも時代に即した憲法改正を希求する機運が高まってきております。憲法を一言足りとも変えさせないという形式的護憲を掲げる勢力は、もはや国民の支持を得られなくなっています。いまや「改憲か護憲か」という議論ではなく、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重の三大原則を堅持した上で、どのように改正するかという段階に入ってきたと考えます。
我々自由民主党は、立党以来一貫して自主憲法の制定を党是としてまいりました。自国の憲法について議論することは、進歩を目指す保守政党として当然の責務です。我々は、昨年、他の政党に先駆けて「日本国憲法改正草案」をとりまとめ、発表致しました。昨年の衆議院総選挙では、わが党の憲法草案をめぐる憲法改正論が争点の一つとなりましたが、本夏の参議院選挙においても、わが党の主張を真摯に訴え、国民の皆様と共に議論を進めてまいります。引き続き国民の皆様のご理解をお願い申し上げます。 (全文転載)

pencil 「憲法改正草案」を発表 | コラム | 自民党の活動 | 自由民主党
          http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html

   clip 日本国憲法改正草案(全文)PDF形式(767.9KB)
          http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

   clip 日本国憲法改正草案 Q&APDFファイル(4932KB)
          http://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf

       -------------------------------------------------

護憲派の方にお願いしたいのは、デマをヒステリックに垂れ流すのは止めていただきたいと言うこと。護憲派の政党の党首で弁護士資格を持つ人物が、TVや国会で声を張り上げている様はみっともないとしか言い様がないです。

「自民党は憲法を改正することで、徴兵制を復活させたり、憲法9条を破棄して“日本を争の出来る国にする”」と、今にも自衛隊が国防軍に名称を変えたら他国に攻めに行くような嘘を平気で垂れ流すのは恥ずかしくないんだろうか。 徴兵制なんて非効率で組織の質が低下するようなことをしてる暇はないんですよ。少し考えればわかることです。

現行憲法の良いと思われることは、新憲法に盛り込めばいい。
時代に合わせて憲法も保守メンテナンスが必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

moon3 一票の格差は人口比で平等にされてしまっていいのか???  [ブログ「月夜のぴよこ と空耳うさぎさんたち」より 転載] chick 
        http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2013/05/post-e5b4.html

一票の格差、人口比に対してだけが平等か?

憲法14条法の下の平等は

すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

これで別に平等の定義が一票の格差の平等という基準を決めているわけではない。たとえば、東京では人口が多いので表面積で考えると狭い範囲にたくさんの議員がいる。これが北海道になると意見をきいてもらうために有権者は遠い距離を移動しなければならない。人口比で平等を追究すれば、国土の表面積では不平等になる。過疎地の人の意見は無視され、広い国土をもつ北海道はないがしろにされる。

一票の格差ばかりが問題にされるのは左翼がそればかり訴訟するからだよね。北海道や地方の人たちは自分たちの意見が不当に扱われる不平等について訴訟するべき。

憲法改正案が出て来ているようだけど、投票の平等が人口比による地方への不平等な規定にされてしまうことをちゃんとかんがえたほうがいい。人口比になれば都会だけのために国政が動く。地方はないがしろにされ、国境付近は危険になる。それも不平等なんだよ。

選挙の平等の基準を人口比にされてしまうこと。

地方はそれでいいの??? 日本のことを考えれば人口だけが基準値ではないことをきちんと声にだすべきです。 (転載 終わり)

----------------------------------------------------------

憲法が一部の左翼弁護士のおもちゃにされてしまっている件。

一票の格差なんて大部分の日本人は気にしていないと思う。気にしていたら投票率は限りなく100%に近くなるからです。

彼らの主張するような一票の格差をなくそうとすれば、支那がやっているような強制移住で調整するしかありませんよ。(あちらは選挙ないけどw)日本は自由で民主主義の国ですよね。

少数の意見を大切にしろー、とかいわゆる弱者目線でなんたらかんたらと人権を主張する人々が、地方・過疎地域の人間の言うことなんか知るか死ね!と言っているような自分達のご都合主義の行いであります。

これに定数削減もやるって言うんですから国民は本当にいいのか?って思います。消費税増税と、公務員の給料削減と議員定数削減となんでセットで考えるんだろう。そういう風に誘導しているマスコミも乗せられている国民も議員もおかしいです。

選挙制度なんて、これが絶対に正しくて何処からも文句の出ない方法なんて存在しないんだから。

一部のTV番組の司会者や解説者ごときが、議員は自分達がクビになるのが嫌だから、選挙制度や定数削減が出来ない。だから、第三者委員会を作ってそこで決めるしかない・・・と。アホと寝言もたいがいにせえと言いたいですね。決めるメンバーの選出は?選挙も受けていない人間になんでそんな権限を与えることが出来るんだ?国会議員は自分達が選んだ代表なのに信用しないんですかね。民主主義の崩壊ですね。

とにかく、特にTVの出演者の言っていることや新聞にかいてあることを、丸々信用してはいけないことがある・・・ということを頭の角においておいて、ネットにも嘘や落とし穴があること、「拡散希望」という言葉に簡単に釣られない等々、気を付けましょう。自戒を込めて。

2013年3月26日 (火)

朝鮮総連本部を親北の宗教法人が落札。

捨てる神あれば拾う神あり・・・なんて言葉がありますが、怪しげな仏に拾われた・・・?この場合は人間がやってることなんですけど。これはちょっと洒落にならないような。

政治家に知り合いがいるとか色々いわれてるけど、そんなのはどうでもいい。誰の知り合いだろうとやってることは変だと思う。

しかし、本部の建物から追い出されそうになって焦っていた総連関係者は、今頃は小躍りしているだろうなあ。

日本人を拉致して返さなかったり、日本に向けてミサイル実験をする反日国家の活動本部が日本国内にまだあるっていうのも如何なものかと思いますが、合法的に立ち退かせるチャンスを潰されようとしているのが何とも残念です。

この宗教法人の檀家さんというか、信者の皆様は皆さん納得されているんでしょうか?

それにしても、宗教法人ってお金をたくさん持っているんですね。宗教法人への税金優遇止めても良いんじゃないですか?

地方裁判所で審査を受けて売却許可が正式に決定して、本部建物がこの宗教法人の所有物になったら、間違いなく総連に貸し出すでしょう。そうすると、結果的に現状維持ってことになりますね。

---------------

pencil 朝鮮総連本部、宗教法人が落札=不動産競売、45億円で-東京地裁

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地建物の強制競売手続きで、入札で最も高い価格を付けた人を決める「開札」が26日、東京地裁で行われ、宗教法人「最福寺」(鹿児島市)が45億1900万円で落札した。入札の下限額は約21億3000万円で、入札は4件だった。

 強制競売手続きは、朝鮮総連に対し債権を持つ整理回収機構(RCC)の申し立てで開始された。売却が正式決定すれば、北朝鮮の「大使館」的な役割を果たしてきた中央本部は、最福寺の所有になる。

 ホームページなどによると、最福寺の池口恵観住職は過去に複数回、北朝鮮を訪問。2010年4月には「日朝友好文化交流団」の団長として、「よど号」ハイジャック事件のメンバーと面会するなどした。

 最福寺の適格性などに問題がなければ、29日に地裁が売却許可を決定。この決定が確定した日から通常1カ月以内に代金納付期限が指定され、納付されれば所有権移転の登記がされる。不動産の引き渡しに総連側が応じない場合は、立ち退きの強制執行を求めることができる。

 中央本部は都心の一等地にあり、土地面積は約2390平方メートル。建物は地上10階、地下2階建てで、延べ床面積は約1万1700平方メートル。(2013/03/26-13:41)
                                             http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013032600341

---

pencil 朝鮮総連施設 宗教法人が落札へ

 東京の都心にあり競売にかけられていた朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の中央本部の土地と建物について、東京地方裁判所で入札が行われた結果、鹿児島県の宗教法人が最も高い45億円余りの価格をつけました。
今後、裁判所の審査を経て正式に落札することになります。

 東京・千代田区にある朝鮮総連中央本部の土地と建物は、破綻した朝銀信用組合から627億円の債権を引き継いだ整理回収機構の申し立てを受けて競売にかけられ、入札が行われていました。

東京地方裁判所民事執行センターで入札の結果を明らかにする「開札」が行われた結果、入札は4件あり、鹿児島県の宗教法人「最福寺」が45億1900万円で最も高い価格をつけました。

  売却の基準となる金額は26億6000万円で、今回の価格はこれよりも18億円余り上回ります。

 今後は裁判所が不動産を買い受ける資格を持っているかどうかなどを審査したうえで、今月29日に「売却許可決定」を出して正式に落札することになります。

 その後は、代金を納めた時点で所有者となりますが、建物が使われている場合は、裁判所の引き渡し命令で強制的に退去させることも可能になります。

 このため、朝鮮総連は新たな所有者との間で賃貸契約などを結ばないかぎり、立ち退きを求められることになります。

 最福寺の池口恵観法主は北朝鮮と親交があり、去年4月には、キム・イルソン主席の生誕100年を祝う行事に出席するため、北朝鮮を訪問しています。

 池口氏は、NHKの取材に対し「無事、落札できれば、施設は民族融和の拠点として、また平和を祈る場として管理させていただきたいと考えている」と話しています。

 最福寺のホームページでは、法人の活動として最福寺の池口恵観法主が平成21年からおととしまでの間に4回、北朝鮮を訪問したとしています。

 今回の入札結果について、朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会はNHKの取材に対し、「コメントすることはありません」としています。
             http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130326/k10013457131000.html

-------------------------

◆池口恵観
  http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E5%8F%A3%E6%81%B5%E8%A6%B3#section_1 より抜粋

池口が法主を勤める鹿児島県鹿児島市平川町にある単立・烏帽子山・最福寺_(鹿児島市)には松本明慶大仏師による国内最大級の木造仏・大弁才天(高さ18.5メートル)と、北朝鮮の初代指導者である金日成主席を尊敬する意味から金日成主席観世音菩薩が鎮座している。

池口は北朝鮮を度々訪問し、朝鮮労働党や北朝鮮外務省の高官やよど号ハイジャック犯と会談をしており、2012年に開催された金日成生誕100年祭にも出席している。

池口は訪朝の理由に、「日本が歴史的に韓国と北朝鮮に対して大きな犠牲を抱かせ、韓半島の多くの国民が日本に恨みを持って亡くなったことに対し、素直に謝罪し慰霊したかった」ことを挙げ、「真の懺悔と謝罪があってこそ相互友好関係が生じる」との考えから、韓国と北朝鮮を毎年定期的に訪問して慰霊祭と平和祈願祭を開くことを思案している。

また、まずは日本が北朝鮮に対して、いわゆる「過去の植民地統治に関する戦後補償」と謝罪をして、それから日朝国交正常化をするべきだと主張している。

金正日総書記が死去した際には、「朝鮮の大いなる指導者、金正日総書記閣下が地方指導に向かう途上で亡くなられたのは、とても痛ましく悲しい」「朝鮮半島の平和と繁栄、日朝国交正常化を金日成主席と共に見守ってほしい」と哀悼の意を示した。

初の破防法適応事件、三無事件で逮捕歴ありか。

※ 三無事件 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%84%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6
1961年12月12日、警視庁公安部が新宿区須賀町のビルなど2箇所と福岡県内の1箇所を早朝から一斉捜索。市川市内にあった三無塾からは日本刀3振、ライフル銃1丁を押収、川南豊作他13人を逮捕。クーデター計画「三無」が発覚した。関係者は計34人にのぼった

--------------------

pencil 朝鮮総連本部:宗教法人が落札 土地・建物45億円で

 東京都千代田区にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部の土地・建物を巡る競売で、落札者を決める開札が26日、東京地裁であり、宗教法人最福寺(鹿児島市)が45億1900万円で落札した。最福寺の法主は頻繁に平壌を訪問するなど北朝鮮側と関係が深いことで知られる。東京地裁は最福寺が施設を買い受ける資格があるか審査し、29日に売却を許可するか決定する。

 売却が許可され、債権者の整理回収機構などが不服を申し立てなければ、所有権は最福寺に移る。総連が土地建物を寺側から賃借することができれば、退去を避けられることになる。一方で、仮に総連側が寺側に資金を提供していたような場合は売却は不許可となるため、東京地裁は最福寺と総連の関係について慎重に調べる方針。

 最福寺のホームページなどによると、池口恵観(えかん)法主(76)は安倍晋三首相ら多くの政治家と親交があり、「永田町の怪僧」の異名も持つ。北朝鮮との関わりも深く、たびたび現地を訪問しているほか、菩薩(ぼさつ)像などの寄贈を続けている。北朝鮮に滞在している「よど号グループ」のメンバーらとも面会を重ねているという。

 秘書によると、池口法主は「北朝鮮と関係がある自分が落札すれば、反発を招くこともない。アジアの平和の場として使いたい」と話しているという。資金は最福寺が用意したとしている。

 競売の対象は約2390平方メートルの土地と、地上10階地下2階(延べ床面積は約1万1730平方メートル)の建物。入札下限額は約21億3400万円。不動産鑑定士による売却基準価額は約26億6800万円で、入札には4者が参加した。【岸達也】
              http://mainichi.jp/select/news/20130326k0000e040160000c.html

・・・・・・・・・・・・・・・

宗教法人にも特定アジアの人が結構入り込んでいるときく。

>池口法主は「北朝鮮と関係がある自分が落札すれば、反発を招くこともない。アジアの平和の場として使いたい」と話しているという。資金は最福寺が用意したとしている。

いや、充分に反発買うと思いますけど。。。 知らないでお参りしてお賽銭上げてたお寺がこんなことしてるって引っくり返ってる人もいるのでは。

これって、純粋な宗教心から・・・ではない「活動」ですよね。

宗教とは違うイデオロギーと間違った歴史観を『混ぜるな危険』ですよ。

こういう間違った歴史観を持った日本人(?)が、反日外国人よりも厄介な一例ととらえてらいいのかな。

>東京地裁は最福寺が施設を買い受ける資格があるか審査し、29日に売却を許可するか決定する。

東京地裁には頑張ってもらいたいところですね。審査が通らないことを祈りたいけれど、多分、書類等に問題がなければ通っちゃうんだろうか。

どこかの仏像を盗んでも返さない国と違って、日本は法律や規則は自分勝手に変えられないから。

・・・・・・・・・・・・・・・

pencil 【朝鮮総連中央本部落札】「靖国の隣、譲りたくない」「総連側が借りたいという意向があれば検討」…最福寺・池口恵観氏 一問一答 - MSN産経ニュース

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部の土地、建物を落札した宗教法人「最福寺」(鹿児島県)の池口恵観法主は別院の「江の島大師」(神奈川県藤沢市)で26日会見し、落札の経緯や今後の運営方針について報道陣に語った。一問一答は次の通り。

 --落札の経緯は

 「過去2年間で5回ほど北朝鮮を訪問しているが、そのたびに上層部から『中央本部は大使館だと思っている。いい形で残せるように、あなたの力で日本政府に話してくれないか』といわれていた。中央本部が靖国神社の隣にあるということで、供養や慰霊の場としての利点もあり、何度か訪れるうちに『ここは譲りたくない』と思うようになった」

 --北朝鮮側の意向に沿った形か

 「意向に応えられたのかどうかは分からないが、われわれが落札したことで、北朝鮮の方々も、『これで良い道が開かれる』という考えを持ったのではないかと思う」

 --中央本部をどのように活用していくのか

 「アジアをはじめ、世界の民族の融和と慰霊の拠点にしたい。建物はそのままの状態で使い、壊したりするつもりはない。ただ、人々が祈りをささげる場所を作りたい。中央本部の方々を追い出すということではない。残ったところをお貸しする形でいいのではないかと思うが、使い方は難しい。今後、総連側と相談することになる。総連側から借りたいという意向があれば検討する」

 --45億円余りという高額での落札になった

 「知人に、どれくらいなら確実に落札できるのかを聞いた。知人が『このくらいなら大丈夫だろう』と言っていたのでそうした。資金はある程度のメドは立っているが、今後は寄付のようなことも含めて、色々な人の知恵を借りたい。総連側からお金が入ることはありえない」
         http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130326/trl13032619150016-n1.htm

------------------

>中央本部が靖国神社の隣にあるということで、供養や慰霊の場としての利点もあり、何度か訪れるうちに『ここは譲りたくない』と思うようになった」

靖国神社の隣にあるから出て行って欲しかったんですよ。朝鮮半島の人達も靖国神社に祀られれていますけれど。

右も左も行き過ぎたら革命とか維新という破壊行動に出るのは共通のようで。「よど号ハイジャック」犯人達に会いに行くというのは、左だけれど、革命を起こそうとした者として何かしら通じるものがあるのかしら?

どう言う経緯で宗教の道に入って今日に至ったのか不明だけれど、何やら臭いますな。お金の流れとかどうなってるんでしょうね。

2013年2月22日 (金)

2月22日は竹島の日です。

2月22日は竹島の日です。

竹島だけでなく、島国である日本の国境の島についても、もっと私達は知るべきではないでしょうか。

竹島問題

竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場

竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。

  • 韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。

    (注)韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。
          (外務省HPより) http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/

    ---------------

    竹島の日

    竹島の日は、2005年(平成17年)に「竹島の日を定める条例」(平成17年3月25日島根県条例第36号)により定められた。

    島根県隠岐郡隠岐の島町の竹島は、1905年(明治38年)1月28日に島根県への編入を閣議決定し、同年2月22日に島根県知事が所属所管を明らかにする告示を行った(明治38年島根県告示第40号)。

    2005年はこの閣議決定および告示から100周年にあたることを記念して、同年3月16日、島根県議会は2月22日を「竹島の日」とする「竹島の日を定める条例」を制定し、澄田信義島根県知事もこれを全面的に支持した。

    同条例1条は、「県民、市町村及び県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図るため、竹島の日を定める。」としている。 (wikiより)

    movie.第78回自民党大会オープニング映像「日本の国境の現実」写真:山本皓一 .

    tulip 竹島の日式典出席 国会議員は20人に 島根 - MSN産経ニュース

    島根県などが松江市殿町の県民会館で22日に開催する「竹島の日」記念式典に島尻安伊子・内閣府政務官が出席することが20日、決まった。これにより、出席を予定している国会議員は20人になった。

     県によると、島尻政務官や自民党の小泉進次郎青年局長、県選出の細田博之幹事長代行らで、20人は過去最多。超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の山谷えり子会長、日本維新の会の西村眞悟氏、県選出の竹下亘、青木一彦、亀井亜紀子各氏も出席の見通しとなっている。(2013.2.21 02:26)
             http://sankei.jp.msn.com/region/news/130221/smn13022102260000-n1.htm

    ----

    政府主催の記念式典とするまでの第一歩です。
    今まで政府側の関係者の出席はなかったんだから。一歩また一歩。頑張れ。

    ----

    tulip 「竹島の日」開催なら対抗措置 韓国、高官派遣に警告 対日関係に悪影響も

     韓国外交通商省の趙泰永報道官は21日の記者会見で、島根県が予定通り22日に「竹島の日」の式典を松江市で開催し、安倍政権が島尻安伊子内閣府政務官を派遣すれば、韓国政府が対抗措置を取ると表明した。趙報道官は式典開催と日本政府関係者の出席について「極めて遺憾で式典の取りやめを強く求める」と述べた。    (共同)

     菅義偉官房長官は21日の会見で、島尻氏を派遣することに「(変更は)あり得ない。『(竹島は)わが国の領土』と自民党の公約に掲げている」と語った。
            http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130221/plc13022116140012-n1.htm

    ------

  • >「極めて遺憾で式典の取りやめを強く求める」

    え~っと、

    うるさい黙れ、竹島から出ていけ! 日本国内のことに口出しするな!

    これでいいかなw

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    clover 韓国大統領就任式に麻生氏派遣

     菅義偉官房長官は20日の記者会見で、韓国で25日に開かれる朴槿恵次期大統領の就任式に麻生太郎副総理兼財務相を派遣すると発表した。朴氏との個別会談も調整している。

     朴氏の大統領就任を機に島根県・竹島問題で冷え込んだ日韓関係の改善を急ぐと同時に、北朝鮮の核実験を受け、日韓両国の連携強化には重要閣僚の派遣が必要と判断した。菅氏は会見で「韓国は価値と利益を共有する重要な隣国」と強調し、「密接な関係を維持、発展させるため、韓国と信頼関係のある麻生氏を派遣する」と述べた。

     就任式には、森喜朗、福田康夫両元首相や生活の党の小沢一郎代表のほか、超党派の国会議員でつくる日韓議員連盟も額賀福志郎会長(自民党)ら十数人が出席する。(2013.2.20 22:59)
        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130220/plc13022023010021-n1.htm

    さて、韓国大統領の就任式に麻生副大臣閣下が出席することになったのですが、竹島の日の記念式典に島尻政務官や他の国会議員が出席した場合、ウツリョウ島に視察に行こうとした新藤議員・稲田議員・佐藤議員の時のように、空港で写真を燃やしたり唐辛子粉やカレー粉撒いたり、お腹をチョピッと切ったりして韓国流のお出迎えをしてくださるのかしら___w

    >就任式には、森喜朗、福田康夫両元首相や生活の党の小沢一郎代表

    小沢一郎代表だと・・・祖国へ里帰りですか?w  もう帰ってこなくていいです。

  • 2013年2月 7日 (木)

    2月7日は『北方領土の日』です。

    日本人が住めない日本があります。 そのひとつが、北方領土。

    2月7日は北方領土の日です。

    Photo

    pencil北方領土問題とは。

    (1) 日本はロシアより早く、北方四島(択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島)の存在を知り、多くの日本人がこの地域に渡航するとともに、徐々にこれらの島々の統治を確立しました。それ以前も、ロシアの勢力がウルップ島より南にまで及んだことは一度もありませんでした。1855年、日本とロシアとの間で全く平和的、友好的な形で調印された日魯通好条約(下田条約)は、当時自然に成立していた択捉島とウルップ島の間の国境をそのまま確認するものでした。それ以降も、北方四島が外国の領土となったことはありません。

    (2)しかし、第二次大戦末期の1945年8月9日、ソ連は、当時まだ有効であった日ソ中立条約に違反して対日参戦し、日本がポツダム宣言を受諾した後の同年8月28日から9月5日までの間に北方四島のすべてを占領しました。当時四島にはソ連人は一人もおらず、日本人は四島全体で約1万7千人が住んでいましたが、ソ連は1946年に四島を一方的に自国領に「編入」し、1949年までにすべての日本人を強制退去させました。それ以降、今日に至るまでソ連、ロシアによる不法占拠が続いています。(詳しくは「北方領土問題の経緯」のページを参照下さい。)

    (3)北方領土問題が存在するため、日露間では、戦後65年以上を経たにもかかわらず、いまだ平和条約が締結されていません。
                     http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo.html

    pencil北方領土問題の経緯(領土問題の発生まで)(外務省) 
                     http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo_keii.html

    tulip 政府広報(北方領土問題) .

    pencil 内閣府・北方対策室 http://www8.cao.go.jp/hoppo/index.html

    bud 北方領土の日」設定の経緯

     北方領土返還要求運動は北方領土に隣接する北海道・根室地域から全国に展開していきましたが、北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、運動の全国的な盛り上がりを図るためには「北方領土の日」を設けるべきである、という声が北海道をはじめ運動を熱心に進めている民間の各団体からあがってきました。また、昭和55年(1980年)11月には、衆・参両院において全会一致で「北方領土の日」の設定を含む、北方領土問題の解決促進に関する決議が行われたのを始め、全国の地方関係団体等においても相次いで同様の決議が行われました。
     このような各方面からの強い要望を受け、政府はさらに広く関係各層の意見を聞いた上で、昭和56年(1981年)1月6日の閣議了解により、2月7日を「北方領土の日」として設定しました。
     1855年2月7日(旧暦では安政元年12月21日)、伊豆の下田において日魯通好条約が調印されました。この条約により日露両国の国境が択捉島とウルップ島の間に平和裏に定められ、北方四島が日本の領土として初めて国際的にも明確になりました。その歴史的な意義と、平和的な外交交渉によって領土の返還を求める北方領土返還要求運動の趣旨から、2月7日が「北方領土の日」として最も適切な日とされたのです。
              http://www8.cao.go.jp/hoppo/henkan/02.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    我が国、日本の領土・領海。一箇所でも欠けるところのないようにしなければなりません。

    B

    国家成立の「3要素」の場合、領土、国民、主権。

    主権国家成立の「4要素」の場合、領土、主権、国民、政府です。

    これらについて、きちんともう一度学ぶべき時ではないでしょうか。

    tulip 第78回自民党大会オープニング映像「日本の国境の現実」写真:山本皓一

    2013年1月31日 (木)

    【25年度予算案】我が国 日本を堅守する為の予算が少し増える

    我が日本国の領土・領海・国民の生命と財産を守る予算が少し増えました。

    増えたー!ヤッター!と喜んでもいられない。海上保安庁の方は尖閣諸島警備強化の為の予算がついて37.6%増となってるんですが、自衛隊は0.8%増ですから。

    増えた分が新しい装備の購入とか増員の為にばっかり遣ってるんじゃなくって、東日本大震災で被災して修理がまだだった装備や施設に使う分も入ってますし、ちょっと古いけど整備してまだ使おうぜって、そのための費用も入ってます。

    まだまだ充分ではないけれど、緊急を要するところ出来るところから取りかかって、あらゆる脅威から私達の国・日本を守るために頑張れる万全の環境を作って欲しいです。

    ◆ 平成25年度予算政府案
            http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/index.htm

    ◆ 国土交通省・公共事業関係予算
        http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/06-7.pdf

    25_a

    25_2
         ↑  画像クリックで拡大します

    ・・・・・・・・・・・・・・

    wave 尖閣専従チーム正式決定 海保強化に364億円 

     尖閣諸島(沖縄県)周辺での航行が常態化する中国公船に対応するため、平成25年度の予算案では、海上保安庁の強化に24年度比37・6%増の364億円が盛り込まれた。海保は27年度までに、巡視船12隻約600人態勢の尖閣専従チームを発足させることが正式に決まった。

     25年度予算案では、専従チームに割り当てる千トン級巡視船など20隻や航空機13機の整備費を確保した。また、119人の大幅増員も実現。尖閣の警備を担当している第11管区海上保安本部(那覇)の負担軽減のため、11管に30人態勢の「那覇海上保安部」を新設。沖縄本島のパトロールなどの業務を移管する。

     一方、常態化する中国公船に対応するため、尖閣専従チームの整備に着手するという。海保では、周辺海域を航行する中国公船を常時5隻程度と想定。全国規模で巡視船を運用する現在の尖閣警備体制を改め、建造中の巡視船や24年度補正予算で新造する6隻を投入するなどし、最終的には27年度までに巡視船12隻態勢の専従チームを作る。

     建造されるまでは、老朽化した巡視船の解体を延期するなどし、派遣態勢を強化。チームの拠点となる石垣港も多数の大型巡視船が停泊できる環境整備を進めるという。

     また、海保では26年度以降も増員を求めるほか、現在は巡視船ごとに固定されている乗組員の態勢を見直すなどし、チームの巡視船稼働率を大幅に上げる。

     海保幹部は「長期化を想定し、中国公船に対応できる態勢を順次、整えていきたい」としている。 (2013.1.29 21:14)
         http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130129/crm13012921150026-n1.htm

    ・・・・・

    wave 尖閣対応で海上保安官400人増

     政府が29日の臨時閣議で平成25年度予算案を決定したことを受け、総務省は各府省の来年度の定員の審査結果を発表した。海上保安庁は沖縄・尖閣諸島周辺の警備力強化を図るため、海上保安官の定員を24年度より400人増やすことが認められた。前年度は275人増。防衛省も、自衛隊の後方支援などに当たる事務方を316人増やすことが認められた。

     また、復興庁は東日本大震災の復興対策に40人、環境省は東京電力福島第1原発事故による除染対策で151人を前年度より増やす。(2013.1.29 19:33
        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130129/plc13012919360024-n1.htm

    ship 海上保安庁 尖閣諸島専門チーム新設

     尖閣諸島で中国の監視船の派遣が常態化し、対応に当たる各地の巡視船の訓練に影響が出ていることから、海上保安庁は、6隻の巡視船を新たに建造するなどして、3年以内に12隻が所属する尖閣諸島専門のチームを新設する方針を固めました。

    尖閣諸島では、日本政府が島を国有化した去年9月以降、中国の監視船の派遣が常態化し、海上保安庁は全国から巡視船を集めて対応していますが、ぎりぎりの態勢のなか、十分な訓練ができなかったり、今年の観閲式を中止したりするなど、通常の業務に影響が出ています。

    このため海上保安庁は、3年後の平成27年度末までに、12隻の巡視船が所属する尖閣諸島専門のチームを新設する方針を固めました。

    また、船に乗組員を固定せず、1隻の巡視船を複数のチームが交代で使うなどして船の稼働率を上げ、各地から巡視船を派遣しなくても長期化に対応できるよう、態勢の検討を進めています。

    これに伴って、今年度の補正予算案に大型巡視船6隻の建造を盛り込むとともに、今年度の予備費で建造する4隻も尖閣諸島の対応に充てるほか、老朽化した巡視船の退役を先送りすることにしています。

    これにより、昭和60年代以降維持されてきたおよそ350隻の態勢が、およそ370隻に強化されることになります。  (1月15日 15時25分)
                              http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130115/k10014807501000.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    防衛費関係では島嶼防衛の為に予算が割かれています。

    ◆ 防衛関係予算
        http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2013/seifuan25/06-8.pdf

    25_b

    注目したいのが、「経済対策として初めて主要装備品を大規模整備。」とあるところ。なんか、経済対策で・・・となると大盤振る舞いとかあえて無駄遣いとか大人買いって感じに聞こえるけど、全然そんな感じがしないんですけど・・・。どんだけ慎ましいねん。(つд‵ )エーン。 

    25_a_2

    自衛隊も陸・海・空で約300人の増員だそうです。

    国家公務員の給与や退職金については、なかなか厳しい状況でもあり、ハイテク機器を扱うので誰でも言いというんじゃないので、教育・訓練をきちんとしないといけないから思い切り増員と言うわけにはいかないんですね。

    意識の高い志願者が増えているというのが嬉しいです。
    それでもみんなが自衛官になれるわけじゃないですからね。

    自民党の誰も言っていないのに「徴兵制、反対ー!」って今騒いでいるようなのは、邪魔だから最初からイラネってことです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    fuji 防衛費11年ぶり増額、南西諸島防衛に重点

     防衛関係費は対前年度比400億円(0・8%)増の4兆7538億円で、在日米軍再編の地元負担軽減分の経費などを除くと4兆6804億円。沖縄県・尖閣諸島周辺で活動を活発化させている中国に対応するため、11年ぶりの増額となった。

     南西諸島防衛では、中国機への対応で稼働が激増している早期警戒機E2Cなどの燃料・修理費に135億円を確保。那覇基地でのE2C整備体制拡充にも3億円を計上した。また、宮古島(沖縄県)と高畑山(宮崎県)の地上レーダーを最新型のFPS7に89億円で更新し、捕捉範囲や精度を向上させる。

     装備品では、離島上陸作戦に必要な水陸両用車4両を25億円で陸自に導入。海自の哨戒機P3Cの後継となる国産の新型哨戒機P1を2機、409億円で取得する。F15戦闘機6機の近代化改修などにも122億円を計上した。

     調査研究では、先島諸島での防空拠点確保や、気球係留型レーダーの調査などに5千万円を計上、防空態勢の向上策を探る。米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの導入に向け、8百万円を盛り込んだ。

     在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)は1864億円を計上。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設関連では今年も代替施設の本体工事費計上を見送ったが、「必要最小限かつ緊急を要する」補修費として1億円を盛り込んだ。(2013.1.29 21:33)
       
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130129/plc13012921350028-n1.htm

    ・・・・・・・・・・・・

    >米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの導入に向け、8百万円を盛り込んだ。

    これはちょっと何処に載ってるかまだ見つけてないけれど、オスプレイは購入出来るなら購入して、そのための訓練や調査費用なら全然問題なし。

    (20:40追記)-----

    オスプレイじゃなくて、800万円という金額からすると、F35のシュミレーターのことじゃないかな。産経の他の記事でもF35と書いてあるからチェックミスかな?

    airplane ステルス性能持つF35戦闘機、三沢基地に配備

     航空自衛隊が次期主力戦闘機(FX)として導入するF35戦闘機について、防衛省は空自三沢基地(青森県)への配備を決めた。

     既存の格納庫を利用できることなどが理由で、同基地に設置するシミュレーターの調査費として約800万円が2013年度予算に計上された。空自は「地元の自治体などに丁寧に説明していきたい」としている。

     F35は米国や英国などが共同で開発を進めている。レーダーに映りにくいステルス性能を持つことが特徴だ。同省は老朽化が進むF4戦闘機の後継として42機を導入する計画で、17年以降に最初の4機が三沢基地に配備される見通し。 (2013年1月29日18時29分  読売新聞)
         http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130129-OYT1T00993.htm

    ------- 追記ここまで。

    でも出来れば、こういうのも国産で作れるようになって欲しいです。日本の空を守る航空機ですから。

    Photo

    Photo_3

    ↑  かわぐちかいじ・作『ジパング』に出てくる、多目的偏向翼機“海鳥” happy01 airplane

    2013年1月29日 (火)

    【×北京の湖】南シナ海を中国の脅威から守れ!

    安倍総理の論文「民主主義のセキュリティダイアモンド」を読んで、「北京の湖」と例えられていた南シナ海をめぐるフィリピンが中国を訴えているという話を思い出しました。

    この件に関して、某政治問題を扱うバラエティ番組で有名な左側代表の女性が“話し合うことは良いことだ”と褒めておられました。きっとこの方は良く分かっていないんでしょうね。これは色々小競り合いがあって、両国間では話し合いも埒があかないから“出るとこ出て話付けようや、出てこいや、こらあ!”という段階なのかと思うのですが。次の段階に行かないために。提訴したからと言って、中国が上品に“話し合いによる解決”に応じるかどうか分かったもんじゃないんですけど。

    尖閣諸島の領有権問題でも“武力による解決でなく、話し合えばいい”“無用な刺激や挑発はするな”と、とにかく言っています。武力による解決は誰も望んでいませんが、こういう平和主義()の方は声はでかいけれど具体的な解決方法を提示してくれないので困ります。

    フィリピンって、沖縄の基地問題で誤った場合の例のようですね。尖閣諸島の件を抱える日本も他人事ではありません。

    フィリピン頑張って!! バナナ買うぐらいしかできないけど。banana

    ・・・・・・・・

    pencil 南シナ海の領有権問題 フィリピンが中国を提訴 - MSN産経ニュース

    【シンガポール=青木伸行】フィリピンのロサリオ外相は22日、南シナ海の領有権を争う中国を、国連海洋法条約に基づき国際裁判所に提訴したと発表した。これにより領有権問題は新たな局面を迎える。

     外相は「フィリピンは平和的な交渉のための政治、外交的なあらゆる手段を尽くしてきた。法的手続きが永続的な解決をもたらすことを望む」と述べた。

     提訴の内容は「中国の南シナ海の(領有権)主張と、フィリピンの領有権を侵害する違法な活動に異議を申し立てる」というもの。フィリピン側は同日午後、マニラの中国大使館を通じ、中国政府に提訴した事実と内容を通告。外相は中国に「提訴に応じることを希望する」と促した。

    ■国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所 日本外務省などによると、常設機関ではなく、国連海洋法条約の解釈、適用などに関する紛争が起きた場合に設置される。国連海洋法条約では、紛争当事国同士が国際海洋法裁判所や国際司法裁判所などでの裁判や手続きに合意しない場合は、一方の当事国が仲裁裁判所に判断を請求できる。(共同)

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130122/chn13012218150007-n1.htm

     因みに、東シナ海・南シナ海は海上交通路の要所でもあり、石油などの地下資源関係でも重要なところです。なので、南シナ海に面した各国はその権益を主張しています。

    「友愛の海」とか寝惚けたことを言っていられるような場所では無いのであります。

    4d60345c59daf312a2d3b752098d2d8b248

     中国の言い分・・・↓  何だか、フィリピンを悪者扱いしているような気がしますけれど。

    pencil 領有問題で比が国際裁判所提訴…中国「善意と誠意示してきたのに」 2013/01/24(木) 09:41:36 [サーチナ]

    フィリピンのロサリオ外相は22日、南シナ海の領有権を巡って争いが続いている中国を国際裁判所に提訴したと発表した。中国政府・外交部の洪磊報道官は23日の記者会見で、問題の根源はフィリピン側にあると主張し、「中国は最大限の善意と誠意を示してきた」などと反発した。

      ロサリオ外相は、南シナ海における領有権問題で、「国際海洋条約にもとづき、中国を国際仲裁裁判所に提訴した」と表明。経緯と意図について、「フィリピンは平和的な交渉のための政治、外交的なあらゆる手段を尽くしてきた。法的手続きが永続的な解決をもたらすよう望む」と述べた。

      洪報道官は「問題の根源と核心は、フィリピンが中国の南沙諸島(英語名はスプラトリー諸島)の一部の島と岩礁を不法占拠したこと」、「中国は南沙諸島と周辺海域について争いの余地がない主権を有している。これは歴史的にも法的にも根拠がある」などと主張した。

      これまでの経緯については「中国・フィリピン関係と地域の平和と安定を出発点に、中国は一環して両国の協議と交渉で、争いを解決する努力をしてきた。中国は具体的に最大限の善意と誠意を示してきた」などと主張。

      洪報道官は中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が武力衝突を避ける目的などで2002年に共同発表した「南シナ海各方面行動宣言」に言及し、フィリピンを含む同宣言のすべての署名国は「自らの厳粛なる承諾を順守すべきだ」、「(同宣言を)全面的に真剣に実行してほしい」と述べた上で、「問題を複雑化したり拡大する行動はしないでほしい」と訴えた。

    ◆解説◆
      中国は南シナ海をめぐる島の領有問題について、「関係国による交渉で解決すべき」と強く主張している。中国が最も警戒しているのは、米国が同問題を重視し、介入の方針を強めることと考えてよい。(編集担当:如月隼人)
         http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0124&f=politics_0124_002.shtml

    Photo

    >フィリピンが中国の南沙諸島(英語名はスプラトリー諸島)の一部の島と岩礁を不法占拠したこと
    >「問題を複雑化したり拡大する行動はしないでほしい」

    何も知らなかったら中国の話も「ふーん」と聞けるんですが、地図で位置関係を確認したら、「おいおい、ちょっと待てよ。なんでやねん。お前が言うな。」ですよね。とにかく中国が、南シナ海は俺のとこの海だからな!と主張しています。言ってるだけならまだしも実力行使してきますから悲劇も起こっています。

    海南島には中国海軍の潜水艦基地があります。

    movie尖閣もこうなる!100ミリ砲でベトナム領を無理やり奪い取った中国!

    ・・・・・

    pen防衛省 防衛研究所 http://www.nids.go.jp/index.html から発行されている 
    「中国安全保障レポート2012」 http://www.nids.go.jp/publication/chinareport/index.html
    http://www.nids.go.jp/publication/chinareport/pdf/china_report_JP_web_2012_A01.pdf 
    p.18~20「南シナ海で連携する軍と政府」  2012年、中国がスカボロー礁に居座っている件などについてまとめられています。

    このレポートはお勧めです。フィリピンも頑張ってるけど中国の無茶苦茶さ加減がとんでもないレベルです。

    ●スカボロー礁 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%83%BC%E7%A4%81

    ・スカボロー礁事件・・・2012年4月8日、フィリピン海軍がスカボロー礁近くに中華人民共和国の漁船8隻が停泊しているのを発見し拿捕したのを受け、中華人民共和国の監視船が現場に急行、フィリピン海軍の進行を阻止し、睨み合う状況となる。17日、フィリピンのデル・ロサリオ外相は国際海洋裁判所に判断を仰ぐ提案をしたが、中華人民共和国外交部辺海局の鄧中華局長はこれに対し抗議を申し入れている。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そして我が国日本はどうしてるのかというと・・・。きちんと出来ることで支援してますよ。

    これは安倍政権になってから岸田外務大臣がフィリピンを訪問した時のことです。

    ship フィリピン外務大臣、日本に巡視船10隻の供与を要請

     中国が、南シナ海で海洋権益の確保を目指す動きを活発化させるなか、フィリピンのデルロサリオ外相は、マニラを訪問した岸田外務大臣と会談し、沿岸警備隊の能力を強化するため、円借款で巡視船を供与するよう日本政府に要請しました。

    フィリピンのデルロサリオ外相は10日、マニラの外務省で岸田外務大臣と会談し、この中で、沿岸警備隊の能力を強化するため、円借款で巡視船を供与するよう日本政府に要請しました。

    フィリピン政府によりますと、要請したのは、フィリピンの周辺海域でパトロールや救難活動に当たる全長40メートルの巡視船10隻で、総額はおよそ180億円になるということです。

    会談後の記者会見でデルロサリオ外相は「日本政府からはこれまでも沿岸警備隊へのさまざまな支援を受けており、巡視船の供与についても真剣に考慮してもらっている」と述べ、早期の実現に期待を示しました。

    また、岸田外務大臣はマニラで記者団に対し、「要請の重要性を感じ、しっかりと踏まえながら検討している」と述べました。

    南シナ海では、島々の領有権を主張する中国が、大型の巡視船を新たに配備するなどして権益の確保を目指す動きを 活発化させていて、対立するフィリピン政府は日本などから支援を受けて海上での警備能力を強化したい考えです。
               http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130111/k10014729571000.html (リンク切れ)

    ・・・

    ship 日本とフィリピンが関係拡大の意向

     日本とフィリピンが、中国との緊張が高まる中、両国間関係を強化する意向を明らかにしました。

    ワールド・ソシアリスト・ウェブサイトによりますと、日本の岸田外務大臣は最近のフィリピン訪問中にフィリピンのアキノ大統領、デルロサリオ外務大臣と会談を行ったということです。

    この会談は、アジア太平洋地域における中国との緊張が高まる中で、両国の経済的、政治的、軍事的な関係の強化を目的として行われたといわれています。

    この会談の中で、両国の外務大臣は、フィリピンが中国と領有権をめぐり対立している南シナ海の水域を監視できるよう、日本が海上の通信機器や10隻の巡視船をフィリピンの沿岸警備隊に供与する支援協定に合意しました。

    この巡視船は1年半後にフィリピンに引き渡されると見込まれています。

    岸田大臣は東シナ海、南シナ海における中国との対立を指摘し、「日本とフィリピンは、政治と安全保障の分野でも関係を強化し、海上での協力を拡大する予定だ」と語りました。

    また、デルロサリオ大臣も中国の海洋監視船が問題の水域に駐留していることを指摘し、南シナ海における中国の脅迫的な態度を非難しました。

    さらに「アジア諸国は中国の権益拡大に対し、地域の均衡を生み出す力としてより強力な軍事力をもつ日本を必要としている」としました。

    岸田大臣はこのほかブルネイ、シンガポール、オーストラリアを訪問し、18日金曜にはアメリカのクリントン国務長官と会談するためにアメリカに向かう予定です。また、日本の安倍総理大臣も16日水曜からタイ・ベトナム・インドネシアを訪問することになっています。

    http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/34532-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E3%81%8C%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%90%91

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「国防軍」という名前だけで過剰反応して言ってもいないことにまで大騒ぎしていますが、日本が軍備増強することを嫌がるのは、ごく一部のいつもの国だけです。

    当たり前の話ですけれど、フィリピンも必死であらゆる援助の手を求めてます。自分達の領海を守るために。

    banana フィリピン、巡視船5隻を仏から購入=南シナ海での対中対立にらみ?

    【マニラAFP=時事】フィリピンは、巡視船5隻を約9000万ユーロ(約92億5000万円)でフランスから購入する。フィリピンの沿岸警備隊が30日、明らかにした。中国などと領有権をめぐり対立している南シナ海の島を警備する狙いもあるとみられる。
     警備隊によると、2014年までに、全長82メートルの巡視船1隻と同24メートルの巡視艇4隻を受け取る予定。
     同隊は「西フィリピン海(南シナ海)のパトロールでは巨大な波などに遭うため、より大きな船を使う方がいい」と購入の理由を説明。領有権争いのための購入ではないとしている。
     フィリピンと中国は4~6月、両国が領有を主張する南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)付近で、両国の船艇が対峙(たいじ)するなど激しい対立を繰り広げた。(2012/10/30-22:33)
                   ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012103001083&g=int

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    これは前政権の時に決まってる分ですが、これはGJですね。 
    そうそう、マラッカ海峡があって、海賊が出たりするんですよここは。

    直接介入できるものではないけど、放置できないから船を作って対抗できるように協力するよ!ということですね。

    ship 戦略的ODA 南沙の海保力支援 比などに船艇、中国牽制

     政府は28日、フィリピン、マレーシア、ベトナムの3カ国を対象に、巡視船供与などを通じ海上保安機能の強化策を支援する方針を固めた。南シナ海におけるテロ・海賊対策への協力が目的だが、3カ国はいずれも南沙(英語名・スプラトリー)諸島をめぐって中国と領有権を争っており、同海域で覇権主義的な行動を強める中国への包囲網を構築する狙いもある。

     政府は、今回の支援策を「戦略的ODA(政府開発援助)」の一環と位置付けている。フィリピンには巡視船や通信システム、マレーシアには暗闇でも微光をとらえて視界を確保する「暗視装置(NVG)」を搭載する船艇を供与する。ベトナムに関しては同政府の要望を踏まえ供与内容を決める。

     フィリピンには5月中旬以降に国際協力機構(JICA)の調査チームを派遣する。同国政府の正式要請を受けて最終調整し、供与の枠組みは調達費の返済が必要な円借款の方向で調整。フィリピン政府が無償資金協力を希望すれば、40億~50億円の範囲内で行う。マレーシアに対しては円借款で供与する方針だ。

     フィリピンをめぐっては、米国が昨年7月に巡視船1隻を供与したほか、海兵隊配備を検討。シンガポール、ベトナムとも軍事協力を強化し、南シナ海への海洋進出を強める中国を念頭に同海域での抑止力向上を図っている。

     日米両政府は27日に発表した米軍再編見直しに関する共同文書で、アジア太平洋地域沿岸国に対するODAの「戦略的な活用」を明記。今回の3カ国への支援は、米国と連携して地域全体の対中シフトを底上げする狙いがある。玄葉光一郎外相は27日の記者会見で、「米国の軍事外交戦略の補完的な役割を果たすことができれば相当の相乗効果が期待できる」と強調した。

     政府は平成18年、インドネシアに巡視船3隻をODAで無償供与したが、巡視船は防弾用装甲が軍用船舶とみなされ、あくまで例外扱いだった。

     昨年12月の武器輸出三原則見直しで平和貢献・国際協力での防衛装備品供与が可能になった。 (2012年04月29日08時15分)

    【用語解説】南沙諸島

     南シナ海南部に浮かぶ約100の島や環礁。石油などの海底資源や漁業資源が豊富で、中国、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、台湾が領有権を主張している。中国による威嚇発砲やケーブル切断など強引な動きが続いている。
        http://www.webcitation.org/67nGMQRR0

    外務省: [ODA] 国別地域別政策・情報  インドネシアにおける「海賊、海上テロ及び兵器拡散の防止のための巡視船艇建造計画」に対する無償資金協力について 
            http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/h_18/060615_1.html

    ・・・・・・・・・・・・・

    2013123

    セキュリティ・ダイアモンドを関係国でしっかりと構築して、南シナ海を「北京の湖」にしないようにしなければいけませんね。この政権交代後の1ヶ月の怒涛のような外交が実を結びますように。

    100809_1thumbnail22

    不思議な日本のマスコミのアジアは、中国・韓国だけみたいだけど、本当のアジアは中国と韓国だけじゃありませんから。東南アジア各国の安全と自由な交易のために仲間を作って連携して対抗しなければ、日本が危ない。

    2013年1月27日 (日)

    安倍総理の決意『アジアの民主主義セキュリティダイアモンド』

    安倍総理が去年の12月27日に、プロジェクト・シンジケートというNPOに発表した英語論文があります。

    一応、発表したということは聞いていたのですが、このような総理大臣による日本の安全保障についての論文を、何故か日本の大手のマスメディアは取り上げません。産経新聞と東京新聞が取り上げたらしいのですが、朝日新聞などは無視しているようです。

    英文なので、皆がきちんと内容を知ることができません。こういう時こそ大手新聞じゃなどが翻訳して取り上げるべきではじゃないでしょうか。

    翻訳してくださった方がいらしたので、少しでも多くの人に安倍総理の決意の言葉を届けようとそのお手伝いをしようと思います。

         (民主主義のセキュリティダイヤモンド・安倍晋三総理の論文を読もう! http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2013/01/post-de91.html より転載)

    --------

    12月27日に超大国日本の首相が発表した英語論文が我が超大国日本では全然知らされてません。

    マスコミが報道しないなら、私達が伝えるしかないので伝えます。国防について安倍総理の重大な決意がかかれてあります。

    pencil Asia’s Democratic Security Diamond

    http://www.project-syndicate.org/commentary/a-strategic-alliance-for-japan-and-india-by-shinzo-abe

    アジアの民主主義セキュリティダイアモンド

     2007年の夏、日本の首相としてインド国会のセントラルホールで演説した際、私は「二つの海の交わり」 ─1655年にムガル帝国の皇子ダーラー・シコーが著わした本の題名から引用したフレーズ─ について話し、居並ぶ議員の賛同と拍手喝采を得た。あれから5年を経て、私は自分の発言が正しかったことをますます強く確信するようになった。

     太平洋における平和、安定、航海の自由は、インド洋における平和、安定、航海の自由と切り離すことは出来ない。発展の影響は両者をかつてなく結びつけた。アジアにおける最も古い海洋民主国家たる日本は、両地域の共通利益を維持する上でより大きな役割を果たすべきである。

     にもかかわらず、ますます、南シナ海は「北京の湖」となっていくかのように見える。アナリストたちが、オホーツク海がソ連の内海となったと同じく南シナ海も中国の内海となるだろうと言うように。南シナ海は、核弾頭搭載ミサイルを発射可能な中国海軍の原潜が基地とするに十分な深さがあり、間もなく中国海軍の新型空母がよく見かけられるようになるだろう。中国の隣国を恐れさせるに十分である。 

     これこそ中国政府が東シナ海の尖閣諸島周辺で毎日繰り返す演習に、日本が屈してはならない理由である。軽武装の法執行艦ばかりか、中国海軍の艦艇も日本の領海および接続水域に進入してきた。だが、このような“穏やかな”接触に騙されるものはいない。これらの船のプレゼンスを日常的に示すことで、中国は尖閣周辺の海に対する領有権を既成事実化しようとしているのだ。

    もし日本が屈すれば、南シナ海はさらに要塞化されるであろう。日本や韓国のような貿易国家にとって必要不可欠な航行の自由は深刻な妨害を受けるであろう。両シナ海は国際海域であるにもかかわらず日米両国の海軍力がこの地域に入ることは難しくなる。

    このような事態が生じることを懸念し、太平洋とインド洋をまたぐ航行の自由の守護者として、日印両政府が共により大きな責任を負う必要を、私はインドで述べたのであった。私は中国の海軍力と領域拡大が2007年と同様のペースで進むであろうと予測したが、それは間違いであったことも告白しなければならない。

     東シナ海および南シナ海で継続中の紛争は、国家の戦略的地平を拡大することを以て日本外交の戦略的優先課題としなければならないことを意味する。日本は成熟した海洋民主国家であり、その親密なパートナーもこの事実を反映すべきである。私が描く戦略は、オーストラリア、インド、日本、米国ハワイによって、インド洋地域から西太平洋に広がる海洋権益を保護するダイアモンドを形成することにある。

     対抗勢力の民主党は、私が2007年に敷いた方針を継続した点で評価に値する。つまり、彼らはオーストラリアやインドとの絆を強化する種を蒔いたのであった。(世界貿易量の40%が通過する)マラッカ海峡の西端にアンダマン・ニコバル諸島を擁し、東アジアでも多くの人口を抱えるインドはより重点を置くに値する。日本はインドとの定期的な二国間軍事対話に従事しており、アメリカを含めた公式な三者協議にも着手した。製造業に必要不可欠なレアアースの供給を中国が外交的な武器として使うことを選んで以後、インド政府は日本との間にレアアース供給の合意を結ぶ上で精通した手腕を示した。

     私はアジアのセキュリティを強化するため、イギリスやフランスにもまた舞台にカムバックするよう招待したい。海洋民主国家たる日本の世界における役割は、英仏の新たなプレゼンスとともにあることが賢明である。英国は今でもマレーシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドとの五カ国防衛取極めに価値を見いだしている。私は日本をこのグループに参加させ、毎年そのメンバーと会談し、小規模な軍事演習にも加わらせたい。タヒチのフランス太平洋海軍は極めて少ない予算で動いているが、いずれ重要性を大いに増してくるであろう。

    とはいえ、日本にとって米国との同盟再構築以上に重要なことはない。米国のアジア太平洋地域における戦略的再編期にあっても、日本が米国を必要とするのと同じぐらいに、米国もまた日本を必要としているのである。2011年に発生した日本の地震、津波、原子力災害後、ただちに行なわれた米軍の類例を見ないほど巨大な平時の人道支援作戦は、60年かけて成長した日米同盟が本物であることの力強い証拠である。

     私は、個人的には、日本と最大の隣国たる中国の関係が多くの日本国民の幸福にとって必要不可欠だと認めている。しかし、日中関係を向上させるなら、日本はまず太平洋の反対側に停泊しなければならない。というのは、要するに、日本外交は民主主義、法の支配、人権尊重に根ざしていなければならないからである。これらの普遍的な価値は戦後の日本外交を導いてきた。2013年も、その後も、アジア太平洋地域における将来の繁栄もまた、それらの価値の上にあるべきだと私は確信している。

       -----  -----

    2013123

    2013123_2

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    tv 邦人犠牲アルジェリア人質事件 背景にある真実とは・・・ 2013.01.23

    この関西ローカルの番組内で、前半はアルジェリア人質事件、後半にセキュリティダイアモンドのことを取り上げられています。

    これを文字起こししてくださっているブログさんの方でも内容を確認できます。

    tulipぼやきくっくり @boyakuriさんから
    「アンカー」アルジェリア人質事件から見えた日本の課題&報道されない安倍総理の安全保障ダイヤモンド
         http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1326.html#sequel

    2012年7月 2日 (月)

    花革命とやらに原子力発電所施設が晒されている危険を見た。

     夜遅くまで大飯原子力発電所の再稼動反対デモとやらの生中継やツイッターなどで入ってくる情報を見ていた。紫陽花革命とか、海外で花の名前を冠したまさに散る覚悟で血を流しての革命を真似して、女子供を盾にして夜中までドンチャン大騒ぎ、警察や警備の人達に守られながら、その中で反抗しているのを見てなんら共感するところはなかった。

    それどころか、大麻などで逮捕されたり大麻など薬物を推奨するようなグループや、昔の過激派が内部にはいっている集まりに、これ、天変地異による発電種の事故よりもっとヤバイ事態になる危険性孕んでいるんじゃないの?

    と思っていたらマイミクさんが記事にしてくれた。いつも良い記事をありがとうございます。

    ・・・・ 以下転載 ↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    pencil原発が危ない!!大飯原発前 反原発デモ隊と機動隊
         http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2012/07/post-78f7.html

     昨夜、1時前くらいまで 大飯原発前で太鼓をならして踊り叫ぶ反原発のデモと機動隊、大飯原発の職員の対応をみていた。原発についての危険を感じて寒気がした。

    再稼働は関西電力の電力供給率をみれば、早急にしなければならない。

    だから作業は粛々とおこなってもらいたいのだけど、「原発にはまだ、解決しなければならない致命的な危険がある。」とやはり思う。

    このデモのこぜりあいではっきりと目の前に突きつけられた。ともかく早急に政権交代して貰わないと困る。

    1000年に一度の大災害をうけて、結局、40年前の日本でも古い原発の福島第1原発の強さが検証された。

    今まで言われてきた原発が爆発したら放射能汚染が広がり、あっという間に日本は住めなくなるという広瀬隆などが言っていたことがすべてウソだったと事故後の検証でわかったはずだとおもう。

    一年後に日本は人が住めない国になるとか言っていた連中もいたよね。

    今回の事故でも建家は壊れたが、原子炉を取り囲むドライウェル 格納容器 原子炉圧力容器 の3重の構造はドライウェルの亀裂はあったものの最後まで原子炉を守り続けた。

    実際におこったことは、保存されていた使用済み燃料プール内の水を注入したことによる水蒸気爆発と水素爆発で圧力容器から燃料が外に出ることはなかった。

    http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/review/review3_2-j.html

    一部圧力容器の中に燃料が落ちていると推測されているようだがどれも圧力容器内にとどまっている。だからチェルノブイリなんかとは事故の深刻さが全く違う。

    935434_1499270410_92large

    みんな事故報告書ちゃんと読もうねーー。日本の原発ってチェルノブイリやスリーマイルなんかよりずーーっと強くてだから燃料が直接外に出ることはなかった。だから、ベントなどで放出された放射能などの微量な被害ですんだ。すでに超微量。心配することはない量になっている。

    取りざたされる放射能汚染とやらも、人体に全く影響のない値をマスコミが恐怖を煽るだけで、すでに福島ではガンは増えないと専門医学会は公式声明を出している。

    原発は安全だったんだなと冷静にこの事故の検証を見ているひとは感じたはずだ。

    特に大飯原発などの新しい原子炉は福島第一原発の事故をふまえて、さらに強化されている。
    福島第一原発事故も菅直人元総理のベントを停止がなければ、爆発事故がおこったかどうかわからない。

    935434_1688970636_50small

    今回の福島第一原発の地黄は、地震と津波に乗じた人為的におこされた事故だった可能性も高い。

    だからこそ、この大飯原発の前の深夜の騒ぎが恐ろしい。

    福島第一原発事故の原因そのものの人為的なテロが防げない状況なのだとまざまざと見せつけられた。それが、昨夜の大飯原発前の過激派の行動と公安の対応だ。

    公道を許可なくふさぎ、深夜大音響で太鼓を打ち鳴らして叫ぶ彼らから三里塚闘争とか、成田闘争とかの文字が見える。明らかに過激派、左翼のテロリストの集団だ。

    その連中が、国の重要施設、軍事的にももっとも危険で守らなければならない原発前でこれほどの威嚇行為が平然とできる。 明らかな違法状態でも逮捕できない。

    このテロリストを排除できない公安のシステムが危なすぎる。

    http://www.youtube.com/watch?v=fvi-K6Y5BVA

    三里塚闘争やった連中ってこんなんだよ? ↑ 
    ○http://kanjitsu-sanrizuka.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-f7bc.html 

    そんな人たちがあつまって騒いでいる。昼間のデモの様子はこんな感じ。

    ■こんな人達ですよ?大飯原発前の再稼働反対デモ隊がマジキチすぎると話題に  http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2513.html この画像の中の水着の女の胸元に札束が・・・資金が潤沢な左翼デモならではです。

    ■反原発ツアーに疑惑の○○/探偵ファイル http://www.tanteifile1.com/diary/2012/06/23_02/ 反原発デモにいくと1万円もらえるんだそうですが、今回は深夜までのオシゴトいくらもらえたのかな。

    ■これが左翼のホンネ → @bluesevenseas: 子連れで行くなって、それはよーくわかる。だけど例えば幼子を背負った母親数百人が悲鳴を上げながら機動隊に引きずられていき、そして原発が再稼働してしまう地獄絵は、人々の心に火をつけるのではとも思う 

    この人たちが原発前に集まって大騒ぎしているのに、何も出来ず3列になって見ているだけの公安。

    本気で武器を準備して突入されればひとたまりもない。

    あの映像はUSTで世界中が見れた。アルカイダなどの世界中のテロ組織に日本はチョロいと思われたことだろう。

    原発を守るためには、危ないとおもったら現場判断でこういう人たちを排除できる強権が必要だ。
    この拠点を守るためには一般法ではムリで、軍のもつ軍法にしたがって行動する覚悟がないと守りきれない。というkとは自衛隊ですらムリだということだ。現場判断で危ないとおもったら強行排除できなければどうにもならない。

    先日からF-35が話題になっているが、原発上空に明らかに爆撃を意図したどこかの航空機が入り込んだときに、下に住宅地があっても国を守るためにその航空機を撃ち落とせるか?

    そういう法が日本にはない。

    法に従わず、権限を移譲しないで、暴走する内閣総理大臣が素人判断で、「俺が行くまでベントするな」という言葉に従わなければならない現場。

    事故対応になったら、まず安全を優先するために、暴走する総理ですら法を守らなければ止めることができる体制が必要だ。総理大臣といえども適法でない行動を制御できる国でなければ、危険だ。

    日本は「荒ぶるモノ」に弱い。 チキンなんだよね。そこが問題。

    見て見ぬふりが通用すると思っていると恐ろしい目にあう。口蹄疫、尖閣諸島、東日本大震災対応、原発事故対応、そして、次にこの夏の停電でおこる数多くの事故や暴動 (予想)・・・・

    考えるだけで恐ろしい。

    国内の荒ぶるモノや諸外国の機嫌をとって、どんな事態にも対応しないで目をつぶることでやり過ごしてきたようだが、そんなことをしていると本物の外国の軍隊という「超荒ぶる」集団がこの原発前にデモ隊にまじってやってくれば止める方法がない。

    ■東北3県の数次ビザ運用開始 中国人観光客の誘致強化  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/NaszCX 日本政府がシナ人の強盗団が3年の間なら何度でも入国できる数字ビザを発行します。7月2日教から施行。

    ■■原発よりも、ずっとこの夏、透析患者や生命維持装置を使っている患者、あかちゃんやお年寄りなどの節電による被害、高層ビルや都市部のヒートアイランドでの熱中症、あいつぐ計画停電倒産での経済死の影響での生活破綻のほうがずっと現実的でこわいです。

    実際にチェルノブイリ事故でも、多くの死者は強制的に住む場所を移動させられた人たちが生活苦での自殺や破綻した生活からの犯罪率増加が原因。

    チェルノブイリ事故のコトも東大の中川教授がまとめているのでぜひ読んで欲しいものです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 転載ここまで ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    この記事を読んでいて思い出したことがあるので、去年の9月の記事ですが再掲します。

    clover 原発警備に自衛隊を・・・自民党PTが提言(2011.9.20の記事) http://himawari-gumi.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/pt-8e54.html 

    政権自体がテロリストな民主党には出来ないこと、過去の反省と言う言葉は嫌いだが、不充分だった点、問題点の可能な限りの解決に向けて自民党が動きました。happy01good GJ!

    さあ、この提言を受けて民主党政府はどうするか。放置するか?日本解体を目指すテロリストでないなら動くよね・・・。菅直人前総理が原発事故をさらに大きな人災にした、ある意味テロリストだったりしたのだけれど。

    new 自民党:「原発警備に自衛隊を」検討会が報告書まとめる

    20110915

    自民党政務調査会の「原発警備検討会」(座長・浜田靖一元防衛相)は15日、原発はテロの標的になるとして(1)警察による「原発警備隊」(仮称)の新設(2)自衛隊の本来任務に原発など重要施設警備を加える--との報告書をまとめた。特に東京電力福島第1原発は、直ちに自衛隊を警備のため派遣するよう求めている。今後、政府に検討を働き掛ける。

     報告書は、福島第1原発から半径20キロ圏内の警戒区域は「事実上、警察が不存在の状態」で検問を突破すれば容易に原発に接近できると指摘。放射線防護の能力を備える自衛隊で対応すべきだとしている。無人偵察機、消火用航空機などの装備充実も提案した。 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110916k0000m010031000c.html

    new 原発対テロ対策 自民党PTが提言 緊急時に自衛隊が警備・防衛 警察に原発等警備隊創設

    20110915_pt

    自民党の原発警備に関する検討会(座長・浜田靖一元防衛相)は15日、原子力発電所の対テロ対策強化に向け、緊急時に自衛隊による警備・防衛を可能にするための法改正などを求める提言をまとめた。

    警察にも専従の「原発等警備隊」の創設を求める。平成23年度第3次補正予算に反映させるよう政府に求めるほか、次期衆院選マニフェスト(政権公約)にも盛り込む方針。

     提言では、テロや有事の危険性が高まった緊急時に備え、自衛隊の任務に原発の防衛を加える自衛隊法改正を提言。具体策として、陸上自衛隊の対テロ・ゲリラ部隊「特殊作戦群」(千葉県船橋市)などがヘリで迅速に展開できる態勢を確立させるなど防護態勢の重層化も求めている。

     また、東京電力福島第1原発の警備の現状について「半径20キロに点在する警察の警戒ポイントを突破されれば容易に原発に接近でき、テロ組織等の格好の標的となりうる」と指摘。自衛隊の治安出動による警備強化を緊急に取り組むべきだとした。

     平時の原発警備では、警察に専従の「原発等警備隊」の創設を求めた。警察はすでに原発立地自治体に原子力関連施設警戒隊を持つが、一部を除き機動隊が交代で人員を充てているのが実情。新設の警備隊は、千葉県警の「成田国際空港警備隊」の部隊編成や対テロ訓練法を参考に装備や人員の増強を求めた。

     一方、自衛隊による常駐警備や、民間警備員に武器を所持させるための警備業法改正については見解がまとまらず提言を見送った。

     検討会では、3月に福島第2原発の敷地内に街宣車が侵入した事件や、内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が5月上旬に公開した米外交公電で米政府が日本の原発警備の手薄さを憂慮していたことを明らかにしたことを受け、7月から対策を検討していた。

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110915/stt11091522460016-n1.htm  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110915/stt11091522460016-n2.htm

    ・・・・・・・・・・・・

    原子力発電所を民間警備に任せているのは日本ぐらいなものなのですよ。テロに対して暢気すぎた。・・・というか、警察も含め危機に対して武器を使用すること極端に嫌がる人々に気を使ってできなかったというか。

    自衛隊による常駐警備は見送られたようだけど、そういう人たちのヒステリックな反応で邪魔されて時間の無駄を作ることを避けたのかもしれない。とにかく急ぐのだから。good  

    ・・・・・・・・・・・・・・

    pencil 自民党の原発警備PTが会合 佐々氏「自衛隊による防衛必要」

    20110713_pt_3

    自民党の原発警備に関する検討会(座長・浜田靖一元防衛相)は13日、佐々淳行元内閣安全保障室長から原発警備の問題点について話を聞いた。出席者によると、佐々氏は現状の警察の態勢ではテロやゲリラ攻撃には対抗できないと指摘。最終的には自衛隊による防衛が必要だとの認識を示す一方、原発立地自治体の警察の人員増や装備の充実、武器使用基準の緩和などの必要性を訴えた。

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110713/stt11071322180009-n1.htm

    この記事を覚えていたのでその後どうなったのかな・・・と思っていたのですが、9月10日大阪での自民党女性局主催の講演会でPT参加の佐藤正久参議院議員が質問に分かりやすくお答えくださっています。

    該当部分はこちら ↓ 真ん中ぐらいからです。 佐藤議員ありがとう。happy01heart04

    (動画主さんもありがとう。scissors

    まずは第一歩!実際のところ、こういう施設に出入りする下請けの作業員の身元調査も出来るようにしたいぐらい。やろうと思えばどういう手を使ってもテロ工作するんだから。ありとあらゆる手を使ってやってくるんだから。まさか総理大臣がパフォーマンスしながらテロ行為するとは思わなかったし。外からかかっていくより内部工作する方が確実かもしれん。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 再掲 ここまで ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    具体的なことは自民党メールマガジンがあったので紹介します。

    ・・・・・・・・

    clipメールマガジン 2011.9.22 Vol.519 | メールマガジン | メールマガジン | 参加しよう | 自由民主党 http://www.jimin.jp/involved/mailmagazine/backnumber/113937.html

    ============================================================================
    ★政策トピックス★
    原発警備に関する検討会報告 [原発警備に関する検討会]    
    ============================================================================

               【原発警備に関する検討会報告】

                               平成23年9月15日
    自由民主党政務調査会
    原発警備に関する検討会

    今般の福島第1原発の事故は、国際社会に大きな衝撃を与えた。
    目下全力で、原子炉の冷温停止に向けた作業を続けているが、政府の意識が事故の
    収拾に集中しているなか、警備状況の手薄さから、福島第1原発がテロリストに
    狙われる危険性が指摘されている。
    その際、原発そのものに対する攻撃のみでなく、発電所敷地内の建物配置や原子炉
    建屋の内部構造の情報収集活動に対しても対策を講じる必要があることは言うまでも
    ない。
    折しも、国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビン・ラ―ディンの殺害により、
    世界中で報復テロの危険性が高まっている。
    原発を含む重要施設に対する警備の強化は不断に行われなければならないが、
    本検討会としては、既に危機的状態にある福島第1原発の警備に対する応急対応と
    重要施設警備の強化の抜本対応との2点について検討を行った。

    【1】福島第1原発の警備(応急対応)について

    福島第1原発においては、すでに施設情報がかなりの部分報道されており、
    臨時雇用の不特定多数の作業員が出入りしている状態である。
    また半径20kmに点在する警察による警戒ポイントを突破されれば、容易に施設に
    接近でき、テロ組織等の格好の標的となりうる。よって早急な警備体制の強化が
    求められる。
    その一方、福島第1原発周辺は未だ放射線レベルの高い状況にあり、対放射線
    防護能力のない部隊での警備は事実上不可能である。
    従って、警備は放射線防護を最大限考慮しつつも、テロ組織等を十分けん制できる
    火力を有する部隊、すなわち自衛隊が、緊急措置として対処すべきである。
    現在、福島第1原発から半径20km圏内は避難区域となっており、警察が通常の
    活動を行えず、事実上警察が不存在の状態となっている。
    この状況下は自衛隊の治安出動の要件を満たすと考えられる。従って、政府は
    応急対策として自衛隊に治安出動を命令することで対応すべきである。
    なお、早急に自衛隊の任務に原発施設等の警護を加える法的措置を行う。
    その上で、半径20kmに警察による警戒線を設定し、警察官を増員して出入管理を
    厳格化すべきである。その際、警察官の防護服や線量計等の装備を充実させることは
    言うまでもない。
    いずれにせよ、これら自衛隊等の警備部隊の存在を内外に示し、わが国として
    福島第1原発を最重要施設として護る姿勢を示すことが重要である。

    また、警備強化に当たっては、以下の点にも留意し、対応することが必要である。

    ・原発作業員の身元確認・登録の徹底、入退出時の本人確認の強化
    ・作業員の健康管理の強化
    ・無人偵察機の導入(借用でも可)・国産ロボットの運用
    ・警備状況を査察するチームの設置

    【2】原発を含む重要施設の今後の警備(抜本対応)についてshine

    この際、福島第1原発に限らず、その他の原発を含む重要施設の警備についても
    警備と安全対策を強化し、内外に示す必要がある。その具体策を以下に示す。

    ・警察の装備の充実
    ・「成田国際空港警備隊」を参考に、警察に新たに「原発等警備隊」を創設する。
    ・自衛隊の任務に原発施設等の警護を加える措置(法改正)
    ・自衛隊特殊作戦群等の緊急輸送体制(空中機動も含む)を確立するなど、
    防護の重層化
    ・無人偵察機の早期導入
    ・作業ロボットの装備
    ・消火用大型飛行艇の装備
    ・HAZ-MAT(化学機動中隊)の消防車(特殊災害対策車)の装備
    ・警察・陸海自衛隊・海上保安庁等の特殊部隊の連携強化
    ・原発施設周辺での防護訓練の実施
    ・海上保安庁と海上自衛隊による統合的かつシ―ムレスな危機対応体制の強化
    (艦船の同名違船の解消等も積極的に進める)
    ・サイバー攻撃に対する対応強化

    以上、出来るものから実行に移すこと。

    <検討会メンバー>
    石破茂政務調査会長、中谷元副幹事長、浜田靖一座長、今津寛国防部会長、
    竹本直一内閣部会長、平沢勝栄法務部会長、西村康稔経済産業部会長、
    佐藤正久国防部会長代理

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    この提言を受けて民主党政権の政府が何処まで動いてくれてるか知らないけど、まあ、これといったことはしてないでしょうね。

    いうまでもなく、色んな形で日本の安全は危機に晒されています。緊急事態になった時に即対応できるものがない。法改正や整備が必要。

    国民の国防意識を高めることが最大の国防。

    お花畑の選んだ国会議員に日本の国を守れるはずがない。

    不安と無知に付け込んで、自分達の思想に取り込もうとする連中に気をつけろ!ドサクサ紛れの破壊工作に手を貸すことの内容に冷静になろう!

    誰が日本の国の領土、国民の生命と財産を守るために知恵を絞り汗を流してくれているのか、マスコミや著名人()の何だかフワフワした聞こえの良い言葉を一切排除して考えてみよう。

    長い歴史を誇る日本には、「革命」や「維新」は必要ない。

    必要なのは守るべきものを守りながらより良い方向に「改善」していくことです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    TVや新聞のニュースを丸っと信じていませんか?
    生活直結の議論は国会で行われている! 

    国会を見よう! そして、「政党の総合力」を判断しよう!

    happy01 衆議院テレビ http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
    happy01 参議院テレビ http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
    happy01 ニコニコ動画 生放送 http://live.nicovideo.jp/ (タイムシフト予約も可!)
    happy01 今日の国会中継速報 http://kuso-oyaji.jugem.jp/